霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 (うみ)竜宮(りうぐう)〔三六一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第3篇 秘露より巴留へ よみ:ひるよりはるへ
章:第11章 第8巻 よみ:うみのりゅうぐう 通し章番号:361
口述日:1922(大正11)年02月07日(旧01月11日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神は、面那芸の司の安否を案じて、海底の竜宮城へとやってきた。門前には、正鹿山津見、淤縢山津見の二柱の神が、仁王のように傲然として守っている。
竜宮城に入ろうとする日の出神に対して、淤縢山津見は打ってかかった。しかし日の出神が乗っていた琴平別の化身の大亀が、二人の間に割って入り、千引きの岩となった。
門内からはなにやら騒々しい音が聞こえてくる。日の出神は声を張り上げて名乗りの歌を歌い、自分は面那芸の司を助けるためにやってきたのだ、と明かした。
日の出神と知った正鹿山津見、淤縢山津見は平身低頭して陳謝した。淤縢山津見は殿内へ日の出神来着を知らせに行き、正鹿山津見は日の出神を案内して別殿に迎えた。
城内の一方には、ますます騒々しい音が聞こえてくる。日の出神はただ事ではないと、その音に聞き入っていたがふと正鹿山津見を見ると、それはかつてエルサレムの竜宮城で天使長を務めた、桃上彦であった。桃上彦はかつてエルサレムを混乱に陥れ、国祖ご退隠の遠因を作った神である。
正鹿山津見は、根底の国に落ち行くところを高照姫神に救われて、正鹿山津見と名乗って竜宮城の門番を勤めている来し方を日の出神に泣く泣く語った。
おりしも、竜宮城内の阿鼻叫喚の声はますます激しくなり、日の出神は正鹿山津見にわけを尋ねるが、正鹿山津見は頑として答えない。
日の出神はどんどん奥殿に進もうとするが、正鹿山津見はあわてて先に立ち、奥殿に姿を隠してしまった。日の出神は後に取り残されてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0811
愛善世界社版:73頁 八幡書店版:第2輯 177頁 修補版: 校定版:75頁 普及版:32頁 初版: ページ備考:
001足曳(あしびき)(やま)草木(くさき)(えだ)(しげ)
002()春風(はるかぜ)(かす)()
003一望(いちばう)千里(せんり)(なみ)(うへ)
004(うか)(いで)たる八尋(やひろ)(かめ)()(せな)
005春日(はるひ)()けて(またが)りつ
006千尋(ちひろ)浪路(なみぢ)()()けて
007(そこ)(そこ)へと(しづ)()
008御稜威(みいづ)(かがや)伊弉諾(いざなぎ)
009(かみ)(みこと)御子(みこ)(うま)れし
010大道別(おほみちわけ)(みこと)後身(こうしん)
011()出神(でのかみ)はやうやうに
012大和田津見(おほわだつみ)(かみ)(みや)
013(そこ)ひも()らぬ大神(おほかみ)
014経綸(しぐみ)(おく)(さぐ)らむと
015(すす)()ますぞ雄々(をを)しけれ
016 門前(もんぜん)には正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)017淤縢山津見神(おどやまづみのかみ)二柱(ふたはしら)が、018仁王(にわう)のごとく阿吽(あうん)(いき)()らし、019真裸体(まつぱだか)のまま、020全身(ぜんしん)力瘤(ちからこぶ)(あら)はして傲然(ごうぜん)として(まも)()る。021淤縢山津見神(おどやまづみのかみ)は、022真先(まつさき)(すす)()で、
023『ここは竜宮(りうぐう)入口(いりぐち)なり。024(おそ)(おほ)くも大和田津見(おほわだつみ)大神(おほかみ)御住処(おんすみか)025何神(なにがみ)(ゆる)しを()けて此処(ここ)到着(たうちやく)せしぞ。026(すみや)かに本津国(もとつくに)引返(ひきかへ)さばよし、027違背(ゐはい)(およ)ばば()拳骨(げんこつ)御見舞(おみまひ)(まを)さむ』
028()ふより(はや)く、029()出神(でのかみ)()つてかかるを、030琴平別(ことひらわけ)化身(けしん)なる八尋(やひろ)大亀(おほがめ)は、031二神(にしん)(あひだ)突立(つつた)千引(ちびき)(いは)(くわ)()りけり。032このとき門内(もんない)より騒々(さうざう)しき物音(ものおと)(きこ)()たり。033()出神(でのかみ)大音声(だいおんじやう)張上(はりあ)(うた)(うた)(たま)ふ。
034天津御神(あまつみかみ)御言(みこと)()
035常世(とこよ)(やみ)(てら)さむと
036(こころ)(かる)蓑笠(みのかさ)
037世界(せかい)(めぐ)宣伝使(せんでんし)
038天津御空(あまつみそら)海原(うなばら)
039豊葦原(とよあしはら)神国(かみくに)
040大御恵(おほみめぐみ)(くま)もなく
041()(わた)らふ()(なか)
042この竜宮(りうぐう)(しろ)のみは
043(かみ)(まも)りの(いや)(ふか)
044(ため)しに()るる(こと)ぞある
045(あめ)御柱大神(みはしらおほかみ)
046(まけ)のまにまに()(きた)
047朝日(あさひ)(かがや)夕日(ゆふひ)()
048()神国(かみくに)宣伝使(せんでんし)
049()出神(でのかみ)(あら)はれて
050(まよ)(きた)れる面那芸(つらなぎ)
051(かみ)(みこと)(たす)けむと
052琴平別(ことひらわけ)(かめ)()
