霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 日出ケ嶽(ひのでがだけ)〔三〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第1篇 大台ケ原 よみ:おおだいがはら
章:第5章 第7巻 よみ:ひのでがだけ 通し章番号:305
口述日:1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
石土毘古の危急を報せたのは、元は竜宮城の従属であった豆寅である。豆寅は善悪正邪の区別なく、旗色のよしあしによって仕える軽率者であったが、本心は正直であった。大国治立命の御代以来、この男の行動を寛恕していたのも、心中には一片の悪意もないからであった。
豆寅は八岐大蛇の暴虐ぶりに驚いて本心に立ち返り、石土毘古の危急を報せに来たのであった。一同は豆寅の案内で、石土毘古のところに急行した。
そこは固い岩戸に閉ざされていたが、康代彦が祝詞を上げて打ち叩くと、脆くもさっと開いた。この勇気を賞して、日の出神は神名の一字を取り、康代彦を大戸日別を称した。
四柱は中に進み入った。豆寅は勇将たちに囲まれて、意気揚々と歌を歌ってしゃちこ張り、八岐大蛇に啖呵を切った。
八岐大蛇は吹き出して鉄拳で豆寅を打った。豆寅は中空を舞って岩窟に腰を打ちつけた。邪神の手下どもはいっせいに四柱に打ってかかった。
真鉄彦は真っ先に進み出て臍下丹田から息を吹きかけた。岩窟の中は狭霧に包まれ、辺りの様子も見えないようになってしまった。岩窟の屋根は落ち、天上の青雲が現れた。すると大蛇は部下を引き連れて黒雲を巻き起こし、ウラル山さして一目散に逃げ帰ってしまった。
日の出神は真鉄彦に、天吹男という名を与えた。そして東方の山頂に登り、天津日の神に感謝の祝詞を捧げた。この山を、日の出ヶ嶽という。
大事忍男神は大台ケ原の守護神となり、石土毘古・石巣比女はこの岩窟を住処として国土を永遠に守護することとなった。
日の出神は、大戸日別、天吹男とともに、ゆうゆうと大台ケ原を下っていった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0705
愛善世界社版:28頁 八幡書店版:第2輯 46頁 修補版: 校定版:30頁 普及版:12頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第六篇 宗教雑感 > 第三章 愛善と信真
001 ()出神(でのかみ)002石巣比売(いはすひめ)003その()二神(にしん)(まへ)に、004(いき)せき()つて(あら)はれきたり、005石土毘古(いはつちびこ)危急(ききふ)(はう)じたる(をとこ)は、006()竜宮城(りうぐうじやう)従属(じゆうぞく)なりし豆寅(まめとら)なりける。
007 豆寅(まめとら)はその()のごとく、008豆々(まめまめ)しく(いづ)れの神人(しんじん)にも、009よく(つか)ふる(をとこ)なり。010善悪正邪(ぜんあくせいじや)区別(くべつ)なく、011その旗色(はたいろ)()()しを()て、012(なみ)のごとく(ただよ)軽卒(けいそつ)なるハシタ(もの)なり。013(つね)神業(しんげふ)妨害(ばうがい)のみ不知不識(しらずしらず)(あひだ)()しつつありしが、014(かれ)本心(ほんしん)(きは)めて正直(しやうぢき)なりける。
015 大国治立(おほくにはるたち)大神(おほかみ)御代(みよ)より、016この(をとこ)行動(かうどう)看過(かんくわ)(たま)ひしも、017(かれ)心中(しんちう)には一片(いつぺん)悪意(あくい)なかりし(ゆゑ)なり。018(ことわざ)にも『(くさ)(なは)にも()()あり、019棒杭(ぼうぐひ)三年(さんねん)()てば肥料(こやし)となる』との筆法(ひつぱふ)にて、020至仁(しじん)至愛(しあい)(かみ)(これ)寛恕(くわんじよ)(たま)ひたるなりき。
021 この(とき)022豆寅(まめとら)八岐(やまた)大蛇(をろち)のあまりの暴虐(ばうぎやく)(おどろ)き、023石土毘古(いはつちびこ)(しひた)ぐるを()るに(しの)びず、024(おどろ)いて本心(ほんしん)()ちかへり、025その妻神(つまがみ)石巣比売(いはすひめ)に、026この危急(ききふ)報告(はうこく)したるなり。027四柱神(よはしらがみ)豆寅(まめとら)先頭(せんとう)に、028巌窟(いはや)奥深(おくふか)(すす)みいりけるに、029(へだ)ての岩戸(いはと)(かた)(とざ)され一歩(いつぽ)(すす)むこと(あた)はざりしかば、030四柱(よはしら)()むを()ず、031岩戸(いはと)(みみ)をすりつけて様子(やうす)()()るに、032邪神(じやしん)(ささや)(こゑ)033大蛇(をろち)呶鳴(どな)(こゑ)034石土毘古(いはつちびこ)(いか)(ごゑ)035()にとる(ごと)(きこ)えけり。
