霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 蓄音器(ちくおんき)〔三二七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第5篇 亜弗利加 よみ:あふりか
章:第27章 第7巻 よみ:ちくおんき 通し章番号:327
口述日:1922(大正11)年02月01日(旧01月05日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
小島別はこれは邪神の声でないと悟り、岩窟の神の御名を問うた。しかし岩窟の声はますます小島別を譴責する。
小島別はしきりに赦しを懇願するが、神の声はますます激烈になる。最後に岩窟は百雷の一時にとどろくような大音響を立てて唸り始め、小島別は驚いて大地にぺたりと倒れこんだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0727
愛善世界社版:166頁 八幡書店版:第2輯 94頁 修補版: 校定版:172頁 普及版:71頁 初版: ページ備考:
001 小島別(こじまわけ)はこの巌窟(がんくつ)(なか)より(いづ)(こゑ)に、002合点(がつてん)ゆかぬといふ身振(みぶ)りをしながら、003以前(いぜん)元気(げんき)(ひき)かへて、004(むし)のやうな(こゑ)(しぼ)()し、
005『さう仰有(おつしや)貴方様(あなたさま)(はた)して(いづ)れの(かみ)()しますや、006御名(おんな)名告(なの)らせ(たま)へ』
007 巌窟(がんくつ)(なか)より大声(おほごゑ)にて(また)も、
008『アハヽヽヽヽ、009あかぬあかぬまだ改心(かいしん)はできぬ。010オホヽヽヽヽ(おそ)ろしい渋太(しぶとい)(やつ)ぢやな、011ウフヽヽヽヽ()()かするな、012この()悪魔(あくま)巣窟(さうくつ)ぞ、013エヘヽヽヽヽ(えら)さうに威張(ゐば)つて(ある)宣伝使(せんでんし)014(あたま)(さき)から足許(あしもと)まで()()をつけよ。015イヒヽヽヽヽ威張(ゐばり)()らして竜宮(りうぐう)小島別(こじまわけ)宣伝使(せんでんし)016カヽヽヽヽ(かなら)(かみ)鰹節(かつをぶし)にいたすなよ、017コヽヽヽヽ小島別(こじまわけ)(めくら)ども、018クヽヽヽヽ(くさ)つた(たま)宣伝使(せんでんし)019(くさ)(もの)(ふた)して(ある)小島別(こじまわけ)020ケヽヽヽヽ見当(けんたう)()れぬ(かみ)仕組(しぐみ)021()(あぢ)はうておくがよい、022キヽヽヽヽ気違(きちが)ひじみた小島別(こじまわけ)023(まこと)(かみ)()をつける(うち)改心(かいしん)いたすが()いぞ、024サヽヽヽヽさらりと(まよ)ひを()ませ小島別(こじまわけ)025(あめ)探女(さぐめ)仲間入(なかまいり)をいたすな、026ソヽヽヽヽ(そん)(おも)へば()()さぬ、027我身(わがみ)(とく)(おも)つたら(うし)(ほね)でも()(いだ)す、028欲心坊(よくしんばう)小島別(こじまわけ)029スヽヽヽヽ()きぢや(きら)ひと(ひと)区別(くべつ)()てる宣伝使(せんでんし)030セヽヽヽヽ()(はら)()へられぬと(うま)言葉(ことば)(にげ)()つて薄志弱行(はくしじやくかう)張本人(ちやうほんにん)031シヽヽヽヽ()らぬ(こと)をば()つたやうに法螺(ほら)()(ある)宣伝使(せんでんし)
032 小島別(こじまわけ)(ちぢみ)(あが)り、
033(いづ)れの神様(かみさま)()りませぬが、034もう改心(かいしん)いたします、035これで()らえて(くだ)さいませ』
036『タヽヽヽヽ』
037『もう沢山(たくさん)です、038どうぞ御免(ごめん)(かうむ)ります、039骨身(ほねみ)にこたへますワ』
040 (あな)(なか)より、
