霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 筑紫(つくし)上陸(じやうりく)〔三二四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第5篇 亜弗利加 よみ:あふりか
章:第24章 第7巻 よみ:つくしじょうりく 通し章番号:324
口述日:1922(大正11)年01月31日(旧01月04日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神は、純世姫神が鎮まる筑紫の島に上陸して宝を探る楽しさを歌った。
船中の客たちがまたしても馬鹿話をしている間に、日の出神は面那芸、祝姫を連れて筑紫の島に上陸した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0724
愛善世界社版:149頁 八幡書店版:第2輯 88頁 修補版: 校定版:155頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 ()出神(でのかみ)(うた)(たま)ふ。
002天津御空(あまつみそら)海原(うなばら)
003真澄(ますみ)(ひめ)永遠(とことは)
004(しづ)まりゐます冠島(かむりじま)
005()さへ目出度(めでた)竜宮(りうぐう)
006(たから)(しま)(あと)にして
007科戸(しなど)(かぜ)()くままに
008(なが)(なが)れて(いま)ここに
009筑紫(つくし)(しま)島影(しまかげ)
010(かす)かに(なが)皇神(すめかみ)
011(ふか)仕組(しぐみ)不知火(しらぬひ)
012わが()(たま)(おろか)さよ
013(こころ)つくしの益良雄(ますらを)
014(ふか)仕組(しぐみ)駿河(するが)なる
015富士(ふじ)御山(みやま)千木(ちぎ)(たか)
016(しづ)まりゐます()花姫(はなひめ)
017(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
018(しほ)八百路(やほぢ)(わた)りつつ
019(こころ)(そら)純世姫(すみよひめ)
020(かみ)(みこと)永遠(とことは)
021(しづ)まりゐますこの(しま)
022天津御神(あまつみかみ)(つく)らしし
023(たから)(しま)(きこ)ゆなる
024(うづ)島根(しまね)()のあたり
025()えて(また)もやこの(しま)
026(たから)(さぐ)(たのし)さは
027黒白(あやめ)()かぬ(やみ)()
028天津(あまつ)()()東天(とうてん)
029(あら)はれ(たま)ひし(ごと)くなり
030(あら)はれ(たま)ひし(ごと)くなり』
031『オイ、032(いま)(うた)()いたか。033この昼中(ひるなか)()(たま)(やみ)だとか、034(くら)がりだとか仰有(おつしや)つたじやらう。035(ひがし)(そら)から、036()さまが()るとか()いたじやらう、037一寸(ちよつと)可笑(をか)しいじやないか。038日天様(につてんさま)西(にし)(そら)(かたむ)いてゐらつしやるのに、039(いやし)くも(ひと)(をし)へる宣伝使(せんでんし)ともあるものが(なん)であンな(わけ)(わか)らぬ(こと)()ふのだらうね』
040貴様(きさま)はそれだから(こま)るのよ。041(なん)でもかでもチヨツピリと()はつりよつて、042()らぬ(もの)半分(はんぶん)()らぬくせに、043()つた(もの)のやうにナゼそンな脱線(だつせん)した講釈(かうしやく)をするのだ。044貴様(きさま)一緒(いつしよ)(つら)なつてゐると、045(おれ)アもう(なさけ)ない。046あまりわけが(わか)らなさ(すぎ)らア』
047(わか)らぬ(わか)らぬて、048(なに)(わか)らぬ。049(わか)らぬとは貴様(きさま)のことじやないか。050(かか)アや()のあるざまをしよつて、051五十(ごじふ)(けつ)(つく)つて()(なが)ら、052貴様(きさま)のとこのおさんの○○へ○○しよつて、053(かか)アに()つけられ、054それがために(かか)アは悋気(りんき)(つの)(ふる)()てて、055()ぬの()きるの(ひま)をくれのと、056毎日(まいにち)日日(ひにち)(いぬ)()はぬ喧嘩(けんくわ)をおつ(ぱじ)め、057近所(きんじよ)大迷惑(おほめいわく)だつたよ。058酋長(しうちやう)木兵衛(もくべゑ)さまが心配(しんぱい)して、059いろいろと道理(だうり)()(さと)して()ンで()むやうにおつしやつても、060貴様(きさま)()ンでも彼奴(あいつ)とは(わか)れぬとか、061(わか)らぬとか()かしたぢやないか。062ソレに(おれ)(わか)らぬもあつたものかい』
063『サアサア(ふね)()きましたよ。064(きやく)さま、065また此処(ここ)十日(とをか)ばかり(かぜ)()たな、066常世(とこよ)(くに)へは()けやしない。067グヅグヅしとると、068この(ふね)何処(どこ)()くか(わか)りやしないぞ。069(はや)()たぬかい』
070八釜(やかま)しう()うない。071()てらりやせぬわ』
072()てないつて貴様(きさま)(なに)して()るのだい』
073貴様(きさま)(さき)(あが)れ、074(おれ)(あと)から(あが)る』
075(はら)(わる)(やつ)だナ。076(みんな)(あが)つた(あと)(なに)(わす)(もの)でもあつたら、077(ねこ)ババでもキメ()まうと(おも)ひよつてケツ(あき)れらア』
078『そのケツだよ』
079貴様(きさま)ケツ(なん)だい。080ははあ(すわ)つたままで、081(くそ)()れよつたのだな。082ハヽーそれで()めた。083じつとしてをれ。084バタバタすると(くさ)いぞ。085(くさ)野郎(やらう)だナ』
086 船頭(せんどう)(こころ)せはし()に、
087『おい、088(はや)()たぬか』
089『はいはい、090(いま)()ちます』
091『そのババたれ(ごし)(なん)だい』
092本当(ほんたう)にタレたのだい』
093 船頭(せんどう)真赤(まつか)になりながら、
094『すつくり掃除(さうぢ)せい。095掃除(さうぢ)せにや()がらせぬぞ。096糞放(くそたれ)()が』
097 ()出神(でのかみ)二人(ふたり)宣伝使(せんでんし)(とも)上陸(じやうりく)し、098(また)もや宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、099(あと)をも()ずに奥深(おくふか)(すす)()く。
100大正一一・一・三一 旧一・四 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。