053ここに(あら)はれ(きた)るなり
054千尋(ちひろ)(そこ)(うみ)(みや)
055()岩屋戸(いはやど)押開(おしひら)
056(おと)名高(なだか)乙米姫(おとよねひめ)
057(うづ)(みこと)神業(かむわざ)
058(さぐ)らむための()首途(かどで)
059ただ一時(ひととき)(すみや)かに
060これの金門(かなど)(ひら)けよや
061(われ)()出神(でのかみ)なるぞ
062淤縢山津見(おどやまづみ)正鹿山(まさかやま)
063津見(づみ)(みこと)門守(かどまも)
064(ふか)経綸(しぐみ)不知火(しらぬひ)
065()()(こころ)(おろか)さよ
066()()(こころ)(おろか)さよ』
067と、068(こゑ)たかだかと(うた)(たま)へば、069二柱(ふたはしら)(かみ)はこの(うた)(おどろ)き、070平身(へいしん)低頭(ていとう)ぶるぶる(ふる)ひながら、071陳謝(ちんしや)()(へう)しけり。072淤縢山津見(おどやまづみ)は、073一目散(いちもくさん)門内(もんない)駈入(かけい)奥殿(おくでん)(すす)み、074何事(なにごと)奏上(そうじやう)したり。075正鹿山津見(まさかやまづみ)は、076()出神(でのかみ)(さき)()ち、077別殿(べつでん)(むか)()れたり。078城内(じやうない)一方(いつぱう)にはますます騒々(さうざう)しき物音(ものおと)(きこ)()たりければ、079平凡事(ただごと)ならじと、080()出神(でのかみ)は、081(みみ)()まして()()りたまひ、082正鹿山津見(まさかやまづみ)(かほ)をふと(なが)め、
083『やあ、084貴下(きか)桃上彦(ももがみひこ)(あら)ずや。085かかる(ところ)金門(かなど)(まも)(たま)ふは何故(なにゆゑ)ぞ。086それにしても()騒々(さうざう)しき物音(ものおと)如何(いか)に』
087言葉(ことば)(せは)しく()()めたまへば、088正鹿山津見(まさかやまづみ)は、
089御推量(ごすゐりやう)(たが)はず、090われは聖地(せいち)ヱルサレムに(おい)て、091(しば)天使長(てんしちやう)(しよく)(つと)(つひ)には()()失敗(しつぱい)のために、092国祖(こくそ)国治立大神(くにはるたちのおほかみ)(るい)(およ)ぼし、093八百万(やほよろづ)神人(かみ)神退(かむやら)ひに退(やら)はれ、094()(くに)095(そこ)(くに)()()かむとする(とき)しも、096慈愛(じあい)(ふか)高照姫神(たかてるひめのかみ)(すく)はれ、097(いま)竜宮城(りうぐうじやう)門番(もんばん)(つと)むる(いや)しき()(うへ)098貴下(きか)(かか)(ところ)にて御目(おんめ)にかかり、099(じつ)慙愧(ざんき)()へず、100(あげ)竜宮(りうぐう)(おい)(とき)めき(わた)りし桃上彦(ももがみひこ)有為転変(うゐてんぺん)()(なら)ひ、101()荒波(あらなみ)(さら)はれて不知不識(しらずしらず)()(あやまち)102昨日(きのふ)(かは)和田(わだ)(はら)103千尋(ちひろ)(みづ)(そこ)(ふか)き、104(うみ)竜宮(りうぐう)門番(もんばん)日夜(にちや)苦労(くらう)艱難(かんなん)御察(おさつ)しあれ』
105と、106(こゑ)(くも)りて()()()()しにける。
107 ()出神(でのかみ)同情(どうじやう)(ねん)()へざるが(ごと)く、108しばらく差俯向(さしうつむ)いて悲歎(ひたん)(なみだ)さへ(なが)()けるが、109(さら)言葉(ことば)()いで、
110貴下(きか)今日(こんにち)境遇(きやうぐう)御察(おさつ)(まを)す。111至急(しきふ)(たづ)ねたきことあり。112()(さわ)がしき物音(ものおと)何事(なにごと)ぞ、113(くは)しく()べられよ』
114竜宮海(りうぐうかい)秘密(ひみつ)115門番(もんばん)分際(ぶんざい)として申上(まをしあ)(がた)し。116ただただ貴下(きか)御推量(ごすゐりやう)(まか)すのみ』
117(てい)よく()ねつける。118阿鼻叫喚(あびけうくわん)(こゑ)はますます(はげ)しく、119あたかも修羅場(しゆらぢやう)のごとき(かん)じなりける。
120 ()出神(でのかみ)突立(つつた)(あが)り、
121桃上彦(ももがみひこ)122われを奥殿(おくでん)案内(あんない)されよ』
123()ひつつ、124どんどんと(すす)()かむとする。125桃上彦(ももがみひこ)周章(あはて)て、
126『あゝ、127もしもし一寸(ちよつと)()つて(くだ)さいませ。128タヽヽヽ大変(たいへん)です。129彼様(あのやう)(ところ)御出(おい)でになつては乙米姫(おとよねひめ)より、130如何(いか)なる厳罰(げんばつ)(かうむ)るやも()れませぬ。131第一(だいいち)(わたくし)(とも)にあの(おそ)ろしい(こゑ)のする(ところ)(ほう)()まれねばなりませぬ。132()()御待(おま)(くだ)され、133一先(ひとま)(うかが)つて(まゐ)ります』
134と、135(さき)()足早(あしばや)奥殿(おくでん)()がけて姿(すがた)(かく)したり。136()出神(でのかみ)はただ一人(ひとり)茫然(ばうぜん)として四辺(あたり)をキヨロキヨロと見廻(みまは)()たまひにけり。
137大正一一・二・七 旧一・一一 外山豊二録)
138(序文~第一一章 昭和一〇・二・七 於東京銀座林英春方 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)