霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章 五大教(ごだいけう)〔二八三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第6篇 百舌鳥の囁 よみ:もずのささやき
章:第33章 第6巻 よみ:ごだいきょう 通し章番号:283
口述日:1922(大正11)年01月22日(旧12月25日) 口述場所: 筆録者:藤原勇造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ウラル教の治世を恨む歌を歌いながら、エデン川の岸辺を降る漂浪人の一団があった。そこへ、『神が面に現れて 善と悪とを立て別ける』と節面白く謡い来る宣伝使があった。
これは、混乱の世をただすべく黄金山の麓に現れた、埴安彦という大神が立てられた、五大教という教えの宣伝使・東彦であった。
漂浪人たちは、宣伝使の歌う宣伝歌に興味を持ち、宣伝使を呼び止めた。宣伝使・東彦は路傍の平たい石に腰かけ、一同はその周りに座って問答を始めた。
漂浪人の一人は、今の世の中は宣伝歌にあったような、公明正大な神様が現れて善と悪とを立て別ける、といったことがあるのでしょうか、と問いかけた。
東彦はそれに答えて、今の世は神様の御用のために作られた、神の生宮であるはずの人間が汚れてしまっているので、それを清めるために、神様が諸方に宣伝使を派遣することになったのである、と答えた。
もう一人の漂浪人は、弱肉強食の世の中で一部の人間が財産を独占していることに対して、いつ神様が現れて善と悪とを立て別けてくれるのか、と質問した。
東彦は、現世的な財産はかりそめの富であり、人間が死後にも滅ぶことがない宝とは、神の御国に積む誠という宝である、と諄々と説いた。
一同は息をこらして東彦の教えに耳を傾けていた。そこへ、『ただ何事も人の世は 直日に見直せ聞き直せ 身の過ちは宣り直せ』と謡って来る宣伝使があった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0633
愛善世界社版:196頁 八幡書店版:第1輯 696頁 修補版: 校定版:195頁 普及版:80頁 初版: ページ備考:
001可飲(かいん)(なが)れは()まるとも
002とめて()まらぬ(いろ)(みち)
003(さけ)博奕(ばくち)(なほ)やまぬ
004()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
005(うま)いこといふ宣伝使(せんでんし)
006(おい)らは裸体(はだか)蓑蟲(みのむし)
007(あめ)(さら)され荒風(あらかぜ)
008()かれて深山(みやま)(しも)()
009常夜(とこよ)(つゆ)(さら)されて
010()()(さけ)もヱー()まず
011()ひたいものもヨー()はず
012(ひと)(くづ)やら(あま)りもの
013(もら)うて(その)()をひよろひよろと
014(わた)浮世(うきよ)丸木橋(まるきばし)
015(わが)()襤褸(ぼろ)(まと)へども
016肝腎要(かんじんかなめ)(たましひ)
017(にしき)(かざ)大丈夫(ますらを)
018ウラルの(ひこ)邪曲(よこしま)
019(しひた)げられて吾々(われわれ)
020昨日(きのふ)(やま)今日(けふ)(また)
021野辺(のべ)(あらし)(さら)されて
022(くさ)(いぬ)めに嗅出(かぎだ)され
023(つかま)へられて何時(いつ)()
024ウラルの(やま)()()かれ
025(した)(ねじ)られ()()かれ
026手足(てあし)(ひし)(しば)られて
027()めよ(さわ)げよ暢気(のんき)なる
028(うた)()かされ木兎(みみづく)
029()()(はて)(しの)ぶれば
030この()(おに)大蛇(をろち)(やみ)()
031(あした)(つゆ)()ゆる()
032()にも果敢(はか)なき()宿世(すぐせ)
033(すく)ひの(かみ)何時(いつ)()
034(あめ)より(くだ)(きた)るらむ
035(たす)けの(ふね)何時(いつ)()
036(うみ)(そこ)より(うか)()
037(うれ)ひに(しづ)吾々(われわれ)
038何時(いつ)()にかは(うか)ばれむ
039嗚呼(ああ)味気(あぢき)なの(やみ)()
