霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四九章 ()(なほ)せ〔三四九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第9篇 小波丸 よみ:さざなみまる
章:第49章 第7巻 よみ:のりなおせ 通し章番号:349
口述日:1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
船は、竜宮の一つ島の近くにやって来た。向こうから来る船のへさきにも、被面布をかけた宣伝使がたっている。
北光神は、やってくる船の宣伝使に歌で名を問いかけた。これは広道別であった。これから阿弗利加の熊襲の国に渡って、曲霊を言向け和すという。二人はすれ違いに、被面布を取って互いの安全を祝した。
船中の客たちは、かつてここにシオン山という高い山があったが、大洪水の際に地の底に沈んでしまい、竜宮海と瀬戸の海が一つになったのだ、と昔話をしている。
かつて稚桜姫命が竜宮城を治めていた時代の話に花を咲かせた。甲は、善と悪とが立て別けられたのは大洪水以前の話だ、と三五教の教えを一笑に付している。
すると船の中から宣伝歌を歌う者がある。甲は頭痛がしだした。そして宣伝使に向かって悪態をつく。するとまた別の宣伝使が宣伝歌を歌いだした。
甲は船が岸に着くや否や、船を飛び出して姿を隠してしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0749
愛善世界社版:300頁 八幡書店版:第2輯 142頁 修補版: 校定版:311頁 普及版:127頁 初版: ページ備考:
001 (をり)から()()真夏(まなつ)夜風(よかぜ)(おもて)()かせながら、002船頭(せんどう)(へさき)()つて、
003竜宮(りうぐう)()たさに瀬戸海(せとうみ)()せば
004(むか)ふに()えるは(ひと)(じま)
005(うた)()したり。
006 (ふね)小波(さざなみ)(うへ)(しづ)かに(すべ)()く。007(そら)一面(いちめん)(まばら)(ほし)(かがや)き、008(つき)中空(ちうくう)(みづ)(したた)るやうな(かほ)をして海面(かいめん)(のぞ)いてゐる。009(うみ)(そこ)には(りう)盤紆(うね)るやうな月影(つきかげ)(しづ)ンでゐる。010この(とき)前方(ぜんぱう)より()()(かぢ)(あやつ)りながら、011グーイグーイ、012ギークギークと(おと)をさせて、013此方(こなた)(むか)つて(すす)()一艘(いつそう)(ふね)があつた。014その(ふね)(へさき)蓑笠(みのかさ)(ちやく)し、015被面布(ひめんぷ)をつけた(をとこ)()つてゐる。016北光神(きたてるのかみ)は、017その(ふね)(むか)つて(こゑ)張上(はりあ)げ、
018(こころ)(つく)()(つく)
019天地(てんち)(かみ)麻柱(あななひ)
020(みち)()()宣伝使(せんでんし)
021四方(よも)国々(くにぐに)(めぐ)()
022やうやう此処(ここ)北光(きたてる)
023(われ)目一箇神(まひとつのかみ)なるぞ
024名告(なの)らせ(たま)へその(ふね)
025(へさき)()てる宣伝使(せんでんし)
026(へさき)()てる神人(かみびと)よ』
027(うた)へば、028その(こゑ)(おう)じて(むか)ふの(ふね)より、
029天津御神(あまつみかみ)国津神(くにつかみ)
030()花姫(はなひめ)御教(みをしへ)
031四方(よも)国々(くにぐに)島々(しまじま)
032広道別(ひろみちわけ)宣伝使(せんでんし)
033(なれ)(いづ)れに()しますか
034(われ)はこれより亜弗利加(アフリカ)
035熊襲(くまそ)(くに)(わた)るなり
036熊襲(くまそ)(くに)(たけ)くとも
037(かみ)()さしの言霊(ことたま)
038四方(よも)曲霊(まがひ)(ことごと)
039言向和(ことむけや)はせ天教(てんけう)
040(やま)()します()花姫(はなひめ)
041(かみ)(みこと)黄金(わうごん)
042(やま)(ふもと)()れませる
043埴安神(はにやすかみ)御前(おんまへ)
044()しき(いさを)()つるまで
045浪路(なみぢ)(わた)宣伝使(せんでんし)
046稜威(みいづ)(ひろ)広道別(ひろみちわけ)
047(かみ)使(つかひ)(われ)なるぞ
048(かみ)使(つかひ)(われ)なるぞ』
049(うた)(こゑ)(かす)かになり()く。050二人(ふたり)(たが)ひに()()がり、051被面布(ひめんぷ)()つてその安全(あんぜん)(しゆく)()ひける。052船中(せんちう)人々(ひとびと)(また)もや雑談(ざつだん)(はじ)()したり。
