霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 (かめ)()〔三一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第3篇 太平洋 よみ:たいへいよう
章:第17章 第7巻 よみ:かめのせ 通し章番号:317
口述日:1922(大正11)年01月31日(旧01月04日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
船から向こうに見える島影は、ニュージーランドの一つ島であった。大海原彦が鎮まり、真澄の玉が納まる、国治立大神が穿いたもうた沓嶋である。
波に漂っていた男女は、先に身を投げた女と、長髪の荒男であった。日の出神が差し招くと、二人を乗せた巨大な亀は船に近づいてきた。
男女は船に助け上げられ、これまでの来歴を語った。長髪の荒男は国彦といい、女は奇姫と言った。国彦は、船中に息子の高彦を認めて声をかけた。
国彦、高彦、奇姫は再開を果たし、船中にて高彦と奇姫は夫婦の契りを結んだ。そして三人手を取り合って宣伝歌を歌い、神に感謝を捧げた。
船中の客がこの有様をさまざま話し合っているうちに、船は沓嶋の港に無事に着いた。
高彦は天久比奢母智司の前身である。奇姫は、国久比奢母智司の前身である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0717
愛善世界社版:101頁 八幡書店版:第2輯 71頁 修補版: 校定版:106頁 普及版:43頁 初版: ページ備考:
001 ()(やうや)くに()(はな)れ、002東海(とうかい)(なみ)()つて(のぼ)朝暾(てうとん)(ひかり)は、003さしもに(ひろ)海原(うなばら)(たちま)金色(こんじき)(なみ)(いろど)り、004(むか)ふに()ゆる島影(しまかげ)は、005ニウジーランドの(ひと)(じま)006大海原彦(おほうなばらひこ)(しづ)まりゐます、007真澄(ますみ)(たま)(をさ)まりし、008国治立大神(くにはるたちのおほかみ)穿(うが)たせ(たま)ひし沓嶋(くつのしま)009(なみ)()()()きつ(しづ)みつする(さま)は、010荘厳(さうごん)()(せま)るの(おも)ひあり。
011 (あや)しき(ふね)(また)がりて、012(なみ)(ただよ)男女(だんぢよ)(かげ)は、013(ふね)目掛(めが)けて(ちか)より(きた)る。014よくよく()れば(あに)(はか)らむや、015(たけ)(くる)浪間(なみま)()()()てたる白雪郷(はくせつきやう)(わか)(をんな)と、016白髪(しらが)(まじ)りの長髪(ちやうはつ)(をとこ)二人(ふたり)なりき。017()出神(でのかみ)(さしまね)き「(きた)れ、018(きた)れ」と()ばはれば、019男女(だんぢよ)()せたる(あや)しき(かげ)は、020やうやう(ふね)近寄(ちかよ)りきたるを()れば巨大(きよだい)なる(かめ)なりき。021二人(ふたり)(ただ)ちに(ふね)()()りぬ。022巨大(きよだい)(かめ)()出神(でのかみ)()(むか)ひ、023熟々(つらつら)(かほ)見交(みか)はしつつ(また)姿(すがた)(うみ)(ふか)(ぼつ)したりける。024嗚呼(ああ)この(かめ)何神(なにがみ)化身(けしん)ならむか。
025 二人(ふたり)此処(ここ)再生(さいせい)(おも)ひをなして(ふたた)船中(せんちう)(きやく)となり、026()出神(でのかみ)()(むか)ひ、027(なみだ)(たた)へながら各自(かくじ)経歴(けいれき)物語(ものがた)り、028()つ、
