霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 仮名手本(かなてほん)〔三六〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第2篇 四十八文字 よみ:しじゅうはちもじ
章:第10章 第8巻 よみ:かなてほん 通し章番号:360
口述日:1922(大正11)年02月06日(旧01月10日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
鏡の池の声はようやく鎮まり、狭依彦に対して、知らないことは知らないとへりくだって宣伝をするように、とたしなめた。そして、いろは歌で教えを説き始めた。
まずは、へりくだって理屈に走らず、生まれ赤子の心で祈れ、と狭依彦を諭した。狭依彦は神の説教に泣き言を言うが、鏡の池の声はさらに説教を続ける。
そして狭依彦に心底の改心を促し、自ら月照彦神であると名乗った。またこの高砂洲は金勝要大神の分霊・竜世姫神が守護する土地であると告げ、この国の司となって世界のために尽くせ、分からないことがあればまた尋ねに来い、と宣言した。
狭依彦ら一同は腰が立つようになり、喜び勇んで神言を鏡の池に奏上した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0810
愛善世界社版:62頁 八幡書店版:第2輯 173頁 修補版: 校定版:64頁 普及版:28頁 初版: ページ備考:
001 (かがみ)(いけ)(うな)(ごゑ)(やうや)(しづ)まりぬ。002(この)(たび)荘重(さうちよう)なる(おも)みのある(こゑ)にて、003(いけ)(そこ)より(また)もや(だい)なる言葉(ことば)004()()ぎに(きこ)()たる。
005(さる)人真似(ひとまね)(いた)俄宣伝使(にはかせんでんし)猿世彦(さるよひこ)006(かみ)(ひかり)()(きよ)く、007智利(てる)(くに)へと(わた)()(しやう)()はぬ三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)とは、008よくもよくも(ほざ)いたなあ、009(なんぢ)(いの)りは、010(じつ)立派(りつぱ)なものだぞ。011これからは大法螺(おほぼら)()くなよ、012()らぬことを()つた(かほ)(いた)すと、013(いま)のやうな(くる)しき()()ふて、014(はぢ)(さら)さねばならぬぞ、015(なに)理屈(りくつ)()(こと)()らぬ。016ただ(わたくし)阿呆(あはう)御座(ござ)います、017神様(かみさま)にお(いの)りをする(こと)より(ほか)には、018いろは()(ぞん)じませぬと謙遜(へりくだ)つて宣伝(せんでん)(いた)すがよいぞよ。019生兵法(なまびやうはふ)大怪我(おほけが)(もと)だ。020()らぬと()うても(なんぢ)はあまり非道(ひど)いぞ、021ちつと後学(こうがく)のために(この)(はう)(まを)(こと)()いて()け。022いろは四十八文字(しじふはちもじ)(ひら)(かみ)(みち)ぢや』
023猿世彦(さるよひこ)『もしもし、024(いけ)(そこ)神様(かみさま)025(わたくし)(こし)()ちませぬ。026(こし)()たして(くだ)さいな』
027 (いけ)(そこ)から、
028『いヽヽ(いの)らぬか、029(いの)らぬか、030(いの)りは(いのち)(もと)ぢや。031万劫(まんご)末代(まつだい)生通(いきどう)しの(いのち)()しくば、032いつもかも(いの)(いの)れ。
033ろヽヽ(ろく)でもない間抜(まぬ)けた理屈(りくつ)()ねるより、034()(おこなひ)(つつし)みて(ひと)(かがみ)となれ。
035はヽヽ(はや)改心(かいしん)ほど結構(けつこう)()いぞよ。036(はだか)(うま)れた人間(にんげん)は、037(うま)赤子(あかご)(こころ)になれよ。
038にヽヽ(にはか)信心(しんじん)()(あは)ぬ。039信心(しんじん)(つね)から(いた)せよと(をし)へてやれ。
040ほヽヽ(ほとけ)(つく)つて(まなこ)()らぬ(なんぢ)宣伝(せんでん)041発根(ほつこん)から改心(かいしん)(いた)して、042本当(ほんたう)神心(かみごころ)になれよ。