041沢山(たくさん)でない、042まだまだあるぞ、043七十五声(しちじふごせい)()らむかぎり(をし)へてやらねば()()めぬ、044トヽヽヽヽ当惑顔(たうわくがほ)宣伝使(せんでんし)栃麺棒(とちめんぼう)小島別(こじまわけ)045トツクリ思案(しあん)をするが()い、046トテも(のが)れぬ(この)()仕儀(しぎ)047トコヨの(くに)()つてしもうか、048トテも改心(かいしん)覚束(おぼつか)ないぞ、049ツヽヽヽヽ月夜(つきよ)(かま)()かれた(やう)につまらぬ(つら)した小島別(こじまわけ)050(つか)まえ(どころ)()いやうな(みち)にはづれた宣伝使(せんでんし)051テヽヽヽヽ手柄顔(てがらがほ)して()(なか)(まは)つて(ある)宣伝使(せんでんし)052チヽヽヽヽ智慧(ちゑ)(ちから)もない(くせ)に、053チツトの手柄(てがら)(かさ)()て、054(ちから)自慢(じまん)宣伝使(せんでんし)055ナヽヽヽヽ(なが)(あひだ)慢神(まんしん)でお(みち)のために艱難(かんなん)苦労(くらう)056(すく)ひのためとは(なに)囈語(たわごと)057(なさけ)ないぞよ、058(おも)へば(おも)へば(なみだ)がこぼれる小島別(こじまわけ)059ノヽヽヽヽ(のど)から()()(かみ)(むね)060よう()みとらぬ宣伝使(せんでんし)061ヌヽヽヽヽぬかるな()をつけ小島別(こじまわけ)062ネヽヽヽヽ熱心(ねつしん)らしく()せかけて(この)()(たば)かる小島別(こじまわけ)063ニヽヽヽヽ日天様(につてんさま)(しか)られて、064()さへ不自由(ふじゆう)小島別(こじまわけ)
065(いづ)れの神様(かみさま)(ぞん)じませぬがもう沢山(たくさん)でございます、066これで御赦(おゆる)しを(ねが)ひます』
067 岩窟(いはや)(なか)より一層(いつそう)(おほ)きな(こゑ)で、
068『ハヽヽヽヽ(はづ)かしいか、069(はら)()つか、070(かみ)言葉(ことば)歯節(はぶし)はたつまい、071ホヽヽヽヽほうけ(づら)して常世(とこよ)(くに)より竜宮城(りうぐうじやう)へ、072(かた)(いか)らして(かへ)つて()小島別(こじまわけ)信天翁(あはうどり)073フヽヽヽヽぶるぶる(ふる)(あたま)をかくしあやまり()つた宣伝使(せんでんし)074ヘヽヽヽヽ()つぴり(ごし)小島別(こじまわけ)075へなへな(ごし)宣伝使(せんでんし)076ヒヽヽヽヽ日暮(ひぐれ)(たく)みた梟鳥(ふくろどり)077夜食(やしよく)にはづれて小難(こむつ)かしい(つら)をさらした小島別(こじまわけ)
078『もうもう沢山(たくさん)でございます、079(わか)りました、080貴神(あなた)はウヽヽヽウシトヽヽヽトラ』
081 岩窟(いはや)(なか)より、
082『マヽヽヽヽ()()て、083まだある まだある まだあるぞ、084曲津(まがつ)正体(しやうたい)ひきむいて()れる、085盲目(まうもく)宣伝使(せんでんし)086老碌爺(おいぼれぢぢ)小島別(こじまわけ)087ムヽヽヽヽ無理(むり)(おも)ふか小島別(こじまわけ)088(むし)()くまい(この)(はう)言葉(ことば)089無理(むり)(おも)ふか無理(むり)ではないぞ、090(むかし)(むかし)()(むか)し、091(ふる)神世(かみよ)(むか)しより(この)()(まも)無限(むげん)絶対(ぜつたい)生神(いきがみ)092この(はう)姿(すがた)()えたか。093メヽヽヽヽ(めくら)分際(ぶんざい)(かみ)姿(すがた)(わか)るまい。094ミヽヽヽヽ()えぬは道理(だうり)()(とばり)095かき()げて(かみ)(ひかり)()宿(やど)せ、096ヤヤヽヽヽ大和魂(やまとだましひ)(まを)せども、097(なんぢ)(たましひ)(くも)()りたるやまこ(だまし)098()らず()らずの(あひだ)世人(よびと)(まよ)はし(だま)やまこ立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)099ヨヽヽヽヽ()(なか)(おに)()ないと(まを)して(ある)腰抜(こしぬけ)宣伝使(せんでんし)100(おに)()るぞよ、101この鬼神(おにがみ)姿(すがた)()えぬか、102ユヽヽヽヽ幽霊(いうれい)(ごと)きフナフナ(ごし)(かみ)大道(たいだう)(ひら)くとは片腹痛(かたはらいた)い、103エエヽヽヽ(えにし)(いと)(つな)がれて、104斯程(かほど)(くも)つた(たましひ)さへ、105(かみ)から(つな)をかけられて(たす)けてもらうた小島別(こじまわけ)106イヽヽヽヽ何時(いつ)まで()うても(おな)(こと)107今日(けふ)かぎり宣伝使(せんでんし)(やく)をサツパり返上(へんじやう)せよ、108言分(いひぶん)あるか、109違背(ゐはい)があるか、110(いづ)れになりと返答(へんたふ)()かう』
