霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四七章 (こひ)一跳(ひとはね)〔三四七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第8篇 一身四面 よみ:いっしんしめん
章:第47章 第7巻 よみ:こいのひとはね 通し章番号:347
口述日:1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所: 筆録者:吉原亨 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
瀬戸の海を東南指して進む船中、ある夜に宣伝歌を歌う者がある。尊き神の恩徳に思いを致せ、というこの歌に、船客たちは耳を傾ける。
また船の一隅から女宣伝使は、先に宣伝歌を歌った宣伝使に対して、歌で名を問いかけた。
するとまた船の中ほどから頭の光った男が立ち上がり、しわがれ声を振り絞って歌うのは、蚊取別が祝姫宣伝使への思いのたけを歌う恋歌であった。
祝姫は蚊取別のこの歌に恥ずかしいやらもどかしいやら、船底にかじりついて息を潜めていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0747
愛善世界社版:287頁 八幡書店版:第2輯 137頁 修補版: 校定版:297頁 普及版:122頁 初版: ページ備考:
001 金山彦(かなやまひこ)()れまして、002この()(くも)瀬戸(せと)(うみ)003地中海(ちちうかい)(なみ)蹴立(けた)てて東南(とうなん)()して波上(はじやう)(すべ)帆前船(ほまへせん)あり。004(ころ)しも(なつ)真最中(まつさいちう)005三伏(さんぷく)暑熱(しよねつ)(ふね)諸人(もろびと)(あせ)(なが)(いき)(くる)しげに(なみ)()られて、006彼方(あちら)(すみ)にも、007こちらの(すみ)にも(くる)しみ(なが)ら、008ゲエゲエゲエと八百屋店(やほやみせ)()すもの(おほ)く、009無心(むしん)(ふね)(なみ)蹴立(けた)てて真帆(まほ)順風(じゆんぷう)(はら)ませながら(はし)りゐる。010()(やうや)西(にし)(やま)()(ぼつ)し、011中天(ちうてん)(つき)(あら)()した(やう)な、012清涼(せいりやう)(ひかり)海面(かいめん)()げゐたり。
013 (かぜ)(やうや)()いで、014(なみ)青畳(あをだたみ)()きたる(ごと)(おだや)かになり(きた)り。015(したが)つて(ふね)動揺(どうえう)(しづ)まり、016船客(せんきやく)追々(おひおひ)元気(げんき)回復(くわいふく)し、017彼方(あちら)にも此方(こちら)にも雑話(ざつわ)がはじまりぬ。018(ふね)一隅(いちぐう)よりスラリと()(あが)(うた)()したるものあり。
019烏羽玉(うばたま)(くら)きこの()はよき(こと)
020枉事(まがごと)いつき枉事(まがこと)
021よき(こと)いつく()(なら)
022科戸(しなど)(かぜ)()(わた)
023この海原(うなばら)()(つき)
024(あふ)げば(たか)蒼空(あをぞら)
025(かぎ)()られぬうまし()
026ミロクの御代(みよ)(めぐ)みかな
027あゝさりながらさりながら
028この(ふね)(ひと)(くだ)けなば
029(いづ)れの(ひと)もおしなべて
030(うみ)藻屑(もくづ)となりぬべし
031あゝこの(ふね)よこの(ふね)
032暗夜(やみよ)(わた)(かみ)(ふね)
033天津御空(あまつみそら)(つき)よりも
034(たか)(たふと)(かみ)(おん)
035千尋(ちひろ)(うみ)(そこ)よりも
036(ふか)(めぐ)みの(かみ)(とく)
037(あめ)(つち)との中空(なかぞら)
038やすやす(わた)るこの御船(みふね)
039(うた)ふ。040諸人(もろびと)はこの(うた)(みみ)(かたむ)け、041一言(ひとこと)()らさじと()()りぬ。042(ふね)一方(いつぱう)よりは(をんな)(こゑ)として、043またもや(うた)(はじ)まりける。
044(かみ)(めぐ)みに(いだ)かれて
045この海原(うなばら)(わた)()
046(のり)友船(ともぶね)(うれ)しくも
047真澄(ますみ)(そら)のその(ごと)
048()(わた)りたる宣伝歌(せんでんか)
049高天(たかま)(はら)海原(うなばら)
050()(あき)らけく(すみ)()
051御前(みまへ)(かみ)御守(みまも)りに
