霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三四章 三大教(さんだいけう)〔二八四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第6篇 百舌鳥の囁 よみ:もずのささやき
章:第34章 第6巻 よみ:さんだいきょう 通し章番号:284
口述日:1922(大正11)年01月22日(旧12月25日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
漂浪人たちが東彦の宣伝使の教えを聞いているところへ、また白髪異様の宣伝使が、節面白く謡いながらやってきた。この宣伝使は、霊鷲山の山麓・玉の井の郷に現れた三葉彦神の教理・三大教を奉じる宣伝使・北光天使であった。
霊鷲山は、印度と西蔵の境に立つ高山であり、また黄金山は、聖地エルサレムの傍らに立つ橄欖山の別名である。
白髪異様の老宣伝使・北光天使は、東彦天使が宣伝をしている傍らに立ち、聞き入っていた。東彦は北光天使が聞いていることも知らずに、一心不乱に五大教の教理を説いている。
東彦はふと息をついたところで北光天使に気づき、お互いに名を交わした。東彦は、北光天使がどのような教理を奉じているのかを問いかけた。
北光天使は、宣伝使とは、神がその口を借りて深甚微妙の教理を説示するものである。神の道は神人の知識考量でもって伝えるべきものではないはずだ、と答えた。
東彦は、そのような宣伝使の重大なる意義を忘れて宗派の別を問うたことに恥じ入った。
二人の宣伝使は岩の上に立ち、天津祝詞を奏上して天地の大神の洪徳を賛美し、三大教と五大教の宣伝歌を一つにして歌った。
今度は北光天使が岩の上に坐を占めて、教えを説いた。
漂浪人の一人は、東彦の教えは神が善と悪を立て別ける、という教えだったが、北光天使の教えは、直日に見直せ聞き直せ、と内省と諦めを促している。悪いのは自分たちではなく、この世を欲しいままにしている強者ではないか、と咬み付いた。
北光天使は、どのような仕打ちを受けても、あくまで忍耐と寛容が肝心である、と返した。質問した男はこれを聞いて怒り、北光天使の背後に立って頭から小便をかけだした。
北光天使は小便を浴びながらも泰然として講演を続けている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0634
愛善世界社版:204頁 八幡書店版:第1輯 699頁 修補版: 校定版:204頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001 黄金山下(わうごんさんか)埴安彦神(はにやすひこのかみ)教示(けうじ)天下(てんか)宣伝(せんでん)する東彦(あづまひこ)は、002一同(いちどう)(あつ)め、003岩上(がんじやう)端坐(たんざ)五大教(ごだいけう)教理(けうり)説示(せつじ)する(をり)しも、004(はるか)前方(ぜんぱう)より、005(また)もや白髪(はくはつ)異様(いやう)宣伝使(せんでんし)(あら)はれ(きた)り、
006『この()(つく)りし神直日(かむなほひ) 御魂(みたま)もひろき大直日(おほなほひ)
007 ただ何事(なにごと)(ひと)()は 直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
008 ()(あやま)ちは()(なほ)せ』
009(ふし)面白(おもしろ)(うた)ひつつ、010此方(こなた)(むか)ひて(すす)()る。
011 頭髪(とうはつ)()くまで(しろ)く、012(ひげ)八握(やつか)胸先(むなさき)()れ、013(これ)また純白(じゆんぱく)にして、014(ぎん)(ごと)光沢(くわうたく)(はな)()たり。
015 この宣伝使(せんでんし)は、016霊鷲山麓(りやうしうさんろく)(たま)()(さと)(あら)はれ()でたる三葉彦神(みつばひこのかみ)教理(けうり)三大教(さんだいけう)を、017天下(てんか)宣布(せんぷ)する北光天使(きたてるのかみ)であつた。018さうしてこの霊鷲山(れいしうざん)印度(いんど)西蔵(チベツト)(さかひ)屹立(きつりつ)する高山(かうざん)であり、019黄金山(わうごんざん)聖地(せいち)ヱルサレムの(かたはら)(そび)()橄欖山(かんらんざん)別名(べつめい)なり。