043へヽヽ下手(へた)長談義(ながだんぎ)大禁物(だいきんもつ)だ。044屁理屈(へりくつ)()ふな、045途中(とちう)屁太張(へたば)るな、046屁古垂(へこた)れな。
047とヽヽトコトンまでも(まこと)(つらぬ)(とほ)せ。048(かみ)(まも)りは(とほ)(ちか)いの(へだ)てはないぞ、049(とく)をもつて(ひと)(をさ)めよ。
050ちヽヽ智慧(ちゑ)051(がく)(たよ)りに(いた)すな。052(ちから)となるは(かみ)信仰(しんかう)(ちから)ばかりだ。053近欲(ちかよく)(まよ)ふな、054畜生(ちくしやう)(にく)()ふな。
055りヽヽ理屈(りくつ)(はし)るな、056利欲(りよく)(まよ)ふな。057吾身(わがみ)立身(りつしん)出世(しゆつせ)ばかりに(たましひ)()かれて、058(まこと)(みち)()(はづ)すな。
059ぬヽヽ(ぬす)むな、060ぬかるな、061抜身(ぬきみ)(なか)()つて()るやうな精神(せいしん)(かみ)(みち)(あゆ)めよ、062抜駆(ぬけが)けの功名(こうみやう)(おも)ふな。
063るヽヽ留守(るす)(いへ)にも(かみ)()るぞ。064留守(るす)(おも)うて(わる)(こころ)()すな。
065をヽヽ(おそ)ろしいものは(なんぢ)(こころ)だ。066(こころ)()ちやう(ひと)つで(おに)大蛇(をろち)(おほかみ)()()るぞ。067臆病(おくびやう)になるな、068(たがひ)()をつけて(この)()(わた)れ。
069わヽヽ吾身(わがみ)(あと)にして(ひと)のことを(さき)にせよ。070(わる)(こと)(ちり)(ほど)もしてはならぬぞ。071吾儘(わがまま)()めよ、072(わたくし)をすな、073(わる)(こと)をして(わら)はれるな』
074猿世彦(さるよひこ)『わヽヽ(わか)りました。075(わか)りました。076貴神(あなた)のお言葉(ことば)()くと(なん)ともなしに、
077かヽヽ(かな)しうなりました。078堪忍(かんにん)して(くだ)さいませ、079(かな)はぬ(かな)はぬ。
080よヽヽよく(わか)りました。081もうよしにして(くだ)さい、082(よく)(こと)(いた)しませぬ。083()(なか)(こと)ならドンナ(こと)でも(いた)します。
084たヽヽ(たす)けて(くだ)さい、085(たの)みます。086誰人(だれ)だつてコンナに(こは)()()つたら、087()つても()ても()(たま)つたものぢやありませぬ。
088れヽヽ連続(れんぞく)して(みづ)(なか)から()こいたやうな六ケ敷(むつかし)説教(せつけう)()かされても、
089そヽヽそれは()みとれませぬ。090そつと(ちい)さい(こゑ)(みみ)(はた)()かして(くだ)さいな、091ソンナ破鐘(われがね)のやうな(こゑ)()したり、092竹筒(たけづつ)()いたやうな(こゑ)()して(もら)つては、093一寸(ちよつと)合点(がつてん)()きませぬ。
094つヽヽつまらぬ、095つまらぬ、096月照彦(つきてるひこ)神様(かみさま)(なに)()らぬが、097もうそれだけ仰言(おつしや)つたら、098仰有(おつしや)(こと)つきてる(はず)だのに。
099ねヽヽ()つから、100()つから合点(がつてん)()かぬ。101姿(すがた)(あら)はして(くだ)さいな』
102 (いけ)(そこ)から、
103『なヽヽ(なに)()ふか、104()(ごと)()ふな、105(なんぢ)(ごと)(よわ)宣伝使(せんでんし)は、106もちつと苦労(くらう)(いた)さねば、
107らヽヽ(らく)にお(みち)(ひら)けぬぞ。
108むヽヽ無理(むり)(おも)ふか、109無理(むり)(こと)(かみ)(まを)さぬぞ。
110うヽヽ迂濶々々(うかうか)()くな、111(うる)はしき(かみ)(こころ)になつて、112(かみ)(をしへ)(ひら)宣伝使(せんでんし)になれ』
113猿世彦(さるよひこ)『ゐヽヽ何時(いつ)までもお説教(せつけう)結構(けつこう)ですが、114もう()加減(かげん)()めて(くだ)さつたらどうですか、115(あま)つらく(ほね)にびしびしこたへ、116()
117のヽヽ(のど)から()()くやうな(おもひ)(いた)します』
118 (いけ)(そこ)より、
119退引(のつぴき)ならぬ(くぎ)(かすがひ)
120おヽヽ往生(わうじやう)いたせ。121よい加減(かげん)に、
