霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 空威張(からゐばり)〔三〇六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第1篇 大台ケ原 よみ:おおだいがはら
章:第6章 第7巻 よみ:からいばり 通し章番号:306
口述日:1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
港に集まる船を眼下に眺めて、四、五の旅人が話しにふけっている。それは、かつて竜宮城の司神であったが、邪神の計略で玉を失ってしまった田依彦一行であった。
大台ケ原の大事忍男神について、「人を食らう邪神だ」、「いや、どんな大事変があっても泰然自若として忍び、世に尽くしてくれる神だ」、と論評している。
そして、田依彦の姉婿の豆寅が、大台ケ原の岩窟に引っ張っていかれて十年経つことに話題が及ぶと、そこへ、日の出神・大戸日別・天吹男の従者となって意気揚々と豆寅が現れた。
道端に潜む田依彦らは、夕闇をいいことに、豆寅のはげ頭に枝を投げつけると、豆寅は驚いて、滑稽な姿で泣き叫んだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0706
愛善世界社版:32頁 八幡書店版:第2輯 47頁 修補版: 校定版:35頁 普及版:14頁 初版: ページ備考:
001 ()西海(せいかい)(ぼつ)せむとして、002海面(かいめん)には金銀(きんぎん)(なみ)(ただよ)ふ。
003 (みなと)(むか)つて(あつ)まり(きた)百舟(ももぶね)千船(ちぶね)真帆(まほ)片帆(かたほ)004眼下(がんか)(なが)めて四五(しご)旅人(たびびと)005坂路(さかみち)(こし)うちかけ(はなし)(ふけ)()るあり。
006田依彦(たよりひこ)『あゝ今日(けふ)(もら)ふのかナ』
007芳彦(よしひこ)(もら)ふつて(なに)を。008(おい)らに()れる(やつ)(なん)にもありやしない。009()れると()つたら、010(おれ)らの()(こと)()ンの()のと()かして、011大屋毘古(おほやびこ)(おこ)つて、012ちよいちよい拳骨(げんこつ)()れる(ぐらい)のものだよ』
013田依彦(たよりひこ)『くれると()つたら、014()()れることだ。015それで、016くれるなら(もら)ふかと()つたのだイ』
017時彦(ときひこ)馬鹿(ばか)018貴様(きさま)何時(いつ)(みづ)(なか)()()いた(やう)なことばつかり()ひよつて、019まるで猿猴(ゑんこう)(いけ)(つき)()(やう)(かんがへ)ばつかり(おこ)して、020(もら)(こと)ばかり(かんが)へてゐるが、021それほど(もら)ひたけりや乞食(こじき)にでもなつたがよいワイ。022田依彦(たよりひこ)()へば、023ちつとは(たよ)りにもなりさうなものだのに、024何時(いつ)とても(たよ)りない(こと)をいふ(やつ)だなあ。025便(たよ)(なぎさ)捨小舟(すてをぶね)026()りつく(しま)()いわいなだよ、027イヒヽヽヽ』
028田依彦(たよりひこ)(なに)(ぬか)しよる、029(これ)でも(もと)竜宮城(りうぐうじやう)立派(りつぱ)御方(おかた)さまだぞ』
030芳彦(よしひこ)(たま)とられ(をとこ)()が』
031田依彦(たよりひこ)貴様(きさま)はなンだい。032八尋殿(やひろどの)酒宴(さかもり)竹熊(たけくま)計略(けいりやく)にかかりよつて、033()けぬ()()して、034(たま)()られよつた張本人(ちやうほんにん)ぢやないか』
035時彦(ときひこ)『もー(たま)(はなし)()さうかい』
036田依彦(たよりひこ)時彦(ときひこ)037貴様(きさま)はアーメニヤの()古狸(ふるだぬき)つままれよつてナ』
