霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四九章 膝栗毛(ひざくりげ)〔二九九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第8篇 五伴緒神 よみ:いつとものおのかみ
章:第49章 第6巻 よみ:ひざくりげ 通し章番号:299
口述日:1922(大正11)年01月24日(旧12月27日) 口述場所: 筆録者:藤原勇造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宣伝使たちは、元照別従者とともに、都大路を城に向かって進んでいった。都の人々は、この様子を見て口々に噂をしあっている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0649
愛善世界社版:297頁 八幡書店版:第1輯 732頁 修補版: 校定版:298頁 普及版:124頁 初版: ページ備考:
001 広道別天使(ひろみちわけのかみ)002出雲姫(いづもひめ)は、003城内(じやうない)役人(やくにん)(むか)つて、
004御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)(ぞん)じます。005(しか)しながら、006吾々(われわれ)はこの()(すく)(かみ)(よさ)しの宣伝使(せんでんし)()(うへ)007艱難(かんなん)苦労(くらう)(いた)すのが、008吾々(われわれ)本意(ほんい)でありますから、009御用(ごよう)があれば、010(よろこ)びて何処(どこ)までも(まゐ)りますが、011乗物(のりもの)だけは御免(ごめん)(かうむ)りたい』
012(ことわ)りける。013役人(やくにん)は、
014御説(おせつ)御尤(ごもつと)もなれど、015吾々(われわれ)は、016城主(じやうしゆ)命令(めいれい)で、017駕籠(かご)()つて御迎(おむか)ひに(まゐ)つたもの、018是非(ぜひ)()つて(いただ)かぬと、019(かへ)つてから(しか)られますから、020どうぞ御乗(おの)(くだ)さい。021(ねが)ひです』
022(たの)()る。023広道別天使(ひろみちわけのかみ)は、
024『あなたの御言葉(おことば)御尤(ごもつと)もなれど、025この(あつ)いのに百姓(ひやくしやう)熱湯(ねつたう)のやうな()(なか)で、026草除(くさと)りをしてをることを(おも)へば、027勿体(もつたい)なくてそんな(おご)つたことはできませぬ。028吾々(われわれ)神様(かみさま)から(いただ)いた立派(りつぱ)(あし)()つて()りますから、029この膝栗毛(ひざくりげ)鞭韃(むちう)つて(まゐ)ります。030乗物(のりもの)真平御免(まつぴらごめん)(かうむ)りたい』
031(かた)()して(おう)ぜざりければ、032役人(やくにん)はやむを()ず、
033斯程(かほど)御頼(おたの)(まう)すを、034御聞(おき)きいれなくば是非(ぜひ)はありませぬ。035オイ駕籠舁(かごかき)ども、036この駕籠(かご)(かつ)いで(すぐ)(かへ)つたがよからう。037吾々(われわれ)はこの御方(おかた)御伴(おとも)をして徒歩(かち)(かへ)るから、038右守神(うもりのかみ)にこの(よし)御伝(おつた)(まを)せ』
039 駕籠舁(かごかき)は、
040『ハイ』
041(こた)へて、042すぐ駕籠(かご)(かつ)いて一目散(いちもくさん)()()したり。
043 二人(ふたり)宣伝使(せんでんし)と、044岩彦(いはひこ)および(だい)(をとこ)熊公(くまこう)は、045四五(しご)役人(やくにん)(とも)に、046都大路(みやこおほじ)をトボトボと(すす)()く。047さうして広道別天使(ひろみちわけのかみ)および出雲姫(いづもひめ)は、048(かは)(がは)(たが)ひに宣伝歌(せんでんか)(うた)ひつつ(すす)()く。
049 大路(おほみち)両側(りやうそく)には彼方(あちら)三人(さんにん)050此方(こちら)五人(ごにん)十人(じふにん)()つて、051この一行(いつかう)姿(すがた)()口々(くちぐち)下馬評(げばひやう)(こころ)みてゐる。
052(かふ)『あれ()い、053あの宣伝使(せんでんし)とかいふ(やつ)が、054城主様(じやうしゆさま)御通行(ごつうかう)(さまた)げよつたので、055役人(やくにん)引張(ひつぱ)られて()きよるのだ。056アレアレ、057仁王(にわう)のやうな大男(おほをとこ)二人(ふたり)()いて()きアがらア。058いづれ彼奴(あいつ)ア、059御城内(ごじやうない)引張(ひつぱ)られて、060ふりつけ()ひよるのだ』