020 白髪(はくはつ)異様(いやう)老宣伝使(らうせんでんし)は、021東彦天使(あづまひこのかみ)宣教(せんけう)(みみ)()ませて路傍(ろばう)()ちながら(しづか)()()る。022東彦天使(あづまひこのかみ)はこの宣伝使(せんでんし)が、023(わが)(かたはら)(きた)りて教理(けうり)立聞(たちぎ)きせることを(ゆめ)にも()らず、024一心不乱(いつしんふらん)側目(わきめ)()らず五大教(ごだいけう)教理(けうり)説示(せつじ)しつつありき。
025 北光天使(きたてるのかみ)一同(いちどう)目礼(もくれい)するのも打忘(うちわす)れ、026(えり)(ただ)して無我夢中(むがむちう)にこの教理(けうり)()きつつありき。027東彦天使(あづまひこのかみ)(すこ)しく(いき)(やす)めむとして(くち)()ぢ、028あたりを()れば、029白髪(はくはつ)異様(いやう)宣伝使(せんでんし)平岩(ひらいは)(かたはら)佇立(ちよりつ)しゐるに(おどろ)き、
030貴下(あなた)何人(なにびと)なるや』
031(かる)目礼(もくれい)(とも)()ひかくるに、032白髪(はくはつ)異様(いやう)宣伝使(せんでんし)は、033慇懃(いんぎん)答礼(たふれい)(ほどこ)しながら、
034(われ)霊鷲山(りやうしうざん)(ふもと)()します三葉彦神(みつばひこのかみ)宣伝使(せんでんし)なり。035(いま)貴下(きか)御説示(ごせつじ)()感歎(かんたん)()(あた)はず拝聴(はいちやう)したり。036(ねが)はくは(われ)にも教理(けうり)蘊奥(うんあう)説示(せつじ)(たま)はずや』
037懇請(こんせい)する。
038 東彦天使(あづまひこのかみ)宣伝使(せんでんし)()き、039(ただち)(いは)()(くだ)りその(まへ)(すす)み、040慇懃(いんぎん)会釈(ゑしやく)しながら、
041(われ)愚鈍(ぐどん)性質(せいしつ)にして、042貴下(きか)らに教理(けうり)()くの(ちから)なし。043(ただ)(われ)より(おく)れたる信者(しんじや)(たい)し、044(かみ)(みち)朧気(おぼろげ)ながら口伝(くちづた)へするのみ』
045謙譲(けんじやう)(いろ)(あら)はし、046(かた)()し、047かつ、
048貴下(きか)如何(いか)なる教理(けうり)宣伝(せんでん)したまふや、049()かま()し』
050()ふにぞ、051北光天使(きたてるのかみ)は、
052『こは心得(こころえ)貴下(きか)御言葉(おことば)かな。053そもそも(かみ)(みち)神人(しんじん)知識(ちしき)また考量(かうりやう)(もつ)(つた)()きものにあらず。054(かみ)宣伝使(せんでんし)(くち)()りて(もつ)甚深微妙(じんしんびめう)教理(けうり)説示(せつじ)(たま)ふにあらざるか』
055()(かへ)したるに、056東彦天使(あづまひこのかみ)はその()(ふく)し、
057(われ)(あやま)れり。058日夜(にちや)大神(おほかみ)神示(しんじ)宣伝(せんでん)弘布(ぐふ)する()でありながら、059かくの(ごと)重大(ぢうだい)なる意義(いぎ)忘却(ばうきやく)()たり。060嗚呼(ああ)(はづ)かしや』
061とさし俯向(うつむ)きて、062(そで)(かほ)(かく)すを()て、063北光天使(きたてるのかみ)()(どく)がり、
064(いた)らぬ(われ)らの過言(くわごん)無礼(ぶれい)(ゆる)させたまへ。065(われ)神人(かみびと)(おも)ふの(あま)り、066かくも不遜(ふそん)言辞(げんじ)を、067宣伝使(せんでんし)たる貴下(きか)申上(まをしあ)げしは不覚(ふかく)(いた)りなり。068()(はづ)かしさの(かぎ)りよ』
069(わが)(こころ)(かへり)み、070(おほい)()づるものの(やう)なりける。
071 ここに二人(ふたり)宣伝使(せんでんし)岩上(がんじやう)()ち、072宣伝歌(せんでんか)(かは)(がは)(うた)ひて、073天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、074天地(てんち)大神(おほかみ)洪徳(こうとく)賛美(さんび)したりける。075(しか)して二人(ふたり)宣伝歌(せんでんか)合一(がふいつ)して、076(ひと)つの(うた)延長(えんちやう)したり。
