霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四五章 酒魂(くしみたま)〔三四五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第8篇 一身四面 よみ:いっしんしめん
章:第45章 第7巻 よみ:くしみたま 通し章番号:345
口述日:1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神は蚊取別に語りかけた。蚊取別は三五教の宣伝使と聞いて、逃げ出そうとする。
日の出神は蚊取別を引き止めて、実は三五教は民には飲むな、といっておいて自分が飲む教えなのだ、と説示する。蚊取別は、それは本当にようわかった神様ですな、と感心している。
日の出神の共の三宣伝使は、日の出神の言いように合点がゆかず、怪訝な顔をしている。
丑三つ時になると、日の出神は何事か祈願を始めた。すると、あたりを照らす鏡のような火の玉が降り、光の甕となって芳しき酒を湛えた。
日の出神は酒を飲もうとする蚊取別の体を霊縛したため、蚊取別は飲もうとしても飲めない状態になった。そのうちに蚊取別の口から焼け石が三個飛び出して甕の中に落ちた。とたんに甕は消えうせた。
これ以降蚊取別は酒がすっかり嫌いになってしまい、三五教を信じることとなった。蚊取別は後に面那芸司の供となって諸方を遍歴し、生き神になることになる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0745
愛善世界社版:273頁 八幡書店版:第2輯 132頁 修補版: 校定版:283頁 普及版:116頁 初版: ページ備考:
001 (いつ)たん蹲踞(しやが)みたる蚊取別(かとりわけ)群衆(ぐんしう)()()せたるに、002ほつと一息(ひといき)し、003(やま)大将(たいしやう)(おれ)一人(ひとり)()はぬばかりに、004薬鑵頭(やかんあたま)振立(ふりた)てて、005篝火(かがりび)(まへ)(ひぢ)()威張(ゐば)りゐたり。
006 そこへ悠然(いうぜん)として(あら)はれたる四人(よにん)宣伝使(せんでんし)一人(ひとり)()出神(でのかみ)は、007蚊取別(かとりわけ)(かた)をソツと(たた)きながら、
008『もしもし蚊取別(かとりわけ)宣伝使(せんでんし)009(おも)はぬ(ところ)でお()にかかりました。010(いま)木蔭(こかげ)より(うけたま)はればウラル(ひこ)宣伝歌(せんでんか)(うた)つて(ある)かれるさうですな。011それは(まこと)御苦労(ごくらう)なことです。012常世(とこよ)(くに)会議(くわいぎ)でお()にかかりました(わたくし)大道別(おほみちわけ)ですよ、013()(にせ)常世彦命(とこよひこのみこと)ですよ』
014 ()くより蚊取別(かとりわけ)(あと)ふり()いて、015ギロリと()出神(でのかみ)(かほ)見詰(みつ)め、016(しり)(あと)()()し、017(はや)くも逃腰(にげごし)になりゐる。
018日出神(ひのでのかみ)『あなた沢山(たくさん)瓢箪(ふくべ)()つて()ますね』
019高照彦(たかてるひこ)瓢箪(ふくべ)だと(おも)つたら、020()ンだ、021(ひか)つた(かほ)だな。022瓢箪(ふくべ)によう()宣伝使(せんでんし)だ』
023日出神(ひのでのかみ)(また)貴方(あなた)他人(ひと)(こと)をおつしやる。024(ひと)(かほ)批評(ひへう)()めて(くだ)さい』
025高照彦(たかてるひこ)『ハハハイ』
026蚊取別(かとりわけ)『ハア、027(わたくし)はあれから常世(とこよ)(くに)()()され、028(なが)(なが)れてナイヤガラの(たき)水上(みなかみ)鬼城山(きじやうざん)に、029(なが)月日(つきひ)(おく)りましたが、030(わる)(こと)(いた)しまして、031たうとう鬼城山(きじやうざん)()()され、032それからウラル(ひこ)さまの宣伝歌(せんでんか)()いて、033()()(ばか)(いさ)()ち、034(いま)はこの(とほ)瓢箪(ふくべ)()げて世界(せかい)宣伝(せんでん)をやつて()ります。035貴方(あなた)矢張(やつぱ)りウラル(ひこ)宣伝使(せんでんし)ですか』
036日出神(ひのでのかみ)吾々(われわれ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だ』
037 蚊取別(かとりわけ)宣伝使(せんでんし)()いて、038()()さうとする。
