霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 (いろ)()(をとこ)〔三二三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第4篇 鬼門より竜宮へ よみ:きもんよりりゅうぐうへ
章:第23章 第7巻 よみ:いろよいおとこ 通し章番号:323
口述日:1922(大正11)年01月31日(旧01月04日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜宮の海域を出ると、船頭は船客たちに会話を許可した。
船客たちは馬鹿話を始めたが、そのうちに風が変わって船は筑紫の洲へと流されることになってしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0723
愛善世界社版:141頁 八幡書店版:第2輯 86頁 修補版: 校定版:148頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001 船頭(せんどう)(また)もや()つて船歌(ふなうた)(うた)(はじ)めたり。
002(かね)世界(せかい)(たから)()けど ここの(たから)()()はぬ』
003(うた)ひながら(すす)()く。004船頭(せんどう)()出神(でのかみ)(むか)ひ、
005(やうや)竜宮島(りうぐうじま)区域(くゐき)(はな)れました。006これから(さき)()ンな(はなし)をしても(かま)ひませぬ。007どうぞ(めづ)らしい(はなし)()かして(くだ)さい。008(なが)(うみ)(うへ)009(さぞ)御退屈(ごたいくつ)でせうから、010充分(じうぶん)面白(おもしろ)(はなし)をして(くだ)さいませ』
011と、012(あら)つぽい船頭(せんどう)()()出神(でのかみ)(むか)つては、013(ちから)(かぎ)丁寧(ていねい)言葉(ことば)(なら)()てたり。014(しかし)一般(いつぱん)船客(せんきやく)(むか)ひ、
015『おい、016(みな)御客(おきやく)さまよ、017(これ)から()ンな(はなし)をしてもよいわ。018もう竜宮島(りうぐうじま)(うへ)()えた。019面白(おもしろ)(うた)でも(うた)はつしやれ』
020 船客(せんきやく)(なか)から、
021『あゝヤレヤレ、022(くち)(むし)()くかと(おも)つた。023これからチツと(しやべ)らして(もら)はうかい。024おい船頭衆(せんどうしう)025(なに)()つても()いかい』
026生命(いのち)洗濯(せんたく)ぢや、027面白(おもしろ)(こと)(はな)さつしやい』
028()うも立派(りつぱ)(たから)()いたね。029(ひと)(おれ)()しかつた。030()(ひと)()つたら、031一生涯(いつしやうがい)親子(おやこ)兄弟(きやうだい)が「()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)よ」と()つて、032ウラル(ひこ)さまのやうに(くら)されるのに、033(ひと)(くらゐ)くれたつて()ささうなものだに、034竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)といふ餓鬼(がき)や、035よつぽど(よく)(やつ)ぢやナア』
036(よく)(やつ)(みんな)037竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)()たやうな(やつ)だと()はうがな、038(よく)()(やつ)ぢやから(えら)いのだ。039ヨク()(やつ)(すなは)(わる)いのだよ。040よくよく思案(しあん)をしてみれば、041(かね)(かたき)()(なか)か』
042(なに)()かすのだい。043貴様(きさま)()(こと)は、044チツとも(わか)りやしないよ』
045(わか)らぬ(はず)だよ。046(ふか)(ふか)(うみ)(そこ)(かく)してあるのだもの、047(わか)つたら貴様(きさま)のやうな欲心坊(よくしんばう)が、048みな()つて()ンで(しま)ふ。049それで乙姫(おとひめ)(さま)(わか)らぬやうにして御座(ござ)るのぢや』
050益々(ますます)(わか)らぬことを()(やつ)だなあ』
051『そンなことは(うし)(つめ)だい、052(さき)から(わか)つてらあ』
053『そンなけなりさうな(はなし)はやめてくれ。054(なん)だか(うらや)ましくなつてきた。055それよりも(さけ)()ンで喧嘩(けんくわ)でもして()ようかい。056(おれ)()まぬ(やく)狸彦(たぬきひこ)とか、057狐彦(きつねひこ)とかになるさ。058貴様(きさま)らは徳利彦(とつくりひこ)と、059酔払彦(よつぱらひひこ)になつて(うた)(うた)つて(さけ)()むのだ。060さうすると(おれ)狸彦(たぬきひこ)が、061貴様(きさま)(あたま)をポカンとやるのだ。062さうすると()出神(でのかみ)さまが、063貴様(きさま)(たぬき)かいとおつしやるのだ。064さうするとタヽヽヽタヽヽヽタノで御座(ござ)いますと()ふのだ。065(しか)(しかう)して()出神(でのかみ)さまが、066其処(そこ)()るのは徳利彦(とつくりひこ)か、067酔払彦(よつぱらひひこ)かと御訊(おたづ)(あそ)ばすのだ。068そこで(おれ)がトヽヽトヽヽトツクリと(わか)りませぬと()ますのだ。069さうすると今度(こんど)()出神(でのかみ)さまが、070そこに()るのは酔払彦(よつぱらひひこ)かと仰有(おつしや)るのだ。071さうすると(おれ)がヨヽヽヽヨヽヽヽヨウ()うてゐますと()ますのだ。072さうすると()出神(でのかみ)さまが、073御感心(ごかんしん)(あそ)ばしてな、074(おれ)にはまた(いろ)()(をとこ)とか、075(なん)とかいふ神名(しんめい)(くだ)さるなり、076貴様(きさま)にはクヽヽクヽヽ黒狸(くろだぬき)とか、077クヽヽクヽヽ黒狐(くろぎつね)とかいふ()(たまは)つて、078竜宮島(りうぐうじま)(かみ)さまにして(くだ)さるのだ』
079『やい、080貴様(きさま)(いろ)()(をとこ)なンて()かしよつて、081(おれ)黒狐(くろぎつね)黒狸(くろだぬき)と、082(なん)だい馬鹿(ばか)にするな。083それそれ()出神(でのかみ)さまが、084(おほ)きな()()いて(にら)んでゐらつしやるぞ。085蝸牛蟲(でんでんむし)のやうに、086すつこめすつこめ』
087他愛(たあい)なく馬鹿口(ばかぐち)(たた)いて(さけ)をチビリチビリと()ンでゐる。088船頭(せんどう)は、
089『オイ、090御客様(おきやくさま)091常世(とこよ)(くに)()くつもりだつたが、092前達(まへたち)仕様(しやう)もない(はなし)をするものだから、093さつぱり(かぜ)(かは)つて(しま)つたよ。094これは如何(どう)しても一旦(いつたん)は、095筑紫(つくし)(しま)押流(おしなが)されにや仕方(しかた)()い。096これもお前達(まへたち)()から()(さび)だ。097(かなら)船頭(せんどう)(わる)いと(おも)つてくれるなよ』
098船頭(せんどう)099吾々(われわれ)前途(ぜんと)見届(みとど)けるのは、100船頭(せんどう)(やく)ぢやないか。101(めし)船中(せんちう)(しらみ)のやうにセンドセンドかかつて(くら)ふなり、102そンなことで船商買(ふなしやうばい)「船商買」は御校正本通り(つと)まらせんどうだアハヽヽヽ』
103 (きり)すかし(はるか)向方(むかう)に、104(なみ)(うか)べるこンもりとした(しま)かげ(あら)はれたり。105船頭(せんどう)は、
106『やあ、107たうとう筑紫(つくし)(しま)()えました』
108 ()出神(でのかみ)()(あが)り、109筑紫(つくし)(しま)(むか)つて、110またもや(うた)(うた)ひたまう。
111大正一一・一・三一 旧一・四 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)