029海中(かいちう)()(とう)ずる(をり)しも、030何処(どこ)よりともなく一道(いちだう)光明(くわうみやう)(あら)はれて()ました。031(わたし)はその(ひかり)眼当(めあて)(なみ)(ただよ)ひ、032()きつ(しづ)みつ(まゐ)りました。033(わたくし)(あと)より一人(ひとり)(をとこ)(また)()つかけ(きた)り、034そうかうするうち、035(ひかり)()えて(しん)(やみ)036()何物(なにもの)かの(うへ)二人(ふたり)とも()せられて()ました。037さうして()出神(でのかみ)(さま)宣伝歌(せんでんか)は、038(たけ)(くる)(かぜ)(おと)039(なみ)(ひび)きを()して()()(ごと)(きこ)えました。040(わたくし)はその(うた)について(とも)合唱(がつしやう)いたしました。041不思議(ふしぎ)天津御空(あまつみそら)()(わた)り、042(かぜ)()(なみ)(しづ)まり、043長閑(のどか)(はる)(なみ)(うへ)比類稀(たぐひまれ)なる大亀(おほがめ)()(すく)はれ御船(みふね)(たす)けられたる(うれ)しさを、044いつの()にかは(わす)れませう。045(じつ)有難(ありがた)大神(おほかみ)(ふか)(めぐ)みや』
046と、047(うれ)(なみだ)()れて二人(ふたり)(かは)(がは)感謝(かんしや)する。
048 一人(ひとり)()国彦(くにひこ)()ひ、049この(をんな)奇姫(くしひめ)()ふ。050国彦(くにひこ)(かたは)らに黙然(もくねん)として(うつむ)()(をとこ)(かほ)横目(よこめ)()て、
051『ヤアお(まへ)高彦(たかひこ)か』
052(さけ)べば、053(わか)(をとこ)は、
054『アヽ、055父上様(ちちうへさま)か、056若気(わかげ)(いた)り、057(たふと)(おや)(おん)(わす)れ、058えらい苦労(くらう)をかけました。059(ゆる)(くだ)さいませ。060ただ何事(なにごと)(いま)までの(つみ)見直(みなほ)()(なほ)し、061()(なほ)しを(ねが)ひます』
062(なみだ)(とも)(かた)る。063国彦(くにひこ)両眼(りやうがん)(なみだ)(うか)べ、
064『アヽ高彦(たかひこ)065(てん)にも()にも(おや)一人(ひとり)()一人(ひとり)066如何(どう)してお(まへ)(にく)もうぞ。067老先(おいさき)(みじか)()(いのち)一人(ひとり)我子(わがこ)()(わか)れ、068この()()きて(せん)もなし、069たとへ(おまへ)行方(ゆくへ)一生(いつしやう)()れぬとも、070(おまへ)(わた)りし常世(とこよ)(くに)のせめて(つち)になりたいと(おも)(さだ)めて、071此処(ここ)まで()(おや)(こころ)072どうしてお(まへ)(にく)からう、073心配(しんぱい)するな。074(まへ)(さと)規則(きそく)(やぶ)白雪郷(はくせつきやう)追放(つゐはう)せられたその(のち)は、075(あと)(のこ)りし(おい)()明暮(あけくれ)(なみだ)(そで)(しぼ)るばかりであつたが、076如何(いか)なる(かみ)御引(おひ)(あは)せか(わた)世間(せけん)(おに)()い。077それにも(ひと)(うれ)しいは、078(まへ)(した)うた彼女(かのぢよ)はいま此処(ここ)()てをる。079(おれ)がこれから仲媒(なかだち)して、080天晴(あつぱれ)親子(おやこ)夫婦(ふうふ)(ちぎり)(むす)ばせやう。081オイ高彦(たかひこ)082可憐(かれん)(をんな)に、083よう()たと(やさ)しい言葉(ことば)をかけてやれ。084(ひろ)()(なか)(おや)となり、085()となり、086女房(にようばう)となるも(むかし)神代(かみよ)から(かみ)(むす)びし(ふか)因縁(いんねん)087(おな)(ふね)一蓮托生(いちれんたくしやう)
088(うれ)(なみだ)にかき(くも)る。089此処(ここ)親子(おやこ)夫婦(ふうふ)(ちぎり)(むす)び、090三人(さんにん)()()()つて宣伝歌(せんでんか)(うた)(かみ)感謝(かんしや)(ささ)ぐる殊勝(しゆしよう)さよ。091(ふね)一方(いつぱう)には、
