霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 石土毘古(いはつちびこ)〔三〇四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第1篇 大台ケ原 よみ:おおだいがはら
章:第4章 第7巻 よみ:いわつちびこ 通し章番号:304
口述日:1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神らはなおも油断ならじと白竜に詰め寄った。真鉄彦が長剣をもって白竜の頭部に斬りつけると、一条の血煙とともに白雲がもうもうと立ち込め、中から最前の女性が現れた。
女性は、自分は天の御柱神(神伊弉諾命)の御子で、石巣比売であると明かした。夫の石土毘古とともに、父大神が松の世の礎として造った岩窟に住んでいたが、八岐大蛇が邪神軍を引き連れて襲い掛かり、我ら夫婦を亡ぼして岩窟の主となろうとしているのだ、と明かした。
そこへ、ひとりの従者があわただしく走り来て、石土毘古が今にも殺されそうになっている、と注進した。
岩窟の奥では、邪神が石土毘古を拷問していた。石土毘古はそれに屈せず、逆に日の出神・康代彦・真鉄彦が岩窟に進んできた今、降伏すべきは邪神の側である、と毅然と言い放った。
怒った八岐大蛇の号令により、石土毘古は邪神の手下どもに攻め囲まれてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-12 07:19:49 OBC :rm0704
愛善世界社版:23頁 八幡書店版:第2輯 44頁 修補版: 校定版:25頁 普及版:10頁 初版: ページ備考:
001 ()出神(でのかみ)白竜(はくりう)(むか)ひ、
002『いま(なんぢ)()(まへ)正体(しやうたい)(あら)はし、003帰順(きじゆん)()(へう)したるは何故(なにゆゑ)ぞ。004(なんぢ)には(もつと)(ふか)謀計(ぼうけい)あらむ。005一旦(いつたん)帰順(きじゆん)()せかけ、006神々(かみがみ)(こころ)(ゆる)ませ、007その(きよ)(じやう)じて我々(われわれ)(ほろ)ぼさむとするか。008その()()はぬぞ、009有体(ありてい)白状(はくじやう)せよ』
010三方(さんぱう)より()()れば、011白竜(はくりう)両眼(りやうがん)(なみだ)(たた)へ、012(かしら)大地(だいち)()りつけ絶対(ぜつたい)帰順(きじゆん)()(へう)するにぞ、013真鉄彦(まがねひこ)長剣(ちやうけん)(ふる)つて、014電光石火(でんくわうせきくわ)015白竜(はくりう)頭部(とうぶ)()がけて()りつくれば、016一条(いちでう)血煙(ちけむり)上空(じやうくう)(むか)つて()(のぼ)るよと()()に、017白雲(はくうん)濛々(もうもう)として(おこ)り、018咫尺(しせき)(べん)ぜざるに(いた)りぬ。019やや(しばら)くありて、020濛々(もうもう)たる白雲(はくうん)(なか)より以前(いぜん)女性(ぢよせい)茫然(ばうぜん)(あら)はれ(きた)り、021(こゑ)(かすか)(かた)るやう、
