霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四二章 分水嶺(ぶんすゐれい)〔三四二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第8篇 一身四面 よみ:いっしんしめん
章:第42章 第7巻 よみ:ぶんすいれい 通し章番号:342
口述日:1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高照彦の苦労談を聞いて、面那芸は、白雪郷に残してきた女房が恋しい、といったことに悩んでいた自分を恥じ、宣伝使としての役目に決意を新たに表した。
日の出神は面那芸の覚悟に満足の意を表し、今というこの瞬間は善悪の分水嶺であると諭した。
一同が勢いよく駆け出すと、おりしも轟然とした大音響が聞こえた。日の出神は、エトナ山の火山が爆発したのだ、と言った。タコマ山の祭典以来、突然爆発したのは、天の警告であろう、と気をつけた。
高照彦が心構えを尋ねると、日の出神は神言を奏上さえすればいい、と答えた。四人の宣伝使は道々いろいろの話を進ませながら、大野原に出た。すると南方に、白日別司の館が見えた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0742
愛善世界社版:254頁 八幡書店版:第2輯 125頁 修補版: 校定版:263頁 普及版:108頁 初版: ページ備考:
001 高照彦(たかてるひこ)(うき)(しづ)懐旧談(くわいきうだん)に、002(みみ)()まして()()りゐたる三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)は、003有為転変(うゐてんぺん)(そら)()(くも)打眺(うちなが)め、004感慨(かんがい)無量(むりやう)(てい)なりしが、005面那芸司(つらなぎのかみ)()出神(でのかみ)(むか)ひ、
006『ただいま高照彦(たかてるひこ)(さま)のお(はなし)()きまして、007(じつ)感心(かんしん)いたしました。008これを(おも)へば、009我々(われわれ)はわづかな(せま)白雪郷(はくせつきやう)酋長(しうちやう)となつて、010(ゆめ)(ごと)くにこの()(くら)して()たが、011高照彦(たかてるひこ)(さま)御苦労(ごくらう)のことを(おも)へば、012(ほとん)九牛(きうぎう)一毛(いちまう)にも()かない苦労(くらう)だ。013(さいはひ)にも()出神(でのかみ)宣伝使(せんでんし)三五教(あななひけう)結構(けつこう)(をしへ)()(さと)され、014翻然(ほんぜん)として()(あらた)め、015ここまで()るは()たものの、016()()我々(われわれ)苦労(くらう)()りない。017実際(じつさい)(こと)白状(はくじやう)いたしますが、018()けても(くれ)ても、019白雪郷(はくせつきやう)(のこ)しておいた()(つま)面那美姫(つらなみひめ)()うして()るであらうか、020(わけ)(わか)らぬ(とら)(くま)のやうな里人(さとびと)を、021(をんな)(よわ)細腕(ほそうで)酋長(しうちやう)として()うして(をさ)めて()くであらうか。022(おも)へば(おも)へば不愍(ふびん)なものだ。023夫婦(ふうふ)となるも(ふか)因縁(いんねん)だのに、024(かみ)(ため)とは()(なが)ら、025海山(うみやま)()えて二人(ふたり)(かな)しき生木(なまき)(わか)れ、026四鳥(してう)(かな)しみ釣魚(てうぎよ)(なげ)きとは我々(われわれ)境遇(きやうぐう)であらうと、027()(くれ)愛着(あいちやく)(なみだ)(ひと)()れずしぼつたのを(おも)へば、028(じつ)(なさけ)ない。029(なん)たる卑怯(ひけふ)であらう。030あゝ(なん)たる未練(みれん)(われ)であらう。031生者必滅(せいじやひつめつ)会者定離(ゑしやぢやうり)だ。032愛別離苦(あいべつりく)(ねん)()られるやうな(こと)では、033到底(たうてい)この()(すく)(きよ)宣伝使(せんでんし)となることは出来(でき)ない。034あゝ(わる)かつた。035あゝあゝ神様(かみさま)036どうぞ(わたくし)(よわ)(こころ)に、037貴神(あなた)(つよ)(ちから)(あた)へて(くだ)さいませ』
