霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 ()めぬ(さけ)〔三二一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第4篇 鬼門より竜宮へ よみ:きもんよりりゅうぐうへ
章:第21章 第7巻 よみ:のめぬさけ 通し章番号:321
口述日:1922(大正11)年01月31日(旧01月04日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
また海面は波荒く、船の出港は見合わされ、ほとんど一ヶ月逗留することになった。
この島は、潮満、潮干の玉が秘め隠され、豊玉姫神、玉依姫神がこれを守護していた。大洪水以前に、ウラル彦の軍勢のために玉は取られ、二柱の女神は遠く東に逃れて、天の真奈井の冠島、沓島に隠れたという、因縁の深い島である。
その後は、ウラル彦の部下の荒熊別という者が占領して酒の泉を湛えた。神伊邪那岐神がこの島の守護神として真澄姫命を遣わした。そのため、荒熊別は常世の国へと逃げ帰ってしまった。
日の出神は真澄姫命の神霊を祭るために、久々司、久木司に命じて、竜宮島の竜の宮を造営させた。そして、田依彦を飯依彦と改名し、この島の守護神とした。
造営の人夫たちは、目付け役の久々司が行ってしまった後で、酒が飲みたいとこぼしている。そこへ、久木司がやってきて、自然に湧いている酒だから、遠慮なく飲むがよい、と飲酒を許可した。
人夫たちは先を争って酒の泉にやって来たが、大きな岩で蓋をされ、ところどころに人の口くらいの孔があいているのみであった。
人夫たちはその孔に舌を入れて、何とか酒を飲もうとしていたが、そのうちにめいめい喉がごろごろ鳴り出して、腹の中から焼け石が飛び出した。それ以降、この郷の人間は酒の匂いを嗅ぐのもいやになり、神の教えをよく守り、飯依彦の指揮にしたがって楽しく生活を送ることになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0721
愛善世界社版:129頁 八幡書店版:第2輯 81頁 修補版: 校定版:135頁 普及版:56頁 初版: ページ備考:
001 またもや海面(かいめん)(なみ)(あら)(たけ)(くる)ひ、002出帆(しゆつぱん)見合(みあ)はすの()むなきに(いた)り、003(かぜ)()つこと(ほとん)一ケ月(いつかげつ)(およ)びける。
004 この(しま)潮満(しほみつ)005潮干(しほひる)(たま)()めかくされ、006豊玉姫神(とよたまひめのかみ)007玉依姫神(たまよりひめのかみ)これを守護(しゆご)(たま)ひつつありしが、008世界(せかい)大洪水(だいこうずゐ)以前(いぜん)に、009ウラル(ひこ)(ひき)ゆる軍勢(ぐんぜい)(ため)(たま)占領(せんりやう)され、010二柱(ふたはしら)女神(めがみ)(とほ)(ひがし)(のが)れて、011(あめ)真名井(まなゐ)冠島(をしま)012沓島(めしま)(かく)れたまひし因縁(いんねん)(ふか)(しま)なりける。
013 その()はウラル(ひこ)部下(ぶか)荒熊別(あらくまわけ)といふ(もの)014この(しま)占領(せんりやう)し、015数多(あまた)部下(ぶか)(あつ)め、016(さけ)(いづみ)(たた)へて、017体主霊従(たいしゆれいじゆう)のあらむかぎりを(つく)しゐたり。018(しか)るに天教山(てんけうざん)(しづ)まり(たま)神伊邪那岐神(かむいざなぎのかみ)はこの(しま)守護神(しゆごじん)として真澄姫命(ますみひめのみこと)(つか)はし(たま)ひぬ。019それより荒熊別(あらくまわけ)神威(しんゐ)(おそ)れ、020夜陰(やいん)(じやう)じて常世(とこよ)(くに)()(かへ)つたりける。021その(とき)名残(なごり)として、022(いま)(さけ)(いづみ)滾々(こんこん)()()()たるなりき。
