霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 副守飛出(ふくしゆとびだし)〔三二〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第4篇 鬼門より竜宮へ よみ:きもんよりりゅうぐうへ
章:第20章 第7巻 よみ:ふくしゅとびだし 通し章番号:320
口述日:1922(大正11)年01月31日(旧01月04日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜宮島(冠島)には、潮満・潮干の玉が隠されている。船が着くと、船客たちはみな上陸し、竜宮の宮に詣でた。
日の出神は田依彦、時彦、芳彦を伴って島の山の奥深くへ分け入った。田依彦の案内でたどり着いたところは、芳しい匂いのする酒が天然に湧き出ていた。竜宮の乙姫様が造った、酒の滝であるという。
日の出神と田依彦は、お祭りをしてそれが終わったら酒を飲ませてやる、といって時彦、芳彦をじらし、最後に二人を後ろ手に縛って、酒をひしゃくでくみ上げて、顔の近くに突きつけた。
時彦と芳彦が何とか酒を飲もうと舌を出すうちに、卵のような焼け石が口から飛び出して、滝つぼのなかに落ち込んだ。それ以来、時彦、芳彦は酒の匂いも嫌になってしまった。
時彦と芳彦は、竜宮島の宮の造営を命ぜられ、久々司、久木司という名を与えられ、住家を造る役目となった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0720
愛善世界社版:122頁 八幡書店版:第2輯 79頁 修補版: 校定版:128頁 普及版:52頁 初版: ページ備考:
001竜宮(りうぐう)()たさに沓島(くつじま)()せば、002竜宮(りうぐう)(おく)りの(かぜ)()く』
003(ふし)面白(おもしろ)船頭(せんどう)(うた)(はじ)めたり。004長閑(のどか)(はる)海面(うみづら)幾百千(いくひやくせん)とも()れぬ(しろ)()往来(わうらい)する(さま)005(はる)()胡蝶(こてふ)(むれ)飛交(とびか)(ごと)美々(びび)しき光景(くわうけい)なり。
006 (ふね)(やうや)くにして潮満(しほみつ)007潮干(しほひる)(たま)(かく)されたる冠島(かむりじま)(きし)()きぬ。008(また)もや(ふね)諸人(もろびと)一人(ひとり)(のこ)らずこの(しま)上陸(じやうりく)し、009竜宮(りうぐう)(みや)(まう)でける。
010 ()出神(でのかみ)は、011祝姫(はふりひめ)012面那芸(つらなぎ)二人(ふたり)に、013船客(せんきやく)(むか)宣伝(せんでん)(めい)()き、014(みづか)らは田依彦(たよりひこ)015時彦(ときひこ)016芳彦(よしひこ)(ともな)ひ、017当山(たうざん)奥深(おくふか)姿(すがた)(かく)しける。018田依彦(たよりひこ)道案内(みちあんない)として(さき)()ち、019()出神(でのかみ)はその(あと)(したが)()く。020時彦(ときひこ)021芳彦(よしひこ)屠所(としよ)()かるる(ひつじ)(ごと)く、022悄然(せうぜん)として(おそ)(おそ)追従(つゐじゆう)する。
023芳彦(よしひこ)『オイ時公(ときこう)024貴様(きさま)あまり頑張(ぐわんば)るものだから、025たうとうこンな山奥(やまおく)引張(ひつぱ)()まれるのだ。026どンな()()はされるか()れやしない。027貴様(きさま)(むね)()い、028(おほ)きな(なみ)()てて(むね)をどきどきどき(ひこ)ぢやないか』
029時彦(ときひこ)『ヨヽヽ芳公(よしこう)030そんな(こと)()しにしてくれ。031(おれ)やもう一足(ひとあし)(ある)けない。032アイタタ』
033とバツタリ谷道(たにみち)(たふ)れてしまつた。034田依彦(たよりひこ)(あと)()(かへ)り、
035『オーイ、036(はや)()ぬかい。037(なに)をグヅグヅしてるのだい。038なめくじだつて、039もつと(あし)(はや)いぞ。040この(やま)(おく)には結構(けつこう)(うま)(さけ)が、041(いづみ)(ごと)くに()いて()るのだ。042そこで貴様(きさま)らに()ンで()ンで(のみ)堪能(たんのう)さしてやるのだから(よろこ)ンで()い。043何事(なにごと)神直日(かむなほひ)044大直日(おほなほひ)見直(みなほ)し、045()(なほ)して、046()(なほ)三五教(あななひけう)(をしへ)だ。047(よろこ)ばして改心(かいしん)さして()らうと(おつ)しやるのだ。048(なに)(こわ)いことはない。049(さけ)ぢや(さけ)ぢや(はや)()ぬかい』