122くヽヽ(くる)しい(あと)には(たの)しい(こと)があるぞよ。
123やヽヽ矢釜敷(やかまし)()うて()かすのも、124(なんぢ)可愛(かあい)いと(おも)ふからだ。
125まヽヽ(まこと)(かみ)言葉(ことば)をよく()け、126(かみ)言葉(ことば)二言(にごん)()いぞ。127いま()(はづ)したら万古末代(まんごまつだい)()(こと)出来(でき)ぬぞ。128人民(じんみん)(くら)(こころ)(まこと)(かみ)経綸(しぐみ)は、
129けヽヽ見当(けんたう)()れぬぞ、130毛筋(けすぢ)(ちが)はぬ(かみ)(みち)131(けが)してはならぬぞ。
132ふヽヽ(ふか)(かんが)へ、133(たま)(みが)いて御用(ごよう)()てよ』
134猿世彦(さるよひこ)『こヽヽこれで、135もう結構(けつこう)御座(ござ)います。136今日(けふ)はまあ(なん)()有難(ありがた)い、137(くる)しい、138結構(けつこう)なやうで結構(けつこう)()いやうで、139(うれ)しいやうで、140(うれ)しう()いやうで』
141 (いけ)(なか)より、
142『えヽヽまだ(わか)らぬか、
143てヽヽ天地(てんち)(かみ)(をしへ)(つた)ふる宣伝使(せんでんし)では()いか、
144あゝヽ(あく)(はたら)いて()猿世彦(さるよひこ)145これから(こころ)()()へて、
146さヽヽさつぱり身魂(みたま)洗濯(せんたく)いたしてさらつ(うま)赤子(あかご)になり(かは)り、
147きヽヽ(きよ)(ただ)しき(なほ)(まこと)(こころ)をもつて世人(よびと)(たす)(みちび)け、
148ゆヽヽ夢々(ゆめゆめ)(かみ)(まを)(こと)(わす)れなよ。149いつも(こころ)()(しめ)()()(ゆみ)
150めヽヽ罪障(めぐり)(ふか)(なんぢ)身魂(みたま)151苦労(くらう)をさして、
152みヽヽ()せしめを(いた)して(つみ)()つてやらねば、
153しヽヽ()んでも高天原(たかあまはら)()けぬぞよ。154信心(しんじん)(ゆめ)()(わす)るなよ、155()らぬ(こと)()らぬと明瞭(はつきり)()へ、156(しり)掃除(さうぢ)(きよ)らかにいたせ、
157ゑヽヽ(えら)さうに()うでないぞ、158この()閻魔(えんま)(あら)はれ(たか)(はな)をへし()るぞ、
159ひヽヽ(ひる)(よる)(かみ)(いの)れよ、
160もヽヽもうこれでよいと(かみ)(まを)すまで身魂(みたま)(みが)け。161(かみ)()()まつた(うへ)はドンナ神徳(しんとく)でも(わた)してやるぞ、
162せヽヽ(せま)(こころ)()つな、163(ひろ)き、164(あたた)かき神心(かみごころ)になつて世人(よびと)(みちび)け、
165すヽヽ()(わた)大空(おほぞら)月照彦(つきてるひこ)(かみ)御魂(みたま)(まを)(こと)166無寐(むび)にも(わす)れな猿世彦(さるよひこ)167(われ)こそは(もと)竜宮城(りうぐうじやう)天使長(てんしちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)なるぞ。168(なんぢ)随分(ずゐぶん)威張(ゐば)つたものだが、169これからすつかり(こころ)(あらた)めて(この)(くに)(つかさ)となり、170狭依彦司(さよりひこのかみ)となつて世界(せかい)のために(つく)せよ。171この高砂島(たかさごじま)金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)分霊(わけみたま)竜世姫神(たつよひめのかみ)御守護(ごしゆご)なるぞ、172(この)(かがみ)(いけ)根底(ねそこ)(くに)(かよ)裏門(うらもん)173(わか)らぬ(こと)があらばまた(たづ)ねに()よ』
174うヽヽと一声(ひとこゑ)(うな)ると(とも)に、175その(こゑ)パツタリ()みけり。176狭依彦(さよりひこ)および一同(いちどう)(こし)(はじ)めて()ちぬ。177一同(いちどう)(よろこ)(いさ)みて神言(かみごと)(かがみ)(いけ)(むか)つて奏上(そうじやう)したりける。
178大正一一・二・六 旧一・一〇 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)