霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:前付 よみ:
章:第8巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年02月11日(旧01月15日) 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
第一次大本事件の三日前の夜半、松雲閣に横臥する瑞月の枕元に、忽然として教祖のご神影が現れた。そして指示桿をもって、畳を三四回打ちたもうた。
馬に鞭打つごときその御模様に、瑞月は直ちに起き上がって、いよいよ明日から神界の御命のごとく、霊界物語の口述に着手いたします、と申し上げた。
すると教祖は打ちうなづき、莞爾として神姿を隠したのである。それより、いよいよ昨年十月十八日から着手することとなりましたが、教祖のご加護により、第八巻を口述し終わることができた。
読者の中には、霊界物語は教祖のご意思に反した著述であると誤解されている方々もあるように聞いている。その誤りを説くために、総説に代えてここに本書出版が教祖の神のご神慮より出た理由を簡単に説明したのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm080003
愛善世界社版:1頁 八幡書店版:第2輯 151頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 (もつと)戦慄(せんりつ)すべく、002(もつと)寒心(かんしん)すべき猛鷲(まうしう)の、003暗雲(あんうん)(なか)より飛来(ひらい)して、004聖処(せいしよ)(あら)暴威(ばうゐ)(ふる)はむとする三日前(みつかまへ)夜半(やはん)005松雲閣(しよううんかく)瑞月(ずゐげつ)(こころ)(さび)しく横臥(わうぐわ)せる枕頭(まくらもと)に、006忽然(こつぜん)として(あら)はれたまへる教祖(けうそ)神影(しんえい)007指示桿(しじかん)(もつ)て、008三四回(さんしくわい)(たたみ)()(たま)(さま)009(あたか)(うま)鞭打(むちう)つが(ごと)きその御模様(おんもやう)010瑞月(ずゐげつ)(ただ)ちに()(なほ)り、011頓首(とんしゆ)合掌(がつしやう)しながら、012『いよいよ明日(みやうにち)より神界(しんかい)御命(ぎよめい)(ごと)霊界物語(れいかいものがたり)口述(こうじゆつ)着手(ちやくしゆ)(いた)しますから、013御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』と申上(まをしあ)げるや、014(ただ)ちに()ちうなづき莞爾(くわんじ)として(たつと)(うるは)しき神姿(しんし)(かく)させ(たま)ひました。015それよりいよいよその翌日(よくじつ)なる昨年(さくねん)十月(じふぐわつ)十八日(じふはちにち)より着手(ちやくしゆ)することになりましたが、016教祖(けうそ)御加護(ごかご)()(つき)(くは)はり御蔭(おかげ)(もつ)病気中(びやうきちう)にもかかはらず、017(やうや)第八篇(だいはちへん)口述(こうじゆつ)(をは)(こと)()ました。
018 神代(かみよ)()ける神々様(かみがみさま)世界(せかい)宣伝(せんでん)御模様(おんもやう)は、019本篇(ほんぺん)よりいよいよ明瞭(めいれう)になつて()ます。020読者(どくしや)(なか)には霊界物語(れいかいものがたり)教祖(けうそ)御意志(ごいし)(はん)したる著述(ちよじゆつ)(ごと)く、021誤解(ごかい)されて()方々(かたがた)もある(やう)()きますから、022その(あやま)りを()くために総説(そうせつ)()へ、023一言(いちごん)(ここ)本書(ほんしよ)出版(しゆつぱん)教祖(けうそ)(かみ)御神慮(ごしんりよ)()でたる理由(りいう)簡単(かんたん)説明(せつめい)して()きます。
024  大正十一年二月十一日 紀元節に
025王仁
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)