霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二九章 山上(さんじやう)(ながめ)〔三二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第6篇 肥の国へ よみ:ひのくにへ
章:第29章 第7巻 よみ:さんじょうのながめ 通し章番号:329
口述日:1922(大正11)年02月01日(旧01月05日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神は、こんな未開の筑紫の島まで曲津神が眷属を遣わして勢力を張っている様を慨嘆した。北の方に五色の煙が立つのを見つけた。
面名芸の神は、あまり進んでいくと船が出てしまう、と心配するが、日の出神はまた次の船に乗ればよい、これも神様のご都合であろう、と諭した。そして建日向別の守る、肥の国に向かって進んでいくことにした。
三柱は人里近くで、住民たちが重い石を担がされて、普請をさせられているのを見た。
三柱は宣伝歌を歌いながら谷間を下っていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0729
愛善世界社版:185頁 八幡書店版:第2輯 100頁 修補版: 校定版:191頁 普及版:79頁 初版: ページ備考:
001 ()けど()けど(かぎ)()られぬ足曳(あしびき)の、002山路(やまぢ)辿(たど)宣伝使(せんでんし)003激潭飛瀑(げきたんひばく)谷川(たにがは)を、004(みぎ)(ひだり)()()えて、005()()()いで(すす)()く。006ここに三人(みたり)宣伝使(せんでんし)007さしもに(たか)(やま)()に、008(こし)(うち)かけて四方山(よもやま)景色(けしき)(なが)めて雑談(ざつだん)(ふけ)りゐる。009()出神(でのかみ)は、
010曲津神(まがつかみ)()ふものは、011何処(どこ)から何処(どこ)まで、012よくも仕組(しぐみ)をしたものだな。013こンな未開(みかい)筑紫(つくし)(しま)山奥(やまおく)まで、014眷族(けんぞく)(つか)はして、015どこ(まで)天下(てんか)席巻(せきけん)せむとする執念深(しふねんぶか)仕組(しぐみ)には、016吾々(われわれ)(じつ)感服(かんぷく)(いた)りだ。017(あく)八分(はちぶ)(ぜん)二分(にぶん)()(なか)018吾々(われわれ)もうかうかとしては()れない。019ヤヤ、020あの(きた)(はう)(あや)しい(けぶり)()つではないか』
021祝姫(はふりひめ)如何(いか)にも(めう)(けぶり)()ちますな、022(むらさき)(うるは)しい(なん)ともいへぬ(けぶり)(いろ)023あそこには(なん)でも(たふと)神様(かみさま)()らつしやるのでせう。024()うして高山(かうざん)(うへ)から四方(しはう)()はらせば(じつ)世界(せかい)一目(ひとめ)()るやうな雄大(ゆうだい)心地(ここち)(いた)しまして、025(じつ)壮快(さうくわい)ですな』
026日出神(ひのでのかみ)『いかにも壮快(さうくわい)だ、027人間(にんげん)(やま)(のぼ)るに(かぎ)る。028かうして展開(てんかい)された四方(しはう)(やま)(うみ)眼下(がんか)見下(みおろ)心地(ここち)よさは、029丁度(ちやうど)天教山(てんけうざん)から自転倒嶋(おのころじま)見下(みおろ)すやうだね。030ヤヽ、031あの(けぶり)()られよ、032ますます(うるは)しき五色(ごしき)(いろ)になつたぢやないか』
033面那芸(つらなぎ)彼処(あそこ)()(くに)でせうかな』
034日出神(ひのでのかみ)『さうだらう、035(なん)でもこの熊襲山(くまそざん)山脈(さんみやく)(さかひ)()(くに)があつて、036そこには武日向別(たけひむかわけ)建日向別のことか?(まも)つてゐる(はず)だ。037しかしながら常世神王(とこよしんわう)毒牙(どくが)(かか)つて、038(かの)(くに)神人(しんじん)(また)もや悪化(あくくわ)してゐるかも(わか)らない。039(ひと)()つて宣伝(せんでん)をやつて()やうかな』
040面那芸(つらなぎ)『それも結構(けつこう)ですが、041()加減(かげん)(かへ)りませぬと、042常世(とこよ)(くに)(ふね)()(しま)ひはしますまいかな。043こンな(しま)()いとけぼりを()つては(たま)りませぬぜ』
044日出神(ひのでのかみ)(なに)045(かま)ふことがあるものか、046何事(なにごと)惟神(かむながら)だ。047(ふね)はあれ(ばか)りじやない、048また(つぎ)(ふね)()るよ。049折角(せつかく)神様(かみさま)御計(おはか)らひで常世(とこよ)(くに)()(つも)りが、050こンな(ところ)()(なが)されたのだから、051(なに)(ふか)神界(しんかい)御都合(ごつがふ)があるのだらう。052我々(われわれ)翌日(あす)(こと)心配(しんぱい)しなくてもよい。053(いま)()ふこの瞬間(しゆんかん)(ぜん)(おも)ひ、054(ぜん)()ひ、055(ぜん)(おこな)つたらよいのだ。056我々(われわれ)はその刹那々々(せつなせつな)(きよ)(ただ)しく(つと)めて()けばよい。057取越苦労(とりこしくらう)過越苦労(すぎこしくらう)も、058(なん)にもならない。059一息(ひといき)(のち)のこの()は、060もはや過去(くわこ)となつて吾々(われわれ)のものではない。061また一息(ひといき)(さき)といへども、062それは未来(みらい)だ。063人間(にんげん)分際(ぶんざい)取越苦労(とりこしくらう)をしたり、064過越苦労(すぎこしくらう)をしたつて(なん)にもならない。065マア何事(なにごと)神様(かみさま)(まか)したがよからうよ』