111『ハイハイどうも仕方(しかた)がありませぬ、112(ひら)あやまりにあやまります、113(へそ)()()つてから、114こんな(うす)()()うた(こと)はありませぬワ、115どうなりと神様(かみさま)思召(おぼしめ)しにして(くだ)さい』
116『ラヽヽヽヽ乱心賊子(らんしんぞくし)とは貴様(きさま)のこと、117これしきの小言(こごと)(きも)(つぶ)(なん)()け、118(やす)きにつかむといたす卑劣(ひれつ)(きは)まる宣伝使(せんでんし)119リヽヽヽヽ理屈(りくつ)ばかり(なら)べたて月日(つきひ)をくらす小島別(こじまわけ)120ルヽヽヽヽ累卵(るいらん)(あやふ)きこの()振捨(ふりす)て、121我身(わがみ)安全(あんぜん)(はか)卑怯(ひけふ)未練(みれん)宣伝使(せんでんし)122レヽヽヽヽ連木(れんぎ)(はら)()(やう)なその()(のが)れの言訳(いひわけ)いたす狡猾(かうくわつ)至極(しごく)小島別(こじまわけ)123ロヽヽヽヽ(ろく)でもない囈言(たわごと)世界(せかい)にひろむる小島別(こじまわけ)124ワヽヽヽヽ我身(わがみ)目的(しがく)ばかり()()(たく)小島別(こじまわけ)
125『モモヽ()ンぼ神様(かみさま)でもあまりでございます。126神様(かみさま)善言美詞(ぜんげんびし)御使(おつか)(あそ)ばす(はず)だのに、127あなたは乱言暴語(らんげんばうご)仰有(おつしや)いますが……』
128『イヒヽヽヽヽ(いた)いか(いた)いか(みみ)(いた)からう、129ウフヽヽヽヽうつかり()いて後悔(こうくわい)するな、130浮世(うきよ)(やみ)彷徨(さまよ)(なんぢ)131狼狽者(うろたへもの)宣伝使(せんでんし)132ヱヘヽヽヽヽ』
133『モモもうこらへて(くだ)さいませ』
134 巌窟(がんくつ)(なか)より、
135『えぐいと(おも)ふか(おれ)言葉(ことば)136ヰヒヽヽヽヽ(いのち)()しいか小島別(こじまわけ)137忌々(いまいま)しいか、138意見(いけん)()はぬか、139(いたち)最後屁(さいごぺ)140以後(いご)(かなら)(つつし)めよ。141ガヽヽヽヽ()()れねば餓鬼道(がきだう)(おと)してやるが、142ギヽヽヽヽ義理(ぎり)人情(にんじやう)(わきま)()らぬ宣伝使(せんでんし)なら()めて()け、143グヽヽヽヽ()にもつかない世迷言(よまいごと)144愚図(ぐづ)愚図(ぐづ)いたすと()(くれ)るぞ、145ゲヽヽヽヽ元気(げんき)()さそなその面附(つらつき)146ゴヽヽヽヽ劫託(ごふたく)(なら)べたその(むく)い、147ザヽヽヽヽ醜体(ざま)さらされて(はぢ)をかく、148ジヽヽヽヽ自業自得(じごうじとく)小島別(こじまわけ)149ズヽヽヽヽ図抜(ずぬ)けた馬鹿(ばか)分際(ぶんざい)で、150づうづうしくも天下(てんか)(まは)宣伝使(せんでんし)151ゼヽヽヽヽ(ぜん)(あく)とを(わきま)へよ、152(ぜん)()へても(あく)もあり、153(あく)()えても(ぜん)がある、154(ぜん)(あく)との真釣(まつ)()ひ、155ゾヽヽヽヽ存外(ぞんぐわい)渋太(しぶと)宣伝使(せんでんし)156これでも改心(かいしん)いたさぬか』
157『モシモシもう改心(かいしん)いたします。158あまりと()へば(あま)りの雑言(ざふごん)159御無礼(ごぶれい)ではございませぬか』
160『ダヽヽヽヽ(だま)つて()いてをれ、161(かみ)だし(いた)したその(むく)い、162ヂヽヽヽヽ地震(ぢしん)163(かみなり)164()(くるま)165()くも駄法螺(だぼら)()きをつたナ。166ヅヽヽヽヽ図抜(づぬ)けた間抜(まぬ)けの宣伝使(せんでんし)167デヽヽヽヽデンデン(むし)(つの)(はや)し、168理屈(りくつ)(あらそ)小癪面(こしやくづら)169ドヽヽヽヽ』