040嗚呼(ああ)あぢきなの(やみ)()や』
041(うた)ひながら、042エデン(がは)(きし)(くだ)漂浪神(さすらいがみ)一群(ひとむれ)があつた。043このとき前方(ぜんぱう)より、
044(かみ)(おもて)(あら)はれて
045(ぜん)(あく)とを()()ける
046(たま)(みが)けよ立替(たてか)へよ
047()(おこな)ひも()(なお)
048(まこと)(ちから)()(まも)る』
049(ふし)面白(おもしろ)(うた)()宣伝使(せんでんし)ありけり。050(これ)黄金山(わうごんざん)(ふもと)に、051この混乱(こんらん)紛糾(ふんきう)()(すく)ふべく、052埴安彦(はにやすひこ)といふ大神(おほかみ)(あら)はれて、053五大教(ごだいけう)といふ(をしへ)()てられ、054その宣伝使(せんでんし)なる東彦(あづまひこ)()神人(かみ)なりき。055一行(いつかう)はこの(こゑ)()いて(みみ)(かたむ)けゐる。056宣伝使(せんでんし)(なほ)も、057宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら此方(こなた)(むか)つて(すす)()たる。
058 宣伝使(せんでんし)は、059蓑笠(みのかさ)(まと)ひ、060草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)の、061身軽(みがる)扮装(いでたち)にて宣伝歌(せんでんか)高唱(かうしやう)しながら、062一行(いつかう)()(ちが)(すす)()く。063一同(いちどう)(たがひ)(かほ)見合(みあは)せ、
064(かふ)(いま)(うた)(なん)だか、065吾々(われわれ)(みみ)にはいり()すい(やう)()がして、066何処(どこ)ともなく面白(おもしろ)いぢやないか』
067(おつ)『ウン、068さう()へばさうだ。069神様(かみさま)御声(みこゑ)のやうにも(ひび)いた』
070(へい)()もかく()()めて、071(くは)しい(はなし)()いたらどうだ』
072(てい)()()めたつて、073吾々(われわれ)のような人間(にんげん)に、074()()いては()れはしないだらう。075(はぢ)をかくよりは、076()したらどうだ』
077(へい)馬鹿(ばか)()へ、078(ひと)(たす)けるのが宣伝使(せんでんし)だ。079そりや、080屹度(きつと)()()めたら、081()つてくれるよ』
082一同(いちどう)『それがよからう。083オーイ オーイ』
084一同(いちどう)(こゑ)(そろ)へ、085右手(みぎて)をあげてさし(まね)いた。086宣伝使(せんでんし)はあと振返(ふりかへ)りつつ、087こなたを見詰(みつ)めてゐた。088そこへ一人(ひとり)のみすぼらしい(をとこ)が、089一行(いつかう)(なか)から抜擢(ばつてき)されて(はし)つて()つた。090そして宣伝使(せんでんし)(まへ)()()き、
091貴神(あなた)御歌(おうた)を、092吾々(われわれ)(うけたま)はりまして、093(なん)とも()れぬ(こころ)(ちから)()いた(やう)(おも)ひます。094どうぞ御面倒(ごめんだう)でもありませうが、095吾々(われわれ)一同(いちどう)(すく)(ため)に、096(くは)しい御話(おはなし)()かして(いただ)けませぬか』
097真心(まごころ)(おもて)(あら)はして(たの)()んだ。098宣伝使(せんでんし)は、
099(われ)天下(てんか)混乱(こんらん)窮乏(きうばふ)(すく)はむために、100黄金山麓(わうごんさんろく)(あら)はれ(たま)埴安彦命(はにやすひこのみこと)(をしへ)(ほう)じて、101天下(てんか)宣伝(せんでん)するものであります。102吾々(われわれ)宣伝(せんでん)御聞(おき)(くだ)さるならば、103(よろこ)んでこれに(おう)じます』
104といつた。105そのうちに、106一同(いちどう)宣伝使(せんでんし)(かたはら)(あつ)まり(きた)り、107一々(いちいち)鄭重(ていちよう)会釈(ゑしやく)をした。108宣伝使(せんでんし)もまた慇懃(いんぎん)(れい)(かへ)し、109(かたはら)(うる)はしき(ひら)たき(いは)(うへ)()()め、110一同(いちどう)はその周囲(しうゐ)()して、111問答(もんだふ)(はじ)めける。