050 時彦(ときひこ)(さけ)()くや、051(にはか)元気(げんき)回復(くわいふく)し、
052『ヤアヤア有難(ありがた)い。053ほンたうかい』
054()ひながら(はし)()し、055どんどん(すす)んで山奥(やまおく)谷間(たにま)屹立(きつりつ)する大岩(おほいは)(ふもと)()く。056(なん)とも()へぬ、057(かんば)しき(にほ)ひのする(さけ)天然(てんねん)()(いで)()るのを()て、058時彦(ときひこ)(はな)(うごめ)かし(のど)をクウクウ()はせながら、059(ただち)(すく)つて()まむとするを、060田依彦(たよりひこ)はこれを(さへぎ)り、
061()()て、062この(さけ)無茶苦茶(むちやくちや)()ンだら、063(いのち)()くなる。064マア(かみ)さまに御願(おねが)ひした(うへ)(こと)だ』
065(とき)066(よし)()ンでもよいから(はや)()まして()れ、067モウ(たま)らぬ(たま)らぬ』
068 ()出神(でのかみ)時彦(ときひこ)(かほ)をギロリと(にら)みけるに、069時彦(ときひこ)(にら)まれて(ちぢ)()がり()()しぬ。
070田依彦(たよりひこ)『ここは(さけ)(たき)といふ(ところ)だ。071竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまがお(つく)(あそ)ばした(さけ)だから、072祝詞(のりと)()げてお(はらひ)をしてそれからの(こと)だ。073サア貴様(きさま)祓戸(はらひど)になれ、074(おれ)斎主(さいしゆ)になつてやらう。075芳彦(よしひこ)076貴様(きさま)神饌係(しんせんがかり)だよ』
077神饌係(しんせんがかり)だつて、078(なに)をお(そな)へするのだい』
079貴様(きさま)()つて()(たま)御供(おそな)へするのだよ』
080 芳彦(よしひこ)081時彦(ときひこ)一度(いちど)に、
082(たま)(そな)へたつて折角(せつかく)(ひろ)うた(たま)は、083竹熊(たけくま)()られてしもうたではないか』
084 田依彦(たよりひこ)は、
085『その(たま)なら(おれ)()られたのだ。086貴様(きさま)(たま)(そな)へる(こと)だよ。087貴様(きさま)(さけ)()みたい()みたいといふ副守護神(ふくしゆごじん)(たま)綺麗(きれい)サツパリ御供(おそな)へせいと()(こと)だい』
088時彦(ときひこ)何時(いつ)(さけ)()るとクウクウ()つて、089(へそ)(した)あたりから()がつて()よるあの(たま)副守護神(ふくしゆごじん)()ふのか、090それなら(おれ)()つばかりあるわい』
091芳彦(よしひこ)(おれ)(ふた)つほど()つて()る』
092田依彦(たよりひこ)時彦(ときひこ)()つて()(よつ)つの(たま)と、093芳彦(よしひこ)()つて()(ふた)つの(たま)をお(そな)へするのだ。094()なその副守(ふくしゆ)(たま)()(さけ)(くら)つて貴様(きさま)(たましひ)身体(からだ)をわやにするのだ。095綺麗(きれい)サツパリと御供(おそな)へしてしまへ』
096時彦(ときひこ)御供(おそな)へせよと()つたつて(のど)まで()()ても(くち)へは()()ぬのだもの。097(おれ)(はら)()つたつて()(きた)やしないし、098どうすれば()いのだ。099アヽ、100(うま)さうな(さけ)だな、101()みたい()みたい』
102日出神(ひのでのかみ)(はや)御祭(おまつり)(はじ)めぬかい』
103『ハイハイ(いま)(はじ)めます。104一寸(ちよつと)()(あら)うて手水(てみづ)使(つか)ひまして(うがひ)(いた)します。105()つて(くだ)さい』
106田依彦(たよりひこ)貴様(きさま)らは狡猾(ずる)(やつ)だナ。107(うがひ)するなンて、108(さけ)()まうと(おも)つて、109(はや)くしないか』
110『ハイハイ友達(ともだち)(よし)みで、111チツト(ばか)大目(おほめ)()()れても。112()ささうなものだなあ』
113芳彦(よしひこ)時彦(ときひこ)(みみ)(くち)()せて(ささや)く。114かくして祭典(さいてん)無事(ぶじ)()みけるが、115肝腎(かんじん)御供(おそな)(もの)(たま)はどうしても()()ない。