038時彦(ときひこ)『もー()ふな、039(たま)(はなし)はこれ退()りだ。040もう玉切(たまぎ)れだよ』
041芳彦(よしひこ)たまらぬだらう』
042時彦(ときひこ)『フン、043たまつたものぢや()い。044たまたま()ちは()ちながら』
045田依彦(たよりひこ)冗談(ぜうだん)ぢやないぞ。046それよりもこのごろ大事忍男(おほことおしを)さまの御布令(おふれ)(まは)つたが、047()いてるかイ』
048時彦(ときひこ)()ンぞ大事(だいじ)(おこ)つたのかい』
049田依彦(たよりひこ)『いや、050(かみ)さまの()だ。051時彦(ときひこ)(だま)されよつたアーメニヤの()で、052くれる(ひこ)とかくれぬ(ひこ)とか、053田依彦(たよりひこ)()きな(かみ)さまが(あら)はれよつてな「()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)だ」なンて(わか)つた(こと)()ひよるぢやないか』
054芳彦(よしひこ)『さうだ、055よう(わか)つたことをいふね。056万劫末代(まんごふまつだい)この(たま)は、057(いのち)()へても(わた)しやせぬ、058五六七(みろく)神政(しんせい)(あかつき)までは、059たとひ()(なか)(みづ)(そこ)」なンて、060気張(きば)つてをつた時彦(ときひこ)でも(たま)()られるのだから、061ほンとに一寸先(いつすんさき)闇雲(やみくも)だ。062闇雲(やみくも)といつたら(この)(ごろ)大台ケ原(おほだいがはら)(かみ)さまぢやないか。063毎日(まいにち)日日(ひにち)彼方(あちら)(ひと)()り、064此方(こちら)人間(にんげん)()り、065(かふ)()はれた(おつ)()まれたと、066()はれたり、067()まれたり、068引張(ひつぱ)られたりする(うはさ)ばかりだ。069ぐづぐづして()ると(たま)どころの(さわ)ぎぢやない、070(いのち)までも()られて(しま)ふぞ。071それで(むかし)から()大事(おほごと)072(いのち)(をし)いなり、073そこで大事忍男(おほことおしを)()ふのだよ。074どえらい悪神(あくがみ)ぢやて』
075玉彦(たまひこ)馬鹿(ばか)()へ。076大事忍男(おほことおしを)さまと()ふのは、077それは()ンな大事変(だいじへん)があつても、078大艱難(だいかんなん)()てきても、079大台ケ原(おほだいがはら)(やま)(やう)泰然自若(たいぜんじじやく)として()(しの)び、080世界(せかい)のために(つく)してくださると()ふことだよ。081(まへ)たちの(しの)ぶと()ふことは、082自分(じぶん)より(つよ)(もの)()てきて、083(こは)さに(こら)(しの)ぶのであつて、084実際(じつさい)(くつ)するのだ。085吾々(われわれ)はそンな(しの)びとは(ちが)ふ。086大事忍男(おほことおしを)さまの大御心(おほみこころ)(こころ)として、087いかなる艱難(かんなん)辛苦(しんく)をも()()(しの)びて、088一言(いちごん)小言(こごと)もおつしやらぬのだよ』
089時彦(ときひこ)『ハヽア、090それで(かかあ)(とぼ)けよつて、091(たま)()られて、092(くつ)するのでなくつて()(しの)ぶのだな、093(えら)いものだい。094(しか)しこのごろ()出神(でのかみ)とか()ふ、095(えら)宣伝使(せんでんし)がこの(へん)(まは)つてをるぢやないか。096なンでも大台ケ原(おほだいがはら)大事忍男(おほことおしを)さまを(ほろ)ぼすと()つて、097ただ単独(ひとり)(やま)(のぼ)つて()つたさうぢや。098どうせ、099()ンで()()(なつ)(むし)だがなア。100ともかく、101(とき)天下(てんか)(したが)へ。102時節(じせつ)にや(かな)はぬ。103なンぼ(ちから)(つよ)(かみ)だつて大勢(おほぜい)一人(ひとり)では(かな)はない。104(まけ)(おほ)きな巌窟(いはや)(なか)(かま)へてをる魔神(まがみ)さまに(むか)つて(たたか)つたところで、105勝敗(しようはい)()()いてゐる。106どれどれ(はや)()のかい』
