霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三八章 黄金(こがね)(みや)〔二八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第7篇 黄金の玉 よみ:おうごんのたま
章:第38章 第6巻 よみ:こがねのみや 通し章番号:288
口述日:1922(大正11)年01月23日(旧12月26日) 口述場所: 筆録者:藤原勇造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
雲掴は、青雲山八王神の神澄彦が大洪水の前に、宣伝使となって当山を去って以来、八頭の吾妻彦が神政を司っていたが、ついにウラル彦の勢力の前に心ならずも屈したことを明かした。
そして、国治立命の命によって古来より青雲山に祭っていた黄金の玉を、ウラル彦が取りに来るため、山に道を通しているのだ、と白状した。
また、自分の正体は、吾妻彦の補佐をする雲別という神人である、と名乗った。
ただ、黄金の玉を管理する玉守彦夫婦がアーメニヤへの遷座に大反対しており、吾妻彦はウラル彦との板ばさみとなって苦しんでいることを明かした。
高彦は、自分は黄金山に玉を移すために使わされたのであり、これはすべて伊邪那岐命のご守護があるため、何も心配することはない、と諭した。
高彦は雲掴(雲別)の案内で吾妻別に面会した。そして三五教の教理と、伊邪那岐命の神徳を説き聞かせたところ、吾妻彦は三五教に恭順した。そして、黄金の玉は黄金山に遷座することになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-02 03:08:55 OBC :rm0638
愛善世界社版:232頁 八幡書店版:第1輯 709頁 修補版: 校定版:232頁 普及版:97頁 初版: ページ備考:
001 高彦天使(たかひこのかみ)は、002雲掴(くもつかみ)改心(かいしん)(じやう)(あらは)れしより、003一同(いちどう)霊縛(れいばく)を、004()()()ツと(とな)へながら()いた。005一同(いちどう)一時(いちじ)身体(しんたい)自由(じいう)()006(なみだ)(なが)して各々(おのおの)柄物(えもの)大地(だいち)()()て、007宣伝使(せんでんし)(まへ)(むら)がり(きた)りて(ひざまづ)きその無礼(ぶれい)陳謝(ちんしや)し、008雲掴(くもつかみ)(なみだ)片手(かたて)逐一(ちくいち)その真相(しんさう)(かた)りける。
009当山(たうざん)貴下(きか)()らるる(ごと)く、010(いにしへ)より国治立命(くにはるたちのみこと)(めい)によりて黄金(こがね)(たま)(まつ)り、011玉守彦(たまもりひこ)012玉守姫(たまもりひめ)二神(にしん)が、013宮司(みやづかさ)として(これ)保護(ほご)(たてまつ)りて()りました。014さうして神澄彦(かむすみひこ)八王神(やつわうじん)となりて、015当山(たうざん)一帯(いつたい)()御守護(ごしゆご)(あそ)ばされ、016吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」神政(しんせい)管掌(くわんしやう)されつつあつたのでありましたが、017八王神(やつわうじん)神澄彦(かむすみひこ)(さま)は、018大洪水(だいこうずゐ)(まへ)に、019宣伝使(せんでんし)となつて、020聖地(せいち)ヱルサレムへ御出(おいで)になり、021それからは吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」独舞台(ひとりぶたい)となつてをりました。022(しか)るにこの(たび)023常世彦(とこよひこ)御子(おんこ)なるウラル(ひこ)が、024アーメニヤの聖地(せいち)神都(しんと)(ひら)かれ、025宣伝使(せんでんし)諸方(しよはう)派遣(はけん)され、026先年(せんねん)その宣伝使(せんでんし)たる鬼掴(おにつかみ)()(ちから)(つよ)使(かみ)が、027当山(たうざん)にきたりて吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」談判(だんぱん)(すゑ)028つひに吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」鬼掴(おにつかみ)降伏(かうふく)し、029アーメニヤの神都(しんと)帰順(きじゆん)された。030そこでいよいよアーメニヤの神都(しんと)に、031黄金(こがね)国魂(くにたま)(まつ)るべく、032黄金(こがね)(みや)をアーメニヤに(うつ)される(こと)となり、033やがてウラル(ひこ)は、034数多(あまた)供人(ともびと)()()れ、035当山(たうざん)へその(たま)受取(うけと)りに御出(おいで)になるので、036吾々(われわれ)吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」厳命(げんめい)によりて、037山道(やまみち)開鑿(かいさく)昼夜(ちうや)間断(かんだん)なく従事(じうじ)してをりました。038しかるに(たふと)貴下(あなた)御出(おいで)になり、039有難(ありがた)神様(かみさま)(をしへ)()かして(いただ)きましてより、040どうやら(わたくし)らの(こころ)(なか)(ひそ)める大蛇(をろち)悪霊(あくれい)()()したやうで(じつ)天地開明(てんちかいめい)心持(こころもち)となり、041今迄(いままで)吾々(われわれ)慢心誤解(まんしんとりちがひ)(かへり)みれば、042(じつ)(はづ)かしくつて(あな)でもあらば這入(はい)りたいやうな()(いた)します』