022(わらは)こそは、023(あめ)御柱神(みはしらがみ)御子(みこ)にして、024石巣比売(いはすひめ)(まを)すものなり。025(わが)(をつと)石土毘古(いはつちびこ)(まを)(はべ)る。026常磐堅磐(ときはかきは)(まつ)()(いしずゑ)たらしめむとしてわが父大神(ちちおほかみ)は、027この御山(みやま)巌窟(がんくつ)(つく)(われ)夫婦(ふうふ)此処(ここ)(すま)はせたまふ。028(しか)るにアーメニヤのウラル(ひこ)憑依(ひようい)せる八岐(やまた)大蛇(をろち)は、029如何(いか)にしてこの仙郷(せんきやう)(さぐ)りたりけむ、030数多(あまた)邪神(じやしん)()()当山(たうざん)(おそ)(きた)りて(われ)夫婦(ふうふ)(ほろ)ぼし、031(みづか)(かは)つて当山(たうざん)(ぬし)たらむとしたりしを、032(わらは)(いつは)つて(かれ)味方(みかた)となり、033(なんぢ)(すく)ひの(かみ)(きた)るを()ちつつありしが、034(いま)天運(てんうん)循環(じゆんかん)してこの(よろこ)びに()ふ』
035(はじ)めて(かた)巌窟(いはや)秘密(ひみつ)036三柱(みはしら)(かみ)言葉(ことば)(そろ)へて、
037貴女(あなた)(うはさ)にきく石巣比売(いはすひめ)御座(おは)せしや、038(おも)はぬところにて不思議(ふしぎ)対面(たいめん)039これぞ(まつた)幽界(かくりよ)(しづ)まりたまふ、040野立彦神(のだちひこのかみ)御引(おんひ)(あは)せ、041(うれ)しや(かたじけ)なや』
042四柱(よはしら)一緒(いつしよ)()()つて神言(かみごと)奏上(そうじやう)したりける。043この(とき)前方(ぜんぱう)より一人(ひとり)(をとこ)(あわだた)しく(はし)りきたり石巣比売(いはすひめ)(むか)両手(りやうて)をつきながら、
044一大事(いちだいじ)出来(しゆつたい)いたしたり。045石土毘古(いはつちびこ)(いま)八岐(やまた)大蛇(をろち)のために虐殺(ぎやくさつ)されむとしたまふ。046(われ)はその惨状(さんじやう)()るに(しの)びず、047貴女(あなた)報告(はうこく)(まゐ)りたり。048すぐさま(きた)らせたまへ』
049()ふより(はや)く、050ひらりと(たい)(かは)一目散(いちもくさん)にもと()(みち)(はし)()く。
051 ここは巌窟(がんくつ)(もつと)奥深(おくふか)一室(いつしつ)にして、052幾百丈(いくひやくぢやう)とも()れぬ大瀑布(だいばくふ)()ちゐたり。053瀑布(ばくふ)(かたはら)には大小(だいせう)無数(むすう)鍾乳石(しようにうせき)校正本では鍾の字が「鐘」(鐘乳石)になっている054よりなれる自然(しぜん)石像(せきざう)055数限(かずかぎ)りなく停立(ていりつ)し、056かつ一方(いつぱう)瀑布(ばくふ)左側(ひだりがは)には、057水晶(すゐしやう)母岩(ぼがん)(はり)のごとく()(なら)び、058あたかも(こほり)(やいば)()てたる(ごと)くなりき。059(かたはら)高座(かうざ)には白髪(はくはつ)異様(いやう)大男(おほをとこ)060大蛇(をろち)変化(へんげ)は、061数多(あまた)部下(ぶか)(したが)石土毘古(いはつちびこ)高手(たかて)小手(こて)(いまし)め、062従者(じゆうしや)(ども)をして石土毘古(いはつちびこ)身体(しんたい)(こほり)(やいば)(うへ)に、063どつとばかりに()げつけ、064またもや(これ)頭上(づじやう)()()げ、065(ふたた)()げつけ、066(をは)つて大瀑布(だいばくふ)(とう)じ、067(うか)()るを()るや(ふたた)刺股(さすまた)をもつて前後左右(ぜんごさいう)より滝壺(たきつぼ)()()み、068虐待(ぎやくたい)(かぎ)りをつくし、069(ふたた)大蛇(をろち)(まへ)()()ゑきたつて厳酷(げんこく)なる訊問(じんもん)(はじ)めたり。070その(なか)大男(おほをとこ)一人(ひとり)は、