112(かふ)只今(ただいま)御歌(おうた)(なか)に、113(かみ)(おもて)(あら)はれて、114(ぜん)(あく)とを()()ける」といふ御言葉(おことば)がありましたが、115実際(じつさい)にこの()に、116吾々(われわれ)(まも)つて(くだ)さる(たふと)(かみ)()るのでせうか。117善悪(ぜんあく)公明正大(こうめいせいだい)審判(さば)いて(くだ)さる(まこと)(かみ)(あら)はれますのでせうか。118吾々(われわれ)はこの(こと)のみが日夜(にちや)()にかかつてなりませぬ』
119 宣伝使(せんでんし)(こた)へていふ。
120『この世界(せかい)(まこと)神様(かみさま)が、121御造(おつく)(あそ)ばしたのである。122さうして人間(にんげん)は、123御用(ごよう)(つと)める(やう)に、124(かみ)御造(おつく)りになつたのである。125(かみ)人間(にんげん)生宮(いきみや)として(これ)(くだ)り、126立派(りつぱ)()(ひら)かうと日夜(にちや)焦慮(せうりよ)して()られます。127あなた(がた)一同(いちどう)肉体(にくたい)もまた、128(たふと)神様(かみさま)霊魂(みたま)(にく)とを()(あた)へられて(つく)られた人間(にんげん)である。129さうして神様(かみさま)生宮(いきみや)となつて、130(はたら)くべき結構(けつこう)万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)である。131(しか)るに人間(にんげん)本分(ほんぶん)(わす)れて、132ただただ飲食(のみくひ)や、133(いろ)(みち)ばかりに耽溺(たんでき)するのは、134神様(かみさま)(たい)して、135(もつと)(ふか)罪悪(ざいあく)である。136()(なか)には(ぜん)(かみ)もあれば、137(あく)(かみ)もある。138さうして(ぜん)(かみ)一人(ひとり)(たい)し、139(あく)(かみ)九百九十九人(きうひやくきうじふきうにん)割合(わりあひ)に、140(いま)()はなつてしまつてゐる。141そこで神様(かみさま)は、142この世界(せかい)(きよ)め、143(かみ)生宮(いきみや)たる人間(にんげん)身魂(みたま)(きよ)めて、144立派(りつぱ)神国(しんこく)(たて)むと思召(おぼしめ)し、145宣伝使(せんでんし)四方(しはう)派遣(はけん)され()るなり』
146と、147大略(たいりやく)物語(ものがた)りける。
148(かふ)吾々(われわれ)はどうしても、149合点(がつてん)()かぬことが沢山(たくさん)あります。150それで貴神(あなた)御尋(おたづ)ねをしたいと(おも)つて、151()()めました。152一体(いつたい)今日(こんにち)人間(にんげん)は、153(ひろ)(やま)()独占(どくせん)し、154さうして吾々(われわれ)(はたら)(ところ)もなく、155また(はたら)かしてもくれない。156(なに)ほど(はたら)くに()()貧乏(びんばふ)なしと()つても、157(はたら)(たね)がなければ、158吾々(われわれ)乞食(こじき)でもするより、159仕方(しかた)がないではありませぬか。160勿論(もちろん)吾々(われわれ)は、161(あそ)んで(らく)()んだり()つたり、162贅沢(ぜいたく)をしようとは(おも)ひませぬ。163(ただ)(はたら)いて、164親子(おやこ)夫婦(ふうふ)が、165その()をどうなりと、166(くら)すことが出来(でき)ればそれで満足(まんぞく)するのであります。167(しか)るに吾々(われわれ)は、168この(ひろ)(あめ)(した)に、169脚踏(あしふ)()てる場所(ばしよ)()つて()りませぬ。170(みな)(つよ)(もの)171(おほ)きな(もの)に、172独占(どくせん)されて、173(はたら)くに(ところ)なく、174親子(おやこ)兄弟(きやうだい)は、175ちりぢりばらばらになり、176(あめ)(した)(くる)しみながら、177漂浪(さすら)ひつつわづかにその()(くら)してをります。178こんな()(なか)立替(たてか)へて御日様(おひいさま)御照(おてら)しの(やう)に、179万遍(まんべん)なく、180吾々(われわれ)にも天地(てんち)(めぐみ)()(うるほ)(こと)ができるならば、181こんな有難(ありがた)いことはなからうと(おも)ひます。182さうしてその結構(けつこう)神様(かみさま)何時(いつ)御現(おあら)はれになりませうか』
