霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:前付 よみ:
章:第8巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年02月11日(旧01月15日) 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この霊界物語は、全部で五百六十七節で完成しようと、一冊を五十節、全十二冊の予定であった。
しかしこれでは到底一部分も述べきれないことを覚り、本巻からは一冊五十章組みの規定を破り、行き突きばったりに進むこととなった。
この物語は、現・神・幽三界に渉った神人の活動の一部を、神示のままに述べたもので、今日の人々の耳には入りがたく受け取れない点もたくさんあるであろう。
各国の神話を取り入れず、神話から漏れた部分を取り入れている。夢物語と取ってもらってもよいが、読めば読むほど面白く、また精神上に一つの光明を認めうることと信じる次第である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm080001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第2輯 149頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 (そう)じてこの霊界物語(れいかいものがたり)は、002口述(こうじゆつ)最初(さいしよ)(あた)五百六十七節(ごひやくろくじふしちせつ)にて完成(くわんせい)する(かんが)へを(もつ)て、003一冊(いつさつ)五十節(ごじつせつ)(きざ)(ぜん)十二冊(じふにさつ)予定(よてい)のところ、004到底(たうてい)(これ)にてはその一部分(いちぶぶん)をも講了(かうれう)すべからざるを(さと)り、005本巻(ほんくわん)よりは一冊(いつさつ)五十章(ごじつしやう)(ぐみ)規定(きてい)(やぶ)り、006(くち)(くるま)()()きばつたりに()(すす)むる(こと)(いた)しました。
007 (そもそ)もこの物語(ものがたり)は、008(げん)009(しん)010(いう)三界(さんかい)(わた)つた神人(しんじん)活動(くわつどう)一部(いちぶ)を、011神示(しんじ)(まま)()べたもので、012今日(こんにち)人々(ひとびと)(みみ)には()(がた)く、013また受取(うけと)れない(てん)沢山(たくさん)あらうと(おも)ひます。014また各国(かくこく)神話(しんわ)や、015歴史(れきし)(とう)(あら)はれたる事実(じじつ)は、016()()くこの物語(ものがたり)には()せない心算(つもり)です。
017 (えう)するに神話(しんわ)()れたる(ぶん)のみを、018(ここ)発表(はつぺう)する(こと)(いた)しました。019(しん)ずると(いな)とは読者(どくしや)自由(じいう)ですから、020夢物語(ゆめものがたり)(おも)つて()(もら)つても結構(けつこう)です。021(しか)(なが)()めば()(ほど)面白(おもしろ)精神上(せいしんじやう)(ひと)つの光明(くわうみやう)(みと)()(こと)(しん)じます。
022  大正十一年二月十一日 紀元節に
023亀岡 瑞祥閣に於て 王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。