053(かふ)『もう、054つい竜宮城(りうぐうじやう)()えるぜ。055おとなしくせぬと、056竜宮(りうぐう)さまが(おこ)つて荒浪(あらなみ)()てられたらまた昨日(きのふ)のやうに八百屋店(やほやみせ)()して(くる)しまねばならぬから、057(ちひ)さい(こゑ)(はな)しをしようかい』
058(おつ)『お(まへ)らこの竜宮(りうぐう)(わけ)()つてるか、059(いま)こそかうして(ふね)()つて瀬戸(せと)(うみ)から竜宮城(りうぐうじやう)まで(らく)()けるが、060(むかし)竜宮(りうぐう)瀬戸(せと)(うみ)との真中(まんなか)に、061それはそれは(たか)(やま)があつて、062その(やま)はシオン(ざん)というてな、063(なん)でもえらい(たま)()たといふことだ。064それが大洪水(だいこうずゐ)のあつた(とき)に、065地震(ぢしん)()つてその(やま)()(そこ)(しづ)ンで(しま)ひ、066竜宮(りうぐう)瀬戸(せと)(うみ)とが(ひと)つになつて(しま)うたといふことだよ』
067(へい)『そんな(こと)かい、068そんな(こと)祖父(ぢい)(だい)から(たれ)でも()いてゐる(こと)だよ。069もつと(めづら)しい(はなし)はないのかい』
070(おつ)竜宮城(りうぐうじやう)には稚桜姫(わかざくらひめ)といふ、071それはそれは(うつく)しい神様(かみさま)があつて、072そこに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)とか、073大足彦(おほだるひこ)とかいふ立派(りつぱ)神様(かみさま)竜宮城(りうぐうじやう)とヱルサレムの(みや)(まも)つて御座(ござ)つた。074さうすると常世(とこよ)(くに)常世姫(とこよひめ)といふ(えら)女性(ぢよせい)竜宮(りうぐう)占領(せんりやう)しようと(おも)うて、075何遍(なんべん)何遍(なんべん)(えら)神様(かみさま)(たたか)ひが(はじ)まつたということだのう。076(いま)竜宮(りうぐう)もヱルサレムの(みや)(むかし)(はなし)(くら)べて()ると、077本当(ほんたう)みじめなものだ。078ヨルダン(がは)というて(おほ)きな(かは)があつたのが、079その(かは)洪水(こうずゐ)(とき)(うま)つて(しま)ひ、080(いま)では(ちい)さい(ほそ)(かは)となつて、081(きたな)(みづ)(なが)れて()る。082(かは)れば(かは)()(なか)だ。083これを(おも)へば()ンな(えら)神様(かみさま)でもあかぬものだな。084()(とり)()ちる(いきほひ)稚桜姫(わかざくらひめ)といふ神様(かみさま)も、085大八洲彦(おほやしまひこ)といふ神様(かみさま)もさつぱり常世姫(とこよひめ)とかにわやにされて、086(いま)吾々(われわれ)()(こと)のできぬ富士(ふじ)とやらへ()げて()かれたといふ(こと)だよ』
087(へい)『フーン、088さうかい。089さうすると我々(われわれ)(いま)(えら)さうに()つて()つてもどう(かは)るやら(わか)らぬな』
090(おつ)()れた(こと)よ、091神様(かみさま)でも時世時節(ときよじせつ)には(かな)はぬのだもの、092我々(われわれ)はなほ(さら)(こと)だ。093(しか)しこの(ふね)には立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)()つて()られるといふ(こと)だが、094一遍(いつぺん)(はなし)()かして(もら)つたら如何(どう)だらう』
095(かふ)『イヤ()宣伝使(せんでんし)(うた)()加減(かげん)なものだよ。096(かみ)(おもて)(あら)はれて(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)けるなンて、097冷飯(ひやめし)湯気(ゆげ)()つたやうな(こと)()かすのだもの、098阿呆(あはう)らしくて()かれたものぢやない。099そンな(うた)大洪水(だいこうずゐ)(ぜん)(こと)だ。100大洪水(だいこうずゐ)のときは(ぜん)神様(かみさま)天教山(てんけうざん)とか天橋(てんけう)とかに(たす)けられ、101(わる)(もの)洪水(こうずゐ)(ただよ)うたり、102百足虫(むかで)(やま)(あり)(やま)()げられて、103善悪(ぜんあく)立別(たてわけ)がハツキリあつたさうだ。104俺等(おれら)祖父(ぢい)(だい)(はなし)だから(くは)しい(こと)()らぬが、105(いま)ごろにそんな(こと)(うた)(やつ)は、106()ンだ()(とし)(かぞ)へるやうなものだ。