077(かみ)表面(おもて)(あら)はれて
078(ぜん)(あく)とを()()ける
079(たま)(みが)けよ立替(たてか)へよ
080()行為(おこなひ)立直(たてなほ)
081この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
082霊魂(みたま)もひろき大直日(おほなほひ)
083ただ何事(なにごと)(ひと)()
084直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
085()過失(あやまち)()(なほ)せ』
086 東彦天使(あづまひこのかみ)(せき)(ゆづ)つて、087北光天使(きたてるのかみ)平岩(ひらいは)(うへ)安坐(あんざ)せしめ、088(かみ)教示(けうじ)()()りぬ。089この(とき)一同(いちどう)合掌(がつしやう)して神徳(しんとく)讃美(さんび)し、090異口同音(いくどうおん)宣伝歌(せんでんか)(うた)ふ。091一同(いちどう)(かほ)には以前(いぜん)引代(ひきか)へ、092愉快(ゆくわい)()てる血色(けしき)(ただよ)ひける。
093(かふ)只今(ただいま)宣伝使(せんでんし)御尋(おたづ)(いた)します。094前刻(ぜんこく)より黄金山(わうごんざん)宣伝使(せんでんし)(さま)(うけたま)はりますには、095この()(なか)善悪(ぜんあく)立替(たてかへ)があり、096大慈(だいじ)大悲(だいひ)神様(かみさま)(あら)はれて善人(ぜんにん)(たす)け、097悪人(あくにん)(ほろ)ぼし、098(つよ)きを(くじ)き、099(よわ)きを(すく)ひ、100吾々(われわれ)()()ちたる人民(じんみん)天国(てんごく)(すく)うて(くだ)さると()(こと)であります。101(じつ)吾々(われわれ)再生(さいせい)(おも)ひと、102歓喜(くわんき)()へませぬ。103(しか)るに、104(また)もや貴神(あなた)がここに(あら)はれて、105「ただ何事(なにごと)(ひと)()は、106直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)云々(うんぬん)」と(おほ)せられましたが、107一体(いつたい)これは()()(こと)でありませうか。108(くは)しく御説示(ごせつじ)(ねが)ひます。109吾々(われわれ)祖先(そせん)伝来(でんらい)(やま)田地(でんち)悪人(あくにん)占領(せんりやう)せられ、110女房(にようばう)(うば)()られ、111住居(すみか)()かれ、112()ふに(しよく)なく、113(ねむ)るに(いへ)なく、114親子(おやこ)夫婦(ふうふ)四方(しはう)離散(りさん)し、115(じつ)()るにあられぬ、116(かな)しい()(おく)つて()ります。117(わたくし)はそれ(ゆゑ)()乞食(こじき)となりて四方(しはう)(めぐ)り、118(いへ)()女房(にようばう)(うば)つた悪者(わるもの)(さが)(もと)めて、119(あだ)()つてやらうと(かんが)へ、120苦労(くらう)艱難(かんなん)(いた)してをりますが、121()神様(かみさま)がこの()()らつしやるのならば、122何故(なぜ)こんな不公平(ふこうへい)(こと)があるのに、123(だま)つて()()られるのでせうか。124(わたくし)はこの()(かみ)存在(そんざい)(うたが)ひます。125(さき)宣伝使(せんでんし)()はれたやうに、126善悪(ぜんあく)立替(たてかへ)神様(かみさま)()るとすれば、127一日(いちにち)(はや)くこの無念(むねん)()らして()しいと(おも)ひます。128(しか)るに只今(ただいま)貴下(あなた)御言葉(おことば)(なか)に「ただ何事(なにごと)(ひと)()は、129直霊(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)せ」と(あふ)せになりましたが、130これは(えう)するに何事(なにごと)(あきら)めよとの(をしへ)ではありますまいか。131(さき)神様(かみさま)(をしへ)貴下(あなた)(をしへ)とは、132どうしてもつばね()はないやうな(かんが)へがするのです。133どうぞ(くは)しく御諭(おさと)しを(ねが)ひたう(ぞん)じます』
