霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四一章 桶伏山(おけふせやま)〔二九一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第7篇 黄金の玉 よみ:おうごんのたま
章:第41章 第6巻 よみ:おけふせやま 通し章番号:291
口述日:1922(大正11)年01月23日(旧12月26日) 口述場所: 筆録者:藤原勇造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
吾妻彦は長旅の末、ようやく玉を奉じてエルサレムに着いた。エルサレムは昔の面影はなかったが、美しい神殿を造り、黄金の玉を奉安して聖地の守り神となした。
ウラル彦はこの様子を知って、聖地に数多の探女醜女を参拝者に仕立てて送り込んだ。玉守彦は霊夢に感じて、黄金の玉を人目を避けるために釜の中に隠した。
そのまま数年経つと、釜は非常な音響を立てて唸るようになった。玉守彦は宝庫の戸を開いてみると、鉄の釜はいつのまにか純金の釜となってまばゆいばかりに辺りを照らしていた。
釜のまわりには、自然に登り竜・下り竜が現れており、玉の表面にも多くの竜体が現れていた。また、玉はますます光り輝いて唸りを上げていた。
玉の唸りは大きいが遠くまで響かず、純金の釜はまた唸りを上げ、これは小さかったが遠くまでよく響いた。
玉守彦は、ウラル彦が玉を狙っているという暗示を受け、埴安彦神・埴安姫神とはかり、玉の隠し場所を変えることにした。粗末な唐櫃を作って黄金の玉と釜を納め、遠く東の淤能碁呂島の中心地・桶伏山(一名、圓山)の麓に隠し納め、圓山姫に密かに守護を命じた。
いつの代にこの神宝が世に出て、混濁の世を照らすことになるのだろうか。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-02 03:13:21 OBC :rm0641
愛善世界社版:248頁 八幡書店版:第1輯 715頁 修補版: 校定版:249頁 普及版:104頁 初版: ページ備考:
001 (ひか)(まばゆ)黄金(わうごん)の、002(たま)(いつ)きし(たま)輿(こし)003青雲山(せいうんざん)(たま)(みや)004玉守彦(たまもりひこ)吾妻彦(あづまひこ)校正本では「吾妻別」005(うづ)(みこと)前後(あとさき)に、006数多(あまた)従者(じゆうしや)(したが)へて、007四恩(しおん)(かは)()(わた)り、008()()についてやうやうに、009(ふる)(むかし)神都(しんと)なる、010黄金山(わうごんざん)のその(ふもと)011蓮華台上(れんげだいじやう)(きこ)えたる、012ヱルサレムの(みやこ)に、013八十(やそ)隈路(くまぢ)()()えて、014やうやうここに()きにける。
015 ヱルサレムには、016(むかし)(おもかげ)()けれども、017(うるは)しき神殿(しんでん)(つく)り、018これに黄金(こがね)国魂(くにたま)奉安(ほうあん)し、019聖地(せいち)守神(まもりがみ)となし(たま)うたのである。020ウラル(ひこ)は、021この様子(やうす)(うかが)()り、022数多(あまた)探女(さぐめ)醜女(しこめ)参拝者(さんぱいしや)仕立(した)てて、023この国魂(くにたま)奪取(だつしゆ)せしめむと(はか)り、024昼夜(ちうや)間断(かんだん)なく、025ヱルサレムの聖地(せいち)巡礼(じゆんれい)変装(へんさう)せしめ(うかが)ひつつありける。026玉守彦天使(たまもりひこのかみ)霊夢(れいむ)(かん)じ、027(たま)安全(あんぜん)保護(ほご)すべく、028(よる)(ひそ)かに(たま)(みや)()り、029(うやうや)しく(これ)()(いだ)し、030人々(ひとびと)()()くるため、031(かま)(なか)()(かく)()きけり。
032 ()くすること数年(すうねん)()て、033(かま)非常(ひじやう)なる音響(おんきやう)()てて(うな)りはじめたり。034その(うな)(ごゑ)遠近(ゑんきん)(ひび)(わた)りければ、035玉守彦(たまもりひこ)何事(なにごと)ならむと、036宝庫(はうこ)()()(ひら)()れば、037こはそも如何(いか)に、038(てつ)(かま)黄金(こがね)(たま)威徳(ゐとく)(かん)じてや、039いつの()にか純金(じゆんきん)(かま)となり、040(うるは)しき光輝(くわうき)(はな)ちて、041宝庫(はうこ)内部(ないぶ)(まば)ゆきばかりに()らしてゐたり。042(あや)しみて()(きよ)め、043近寄(ちかよ)熟視(じゆくし)すれば、044その(かま)周囲(まはり)には自然(しぜん)(のぼ)(りう)045(くだ)(りう)(あら)はれてをり、046(しか)して(かま)(なか)(たま)はと()れば、047これまた(たま)表面(へうめん)(おほ)くの竜体(りゆうたい)(あら)はれ()たり。048(しか)して(たま)は、049(ひかり)ますます(つよ)(うな)()てたり。050(たま)より()づる(こゑ)か、051(かま)より()づる(こゑ)か、052たうてい区別(くべつ)がつかぬため、053(かま)(なか)よりその(たま)()()し、054(はな)して()ゑてみたりしに、055(たま)より()づる(こゑ)は、056(だい)なれども(とほ)(ひび)かず、057(かま)より()づる(こゑ)はやや(せう)なれども、058遠方(ゑんぱう)(ひび)(わた)ること判明(はんめい)したり。
059 何時(いつ)ウラル(ひこ)が、060この(たま)()りに()るやも()れぬとの暗示(あんじ)(あた)へられたれば、061玉守彦(たまもりひこ)は、062埴安彦神(はにやすひこのかみ)063埴安姫神(はにやすひめのかみ)(はか)り、064(ひそ)かに(たま)(かく)場所(ばしよ)()へる(こと)となしたり。065(あま)(ちか)くに(かく)しては、066またもや(ぬす)まるる(おそ)れありとし、067(とほ)(あづま)(くに)()()(こと)となり、068粗末(そまつ)なる唐櫃(からをと)(つく)り、069これに黄金(こがね)(たま)と、070黄金(こがね)(かま)(をさ)め、071侍者(じしや)(かつ)がしめ、072()()(つい)で、073磯輪垣(しわがき)秀妻(ほづま)(くに)淤能碁呂島(おのころじま)中心地(ちうしんち)なる桶伏山(をけふせやま)074一名(いちめい)円山(まるやま)(ふもと)(かく)(をさ)め、075円山姫(まるやまひめ)をして、076この神宝(しんぽう)守護(しゆご)(ひそ)かに(めい)()きたるなり。077アヽ何時(いつ)()にか、078黄金(こがね)(たま)(かま)とが()(あら)はれ()でて、079混濁(こんだく)()()らすこととなるならむか。
080大正一一・一・二三 旧大正一〇・一二・二六 藤原勇造録)