066祝姫(はふりひめ)貴神(あなた)(おほ)せの(とほ)り、067何事(なにごと)惟神(かむながら)(まか)せませう』
068面那芸(つらなぎ)如何(いか)にもさうです、069(しか)らばぼつぼつ(まゐ)りませう』
070 三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)は、071(また)もや宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、072五色(ごしき)(くも)立昇(たちのぼ)(やま)目当(めあて)(つか)れた(あし)(すす)ませ(けは)しき(やま)(くだ)りゆく。
073 (やま)()(つた)ひ、074(たに)(くだ)り、075また(やま)(のぼ)(たに)(くだ)りつ(すす)()(をり)しも、076何処(どこ)ともなく人声(ひとごゑ)(きこ)()たるにぞ、077三人(さんにん)人里(ひとざと)(ちか)しと立停(たちど)まつてその(こゑ)()()りぬ。
078 谷間(たにま)には、079数十人(すうじふにん)以前(いぜん)(ごと)(くろ)(かほ)人間(にんげん)が、080何事(なにごと)(ささや)きながら谷間(たにま)奇石怪岩(きせきくわいがん)いぢつて()る。
081(かふ)『おい、082(つま)らぬじやないか。083毎日(まいにち)日日(ひにち)こンな(おも)たい(いし)(かつ)がされて、084(はら)()るなり、085着物(きもの)(やぶ)れるなり、086(かす)(きず)はするなり、087(かす)(きず)はまだ()いが、088鈍公(どんこう)(やう)(いは)(おさ)へられて、089身体(からだ)(かみ)(やう)になつて()ンで(しま)つちや、090たまつたものぢやないぜ。091(みな)()()けぬと、092何時(いつ)(いし)(おさ)へられて、093また鈍公(どんこう)のやうな()()ふかも()れないぞ。094()()けよ』
095(おつ)()()けるも()いが、096貴様(きさま)らは(かみ)さまを()つてゐるかい。097(かみ)さまさへ信神(しんじん)すれば、098怪我(けが)なンかしやしないよ。099あの鈍公(どんこう)野郎(やらう)はな、100(おれ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(をしへ)()いて、101貴様(きさま)神様(かみさま)信仰(しんかう)しないと、102今日(けふ)えらい怪我(けが)をするぞ、103貴様(きさま)(かほ)には不審(をか)しい(くも)りが(あら)はれて()る」と()をつけてやつたのに、104鈍公(どんこう)野郎(やらう)「なに、105(かみ)さまだ、106そンなものが何処(どこ)にあるかい。107(かみ)さまがあるなら(おれ)()はしてくれ、108一目(ひとめ)でも(かみ)姿(すがた)()せて()れたら本当(ほんたう)にする。109()でさへも、110姿(すがた)()えでも(おと)なりとするだらう。111それに(おと)もせねば(こゑ)もなし、112姿(すがた)()えず、113そンな便(たよ)りないありもせぬ(かみ)信神(しんじん)できるかい。114(おれ)のとこには、115立派(りつぱ)な、116ものもおつしやる117手伝(てつだ)うても(くだ)さる結構(けつこう)嬶大明神(かかあだいみやうじん)といふ現実(げんじつ)神様(かみさま)鎮座(ちんざ)ましますのだよ。118それに(なん)ぞや、119()でもない(かみ)さまを信神(しんじん)せなぞと、120(くも)(つか)むやうなことを()ひよつて、121(ひと)馬鹿(ばか)にするない、122(おれ)()(ひか)つて()るぞ、123節穴(ふしあな)じやないぞ」と劫託(ごふたく)()()らして、124鼻唄(はなうた)(うた)ひよつて、125石運(いしだし)()きよつた。126さうすると()(おほ)きな(いは)()が、127鈍公(どんこう)(はう)ごろり()けたと(おも)ふが最後(さいご)128きやつ一声(ひとこゑ)この()(わか)れ、129()やな冥土(めいど)死出(しで)(たび)130()(どく)なりける次第(しだい)なりだ。131貴様(きさま)も、132ちつと(かみ)さまを信神(しんじん)せぬと、133また鈍公(どんこう)()(まひ)だぞ』
134 ()(ささや)(をり)しも、135三柱(みはしら)宣伝使(せんでんし)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら谷間(たにま)()かつて(くだ)りきたる。
136大正一一・二・一 旧一・五 井上留五郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)