092(かふ)『オイ、093馬鹿(ばか)にするじやないか。094(やす)くないところを()せつけよつて、095(おれ)もかうはして()るものの、096(くに)(かへ)れば、097(しわ)だらけの父母(ふぼ)もあれば、098(すこぶ)別嬪(べつぴん)女房(にようばう)もあるのだ。099それで近所(きんじよ)奴等(やつら)あ、100(おれ)(こと)(うた)(うた)ひよつて「よい(かか)()つたが一生(いつしやう)(とく)だよ、101近所(きんじよ)(よろこ)ぶ、102(おやぢ)(よろこ)ぶ、103(ばば)(よろこ)ぶ、104第一(だいいち)(くま)さま(よろこ)ぶ、105(くま)さまどころか、106(せがれ)(よろこ)ぶ」とこんな(うた)(うた)ひよるのだよ』
107(おつ)『オイ、108(よだれ)()かぬか、109()つともない』
110(くま)『あまり嫉妬(やく)ない、111あまりやく(いろ)(くろ)くなるぞ』
112(おつ)貴様(きさま)とこの(かかあ)は、113あれでも別嬪(べつぴん)だと(おも)うて()るのか、114(わら)はしやがる。115(はな)獅子舞(ししまひ)116眼玉(めだま)(ねこ)で、117菊石(あばた)だらけで、118おまけに跛者(びつこ)()()るのだから、119(わる)(こと)にかけたら完全無欠(くわんぜんむけつ)だ。120ウンその(けつ)(おも)()した、121貴様(きさま)(かかあ)村中(むらぢう)にない(おほ)きなだん(じり)をぶりぶりさしよつて、122(ある)(ざま)つたらありやしないよ。123それでも貴様(きさま)みつちや笑靨(ゑくぼ)124獅子鼻(ししばな)(かへ)つて(しほ)らしい、125(ある)姿(すがた)(しな)がよい(くらゐ)(おも)つて()るだらう。126ほんとにお目出度(めでた)(やつ)だよ』
127(くま)『オイ、128(ちひ)さい(こゑ)()はぬかい、129(ひと)(まへ)だぞ。130此処(ここ)()(やつ)(おれ)(かかあ)のことを()りやしない、131それだから別嬪(べつぴん)らしう(おれ)()つて()るのに貴様(きさま)(おほ)きな(こゑ)素破抜(すつぱぬ)きよつて、132あまり()()かぬぢやないか。133()心得(こころえ)()れぬと(こま)るよ』
134(おつ)(こま)るたつて、135事実(じじつ)事実(じじつ)ぢやないか。136貴様(きさま)とこの(かかあ)どて南瓜(かぼちや)(しち)多福(たふく)で、137おまけに菊石面(あばたづら)で、138跛者(ちんば)(おほ)きなだん(じり)をぶりぶりさして(ある)いて()姿(すがた)たら()られた(ざま)ぢやないぞ。139それで(おれ)のところの(むら)名物(めいぶつ)だ』
140(わざ)(おほ)きな(こゑ)呶鳴(どな)るを、141熊公(くまこう)は『シツ』と(ひく)(こゑ)(せい)してゐる。
142(おつ)貴様(きさま)シツ」なンて(おれ)(うし)でも()ふやうな(あつか)ひをしよるのか、143(おれ)(うし)なら貴様(きさま)(くま)だ。144黒熊(くろくま)145嬶大明神(かかあだいみようじん)ばかり(をが)むで()赤熊(あかぐま)穴熊(あなぐま)さまだよ』
146自暴自棄気味(やけぎみ)になつて(しやべ)りたてて()る。147かく(はな)(うち)(ふね)沓嶋(くつじま)(みなと)無事(ぶじ)()きけり。
148 高彦(たかひこ)天久比奢母智司(あまのくひざもちのかみ)前身(ぜんしん)にして、149奇姫(くしひめ)国久比奢母智司(くにのくひざもちのかみ)前身(ぜんしん)なりける。
150大正一一・一・三一 旧一・四 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。