霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 白竜(はくりう)〔三〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第1篇 大台ケ原 よみ:おおだいがはら
章:第3章 第7巻 よみ:はくりゅう 通し章番号:303
口述日:1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所: 筆録者:松村仙造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
岩窟の前に集った三神の前に、あでやかな姫神が現れて慇懃に会釈をし、岩窟の中に進み入った。
三神は意を決して岩窟を探検することにした。一同は果てしのない岩窟を進んで行き、天井高く横幅広い場所に到達した。すると岩窟は次第に展開して、処々から朦朧たる光を表した。
その光の中に、荘厳な宮殿が現れた。三神は驚きつつ、警戒しながら宮殿に近づいていく。宮殿には堅固な石門があった。
日の出神が石門を開こうと力を込めて押していると、宮殿の中から邪神の声が、三神がまんまと計略にかかって包囲されていることを告げた。
真鉄彦は石門をねじ上げて押し倒した。すると門内には、幾百千もの大蛇に包まれて、美しい女性が端然と控えていた。
日の出神は声を張り上げて、日の出神が生魂・康代彦が幸魂・真鉄彦が荒魂となり、三つの魂と現れて神素盞嗚の神となり、大蛇を斬りほふる覚悟である、と歌い始めた。
この歌を聞くと、美しい女性の曲津神は白竜と化し、三神の前に帰順の意を表した。宮殿も大蛇の群れも、どこかへ消えてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0703
愛善世界社版:17頁 八幡書店版:第2輯 42頁 修補版: 校定版:19頁 普及版:7頁 初版: ページ備考:
001 (みづ)より(きよ)(かぜ)よりもいと(さわや)かに、002(つき)にも(まが)(あきら)かさ、003その顔容(かんばせ)(はな)よりも婉麗(あでやか)なりし姫神(ひめがみ)は、004忽焉(こつえん)として巌窟(いはや)(まへ)(あら)はれた。005姫神(ひめがみ)()出神(でのかみ)(はじ)二柱(ふたはしら)(かみ)(まへ)両手(りやうて)つかへ006いと慇懃(いんぎん)会釈(ゑしやく)しながら(もの)をも()はず、007小暗(をぐら)巌窟(いはや)(あな)(ふか)(すす)()りける。008油断(ゆだん)ならじと()出神(でのかみ)双手(もろて)()みて、009(かしら)(かたむ)思案(しあん)()れて(しば)言葉(ことば)もなかりしが、010康代彦命(やすよひこのみこと)は、011(えり)(ただ)(かたち)(あらた)め、012双手(もろて)()ちて天地(てんち)祈願(きぐわん)(はじ)めた。013拍手(かしはで)(こゑ)大峡小峡(おほがひをがひ)(ひび)(わた)り、014(とき)ならぬ山彦(やまひこ)の、015彼方此方(あちらこちら)()()有様(ありさま)016百千人(ひやくせんにん)一時(いちどき)()()(ごと)くなりけり。
017 三柱(みはしら)(かみ)は、018虎穴(こけつ)()らざれば虎児(こじ)()ず、019(あや)しき(そこ)ひも()れぬこの巌窟(がんくつ)探険(たんけん)し、020(はた)して善神(ぜんしん)住処(すみか)か、021悪魔(あくま)巣窟(さうくつ)か、022探険(たんけん)せむと(さき)(あらそ)(すす)()る。023()けども()けども際限(はてし)なく、024(みぎ)()(ひだり)(まが)り、025(あるひ)(のぼ)(あるひ)(くだ)り、026(やうや)うにして天井(てんじやう)(たか)横巾(よこはば)(ひろ)巌窟(いはや)(なか)到達(たうたつ)したり。