107阿呆(あほ)らしいぢやないか。108これだけ(ひら)けた()(なか)が、109さう易々(やすやす)立替(たてか)はつて(たま)るかい。110(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)けるとか(かは)るとかいふが、111(おれ)(とこ)(むら)久公(きうこう)のやうな悪人(あくにん)段々(だんだん)(さか)えて()るなり、112新公(しんこう)のやうな善人(ぜんにん)益々(ますます)貧乏(びんばふ)して、113(しま)ひには道具(だうぐ)()つて親子(おやこ)夫婦(ふうふ)生別(いきわか)れして乞食(こじき)()たぢやないか。114(おれ)はそれを(おも)うと神様(かみさま)(たの)()にならぬがなア。115宣伝使(せんでんし)(うた)なンて(ふる)めかしいわい、116六日(むゆか)菖蒲(あやめ)十日(とをか)(きく)だ。117(しか)しながら、118憂晴(うさばら)しに()くのは()いが、119それをほンま(こと)だと(おも)つたら、120量見(りやうけん)(ちが)ふぞ。121宣伝使(せんでんし)といふものは、122方便(はうべん)使(つか)つて吾々(われわれ)(わる)(こと)をせぬやうにするのだが、123今日(こんにち)のやうに(あく)(さか)えて(ぜん)(おとろ)へるやうな(くら)がりの()(なか)に、124(なに)ほど宣伝使(せんでんし)呶鳴(どな)つたところで、125()突張(つつぱり)にもなつたものぢやないよ』
126 この(とき)127(ふね)一方(いつぱう)より、
128(かみ)(おもて)(あら)はれて
129(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)る』
130(かふ)『それ(はじ)まつた、131(あたま)(いた)い。132こいつは(たま)らぬ。133この(ふね)には怪体(けたい)(やつ)()つてけつかるものだ』
134『この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
135(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
136ただ何事(なにごと)(ひと)()
137直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
138()(あやまち)()(なほ)せ』
139(おつ)『オイ貴様(きさま)心配(しんぱい)せいでもよいわ。140宣伝使(せんでんし)(いま)()(なほ)すと()つてゐた。141(いま)其処(そこ)()(ふね)()(なほ)して()れるわい。142さうしたらいやな(うた)()かいでもよいわ』
143(かふ)(はや)()(なほ)しやがらぬかいな』
144(かみ)(おもて)(あら)はれて……』
145(かふ)『ソレ(また)(はじ)めよつた。146アイタヽヽヽ』
147(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)る……』
148(かふ)『あゝたゝ(たま)らぬ(たま)らぬ』
149()ひながら、150(かふ)()つて、
151『やいやいやい宣伝使(せんでんし)
152それ()るそれ()(ふね)()
153(まへ)のやうな(いた)(こと)
154(さへづ)(やつ)はあの(ふね)
155一時(いちじ)(はや)()(なほ)
156(はや)()()()(なほ)
157そら()たそら()(ふね)()
158()らぬか()らぬか宣伝使(せんでんし)
159貴様(きさま)のお(かげ)頭痛(づつう)がする』
160呶鳴(どな)つてゐる。161(うしろ)(はう)より(また)もや(おつ)宣伝使(せんでんし)()つて、
162(かみ)(おもて)(あら)はれて
163(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)る』
164(かふ)『また()よつた。165一体(いつたい)この(ふね)(なん)だい。166もう(ふね)(たび)()()りだ』
167船頭(せんどう)『お(きやく)さま、168(ふね)()いた。169(はや)(あが)らつしやれ』
170(さけ)ぶ。171(かふ)(あたま)(かか)へて、172いの一番(いちばん)(ふね)飛出(とびだ)し、173どこともなく姿(すがた)(かく)したり。174この(をとこ)(はた)して何者(なにもの)ならむか。
175大正一一・二・二 旧一・六 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)