023 ()出神(でのかみ)真澄姫命(ますみひめのみこと)神霊(しんれい)(まつ)()く、024久々神(くくのかみ)025久木神(くきのかみ)(めい)じ、026大峡小峡(おほがひをがひ)()()り、027(うつく)しき(みや)(いとな)ましめたまふ。028(これ)竜宮島(りうぐうじま)(たつ)(みや)といふ。029(しか)して田依彦(たよりひこ)をこの(しま)守護神(しゆごじん)となし、030()飯依彦(いひよりひこ)(あらた)めしめたまへり。
031 久々神(くくのかみ)032久木神(くきのかみ)はこの(しま)人々(ひとびと)をかり(あつ)め、033宮殿(きうでん)造営(ざうえい)棟梁(とうりやう)として忠実(ちうじつ)立働(たちはたら)きぬ。034(しま)谷々(たにだに)には()()(おと)035(けづ)(おと)036(ひと)(さけ)(ごゑ)(さか)ンに(きこ)えける。
037 ()出神(でのかみ)海辺(かいへん)()はらし()高殿(たかどの)(のぼ)りて、038海上(かいじやう)(しづ)まるを()ちゐたまひぬ。
039 (やま)(おく)には彼方(あちら)にも此方(こちら)にも、040斧鉞(ふゑつ)(おと)丁々(ちやうちやう)(きこ)(さかん)伐木(ばつぼく)しゐたり。
041『おい、042(みな)一服(いつぷく)しやうじやないか。043いま久々神(くくのかみ)があちらへ()きよつたで、044叔母(をば)()ンだも()(やす)みと()(こと)があるよ。045(おに)(やう)大将(たいしやう)彼方(あつち)()つた留守(るす)()に、046(おに)()()洗濯(せんたく)だ。047おいおい、048(やす)(やす)め』
049『おーい(みな)(やつ)050一緒(いつしよ)(やす)まうかい』
051『それでも(やす)むと(おと)(とま)るから、052また呶鳴(どな)られるよ』
053(やす)ンで、054そこらの()(たた)いて()ればよいワイ』
055一体(いつたい)056(みや)()てるとか()つて、057まるで吐血(とけつ)(おこ)つた(やう)に、058()さにも(おい)らを()ささずに、059ひどく酷使(こきつか)ひよるじやないか。060結構(けつこう)(さけ)はあーして()いて()るのに、061()まれぬなどと()かしよるし、062(たま)つたものじやない。063合間(あひま)には(さけ)(ぐらゐ)064ただ()いて()るのじやもの、065()まして()れたつてよかりさうなものじやないか。066一体(いつたい)こりや(なん)(みや)だらう』
067(さけ)()まさぬから、068前達(まへたち)(はら)()つ、069その(はら)()てさせぬため、070(かみ)さまを(まつ)らすのだ。071それで(なん)でも、072(はら)たつよ(ひめ)とか、073真澄姫(ますみひめ)とか桝呑姫(ますのみひめ)とかいふ(かみ)さまじやさうだよ』
074けたい(かみ)さまだね。075()つものは(はら)ばかりぢやない。076疳癪(かんしやく)()つし、077(とり)()つし、078立疳姫(たつかんひめ)(かみ)やら、079立鳥姫(たつとりひめ)(かみ)(まつ)つたらどうだらう』
080馬鹿(ばか)いふない。081それまた彼処(あすこ)(いた)(やつ)さまが()たぞ。082それそれ(くぎ)(かみ)さまだ』
083(くぎ)ぢやない。084久木神(くきのかみ)さまといふのだい。085なまくらをして()ると、086(くび)きりの(かみ)さまにならつしやるぞ』
087 かかる(ところ)久木神(くきのかみ)(まは)()たり、
