霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三七章 老利留油(らうりるいう)〔二三七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第7篇 日出神 よみ:ひのでのかみ
章:第37章 第7巻 よみ:ろうりるゆ 通し章番号:337
口述日:1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神は面那芸、祝姫、豊日別(虎転別)を引き連れて、霧島の山の上から景色を打ち眺めていた。面那芸宣使は、豊日別が治めるべき豊の国を指し示した。そこは一面の大砂漠であった。
面那芸は、大砂漠に草木を植えて五穀を実らせるのが、豊日別の役目である、と伝えた。
どうやて砂漠に草木を繁茂させようか、という豊日別に対して、日の出神は豊日別の頭に毛が生えたら砂漠にも草木が生えるだろう、ただし非常な辛い目にあわなければならない、と言った。
豊日別は、天下のためなら痛い目も構いません、と言うと、日の出神は傍らの樹木の中から、青々とした木の枝を握って帰って来た。そして、木の枝を絞って油を取ると、豊日別の頭を荒砂でこすり始めた。
豊日別は痛さを必死でこらえている。日の出神はそこへ、今絞った油を豊日別の頭に塗りつけた。豊日別は涙をこぼして気張り、頭を抑えて目をふさぎ、息をつめてこらえている。
しばらくしてようやく痛みが止まった。日の出神は、人間は一度は大峠を越さなければならぬ、それはずいぶんと苦しいものだ、と諭した。
豊日別が頭をなでると、はげ頭には毛が生えていた。豊日別は飛び上がって喜ぶ。これは老利留という木の油であった。
豊日別ははげ頭に毛が生えた喜びに、勢いよくどんどんと峠を下り行く。四人の宣伝歌は谷々に響き渡った。
主な登場人物: 備考: タグ:ローレル 月桂樹 データ凡例: データ最終更新日:2017-05-27 01:18:05 OBC :rm0737
愛善世界社版:223頁 八幡書店版:第2輯 114頁 修補版: 校定版:230頁 普及版:94頁 初版: ページ備考:
001(かみ)(ひかり)(かがや)かす
002この四柱(よはしら)宣伝使(せんでんし)
003()出神(でのかみ)(はじ)めとし
004(こころ)(ゆたか)(をさ)まれる
005豊日(とよひ)(わけ)宣伝使(せんでんし)
006(しこ)曲津(まがつ)祝姫(はふりひめ)
007面那芸彦(つらなぎひこ)諸共(もろとも)
008(くに)八十国(やそくに)八島別(やしまわけ)
009(かみ)(みこと)立別(たちわか)
010(やうや)くここを建日向(たけひむか)
011(わけ)(わか)れて(すす)()
012豊葦原(とよあしはら)(とよ)(くに)
013長閑(のどか)春日(はるひ)()(なが)
014(あし)(まか)せて山坂(やまさか)
015(いは)()()()()みさくみ
016(ふか)谷間(たにま)打渡(うちわた)
017(ゆた)けき(とよ)神国(かみくに)
018()()ひませる白日別(しらひわけ)
019筑紫(つくし)(くに)(わた)らむと
020(いさ)()くこそ雄々(をを)しけれ。
021 (きり)立昇(たちのぼ)霧島(きりしま)(やま)()()に、022四柱(よはしら)(こし)うち(おろ)(くさ)(うへ)どつか(しり)()ゑて、023(なが)るる(あせ)(ぬぐ)(なが)ら、024四方(よも)景色(けしき)(なが)めて、025()邪気(じやき)(はなし)(ふけ)りける。
026豊日別(とよひわけ)『あゝ(じつ)高山(かうざん)から()景色(けしき)雄大(ゆうだい)ですな。027四方(しはう)(やま)(つつ)まれ、028一方(いつぱう)には荒浪(あらなみ)時々(ときどき)(おそ)はれる()(くに)鳥無郷(とりなきさと)蝙蝠(かうもり)気取(きど)つて、029権利(けんり)だ、030義務(ぎむ)だ、031(とく)(そん)だと(せせ)つこましきことを()つて(あらそ)つたり、032(わけ)(わか)らぬ人間(にんげん)相手(あひて)昼夜(ちうや)(こころ)(くさ)らし、033心配(しんぱい)をしながら虎転別(とらてんわけ)悪魔(あくま)だとか、034(おに)だとか()はれて()るよりも、035()うして貴下等(あなたがた)一緒(いつしよ)(もと)(こころ)(うま)(かは)つて、036自由自在(じいうじざい)山野(さんや)跋渉(ばつせふ)するのは、037(じつ)(なん)とも()へぬ天恵(てんけい)ですワ。038()れに(つい)(わたくし)は、039(とよ)(くに)豊日別(とよひわけ)となつて守護(しゆご)(いた)さねばなりませぬが、040(とよ)(くに)一体(いつたい)()方面(はうめん)(あた)るのでせうか』
041 面那芸宣使(つらなぎのかみ)四方(しはう)見廻(みまは)しながら、042眼下(がんか)展開(てんかい)せる大沙漠(だいさばく)(ゆび)さし、
043(とよ)(くに)はこの西南(せいなん)(あた)赤白(あかじろ)()える(ところ)ですよ』
044豊日別(とよひわけ)『よを、045(なん)だ、046(くさ)()一本(いつぽん)()えて()ないぢやありませぬか。047()れは沙漠(さばく)ではありますまいか』
048面那芸(つらなぎ)大沙漠(だいさばく)ですよ。049そこに草木(くさき)植付(うゑつ)五穀(ごこく)(みの)らせ、050(ゆたか)(とよ)(くに)とするのが貴下(あなた)役目(やくめ)ですよ』
