霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 ブラジル(たうげ)〔三六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第3篇 秘露より巴留へ よみ:ひるよりはるへ
章:第15章 第8巻 よみ:ぶらじるとうげ 通し章番号:365
口述日:1922(大正11)年02月08日(旧01月12日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神、淤縢山津見、正鹿山津見、蚊ヶ虎の四柱一行は、ブラジル峠を上っていく。春とはいえ、赤道直下の酷熱の中を、蚊ヶ虎に荷物を持たせて登って行く。
蚊ヶ虎はちょっと一服させて欲しい、と頼んだが、淤縢山津見は竜宮の底で苦労艱難を嘗めて門番をしてきたことを思えば、どうということなはい、と説教する。
蚊ヶ虎は愚痴をこぼす。淤縢山津見がそれを咎めると、逆に淤縢山津見のかつての悪事を責める。淤縢山津見が昔のことは過ぎ越し苦労するな、と諭しても、何かと理屈をつけて淤縢山津見をからかった。
淤縢山津見が昔の主人に向かって無礼であろう、と返すと、蚊ヶ虎は、過ぎ越し苦労するなとおっしゃったじゃないか、と返す有様。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0815
愛善世界社版:94頁 八幡書店版:第2輯 184頁 修補版: 校定版:96頁 普及版:41頁 初版: ページ備考:
001春霞(はるがすみ)棚引(たなびき)(わた)海原(うなばら)
002(なみ)()()けて立昇(たちのぼ)
003()出神(でのかみ)宣伝使(せんでんし)
004(しこ)曲津(まがつ)(はら)はむと
005醜国別(しこくにわけ)体主霊従(からみたま)
006霊主体従(れいしゆたいじゆう)()(かは)
007(みそぎ)(はら)ひし生魂(いくみたま)
008(こころ)つくしたちばな
009淤縢山津見(おどやまづみ)(あらた)めて
010従属(みとも)(かみ)腰骨(こしぼね)
011蚊々虎彦(かがとらひこ)(ともな)ひつ
012(をしへ)巴留(はる)国境(くにざかひ)
013ブラジル(やま)差掛(さしかか)る。
014 (はる)とはいへど赤道(せきだう)直下(ちよくか)酷熱(こくねつ)地帯(ちたい)015木葉(このは)身体(からだ)一面(いちめん)(まと)暑熱(しよねつ)(しの)(なが)ら、016(こし)(かが)める蚊々虎彦(かがとらひこ)荷物(にもつ)()たせ、017ブラジル(たうげ)(のぼ)()く。
018『モシモシ一寸(ちよつと)一服(いつぷく)さして(くだ)さいな。019(あせ)(たき)(ごと)く、020着物(きもの)(なに)夕立(ゆふだち)()うたやうにびしよ()れになつて(しま)つた。021何処(どこ)かに(みづ)でもあれば一杯(いつぱい)()みたいものですワ』
022(しつ)かりせぬか蚊々虎(かがとら)023(なん)だ、024(うみ)(そこ)吾々(われわれ)(なが)らくの苦労(くらう)艱難(かんなん)()めて金門(かなど)(ばん)をして()たことを(おも)へば、025(あつ)いの(くる)しいのと()つて()れるか。026空気(くうき)十分(じふぶん)()彼方此方(あちらこちら)()ても(みづ)ばつかりで、027(ろく)(いき)出来(でき)はしない。028(なに)ほど(けは)しい(さか)だつて、029(あせ)()ると()つても、030(すず)しい(かぜ)ちよいちよい()るじやないか。031十分(じふぶん)(あせ)(しぼ)(あし)(つか)らして、032もう一歩(いつぽ)前進(ぜんしん)することが出来(でき)ないやうになつた(ところ)で、033一服(いつぷく)するのだ。034その(とき)(たのし)さと()ふものは、035本当(ほんたう)(らく)(あぢ)(わか)るよ。036竜宮(りうぐう)(くる)しい、037(いき)(ろく)出来(でき)ない(ところ)から、038(あげ)()げて(もら)つた(うれ)しさと()ふものは、039たとへ(あし)(ぼう)になつても万分(まんぶん)(いち)苦労(くらう)でも()いワ。040貴様(きさま)はまだ苦労(くらう)()りないからさう()(よわ)いことを()ふのだ。041(おれ)()いて()い』