061(おつ)(なん)だい、062芝居(しばゐ)でも(をし)へるのか、063御城主様(ごじやうしゆさま)もよつぽど物好(ものず)きだな。064あンな(やつ)()()けして(もら)つたつて、065(ろく)芝居(しばゐ)()てはしないぞ』
066(へい)()りつけなんて、067そんな気楽(きらく)なことかい。068(はりつけ)のことだい』
069(おつ)『ウンさうか、070(をとこ)(くせ)して、071裁縫(さいほう)でもするのかい。072(おれ)とこの(あま)つちよも、073この(あひだ)から()(もの)稽古(けいこ)するといつてな、074(たま)さま(とこ)()()けをやつて(もら)つたのだ』
075(かふ)『そんな気楽(きらく)なことかい、076えらい()にあはされるのだ』
077(へい)『えらい()にあはされるのも()らずに、078気楽(きらく)さうに(うた)でも(うた)ひやがつて、079よつぽど暢気(のんき)(やつ)だな』
080(おつ)『ナーニ、081ありや自暴自棄(やけくそ)だよ。082()かれものの小歌(こうた)てな、083屠所(としよ)(ひつじ)のやうに悄々(しほしほ)とこの大路(おほぢ)(とほ)るのは、084()つともないものだから、085痩我慢(やせがまん)()しアがつてるのよ。086あの(こゑ)()いて()い、087(なん)だか見逃(みのが)聞逃(ききのが)せなんて()(ごと)いつとるぢやないか』
088 宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)は、089この下馬評(げばひやう)()きながら、090役人(やくにん)(とも)にドンドンと(すす)みゆく。
091 また此方(こちら)(はう)には、092一群(ひとむれ)男女(だんぢよ)があつて、093一行(いつかう)姿(すがた)()(ささや)()うてゐる。
094(かふ)今日(けふ)目出度(めでた)結構(けつこう)な、095御城主様(ごじやうしゆさま)御誕生日(おたんじやうび)で、096仰山(ぎやうさん)(とも)()れて、097立派(りつぱ)御輿(みこし)()つて、098(ひと)(じま)とかへ御参拝(ごさんぱい)になるので、099(まち)のものはみんな御祝(おいは)ひのため、100家々(いへいへ)(はた)()て、101御神酒(おみき)(いただ)いて、102(をど)(まは)つてをるところへ、103(かた)()るやうな(うた)(うた)ひやがる宣伝使(せんでんし)とかがやつて()て、104御城主様(ごじやうしゆさま)行列(ぎやうれつ)邪魔(じやま)したとかで、105(いま)引張(ひつぱ)られて()くのだ。106彼奴(あいつ)(べつ)(さけ)()つたやうな(かほ)もして()やアしないが、107(なん)であんな馬鹿(ばか)(こと)をするのだらう、108(いのち)()らずだなア』
109(おつ)()ンで()()(なつ)(むし)かい。110(しか)しこのごろ(あま)悪神(わるがみ)覇張(はば)るので、111彼方(あちら)にも此方(こちら)にもドエラい騒動(さうだう)がオツ(ぱじ)まつて、112人民(じんみん)塗炭(とたん)とか炭団(たどん)とかの、113(くる)しみとか黒玉(くろたま)とかを()めて、114()白黒玉(しろくろたま)にして、115彼方(あつち)にも此方(こつち)にも()いたり(おこ)つたり(くや)んだりするので、116御天道様(おてんだうさま)御機嫌(ごきげん)をそこね、117毎日(まいにち)日日(ひにち)(あめ)()(つづ)いて、118とうとう()()御大将(おんたいしやう)(くに)御柱(みはしら)(かみ)さまとか、119伊邪那美命(いざなみのみこと)(さま)とかいふ御方(おかた)が、120この()愛想(あいさう)御尽(おつ)かし(あそ)ばして黄泉国(よもつくに)とか、121塵芥(ごもく)(くに)とか(なん)でも(きたな)(くに)へ、122御越(おこ)(あそ)ばしたといふことだ。123それに今日(けふ)御城主様(ごじやうしゆさま)御誕生日(おたんじやうび)で、124たまたまの結構(けつこう)なお日和(ひより)だ。125御城主(ごじやうしゆ)さまの御威徳(ごゐとく)は、126天道様(てんだうさま)でも御感心(ごかんしん)(あそ)ばして、127こんな世界晴(せかいばれ)結構(けつこう)なお日和(ひより)さまだ。128それに陰気(いんき)(うた)(うた)ひよつて邪魔(じやま)するものだから、129(ばち)覿面(てきめん)130(おのれ)(かたな)(おの)(くび)131馬鹿(ばか)(やつ)もありや()るものだな』
132口々(くちぐち)(ののし)()る。133一行(いつかう)委細(ゐさい)(かま)はずドンドンと(すす)み、134羅馬(ローマ)城内(じやうない)姿(すがた)(かく)しける。
135大正一一・一・二四 旧大正一〇・一二・二七 藤原勇造録)