071(なんぢ)石土毘古(いはつちびこ)ならずや。072(いま)まで大台ケ原(おほだいがはら)竜神(りうじん)(いつは)(われ)らを籠絡(ろうらく)し、073()ごろの大望(たいまう)破壊(はくわい)せむとする悪逆無道(あくぎやくぶだう)(てき)なり。074表面(へうめん)帰順(きじゆん)せし(ごと)()せかけ、075(なんぢ)(つま)石巣比売(いはすひめ)(とも)(われ)(ちか)(つか)巌窟(がんくつ)秘密(ひみつ)(さぐ)り、076これを聖地(せいち)()出神(でのかみ)密告(みつこく)せしならむ。077すみやかに白状(はくじやう)におよべ。078この(うへ)一言(いちごん)にても詐言(さげん)をなさば(なんぢ)首途(かどで)血祭(ちまつ)りとなし、079(つま)(おな)じく虐殺(ぎやくさつ)し、080(つい)()出神(でのかみ)(ほろ)ぼし、081(ただち)天下(てんか)(をど)()でて葦原(あしはら)瑞穂(みづほ)(くに)我意(わがい)のごとく蹂躙(じうりん)せむ。082(なんぢ)いかに勇猛(ゆうまう)なりとも、083敵中(てきちう)(おちい)如何(いか)焦慮(せうりよ)するも衆寡(しうくわ)(てき)せず(およ)ばぬ忠義立(ちうぎだて)をなさむよりは、084(いま)より(われ)降服(かうふく)し、085心底(しんてい)より(われ)(したが)ふか。086返答(へんたふ)次第(しだい)によつては(なんぢ)夫婦(ふうふ)生命(いのち)風前(ふうぜん)燈火(ともしび)087所存(しよぞん)如何(いか)に』
088(きび)しく()()ひけるに、089石土毘古(いはつちびこ)(すこし)(おそ)れず、
090『いかに衆寡(しうくわ)(てき)せずとは(いへど)も、091(われ)夫婦(ふうふ)神伊弉諾命(かむいざなぎのみこと)御子(みこ)にして当山(たうざん)(ぬし)たり。092悪魔(あくま)張本(ちやうほん)八岐大蛇(やまたのをろち)(ごと)素性(すじやう)(いや)しき悪神(あくがみ)に、093如何(いか)でか降服(かうふく)せむや。094(なんぢ)(いま)より(あく)()(ぜん)(うつ)り、095我々(われわれ)(したが)つて神業(しんげふ)参加(さんか)せざるか。096(かみ)一切(いつさい)神人(しんじん)(あい)したまふ。097(いたづら)悪神(あくがみ)(ころ)すは、098(われ)(ほつ)するところに(あら)ず。099もはや今日(こんにち)()出神(でのかみ)100康代彦(やすよひこ)101真鉄彦(まがねひこ)三柱(みはしら)勇将(ゆうしやう)102巌窟(がんくつ)奥深(おくふか)(すす)(きた)れり。103(われ)こそ(じつ)(おに)鉄棒(かなぼう)なり。104(なんぢ)悪神(あくがみ)運命(うんめい)はもはや()きた。105鶏卵(けいらん)をもつて(いはほ)より(かた)きわが石土毘古(いはつちびこ)抵抗(ていかう)するは、106(みづか)(ほろ)びを(まね)くものぞ、107(なんぢ)(すみや)かに()(あらた)めよ』
108手足(てあし)(しば)られながら()(さと)せば、109八岐大蛇(やまたのをろち)(おほい)(いか)り、
110いまは(きは)(なん)繰言(くりごと)111(みな)(やつ)ども(かれ)()け、112(かれ)()て、113()れよ』
114(きび)しく命令(めいれい)すれば、
115『アイ』
116(こた)へて数多(あまた)部下(ぶか)は、117各自(てんで)柄物(えもの)(たづさ)へ、118四方(しはう)八方(はつぱう)より攻囲(せめかこ)む。119一人(ひとり)(とも)(やつこ)(なに)(おも)ひけむ、120一目散(いちもくさん)にこの()()()し、121行衛(ゆくゑ)をくらましける。
122大正一一・一・三〇 旧一・三 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。