051豊日別(とよひわけ)天恵(てんけい)どころか、052非常(ひじやう)天刑(てんけい)です。053()うしたら草木(くさき)繁茂(はんも)し、054人間(にんげん)繁殖(はんしよく)して立派(りつぱ)国土(こくど)になりませうかな』
055日出神(ひのでのかみ)豊日別(とよひわけ)さまの(あたま)禿(はげ)()()えたら()沙漠(さばく)にも草木(くさき)()えるだらう。056()れを(はや)さうと(おも)へば大変(たいへん)(つら)()をしなくちやならぬ』
057『この禿(はげ)(あたま)()()えますか』
058日出神(ひのでのかみ)(いた)()をすれば()える。059()やして()げようか』
060豊日別(とよひわけ)少々(せうせう)(いた)()をしたつて天下(てんか)(ため)になることなら(かま)ひませぬ』
061 ()出神(でのかみ)つと立上(たちあが)(かたはら)樹木(じゆもく)(なか)姿(すがた)(かく)したるが、062(しば)らくありて青々(あをあを)とした()(えだ)(にぎ)(かへ)()たり、063(かたはら)(いは)(うへ)にその()(えだ)()み、064手頃(てごろ)(いし)(もつ)おさん(きぬた)()つやうに()(はじ)めたるに、065追々(おひおひ)()たれて(えだ)()容量低(かさびく)になり、066水気(みづけ)(したた)()しける。067()出神(でのかみ)(くろ)被面布(ひめんぷ)にくるくると(つつ)み、068一生懸命(いつしやうけんめい)(ちから)()めて(しぼ)り、069()(しる)は、070(いは)(うへ)(すこ)しく(くぼ)みし(ところ)(あぶら)となつて(みた)されける。
071日出神(ひのでのかみ)『さあ、072(これ)から()()やして()げやう。073(ちつと)(いた)いが、074辛抱(しんばう)できますか』
075()ひながら、076豊日別(とよひわけ)(あたま)(かたはら)(あら)(すな)(つか)みて、077ゴシゴシと(こす)りけるに、078豊日別(とよひわけ)は、
079『イヽヽヽヽ』
080日出神(ひのでのかみ)宣伝使(せんでんし)たる(もの)(いた)いなぞと弱音(よわね)()いてはならぬ、081そこが(をとこ)だ、082気張(きば)りなさい』
083『イヽヽヽヽ()気分(きぶん)ですワ』
084 ()出神(でのかみ)益々(ますます)ガシガシと(こす)る。085薄皮(うすかは)()ける、086()(にじ)む。
087『イヽヽヽヽ(いた)つて()気分(きぶん)ですワイ』
088日出神(ひのでのかみ)『よし、089これからもう(ひと)()気分(きぶん)にして()げやう』
090(いま)(しぼ)つた(いは)(うへ)(あぶら)(すく)うて、091ビシヤビシヤと()りつける。092豊日別(とよひわけ)(かほ)(しか)め、093(また)もや、
094『イヽヽヽヽイヽヽヽヽ』
095泣声(なきごゑ)になつて()てゐる。
096日出神(ひのでのかみ)『また貴方(あなた)弱音(よわね)()くな』
097豊日別(とよひわけ)『イヽヽヽヽイヽヽヽ()加減(かげん)です。098()ることなら、099もう()加減(かげん)()めて、100ホヽヽヽ()しいことない』
101(なみだ)をボロボロと(こぼ)して気張(きば)りゐる。
102日出神(ひのでのかみ)『さあ、103これでよし』
104(ふたた)芝生(しばふ)(うへ)(こし)(おろ)したりける。105豊日別(とよひわけ)(あたま)(おさ)へ、106()(ふさ)ぎ、107(いき)()めて蹲踞(しやが)みゐる。108暫時(しばらく)すると(いた)みが()まり、109豊日別(とよひわけ)はやつと安心(あんしん)して(かほ)(ひも)()く。
110日出神(ひのでのかみ)如何(どう)でした。111()気分(きぶん)でせう。112人間(にんげん)一度(いちど)大峠(おほたうげ)()さねばならぬ。113大峠(おほたうげ)()すのは随分(ずゐぶん)(くる)しいものだ』
114豊日別(とよひわけ)『いや、115この大峠(おほたうげ)まで(のぼ)つて()たが、116さう(くる)しいとは(おも)はなかつたのに、117しかし大峠(おほたうげ)どころの(さわ)ぎぢやありませぬよ。118随分(ずゐぶん)(いた)い、119ドツコイ(いた)つて結構(けつこう)()()ひました』
120日出神(ひのでのかみ)(あたま)()()げて御覧(ごらん)なさい』
121 豊日別(とよひわけ)は、122(あたま)()で、
123『やあ、124()えた()えた。125すつかり()えた。126()(がた)う』
127(にはか)()(あが)(よろこ)ぶ。128これは老利留(らうりる)といふ()(あぶら)なりける。
129『さあさあ()かう』
130()出神(でのかみ)先頭(せんとう)()つ。131豊日別(とよひわけ)禿頭(はげあたま)()()えたのを(おほ)いに(よろこ)び、
132『さあ、133これで(わか)くなりました』
134(かた)(いか)らせながら、135ドンドンと(たうげ)(くだ)()く。136四人(よにん)(うた)宣伝歌(せんでんか)谷々(たにだに)(ひび)(わた)りぬ。
137大正一一・二・二 旧一・六 外山豊二録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)