183(くび)(かたむ)け、184宣伝使(せんでんし)(かほ)(のぞ)()む。185宣伝使(せんでんし)両眼(りやうがん)(なみだ)(たた)へながら、
186(そら)()(とり)も、187野辺(のべ)()(はな)も、188みな神様(かみさま)(あつ)(めぐみ)をうけて、189完全(くわんぜん)生活(せいくわつ)(つづ)けてをります。190(いは)んや万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)たり、191(かみ)生宮(いきみや)たる人間(にんげん)(おい)ておや。192神様(かみさま)御守(おまも)りがどうして()いといふ(こと)がありませうか。193ただ何事(なにごと)神様(かみさま)御心(みこころ)(まか)せ、194今日(けふ)只今(ただいま)を、195有難(ありがた)有難(ありがた)いで(くら)して()けば、196神様(かみさま)(はな)()(はる)()はして(くだ)さいます。197()(なか)暗夜(やみよ)ばかりではない、198暗夜(やみよ)があつても何時(いつ)かは()()ける。199(つめ)たい(ゆき)()(ふゆ)があれば、200また長閑(のどか)(はな)()(とり)(うた)(はる)()()(やう)に、201きつと(くるし)みの(あと)には(たの)しみがあります。202あなた(がた)(はたら)場所(ばしよ)がないからといつて、203そこら(ぢう)漂浪(さまよ)ひなさるのも、204無理(むり)はありませぬが、205この世界(せかい)(みな)神様(かみさま)のものである。206人間(にんげん)のものは、207(あし)(うら)()いて()土埃(つちほこり)(ひと)つだもありませぬ。208(いま)人間(にんげん)広大(くわうだい)山野(さんや)独占(どくせん)して、209自分(じぶん)のもののやうに(おも)つてゐるが、210命数(めいすう)()きて、211幽界(いうかい)(いた)るときは、212いかなる巨万(きよまん)財宝(ざいほう)も、213妻子(さいし)も、214眷属(けんぞく)一切(いつさい)()てて、215ただ(ひとり)トボトボと()かねばならぬのである。216(ただ)自分(じぶん)()れとなるものは(ふか)(つみ)重荷(おもに)ばかりである。217あなた(がた)も、218(かみ)(しん)じ、219(まこと)(ひと)つの(こころ)()つて、220この(ひろ)天地(てんち)(あひだ)活動(くわつどう)なさい。221きつと神様(かみさま)(さいはひ)(あた)へて(くだ)さいます。222この()(うへ)(かたち)ある(たから)は、223(ほろ)ぶる(たから)であります。224(みづ)(なが)()()かれ、225(むし)()はれ、226錆朽(さびく)ちる、227果敢(はか)ない(たから)である。228それよりも人間(にんげん)は、229永遠無窮(ゑいゑんむきう)()ちず、230(くづ)れず、231()けず、232(ほろ)びぬ(まこと)といふ(ひと)つの(たから)(かみ)御国(みくに)()(こと)(つと)めねばなりませぬ』
233諄々(じゆんじゆん)として五大教(ごだいけう)教理(けうり)()(すす)めたるに、234一同(いちどう)呼吸(いき)()らして、235熱心(ねつしん)宣伝使(せんでんし)教示(けうじ)()()りぬ。236この(とき)またもや、237(こゑ)()()げて、
238『この()創造(つく)りし神直日(かむなほひ)
239御魂(みたま)(ひろ)大直日(おほなほひ)
240ただ何事(なにごと)(ひと)(みな)
241直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
242()(あやまち)()(なほ)せ』
243(うた)ひつつ、244此方(こなた)(むか)つて(すす)()宣伝使(せんでんし)ありけり。
245大正一一・一・二二 旧大正一〇・一二・二五 藤原勇造録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)