107芳彦(よしひこ)『おい、108田依彦(たよりひこ)109貴様(きさま)のとこの姉婿(あねむこ)豆寅(まめとら)は、110たうとう巌窟(がんくつ)(なか)引張(ひつぱ)られて()つたぢやないか、111きつと今頃(いまごろ)にや()はれて(しま)うて()るぜ。112引張(ひつぱ)られよつてから(ほとん)十年(じふねん)になるが、113(なん)音沙汰(おとさた)()いぢやないか』
114田依彦(たよりひこ)音信(たより)しやうにも、115言伝(ことづて)しやうにも巌窟(いはや)(なか)では仕方(しかた)がない。116それよりも(はや)(かへ)つて草香姫(くさかひめ)にな、117機嫌(きげん)でもとつてやるがよからう。118それもう、119そこらが(くら)くなつて()たぞ、120()のう()のう』
121()(あが)らむとする(ところ)へ、122豆寅(まめとら)()出神(でのかみ)123大戸日別(おほとびわけ)124天吹男(あまのふきを)三柱(みはしら)(とも)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、125(あら)はれ()たり。
126 豆寅(まめとら)(いきほひ)よく(かた)(そび)やかしながら、
127()黄昏(たそがれ)となりぬれど
128(ひか)(まば)ゆき禿頭(はげあたま)
129豆寅(まめとら)さまが(あら)はれて
130()出神(でのかみ)御家来(ごけらい)
131なつたる今日(けふ)(うれ)しさは
132()ンでも()きても(わす)られぬ
133千年(せんねん)万年(まんねん)たつたとて
134この(うれ)しさが(わす)られよか
135巌窟(いはや)(なか)(のが)()
136(やうや)此処(ここ)(かへ)つてくるは()たものの
137(いつ)ぺん草香(くさか)(かほ)()たい
138十年(じふねん)(ぶり)でさぞやさぞ
139女房(にようばう)草香(くさか)(よろこ)ンで
140やにはに()びつき獅噛(しがみ)()
141まめであつたか豆寅(まめとら)さま
142(うれ)(うれ)しと()くであろ
143それに()けても何時(いつ)までも
144音信(たより)()いは田依彦(たよりひこ)
145(たま)()かれた玉彦(たまひこ)
146()んでもよし芳彦(よしひこ)
147(むね)ときとき時彦(ときひこ)
148けなりがらしていちやついて
149(ひと)吃驚(びつくり)させてやろ
150あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
151面白狸(おもしろたぬき)腹鼓(はらづつみ)
152(やま)()けよが(たふ)れよが
153びくとも(いた)さぬ豆寅(まめとら)
154(ひと)度胸(どきよう)()せてやれ
155やれやれ(うれ)しい(うれ)しい』
156()()(あし)奇妙(きめう)(をど)らせながら、157この坂路(さかみち)(くだ)りきたる。
158 路傍(みちばた)(いこ)へる田依彦(たよりひこ)以下(いか)四人(よにん)は、159(くら)がりに(ひか)豆寅(まめとら)(あたま)(むか)つて、160(かたはら)()(えだ)()つて(ひかり)目当(めあて)に、161ぴしやり()げつけたれば、162豆寅(まめとら)は『アツ』と(さけ)んでその()(たふ)れ、
163『でゝゝ()()た、164ばゝ化物(ばけもの)165ひゝゝ()出神(でのかみ)166おゝお(たす)けお(たす)け』
167(こゑ)をかぎりに()(さけ)ぶこそ可笑(をか)しけれ。
168大正一一・一・三〇 旧一・三 井上留五郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)