052筑紫(つくし)(しま)(あと)にして
053よしとあしとの瀬戸(せと)(うみ)
054(いま)わたらしし皇神(すめかみ)
055国治立(くにはるたち)(はじ)めてし
056その言霊(ことたま)祝姫(はふりひめ)
057四方(よも)村雲(むらくも)()きはふり
058はふり(きよ)めて(いま)此処(ここ)
059(かへ)(きた)るも(かみ)(おん)
060(ふか)(ゆかり)(かみ)(こゑ)
061(みみ)(きこ)ゆる三五(あななひ)
062(みち)(をしへ)宣伝歌(せんでんか)
063(なれ)(いづ)れの(かみ)なるぞ
064(きみ)(いづ)れの(かみ)なるぞ
065名告(なの)らせ(たま)へすくすくに
066大峡小峡(おほがひをがひ)()()てる
067(ひのき)杉木(すぎき)()(ごと)
068()らせ(たま)へよ宣伝使(せんでんし)
069(わらは)(かみ)(みこと)もて
070(うづ)(みやこ)のヱルサレム
071黄金山(わうごんざん)のそのもとに
072(あら)はれませる埴安彦(はにやすひこ)
073(すく)ひの(かみ)()もとべに
074(さむら)(もの)ぞいざさらば
075名告(なの)らせ(たま)宣伝使(せんでんし)
076(こゑ)(すず)しく女宣伝使(をんなせんでんし)()ひかけたり。077(つき)(ひかり)()らされて、078(あたま)馬鹿(ばか)(ひか)つた(をとこ)079(ふね)中程(なかほど)より()(あが)り、
080『あゝよい(つき)よ よい(つき)
081いつも月夜(つきよ)(こめ)(めし)
082(こめ)()(むし)()せて()
083この友船(ともぶね)何処(どこ)()
084常世(とこよ)(くに)唐国(からくに)
085行衛(ゆくゑ)()らぬ(こひ)(やみ)
086(おい)らの(こひ)(いのち)がけ
087(いのち)(まと)()いて()
088(はふり)(ひめ)宣伝使(せんでんし)
089千々(ちぢ)(こころ)筑紫(つくし)がた
090言葉(ことば)つくして口説(くど)けども
091(はち)(はら)(やう)無情(つれな)さに
092(あきら)めようとは(おも)へども
093(あきら)められぬ()恋路(こひぢ)
094(こひ)(こひ)しの一筋(ひとすぢ)
095(はふり)(ひめ)(あと)()うて
096此処(ここ)まで()たのが蚊取別(かとりわけ)
097(かた)(こころ)何処(どこ)までも
098唐国山(もろこしやま)(おく)までも
099千尋(ちひろ)(うみ)(そこ)までも
100(はふり)(ひめ)(あと)()うて
101何処々々(どこどこ)までも附狙(つけねら)
102(はふり)(ひめ)頑固(かたくな)
103(こころ)なほして()(した)
104男心(をとこごころ)()みとれよ
105(をとこ)()もて手弱女(たをやめ)
106(あと)(たづ)()(こひ)(やみ)
107一度(いちど)()らしてくれの(そら)
108(そら)()(とり)今頃(いまごろ)
109夫婦(めをと)仲善(なかよ)(くら)すのに
110(ひと)つの(ふね)()りながら
111名告(なの)りをせぬとは胴欲(どうよく)
112()きな(さけ)まで()めにして
113(まへ)(あと)附纏(つきまと)
114(おれ)(こころ)()()れよ
115()ねるばかりが(げい)でない
116男冥加(をとこみやうが)(つき)るぞよ
117蚊取(かとり)(わけ)のこの(つら)
118(をんな)()かぬ(かほ)なれど
119()(ことわざ)にいふ(とほ)
120(うま)にや()つて()(をとこ)には
121()つて()ようと()ふぢやないか
122素知(そし)らぬ(かほ)して白波(しらなみ)
123(うへ)()ぎわたる(ふね)(なか)
124(おれ)一度(いちど)()いで()たい
125(ふね)梶取(かぢと)船人(ふなびと)
126蚊取(かとり)(わけ)上手(じやうず)もの
127()(とり)(わけ)てうまいぞや』
128と、129(しはが)(ごゑ)()(しぼ)つて恋路(こひぢ)(まよ)ふ、130(はぢ)(なさけ)もかまはばこそ、131(こゑ)(かぎ)りに海面(かいめん)()(わた)(かぜ)(むか)つて(うた)ふ。132祝姫(はふりひめ)蚊取別(かとりわけ)のこの(うた)()きてもどかしがり、133(あな)でもあらば(もぐ)()みたい心持(こころもち)になつて(いき)()らして船底(ふなぞこ)(かぢり)つきゐたりける。
134大正一一・二・二 旧一・六 吉原亨録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)