170『ドヽヽドウも(おそ)()りました、171どうも(おそ)(いり)ました。172何卒(どうぞ)これで御赦(おゆる)(くだ)さいませ、173どうもかうも(あたま)(いた)くて(たま)りませぬ』
174 巌窟(がんくつ)(なか)より、
175胴欲(どうよく)(おも)ふか、176何処(どこ)何国(いづく)()つたとて、177度胸(どきよう)(すは)らぬ宣伝使(せんでんし)178どうして道教(だうけう)(ひら)けやうか、179バヽヽヽヽ馬鹿(ばか)(つく)すも(ほど)がある、180馬鹿(ばか)(あた)ふる(くすり)はないぞ、181米搗(こめつ)バツタ(こし)のやうに稚桜姫(わかざくらひめ)()(まへ)(こし)をぺこぺこ(なん)(ざま)
182『モシモシ、183(いは)神様(かみさま)184もう沢山(たくさん)でございます。185(むかし)棚卸(たなおろし)までなさいまして、186大勢(おほぜい)(まへ)でございます、187(わたくし)(かほ)丸潰(まるつぶ)れ、188チツトは大慈(だいじ)大悲(だいひ)御心(みこころ)に、189この()(つく)りし神直日(かむなほひ)190(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)191ただ何事(なにごと)(ひと)()は、192直霊(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)せ、193()(あやまち)()(なほ)せぢやございませぬか』
194 岩窟(がんくつ)(なか)より、
195『ヂヽヽヽヽヂツクリ()かぬか、196ヂレツタイか、197地震(ぢしん)(まご)め、198ビヽヽヽヽ貧乏(びんばふ)(ゆる)ぎもさせぬぞよ、199ブヽヽヽヽ仏頂面(ぶつちやうづら)宣伝使(せんでんし)200武運(ぶうん)()きた小島別(こじまわけ)201ベヽヽヽヽ便所(べんじよ)掃除(さうぢ)(しやう)()ふ、202(しり)(しま)りのつかぬ宣伝使(せんでんし)203ボヽヽヽヽ(ぼけ)(つら)してボロボロ(なみだ)204パヽヽヽヽパツパ一服(いつぷく)するがよい』
205『ハイハイ有難(ありがた)う、206やれやれアアもうこれで()みたか、207(なが)(いは)のやうな(かた)御説教(おせつけう)曲津(まがつ)(なに)()ふのか()らぬが、208ほンたうに(えら)()()はして、209どつさり(あぶら)()りよつた。210しかし(おれ)(ゆめ)でも()()やせぬかな、211一寸(ちよつと)(ほほ)べたを(ひね)つて()よう。212アヽ矢張(やつぱ)(いた)いな、213一体(いつたい)全体(ぜんたい)(いは)(まへ)(なん)のことだい。214(いは)ぬは()ふに(いや)まさるが、215この(いは)はほンたうに怪体(けつたい)巌窟(がんくつ)だ、216まるで天然(てんねん)(やす)蓄音器(ちくおんき)()(やう)だワイ。217オイ蓄音器(ちくおんき)先生(せんせい)218ヤイ(おれ)天下(てんか)()れての宣伝使(せんでんし)だぞ、219(おれ)でもお(まへ)()ふやうな(こと)(なん)でも()へるわい。220なンぼなと()へ』
221『ピヽヽヽヽ』
222『ヨー、223なンだ(ひよどり)でも()るのかな、224オイ(ひよどり)谷渡(たにわた)り、225いくらでもピヽと(さへづ)れ、226天下(てんか)()れての宣伝使(せんでんし)だぞ、227(おれ)(だま)つて()いてやつて()れば、228調子(てうし)()りよつて(ほとん)言霊(ことたま)七十五声(しちじふごせい)(なら)べよつた、229仕舞(しまひ)往生(わうじやう)しよつて(なん)醜態(ざま)だい、230(はら)(くだ)りが雪隠(せんち)()つたやうにピヽヽヽヽそら(なん)(ざま)だ、231(けつ)(あき)れて雪隠(せつちん)(をど)るわ』
232 このとき巌窟(がんくつ)百雷(ひやくらい)一時(いちじ)(とどろ)(ごと)大音響(だいおんきやう)()てて(うな)()したりければ、233小島別(こじまわけ)心砕(しんくだ)魂消(たまき)ゆる(ばか)りに(おどろ)きて大地(だいち)にぺたりと(たふ)れける。
234大正一一・二・一 旧一・五 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)