134 ここに北光天使(きたてるのかみ)は、
135神様(かみさま)至善(しぜん)至美(しび)至仁(しじん)至愛(しあい)御方(おかた)である。136(ゆゑ)(あく)(にく)み、137無慈悲(むじひ)御嫌(おきら)(あそ)ばすのは()(まで)もない。138しかし人間(にんげん)はいかに立派(りつぱ)(かしこ)(もの)でも、139神様(かみさま)御智慧(おちゑ)(くら)べて()れば、140(じつ)(はづ)かしいものであります。141(わざはひ)(おほ)く、142悪魔(あくま)蔓延(はびこ)今日(こんにち)()(なか)は、143どうしても無限絶対力(むげんぜつたいりよく)におはします神様(かみさま)(ちから)依頼(たよ)らねばならぬ。144あなたが(いへ)()かれ、145山林(さんりん)田畑(でんばた)掠奪(りやくだつ)され、146女房(にようばう)()られて、147その(うら)みを()らさうと(おも)ひ、148諸方(しよはう)(たづ)(まは)らるるのは人情(にんじやう)として(もつと)もであり、149吾々(われわれ)満腔(まんこう)同情(どうじやう)をよせますが、150(しか)し、151そこを人間(にんげん)忍耐(にんたい)して、152(てき)(ゆる)してやらねばならぬのです。153そこが人間(にんげん)(たふと)(ところ)であつて、154神様(かみさま)大御心(おほみこころ)(かな)うといふものです』
155()くや(いな)や、156(かふ)はムツクと()(あが)り、
157馬鹿(ばか)
158(さけ)び、159かつ(はやぶさ)(やう)()()いて北光天使(きたてるのかみ)(にら)みつけ、160(いき)をはづませながら、
161『オヽ(おれ)はコヽ()んな宣伝使(せんでんし)()かす(こと)は、162キヽ()()はぬ。163腰抜野郎(こしぬけやらう)()164(かか)()られ、165(いへ)()かれ、166悪人(あくにん)財産(ざいさん)全部(すつかり)ふんだくられ、167()(いへ)もなく、168()(もの)もなし、169親子(おやこ)()()りばらばらになつて、170()るにあられぬ艱難(かんなん)苦労(くらう)をして()るのに、171苦労(くらう)()らずの人情(にんじやう)()らず()172ナヽ(なに)が、173カヽ(かみ)さまだ。174(ゆる)してやれも(くそ)もあつたものかい。175(けつ)(あき)れらア。176あまり(ひと)馬鹿(ばか)にするない。177そんならお(まへ)(あたま)に、178オヽ(おれ)(いま)小便(せうべん)()つかけてやるが、179それでもお(まへ)はオヽ(おこ)らぬか』
180といひながら、181宣伝使(せんでんし)背後(はいご)()ち、182端坐(たんざ)せる北光天使(きたてるのかみ)(あたま)をめがけて、183ジヤアジヤアと()りだした。184東彦天使(あづまひこのかみ)その()一同(いちどう)は、
185()()て』
186(さけ)ぶ。187その(あひだ)小便(せうべん)全部(すつかり)放出(はうしゆつ)(をは)りぬ。
188 北光天使(きたてるのかみ)莞爾(につこ)として(すわ)りゐたり。
189 (かふ)(なほ)口汚(くちぎた)なく、
190『ヤイ腰抜(こしぬけ)191弱蟲(よわむし)192小便(せうべん)()れ、193(はな)()れ』
194(ののし)る。195一同(いちどう)は、
196『オイ貴様(きさま)小便(せうべん)()れぢやないか。197(いま)(げん)小便(せうべん)()れたであらう。198(ひと)のことだと(おも)つて自分(じぶん)(こと)()かして()らア。199オイ、200(はな)()かぬかい。201水洟(みづばな)()らしやがつて、202(はな)()れの小便(せうべん)()れとは貴様(きさま)のことだよ』
203といふに、204(かふ)躍起(やつき)となり、
205『なに、206(おれ)小便(せうべん)()れたのぢやない。207小便(せうべん)(はう)から()よつたのだ。208(おれ)や、209(はな)()れアせぬ、210(はな)(はう)から()()やがつたのだい』
211不減口(へらずぐち)(たた)く。
212 北光天使(きたてるのかみ)泰然(たいぜん)として、213小便(せうべん)()びたまま講演(かうえん)をつづける。
214大正一一・一・二二 旧大正一〇・一二・二五 井上留五郎録)