088『オー、089(みな)(もの)御苦労(ごくらう)だな。090(さけ)()みたさうな(かほ)をして()るが、091(さけ)はあまり()まぬがよいぞ。092(おれ)(いま)まで(さけ)()きだつたが、093たうとう(きら)ひになつて(しま)つた。094()きなものを無理(むり)()めよと()つても、095()むものぢやない。096(まへ)たちは充分(じうぶん)(さけ)()ンで満足(たんのう)したら、097しまひには(した)がもつれ(くち)(しび)副守(ふくしゆ)飛出(とびだ)して(さけ)()めなくなるかも()れぬぞよ。098()みたい()みたいと(おも)つて辛抱(しんばう)して()ると、099根性(こんじやう)(まが)つてよく()い。100(さけ)百薬(ひやくやく)(ちやう)だ、101御神酒(おみき)あがらぬ(かみ)()いから、102(まへ)たちも(かみ)さまになりたくば、103ちつとも遠慮(ゑんりよ)()らぬ。104自然(しぜん)()(さけ)だから遠慮(ゑんりよ)なしに()ンで()い』
105()()てて、106この()()()る。107(あと)見送(みおく)つて、
108『おいおい、109久々神(くくのかみ)(さけ)()むなと、110(やかま)しう()かすが、111いま()久木神(くきのかみ)さまは流石(さすが)苦労人(くらうじん)じやなあ。112根性(こんじやう)(ゆが)ンではいかぬから、113()みたい()()ンで()いと()ひよつたぞ。114(ゆる)しが()たのだ。115天下(てんか)御免(ごめん)だ。116()ンで()うかい』
117『よからう、118よからう』
119と、120大勢(おほぜい)(さき)(あらそ)うて、121(さけ)()(いづ)滝壺(たきつぼ)()して(はし)()く。
122 ()()れば(さけ)(いづみ)滝壺(たきつぼ)は、123千引(ちびき)(いは)にてすつかり(つつ)まれ、124処々(ところどころ)(ひと)(くち)(ぐらゐ)(あな)上面(じやうめん)()いてをる。
125『やいやい(みな)(やつ)126久木神(くきのかみ)(はら)(わる)いじやないか。127こンな巨大(おほ)きな(いは)で、128何時(いつ)()にやら、129ぴつたりと(ふた)をして()きよつて、130()みたけりや()ンで()いなンて、131(おい)らを馬鹿(ばか)にするじやないか』
132『さうだな、133しかし其処(そこ)(あな)()いて()るじやないか。134その(あな)から(くち)突込(つつこ)ンだらどうだい』
135『おー、136それもさうだ。137(みな)(やつ)ここから()まう()まう』
138 一同(いちどう)岩蓋(いはぶた)(うへ)()(すが)つて、139その(あな)より(した)()()して()てゐたるが、
140『おい(うま)さうな(さけ)沢山(たくさん)あるが、141(した)(とど)かぬワイ。142もう一分(いちぶ)といふ(ところ)だ』
143貴様(きさま)(した)(みじか)いのだ、144どれどれ(おれ)()ンで()てやらう』
145貴様(きさま)何時(いつ)(した)(なが)(やつ)だ。146舌長(したなが)(もの)()かすから、147こンな(とき)にや重宝(ちようほう)だ。148やつて()よ』
149『エヘン』
150咳払(せきばら)ひしながら、151(いは)(あな)から(した)突込(つきこ)ンで()たが、152(これ)(とど)かない。153(かは)(がは)るやつて()たが、154どうしても(さけ)(ところ)までは、155間隔(かんかく)があつて()めることが出来(でき)ない。156しかしその(あな)からは(なん)とも()へぬ(かんば)しい(さけ)(にほ)ひがして()るので、157各自(めいめい)(くち)()てて(にほ)ひを()いだ。158(のど)各自(めいめい)にごろごろ(うな)()して、159(はら)(なか)焼石(やけいし)(のこ)らず酒壺(さけつぼ)(むか)つてジユンジユンと(おと)()てて、160()()みにける。
161 それよりこの(さと)人間(にんげん)は、162(さけ)(にほ)ひを()ぐさへも(いや)になり、163(かみ)(をしへ)をよく(まも)り、164飯依彦神(いひよりひこのかみ)指揮(さしづ)(したが)ひて、165()にし()竜宮島(りうぐうじま)(たの)しき生活(せいくわつ)(おく)りたりける。
166大正一一・一・三一 旧一・四 井上留五郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)