036 されど、037岩戸(いはと)(かた)(とざ)されて(ひら)くこと容易(ようい)ならざりしが、038この(とき)039康代彦(やすよひこ)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、040拳骨(げんこ)(かた)めて門戸(もんこ)()ちたたけば、041(もん)意外(いぐわい)(もろ)左右(さいう)にサツと(ひら)きぬ。042()出神(でのかみ)はその勇気(ゆうき)(しやう)し、043()神名(しんめい)一字(いちじ)(あた)へて大戸日別(おほとびわけ)(とな)へしめたまひぬ。
044 ()出神(でのかみ)先頭(せんとう)四柱(よはしら)は、045なほも奥深(おくふか)(すす)()りぬ。046流石(さすが)(よわ)豆寅(まめとら)も、047四柱神(よはしらがみ)勇神(ゆうしん)猛将(まうしやう)(ちから)()り、048(とら)()()(きつね)のごとく、049禿()げた(あたま)()鉢巻(はちま)きをしながら、050瓢箪(へうたん)逆様(さかさま)にしたやうな(つら)ヌツ()()し、051真先(まつさき)(すす)劫託(ごうたく)(なら)べ、
052『こらやいこらやい八岐大蛇(やまたのをろち)
053今日(けふ)(いのち)正念場(しやうねんば)
054この(はう)(なん)心得(こころえ)
055(ささ)()豆寅(まめとら)(あせ)()豆寅(まめとら)
056(かた)もめ豆寅(まめとら)(こし)うて豆寅(まめとら)
057(まめ)(おれ)ぢやと(おも)ひやがつて
058(いま)まで(おれ)酷使(こきつか)
059大事(だいじ)大事(だいじ)秘密(ひみつ)まで
060サツパリ(あか)したうつけ(もの)
061(おれ)(なん)ぢやと心得(こころえ)
062()出神(でのかみ)(いち)乾児(こぶん)
063その乾児(こぶん)(ひと)乾児(こぶん)また乾児(こぶん)
064そのまた乾児(こぶん)豆狸(まめだぬき)
065オツトどつこい豆寅(まめとら)
066(おれ)(あたま)()らないか
067目玉(めだま)(ひか)るがよく(ひか)
068(おれ)(あたま)にや()出神(でのかみ)
069宿(やど)つて御座(ござ)るが()らないか
070八岐(やまた)大蛇(をろち)(えら)さうに
071岩戸(いはと)(なか)へと()()ンで
072(とり)なき(さと)蝙蝠(かうもり)
073(よわ)(もの)(いぢ)めの曲津神(まがつかみ)
074豆寅(まめとら)さまのこの(うで)
075曲津(まがつ)(かみ)一掴(ひとつか)
076(つか)(つぶ)して()てやろか
077サアサアサア返答(へんたふ)返答(へんたふ)
078と、079シヤチコ()りゐる。
080 大蛇(をろち)()(いだ)し、
081(ちり)(ひと)しきヤクザ(とも)082劫託(ごうたく)ひろぐな』
083()ふより(はや)く、084鉄拳(てつけん)(かた)めてポカリと()てば、085豆寅(まめとら)()()中空(ちうくう)水車(みづぐるま)(ごと)く、086くるくると(まは)つて、087(かたはら)巌窟(がんくつ)(こし)()ちつけ、
088『イヽヽヽイツタイ』
089()()す。090曲津(まがつ)(ども)此方(こなた)()がけて一斉(いつせい)()()()たる。
091 真鉄彦(まがねひこ)真先(まつさき)(すす)()で、092臍下丹田(さいかたんでん)より(いき)()きかくれば、093(たちま)巌窟(がんくつ)(なか)狭霧(さぎり)(つつ)まれ、094四辺(しへん)(べん)ぜざるに(いた)りぬ。095天地(てんち)()るるばかりの(おと)(きこ)ゆると(とも)に、096巌窟(がんくつ)屋根(やね)()ちて、097たちまち天上(てんじやう)青雲(あをくも)あらはれ(きた)り、098大蛇(をろち)数多(あまた)部下(ぶか)(ともな)ひ、099黒雲(こくうん)()(おこ)し、100西方(せいはう)(てん)()がけウラルの(やま)()して一目散(いちもくさん)()(かへ)りけり。
101 ()出神(でのかみ)真鉄彦(まがねひこ)天吹男神(あまのふきをのかみ)といふ()(あた)へたまひ、102自分(じぶん)東方(とうはう)山巓(さんてん)(のぼ)り、103天津(あまつ)()(かみ)感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)したまひけり。104この(やま)(いま)()出ケ嶽(でがだけ)とぞいふ。
105 大事忍男神(おほことおしをのかみ)大台ケ原(おほだいがはら)守護神(しゆごじん)となり、106石土毘古(いはつちびこ)107石巣比売(いはすひめ)は、108この巌窟(がんくつ)住家(すみか)とし、109国土(こくど)永遠(ゑいゑん)守護(しゆご)(たま)(こと)となりける。110()出神(でのかみ)大戸日別(おほとびわけ)111天吹男(あまのふきを)(ともな)ひ、112悠々(いういう)として大台ケ原山(おほだいがはらやま)(くだ)()く。
113大正一一・一・三〇 旧一・三 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)