039日出神(ひのでのかみ)『ままお()ちなさい。040(わたくし)()うやつて(ある)いて()るものの、041表面(へうめん)(さけ)()むな()むなと(をし)へてゐるが、042その(じつ)世界(せかい)(やつ)(さけ)()むと、043吾々(われわれ)()(さけ)()くなつて(こま)るので、044世界(せかい)(やつ)は「()むな、045()ンだら(わる)いぞ」と()つて()めて(まは)つて、046自分(じぶん)一人(ひとり)こつそり()ンでゐるのだ。047()きな(さけ)()めと()つたつて、048どうしても()むものでない。049()(なか)はな、050かならず(うら)(おもて)とがあるものだ。051(まへ)さまも(さけ)()()めと()うて(ある)くのは結構(けつこう)だが、052(あま)世界(せかい)(もの)(さけ)ばかり()ますと、053(まへ)さまの()(さけ)()くなつて(しま)うぢやないか。054ウラル(ひこ)さまは本当(ほんたう)博愛(はくあい)だな。055(まへ)さまもその博愛(はくあい)感心(かんしん)して宣伝(せんでん)して()るのだらう。056さうして彼方(あちら)此方(こちら)(あたま)(たた)かれたり、057瓢箪(ふくべ)(やぶ)られたり、058天下(てんか)宣伝使(せんでんし)並大抵(なみたいてい)(こと)ぢやありますまい、059御察(おさつ)(まを)す。060貴方(あなた)もここは(ひと)(かんが)(なほ)して、061三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)になつて、062自分(じぶん)(ひと)美味(うま)(さけ)()()はないか。063()(なか)何事(なにごと)(おもて)があれば(うら)がある。064(ひる)があれば(よる)があるものだ。065一枚(いちまい)(かみ)にも裏表(うらおもて)がある。066なンぼウラル(ひこ)さまだとて、067(うら)ばかりでは()()ふまい。068これからはウラル(けう)(おもて)にして、069三五教(あななひけう)(うら)にして、070表裏(へうり)(そろ)うて吾々(われわれ)一緒(いつしよ)宣伝(せんでん)()()ませぬか』
071蚊取別(かとりわけ)『あー貴方(あなた)はよく(わか)つてゐる。072これまで三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)沢山(たくさん)()うたが、073それはそれは(かた)(かた)い、074石部金吉鉄兜(いしべきんきちかねかぶと)075()みたい(さけ)も、076(かみ)(おこ)るの()うのと()つて辛抱(しんばう)して、077グウグウいふ(のど)(おさ)へて、078(つばき)()ンで、079()()いて気張(きば)つてゐる(くる)しさ。080こンな(こと)なら()んだがましだ、081(さけ)()くて(なん)(おのれ)(さくら)かなだ。082貴方(あなた)のやうな(をしへ)なら、083ただ(いま)より(よろこ)びて御伴(おとも)をいたしませう。084(じつ)のところ(わたくし)もさうしたいのだけれど、085何分(なにぶん)智慧(ちゑ)(まは)らぬものだから、086真正直(まつしやうぢき)にやつて()ました。087本当(ほんたう)によう(わか)つた(かみ)さまですな。088さうでなくては、089()(なか)(わた)れませぬ(わい)
090顔色(かほいろ)()へ、091(かた)をゆすつて(よろこ)ぶ。
092 三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)合点(がつてん)ゆかず、093()出神(でのかみ)(みの)引張(ひつぱ)り、
094『もしもし貴方(あなた)のおつしやることは、095ちつと(ちが)ひはしませぬか』
096日出神(ひのでのかみ)(ちが)ひはしませぬよ。097細工(さいく)粒々(りうりう)仕上(しあげ)()(くだ)さい』
098 一同(いちどう)怪訝(けげん)(かほ)つき。
099 ()深々(しんしん)()けわたる、100(みづ)(ねむ)れる丑満(うしみつ)(ころ)となり、101()出神(でのかみ)何事(なにごと)祈願(きぐわん)()めた。102たちまちその()何処(いづこ)ともなく、103四辺(あたり)(てら)(かがみ)(ごと)()(たま)(くだ)(きた)りぬ。