038(てん)(むか)つて合掌(がつしやう)し、039(なみだ)(なが)しける。
040 ()出神(でのかみ)はうち(うなづ)き、
041『あゝそれで(よろ)しい。042その心掛(こころがけ)でなくては、043とても宣伝使(せんでんし)にはなれない。044(わたし)(じつ)(こと)()へば、045貴方(あなた)精神上(せいしんじやう)覚悟(かくご)(てん)(おい)て、046()(すこ)何処(どこ)やら物足(ものた)らぬ心持(こころもち)がしてゐた。047中途(ちうと)神徳(しんとく)(はづ)して(しま)やせぬか、048(こし)()りやせぬかと、049やや不安(ふあん)(ねん)()られてゐたのだ。050あゝ(わたし)もそれを()いて本当(ほんたう)安心(あんしん)した。051有為転変(うゐてんぺん)()(なか)は、052何事(なにごと)惟神(かむながら)(まか)すより仕方(しかた)がない。053(いま)といふこの瞬間(しゆんかん)は、054善悪正邪(ぜんあくせいじや)分水嶺(ぶんすゐれい)だ。055過去(くわこ)(くや)まず未来(みらい)(おそ)れず056神命(しんめい)のまにまに(みな)さま(こころ)(あは)せて(すす)みませう』
057()()つて、058(さき)()ち、059(また)もや(すず)しき(こゑ)()りあげて、
060(こころ)つくしの益良雄(ますらを)
061(かみ)(みこと)(かうむ)りて
062(なみ)(ただよ)ふアフリカの
063筑紫(つくし)(くに)へと(すす)みゆく
064(こころ)矢竹(やたけ)にはやれども
065(よわ)()てたる膝栗毛(ひざくりげ)
066(あし)草鞋(わらぢ)(やぶ)られて
067血潮(ちしほ)()めなす紅葉(もみぢば)
068(あか)(こころ)をたよりとし
069豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
070()()(たび)面白(おもしろ)
071そも()(しま)()(ひと)つに
072(おも)()つありと()くからは
073(のこ)るはもはや(ひと)(おも)
074(おも)ひは(おな)宣伝使(せんでんし)
075()言霊(ことたま)(きよ)くして
076大海原(おほうなばら)(つつ)みたる
077深霧(ふかぎり)伊吹(いぶ)きに(はら)ひつつ
078(くに)主宰(つかさ)白日別(しらひわけ)
079(しづ)まりゐます(みやこ)まで
080(すす)めや(すす)めいざ(すす)
081(すす)めや(すす)めいざ(すす)め』
082(いきほひ)よく()()しにける。
083 (をり)しも、084轟然(ぐわうぜん)たる大音響(だいおんきやう)(きこ)ゆると()()に、085東北(とうほく)(てん)(あた)つて黒煙(こくえん)濛々(もうもう)()(のぼ)り、086大岩石(だいがんせき)火弾(くわだん)となりて地上(ちじやう)落下(らくか)(きた)りぬ。087一行(いつかう)はこの爆音(ばくおん)(おも)はず(あゆ)みを(とど)め、088しばし途上(とじやう)佇立(ちよりつ)して、089その惨澹(さんたん)たる光景(くわうけい)(はるか)にうち(あふ)ぎける。
090面那芸(つらなぎ)『モシモシ、091あれは何処(どこ)(やま)破裂(はれつ)したのでせうか。092吾々(われわれ)前途(ぜんと)(しゆく)するのでせうか、093あるひは悪神(あくがみ)(のろ)つてるのではありますまいか』
094祝姫(はふりひめ)『いいえ、095吾々(われわれ)神様(かみさま)御用(ごよう)のために()うして天下(てんか)遍歴(へんれき)する(もの)096天地(てんち)大神様(おほかみさま)我々(われわれ)一行(いつかう)門出(かどで)(しゆく)するために、097煙火(はなび)()げて(くだ)さつたのでせう。098最前(さいぜん)()出神(でのかみ)(さま)有為転変(うゐてんぺん)()(なか)ぢやとおつしやつたでせう』
