霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三五章 木像(もくざう)説教(せつけう)〔三三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第7篇 日出神 よみ:ひのでのかみ
章:第35章 第7巻 よみ:もくぞうにせっきょう 通し章番号:335
口述日:1922(大正11)年02月01日(旧01月05日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神は、木像の眼をくりぬいてやろう、というと、虎転別は目玉を回転させはじめた。また日の出神は祝詞を唱えて宣伝歌を歌うと、木像の虎転別は、両眼から涙を滝のように流し始めた。
日の出神は虎転別に、本心に立ち返り悔改めるよう諭す歌を歌った。虎転別はますます涙をこぼした。日の出神は数歌を歌うと、たちまち虎転別は元の自由の体に戻った。
たちまち虎転別は日の出神に飛びかかろうとしたが、その刹那、再び身体は強直してまたしても木像のようになってしまった。
日の出神が数歌を歌うと、またもとの自由の体に戻った。ついに虎転別は降参し、改心を申し入れることになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0735
愛善世界社版:215頁 八幡書店版:第2輯 111頁 修補版: 校定版:221頁 普及版:91頁 初版: ページ備考:
001 ()出神(でのかみ)一同(いちどう)(むか)ひ、
002(いづ)れもこの()にあつまり(たま)へ。003(いま)(それがし)がこの木像(もくざう)()()()いてお()にかけむ』
004との一言(いちごん)()くより、005木像(もくざう)はますます(はげ)しく眼玉(めだま)廻転(くわいてん)(はじ)めたり。006木像(もくざう)(まへ)には、007八島別(やしまわけ)008春姫(はるひめ)009夏姫(なつひめ)010秋姫(あきひめ)(はじ)め、011()出神(でのかみ)012面那芸(つらなぎ)013祝姫(はふりひめ)その()十数人(じふすうにん)佳人(かじん)がズラリと(なら)びけり。
014 ()出神(でのかみ)木像(もくざう)(むか)ひ、
015『えゝ(みな)方々(かたがた)016これより()木像(もくざう)(ひと)つお(きら)ひな祝詞(のりと)(とな)へて(しん)ぜませう。017(ついで)木像(もくざう)さまのお(きら)ひな宣伝歌(せんでんか)(うた)ひませう。018(みな)さま、019(わたくし)について合唱(がつしやう)して(くだ)さい』
020()ひながら、021天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、022宣伝歌(せんでんか)各々(おのおの)(くち)(そろ)へて(うた)(をは)れば、023五体(ごたい)木像(もくざう)両眼(りやうがん)より(なみだ)(たき)(ごと)(なが)()たり。
024 ここに()出神(でのかみ)は、025木像様(もくざうさま)のお(きやう)だと()ひつつ(うた)(うた)ひ、026祝姫(はふりひめ)(はじ)春姫(はるひめ)027夏姫(なつひめ)028秋姫(あきひめ)をして(うた)につれて(をど)らしめける。
029日出神(ひのでのかみ)(とら)(おほかみ)()(たけ)
030熊襲(くまそ)(くに)国境(くにざかひ)
031()(くに)(みやこ)()(たか)
032虎転別(とらてんわけ)(かみ)さまは
033(ちから)(あま)つて(こぶ)だらけ
034(さけ)()きで()(つぶ)
035()うた揚句(あげく)(はち)()
036()蹴破(けやぶ)つて()(くる)
037乱暴(らんばう)(きは)まるお振舞(ふるまひ)
038ふるまひ(ざけ)()()ぎて
039(からだ)木像(もくざう)となりかはり
040眼玉(めだま)ばかりをギヨロギヨロと
041()いて御座(ござ)るがいぢらしや
042()きなお(さけ)をどつさりと
043(あが)つた(むく)いは(たちま)ちに
044虎転(とらてん)さまの(なに)よりも
045(きら)ひな(きら)ひな宣伝歌(せんでんか)
046(ひと)(きら)ひな太祝詞(ふとのりと)
047手向(たむ)けて()げたら()(なみだ)
048(たき)(なが)して()いたあと
049きつと(うれ)しいことがある
050虎転別(とらてんわけ)(かみ)さまよ
051(あら)(こころ)立替(たてか)へて
052(かみ)(こころ)になりかはり
053()国人(くにびと)(ねんご)ろに
054(をさ)めてやれよ虎転別(とらてんわけ)
055三五教(あななひけう)吾々(われわれ)
056(まへ)(にく)いと(おも)はない
057(もと)をただせば(みな)(かみ)
058御子(みこ)(うま)れた兄弟(きやうだい)
059(てん)にも()にも()(なか)
060他人(たにん)があつて(たま)らうか
061(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)
062(かみ)(おもて)(あら)はれた
063(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
064直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
065(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
066(すこ)しは(こころ)(やはら)げよ
067片意地(かたいぢ)()るとこの(とほ)
068(からだ)(いし)のやうになり
069二進(につち)三進(さつち)(うご)けまい
070(かみ)(をしへ)()()けて
071(まこと)(こころ)()(かへ)
072虎転別(とらてんわけ)(つかさ)さまよ
073それに(したが)供人(ともびと)よ』
074(うた)ひたまへば、075木像(もくざう)はますます(なみだ)(こぼ)()しける。
076 ()出神(でのかみ)(すず)しき(こゑ)()りあげて、
077(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
078神文(しんもん)(とな)へたるに、079虎転別(とらてんわけ)木像(もくざう)(にはか)にグニヤグニヤとなつて(もと)自由(じいう)身体(からだ)(ふく)したり。080(たちま)虎転別(とらてんわけ)()出神(でのかみ)(むか)つて()()いたまま、081(また)もや拳骨(げんこつ)()()げてポカンと()ちかかる刹那(せつな)082(ふたた)身体(しんたい)強直(きやうちよく)してまた木像(もくざう)(ごと)くなりにける。
083日出神(ひのでのかみ)『あなたの(いへ)には、084(めう)木像(もくざう)がありますな。085時々(ときどき)(あば)れますのか、086よう(うで)()()げる木像(もくざう)ですな』
087八島別(やしまわけ)『ハイハイ、088最前(さいぜん)最前(さいぜん)とて、089よく()()げましたよ。090(じつ)面白(おもしろ)人形(にんぎやう)ですワ』
091 ()出神(でのかみ)(また)もや(ひと)(ふた)()()神歌(しんか)(うた)ふ。092木像(もくざう)はまた(もと)(とほ)身体(しんたい)自由(じいう)(ふく)したり。
093虎転別(とらてんわけ)『いや、094どうも(おそ)()りました。095何卒(どうぞ)(ゆる)して(くだ)さい。096今日(けふ)(かぎ)改心(かいしん)をいたします』
097男泣(をとこな)きに()()てける。
098 一同(いちどう)(かほ)見合(みあ)はせてニヤリと(わら)ふ。099虎転別(とらてんわけ)今後(こんご)如何(いかが)なるならむか。
100大正一一・二・一 旧一・五 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)