116時彦(ときひこ)『サア御祭(おまつり)()ンだ。117約束(やくそく)(とほ)御神酒(おみき)(いただ)かして(もら)はうかい』
118田依彦(たよりひこ)『まだまだ()てまて、119(おれ)のいふ(とほ)りにして(たま)()すのだ』
120()ひながら()出神(でのかみ)目配(めくば)せした。121()出神(でのかみ)時彦(ときひこ)後手(うしろで)(まは)(かた)(しば)()げたまふ。122田依彦(たよりひこ)芳彦(よしひこ)()(うしろ)(まは)し、123()れまた(おな)じく(しば)()げたり。124二人(ふたり)泣声(なきごゑ)()しながら、
125『オイ田依彦(たよりひこ)126アンマリじやないか。127田依(たより)ない(ひこ)128(たよ)りに(おも)ふこなさまはナンデこの(やう)無情(つれな)いぞよ。129アーン アーン アーン』
130田依彦(たよりひこ)貴様(きさま)らは狂言(きやうげん)をするのか馬鹿(ばか)ツ! ()みたけりや()まして()らう』
131()ひながら、132(にほ)ひの(たか)(うま)さうな(さけ)をこの滝壺(たきつぼ)から(だい)柄杓(ひしやく)()()げて、133二人(ふたり)口先(くちさき)(かは)(がは)突付(つきつ)ける。134二人(ふたり)(した)()して()まうとする。135田依彦(たよりひこ)が、
136『ドツコイさうは()かぬ』
137(うしろ)()く。138また(しやく)()す。139(した)()す。140また(うしろ)()く。141突出(つきだ)す。142(した)()す。143(しやく)()く。144(たちま)時彦(ときひこ)は「カツ」と(こゑ)()した矢先(やさき)に、145(たまご)(ごと)()(いし)飛出(とびだ)滝壺(たきつぼ)(なか)に「ジユン」と(おと)()てて落込(おちこ)みける。146芳彦(よしひこ)(のど)からもクワツクワツといふ(おと)がして、147(ふた)つの焼石(やけいし)()()滝壺(たきつぼ)(なか)落込(おちこ)みける。148芳彦(よしひこ)は、
149『アア(おら)もう(さけ)(にほ)ひを()ぐのも(いや)になつたよ。150(さけ)(きら)ひだよ、151(さけ)(きら)ひ (きら)ひ』
152(くび)()りだす。153田依彦(たよりひこ)は、
154今迄(いままで)アレほど()きな(さけ)(きら)ひといふことがあるか、155()め ()め』
156(しやく)突出(つきだ)す。157芳彦(よしひこ)(かな)しさうに()()しける。
158『そんなら()し』
159田依彦(たよりひこ)芳彦(よしひこ)(いましめ)()く。160芳彦(よしひこ)()を、161ギロギロさせながら(うら)めしさうに(さけ)滝壺(たきつぼ)(なが)()る。162田依彦(たよりひこ)はまた(しやく)(さけ)()ンで今度(こんど)時彦(ときひこ)(はな)(さき)突出(つきだ)す。163時彦(ときひこ)(した)()す。164田依彦(たよりひこ)は、
165『オツトドツコイそれやならぬ』
166(しやく)(うしろ)()く。167また(しやく)()す。168(した)()す。169また(うしろ)()くと(にはか)に「クワツクワツクワツ」と三声(みこゑ)(さけ)びしその途端(とたん)(のど)から焼石(やけいし)三箇(さんこ)一度(いちど)()()し、170(さけ)滝壺(たきつぼ)(なか)に『ジユンジユンジユン』と(おと)をさせて()()みにける。171田依彦(たよりひこ)は、
172『サア時彦(ときひこ)御祭(おまつり)()ンだ。173御供物(おそなへもの)()れで(しま)ひだ。174(なん)ぼなと(さけ)()め』
175(しやく)(さけ)()ンで(くち)(はた)()つて()く。176時彦(ときひこ)()(ふさ)(くち)()ぢ、177(くび)左右(さいう)()つて、
178『もうもう(さけ)(にほ)ひを()くのも(いや)だ。179(さけ)(きら)ひだ、180勘忍々々(かんにんかんにん)
181(あたま)左右(さいう)()る。182()出神(でのかみ)時彦(ときひこ)(いましめ)()きけるが、183()れぎり二人(ふたり)(さけ)(にほ)ひを()ぐのも(いや)になりたりける。184ここに時彦(ときひこ)185芳彦(よしひこ)竜宮島(りうぐうじま)(みや)造営(ざうえい)(めい)ぜられ、186久久神(くくのかみ)187久木神(くきのかみ)」といふ()(もら)つて住家(すみか)(つく)役目(やくめ)となりぬ。
188大正一一・一・三一 旧一・四 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)