099面那芸(つらなぎ)『さうでせうかな。100それにしても(あま)(おほ)きな(おと)でした。101(わたくし)(はづか)しい(こと)だが、102胆玉(きもだま)転覆(てんぷく)しかけましたよ』
103日出神(ひのでのかみ)『アハヽヽヽヽ、104一寸(ちよつと)面那芸(つらなぎ)さま、105度胸(どきよう)しつかりせないとこンな(こと)ではない、106(いま)かうして吾々(われわれ)(とほ)つてゐる大地(だいち)爆発(ばくはつ)するかも()れない。107その(とき)には貴方(あなた)()うする心算(つもり)だ』
108面那芸(つらなぎ)『さあ刹那心(せつなしん)ですな。109善悪正邪(ぜんあくせいじや)分水嶺(ぶんすゐれい)110一寸先(いつすんさき)のことは(わか)りませぬわ』
111日出神(ひのでのかみ)『さうでせう、112さうでせう。113しかしこの()(なか)はすべて神様(かみさま)()(まま)だ。114(いま)破裂(はれつ)したのは、115あれはヱトナの火山(くわざん)だ。116タコマ(やま)祭典(さいてん)(とき)に、117爆発(ばくはつ)して以来(いらい)118今日(けふ)まで(しづ)まつてゐたのだが、119(また)もや突然(とつぜん)爆発(ばくはつ)したのは吾々(われわれ)(たい)する(てん)警告(けいこく)だらう。120竜宮城(りうぐうじやう)言霊別(ことたまわけ)(かみ)はヱトナ火山(くわざん)爆発(ばくはつ)した一刹那(いちせつな)121悪神(あくがみ)(どく)()られて大変(たいへん)(くる)しまれたといふことだ。122吾々(われわれ)注意(ちうい)せないと、123筑紫(つくし)(みやこ)()つて、124()ンな悪神(あくがみ)計略(けいりやく)(わな)(おとしい)れられるやも()れないから、125()()けなくてはならぬ』
126高照彦(たかてるひこ)『さういふ(とき)には吾々(われわれ)はどうしたらよろしいか』
127日出神(ひのでのかみ)(べつ)()うするも()うするもありませぬ。128ただ天地(てんち)自由(じいう)にし、129風雨雷霆(ふううらいてい)叱咤(しつた)するといふ神言(かみごと)を、130無駄口(むだぐち)()(ひま)があつたら、131奏上(そうじやう)さへすれば(すべ)ての(わざはひ)(はら)はれて(しま)ふのです』
132祝姫(はふりひめ)(いま)ここで一同(いちどう)(そろ)うて神言(かみごと)奏上(そうじやう)しては如何(いかが)でせう。133大変(たいへん)(あし)(つか)れましたなり、134休息(きうそく)がてら神言(かみごと)奏上(そうじやう)しませうか』
135日出神(ひのでのかみ)休息(きうそく)がてらとは、136それは(なん)(こと)です。137(ついで)神言(かみごと)()げるといふやうな(こと)出来(でき)ない。138休息(きうそく)休息(きうそく)139神言(かみごと)奏上(そうじやう)奏上(そうじやう)だ』
140祝姫(はふりひめ)『いや、141これは()(がた)う、142ついうつかり取違(とりちが)ひをいたしました』
143高照彦(たかてるひこ)『それだから、144(をんな)宣伝使(せんでんし)(たよ)りないと()ふのだ』
145日出神(ひのでのかみ)(ひと)(こと)はかまはひでも(よろ)しい。146宣伝使(せんでんし)()になつたホヤホヤで、147(ひと)(こと)()ふどころですか。148貴方(あなた)こそ(わたくし)(たよ)りないと(おも)つてゐる』
149 四人(よにん)宣伝使(せんでんし)道々(みちみち)いろいろの(はなし)(すす)ませながら、150(やうや)くにして大野原(おほのはら)()で、151()れば南方(なんぱう)(あた)つて、152巍然(ぎぜん)たる白日別司(しらひわけのかみ)(しづ)まる(やかた)(あら)はれたりける。
153大正一一・二・二 旧一・六 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。