104 一同(いちどう)(おどろ)きその()(たま)凝視(みつ)めゐたり。105これぞ()出神(でのかみ)奇魂(くしみたま)が、106(いま)(てん)より(くだ)(きた)れるなりき。107()()(だい)なる(ひか)りの(かめ)となりぬ。108なんとも()へぬ(かん)ばしき(さけ)は、109(あふ)るる(ばか)()られゐたり。110蚊取別(かとりわけ)(はな)ぴこつかせ
111蚊取別(かとりわけ)『やあ、112(これ)(これ)結構(けつこう)御神酒(おみき)113(いただ)きませうか』
114(はや)くも(かめ)(むか)つて()()かうとする。
115日出神(ひのでのかみ)『マア、116()ちなさい。117この(さけ)()をつけたり、118(しやく)()んでは神罰(しんばつ)(あた)ります。119(てん)から(あた)へて(くだ)さつた、120結構(けつこう)御神酒(おみき)121(しづ)かに(くち)をつけて()まなくては(あぢ)がありませぬ』
122蚊取別(かとりわけ)『こンな(おほ)きな(かめ)()()れず、123(しやく)もつけずに、124どうして()めますか』
125日出神(ひのでのかみ)(わし)(いま)()ましてあげやう』
126蚊取別(かとりわけ)有難(ありがた)う、127どうぞ(はや)()まして(くだ)さい』
128 日出神(ひのでのかみ)(また)もや(かめ)(むか)つて、129何事(なにごと)神文(しんもん)(とな)へける。130(たちま)(かめ)(よこ)(ひら)たくなり、131その(かは)りに(たけ)(ひく)くなりぬ。132(くち)をつけるには丁度(ちやうど)よき加減(かげん)となりけり。
133蚊取別(かとりわけ)『あゝ()とる()に、134(かめ)(つち)(なか)這入(はい)りよつたな。135ちやうど(わたし)(からだ)(たけ)(くら)べて、136よい加減(かげん)(ところ)()たワ』
137日出神(ひのでのかみ)『さあ()ましてあげませう』
138()ひながら、139蚊取別(かとりわけ)身体(からだ)霊縛(れいばく)(ほどこ)した。140蚊取別(かとりわけ)(くび)から(した)は、141材木(ざいもく)のやうに(かた)くなりぬ。
142 蚊取別(かとりわけ)(さけ)(こころ)()られて、143身体(からだ)強直(きやうちよく)した(こと)()()かず、144(くび)ばかり()()たる。145()出神(でのかみ)蚊取別(かとりわけ)二本(にほん)(あし)をグツと(つか)みて、146(かめ)(うへ)()()したるに、147蚊取別(かとりわけ)(した)()して、
148蚊取別(かとりわけ)『もしもし、149(すこ)一寸(いつすん)(ばか)()げて(くだ)さい、150(とど)きませぬ』
151日出神(ひのでのかみ)『よしよし』
152()つて七八分(しちはちぶ)()げた。153蚊取別(かとりわけ)一生懸命(いつしやうけんめい)(した)()し、
154蚊取別(かとりわけ)『もう一分(いちぶ)()げて(くだ)さらぬか、155(とど)きませぬ』
156日出神(ひのでのかみ)『よしよし』
157蚊取別(かとりわけ)『そら反対(はんたい)です、158(たか)うなりました。159もちつと(した)まで』
160 ()出神(でのかみ)蚊取別(かとりわけ)()げたり、161(おろ)したり、162どうしても(さけ)(ところ)へまで(とど)かさざりけり。163蚊取別(かとりわけ)(こゑ)(しぼ)()して、
164『あゝ(どん)なお(かた)だな、165もちつと()げて(くだ)さいな』
166 ()くして半時(はんとき)ばかりも時間(じかん)()にける。167蚊取別(かとりわけ)は、
168『かゝゝ』
169咳払(せきばら)ひをすると(とも)に、170焼石(やけいし)三箇(さんこ)()()し、171ジユンジユンと(おと)()てて(かめ)(なか)()()みし途端(とたん)に、172(かめ)(けぶり)のごとく()()せにけり。
173 そこら一面(いちめん)もとの暗夜(やみよ)となり、174(そら)には(ひらめ)(ほし)(かげ)175()には(やみ)(すか)して蚊取別(かとりわけ)(あたま)(うす)(ひか)りゐるのみなりける。
176 これより蚊取別(かとりわけ)は、177すつかり(さけ)(きら)ひになつて(しま)ひ、178しかして三五教(あななひけう)(しん)ずる(こと)となり、179面那芸司(つらなぎのかみ)(とも)となりて諸方(しよはう)遍歴(へんれき)し、180()らぬまに生神(いきがみ)となりにける。
181大正一一・二・二 旧一・六 井上留五郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)