043真心(まごころ)(おもて)(あら)はして()べたてにける。044宣伝使(せんでんし)()首肯(うなづ)き、
045(なんぢ)(いつは)らざる告白(こくはく)によつて、046(すべ)ての疑団(ぎだん)氷解(ひようかい)した。047それに()いても当山(たうざん)守護神(しゆごじん)吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」今何処(いづこ)()るぞ』
048との(たづ)ねに、049雲掴(くもつかみ)は、
050『ハイ、051この(ごろ)黄金(こがね)(みや)御神体(ごしんたい)をアーメニヤに(うつ)準備(じゆんび)のために、052昼夜(ちうや)断食(だんじき)(ぎやう)()して()られます。053(しか)るに肝腎(かんじん)宮司(みやづかさ)なる玉守彦天使(たまもりひこのかみ)は、054この御宮(おみや)をアーメニヤに(うつ)すことは、055御神慮(ごしんりよ)(かな)はないと()つて、056大変(たいへん)反対(はんたい)をされて()るさうであります。057肝腎(かんじん)御宮守(おみやもり)御承知(ごしようち)なければ、058如何(いか)当山(たうざん)守護職(しゆごしよく)なる吾妻彦命(あづまひこのみこと)校正本では「吾妻別命」も、059どうする(こと)出来(でき)ず、060さりとて一旦(いつたん)ウラル(ひこ)約束(やくそく)なされた以上(いじやう)は、061これを履行(りこう)せなくてはならず、062万々一(まんまんいち)(いま)となつて違背(ゐはい)される(やう)(こと)があるとすれば、063当山(たうざん)はウラル(ひこ)のために()(ほろ)ぼされるは()()るより(あきら)かなりと()ふので、064玉守彦天使様(たまもりひこのかみさま)御承知(ごしようち)()(やう)にと、065一方(いつぱう)準備(じゆんび)すると(とも)に、066一方(いつぱう)断食(だんじき)(ぎやう)をせられて()るのであります。067(わたくし)(じつ)雲掴(くもつかみ)(まを)して、068(いや)しき人夫(にんぷ)頭領(とうりやう)(いた)してをりますが、069実際(じつさい)吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」補佐(ほさ)神司(かみ)で、070雲別(くもわけ)(まを)(もの)であります。071それゆえ当山(たうざん)(こと)ならば、072何事(なにごと)(くは)しく(ぞん)じて()りますが、073今日(こんにち)のところ吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」(じつ)板挟(いたばさ)みとなりて、074(くる)しみ(もだ)えて()られます。075(まこと)()るも御気(おき)(どく)(いた)りであります』
076顔色(がんしよく)(くも)らせ、077吐息(といき)()きつつ()()つる。
078 高彦天使(たかひこのかみ)は、079雲別(くもわけ)(むか)つて、
080御心配(ごしんぱい)はいりませぬ、081当山(たうざん)(わざはひ)(すく)ふは、082(ただ)天津祝詞(あまつのりと)言霊(ことたま)(ちから)と、083宣伝歌(せんでんか)功徳(くどく)のみであります。084また黄金(こがね)(みや)(けつ)してアーメニヤには(うつ)りませぬ。085これは黄金山(わうごんざん)(うつ)せば(よろ)しい。086黄金山(わうごんざん)には仁慈(じんじ)無限(むげん)神様(かみさま)(あら)はれて、087立派(りつぱ)(をしへ)()てられて()りますから、088一時(いちじ)もはやく(これ)黄金山(わうごんざん)(うつ)(たてまつ)り、089高天原(たかあまはら)()します神伊邪那岐命(かむいざなぎのみこと)御神政(ごしんせい)御守護(ごしゆご)御魂(みたま)とすべきものであります。090それゆゑ吾々(われわれ)当山(たうざん)宣伝使(せんでんし)となつて(まゐ)りしなり』
091と、092(はじ)めて自分(じぶん)使命(しめい)物語(ものがた)りける。093この高彦天使(たかひこのかみ)は、094(あと)天照大御神(あまてらすおほみかみ)(さま)岩戸隠(いはとがく)れを(あそ)ばした(とき)095岩屋戸(いはやど)(まへ)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(たま)ひし天児屋根命(あめのこやねのみこと)前身(ぜんしん)なり。
096 (これ)より雲別(くもわけ)案内(あんない)にて山頂(さんちやう)(のぼ)り、097吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」098玉守彦天使(たまもりひこのかみ)面会(めんくわい)し、099三五教(あななひけう)教理(けうり)伊邪那岐(いざなぎ)大神(おほかみ)御神徳(ごしんとく)詳細(しやうさい)()(しめ)し、100つひに吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」は、101伊邪那岐命(いざなぎのみこと)帰順(きじゆん)忠誠(ちうせい)(ぬき)ンでたりける。102(しか)して黄金(こがね)(みや)は、103(たま)(とも)にヱルサレムの聖地(せいち)遷座(せんざ)さるる(こと)となりにける。
104大正一一・一・二三 旧大正一〇・一二・二六 藤原勇造録)