027 (いぶ)かしや、028()(とど)かぬ(ばか)りのこの巌窟(がんくつ)は、029次第(しだい)展開(てんかい)して、030処々(しよしよ)より朦朧(もうろう)たる(ひかり)(あら)はし、031(ほとん)朧月夜(おぼろづきよ)のごとき光景(くわうけい)なり。
032 ()出神(でのかみ)立止(たちとど)まり、033二神(にしん)にむかひ、
034二柱神(ふたはしらかみ)035彼方(かなた)一方(いつぱう)熟視(じゆくし)されよ』
036(しめ)(たま)へば、037二神(にしん)()()らし、038(ゆび)さす(かた)()039()(てん)ずれば、040荘厳(さうごん)(たと)ふるに(もの)なき宮殿(きうでん)(あら)はれ()たり。041二神(にしん)(おも)はず、
042『ヤア』
043驚愕(おどろき)(こゑ)張上(はりあげ)ながら、044前後左右(ぜんごさいう)(こころ)(くば)り、045宮殿(きうでん)()がけて(すす)みゆく。
046(あま)岩戸(いはと)仙境(せんきやう)
047(みぎ)(ひだり)(まへ)うしろ
048岩戸(いはと)(いは)にて(かた)めたる
049堅磐常磐(かきはときは)巖窟(がんくつ)
050石土毘古(いはつちびこ)穿(うが)ちたる
051(かみ)(つく)りし神仙境(しんせんきやう)
052天人(てんにん)天女(てんによ)(とき)ならぬ
053(きた)りて(もも)音楽(おんがく)
054(かな)づる(ばか)(おも)はれて
055(こころ)(いさ)(あし)(すす)
056(すす)三柱(みたり)神人(かみびと)
057(やうや)うここに()きにける。
058 (ちか)よりて()れば、059またもや堅固(けんご)なる石門(いしもん)(きづ)かれあり。060(さう)して石門(いしもん)(いただき)(そび)()つたる朱塗(しゆぬり)宮殿(きうでん)は、061巍然(ぎぜん)として巌窟(いはや)天井(てんじやう)(あつ)するばかりなりき。
062 ()出神(でのかみ)は、063金剛力(こんがうりき)発揮(はつき)し、064(ちから)()めて、065岩戸(いはと)(とびら)押開(おしひら)かむとするに、066(なか)より何神(なにがみ)(こゑ)とも()れず、
067(なんぢ)()出神(でのかみ)068我々(われわれ)計略(けいりやく)甘々(うまうま)()せられ、069(かち)(じやう)じてこの巌窟(いはや)(なか)(しの)()おほけなくも八頭八尾(やつがしらやつを)八岐(やまた)大蛇(をろち)御住居所(おんすまゐどころ)070(まよ)(きた)りしその果敢(はか)なさよ。071()くなる(うへ)はもはや(なんぢ)らは(ふくろ)(ねずみ)072釜中(ふちう)(うを)073()(ころ)さうと、074()(ころ)さうと、075(あぶ)つて()はうと()()はうと、076こつちの(こころ)次第(しだい)077天運(てんうん)()きし(あは)れさよ』
078銅鑼声(どらごゑ)張上(はりあ)げてカラカラと(わら)ふ。079三柱(みはしら)(かみ)()がみをなし、080眼尻(まなじり)釣上(つりあ)げ、081(かたな)(つか)()をかけ、082四方(しはう)八方(はつぱう)(まなこ)(くば)るをりからに東天紅(とうてんくれなゐ)(てう)して、083四辺(あたり)(にはか)(ひる)(ごと)くなり()たりぬ。084(あや)しき巌窟(がんくつ)奥深(おくふか)く、085()(かみ)(あら)はる()道理(だうり)なし、086何者(なにもの)変化(へんげ)ぞと、087三柱(みはしら)(ひと)しく(ひかり)(むか)つて(まなこ)(そそ)ぎける。
088 真鉄彦(まがねひこ)石門(いしもん)(はしら)()をかけ、089金剛力(こんがうりき)()して、090門柱(もんばしら)力限(ちからかぎ)りに捻上(ねぢあ)げければ、091(もん)はメキメキと(おと)()てその()(たふ)れたり。092門内(もんない)には幾百千(いくひやくせん)とも(かぞ)(がた)大蛇(だいじや)(むれ)(つつ)まれて、093(さき)(あら)はれし(うるは)しき女性(ぢよせい)094端然(たんぜん)として(ひか)えゐたり。095()出神(でのかみ)(こゑ)張上(はりあ)げて、
096八岐(やまた)大蛇(をろち)のひそみたる
097(かた)岩戸(いはと)村肝(むらきも)
098真鉄(まがね)(ひこ)真心(まごころ)
099打砕(うちくだ)かれて門柱(もんばしら)
100ても心地(ここち)よく淡雪(あはゆき)
101()ゆるが(ごと)(のぞ)かれぬ
102(かみ)(まか)せし真心(まごころ)
103(まこと)(ちから)はどこまでも
104()永遠(とこしへ)にのび(ひら)
105(かぞ)へつきせぬ曲神(まががみ)
106大蛇(をろち)棲処(すみか)突止(つきと)めて
107(まこと)(つらぬ)三柱(みはしら)
108(つるぎ)(さび)となりひびく
109さしもに堅固(けんご)岩山(いはやま)
110不動(ふどう)(いは)朽木(くちき)()
111(かぜ)にもまれて(たふ)るごと
112(まこと)(つらぬ)剣刃(つるぎは)
113十束(とつか)(つるぎ)()りはふり
114石土毘古司(いはつちびこのかみ)となり
115この()(まが)(はら)はなむ
116()烏羽玉(うばたま)(くら)くとも
117()出神(でのかみ)(あら)はれて
118八岐(やまた)大蛇(をろち)寸断(すんだん)
119(もも)曲神(まがみ)悉々(ことごと)
120(わが)言霊(ことたま)になびけなむ
121刃向(はむか)(きた)らむ(もの)あらば
122(きた)れよ(きた)れいざ(きた)
123御国(みくに)(まも)真心(まごころ)
124(つるぎ)刃向(はむか)(てき)はなし
125この()(すく)真心(まごころ)
126(かみ)刃向(はむか)(やいば)なし
127たとへ天地(てんち)(かは)るとも
128大地(だいち)(うみ)となるとても
129(まこと)(ちから)()(すく)
130(すく)ひの(かみ)(あら)はれし
131()出神(でのかみ)生魂(いくみたま)
132康代(やすよ)(ひこ)幸魂(さちみたま)
133真鉄(まがね)(ひこ)荒魂(あらみたま)
134()つの(みたま)(あら)はれて
135神素盞嗚(かむすさのを)(かみ)となり
136大蛇(をろち)(かしら)(はじ)めとし
137その()眷族(かみ)(ことごと)
138()りはふりなむ覚悟(かくご)せよ
139打滅(うちほろぼ)さむ覚悟(かくご)せよ』
140大音声(だいおんじやう)(うた)(はじ)めたるに、141容色(ようしよく)端麗(たんれい)なりし曲津神(まがつかみ)はこの(うた)(かん)じてや、142(たちま)白竜(はくりゆう)(くわ)し、143蜿蜒(えんえん)として、144三柱(みはしら)(かみ)(まへ)(あら)はれ(きた)り、145帰順(きじゆん)歓迎(くわんげい)()(へう)し、146(なが)尻尾(しつぽ)(さき)前後左右(ぜんごさいう)振廻(ふりまは)しつつ()()せけり。147四辺(あたり)()れば(いま)まで荘厳(さうごん)(きは)めたる宮殿(きうでん)跡形(あとかた)もなく、148数十百(すうじつぴやく)大蛇(をろち)(むれ)何処(どこ)へやら、149もとの朧夜(おぼろよ)四辺(あたり)(くわ)()りにける。
150大正一一・一・三〇 旧一・三 松村仙造録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)