042『それはあまり胴欲(どうよく)ぢやございませぬか。043(わたくし)竜宮(りうぐう)()つたことが()いから、044貴下(あなた)のお(はなし)(うそ)か、045本当(ほんたう)()りませぬが、046(みづ)(なか)(くる)しいのは(わか)つて()ります。047(しか)本当(ほんたう)(みづ)(なか)なら三分(さんぷん)か、048五分(ごふん)(たた)()(いき)()れて(しま)うぢやありませぬか。049それに(なが)らく竜宮(りうぐう)貴下(きか)()られたのぢやから、050それを(おも)へば貴下(きか)御言葉(おことば)割引(わりびき)して()かねばなりますまい。051(わたくし)はもう半時(はんとき)(やす)まずに、052この山道(やまみち)(ある)かされようものなら、053身体(からだ)(しる)はさつぱり(あせ)になつて()(しま)ひ、054コンナ(あつ)(やま)(なか)木乃伊(みいら)になつて(しま)ひます。055ソンナ殺生(せつしやう)(こと)()はずと貴下(きか)改心(かいしん)なさつたぢやないか、056ちつと(くらゐ)情容赦(なさけようしや)()りさうなものだナア』
057(なみだ)(こぼ)す。
058『オイ蚊々虎(かがとら)059貴様(きさま)はなんだい、060(をとこ)じやないか。061この(くらゐ)なことで屁古垂(へこた)れて(なみだ)(なが)すと()ふことがあるかい』
062(わたくし)(けつ)して()きませぬ』
063『ソンナラ(たれ)()くのだ』
064『ハイハイ、065(わたくし)立派(りつぱ)一人前(いちにんまへ)(をとこ)です。066(いやし)くも男子(だんし)たるもの如何(いか)なる艱難(かんなん)辛苦(しんく)()うてもびくとも(いた)しませぬ。067(わたくし)について()るお(きやく)さまが()くのですよ』
068『お(きやく)さまて(なん)だ、069貴様(きさま)副守(ふくしゆ)か、070よう()(やつ)だな。071蚊々虎(かがとら)()ふからには、072()守護神(しゆごじん)でも()いて()るのぢやらう。073(いま)まで(ひと)生血(いきち)()ふやうな(わる)(こと)ばかり()つて()(むく)いだ。074貴様(きさま)(こし)(なん)だい、075くの()(まが)つて(しま)つとるぢやないか。076(いま)までの罪滅(つみほろぼ)しだ。077副守(ふくしゆ)(かま)はず、078本守護神(ほんしゆごじん)勇気(ゆうき)()して(おれ)()いて()ぬかい』
079貴下(あなた)(いま)まで醜国別(しこくにわけ)()うて、080随分(ずゐぶん)()くないことをなさいましたなあ。081(わたくし)貴下(あなた)御命令(ごめいれい)こいつ(わる)いな、082コンナことしたらきつと()(むく)いはないと(おも)つたが、083(あたま)からがみつける(やう)()はれるものだから、084(いま)までは(とら)()()(きつね)のやうに、085(こころ)にも()いことを()つてきました。086()はば貴下(あなた)(あく)張本人(ちやうほんにん)だ。087(わたくし)(ただ)機械(きかい)使(つか)はれたのみですワ』
088『ウン、089何方(どつち)にせよ使(つか)はれたのみか、090使(つか)はれぬしらみか、091(ひと)生血(いきち)()()か、092(とら)か、093(おほかみ)か、094(くま)か、095山狗(やまいぬ)かだよ』
096『モシモシそれは(あまり)ぢやありませぬか。097(とら)098(おほかみ)とは貴下(あなた)のことですよ。099()出神(でのかみ)さまに(たす)けて(もら)うて淤縢山津見(おどやまづみ)とやらいふ立派(りつぱ)()(もら)つて、100(えら)さうにしてござるが、101貴下(あなた)(ひと)(おど)淤縢山津見(おどやまづみ)だ。102(あんま)りどつせ、103ちつと(むかし)のことも(かんが)へて()なさい。104(おほ)きな(くち)もあまり(たた)けますまい。105此処(ここ)には貴下(あなた)(わたくし)とただ二人(ふたり)(はた)()いてをるものも()いから遠慮(ゑんりよ)なく(まを)しますが、106本当(ほんたう)(しこ)曲津(まがつ)()つたら貴下(あなた)のことですよ』
107三五教(あななひけう)()()苦労(くらう)や、108取越(とりこ)苦労(くらう)大禁物(だいきんもつ)だ。109何事(なにごと)神直日(かむなほひ)110大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、111()(なほ)(けう)だから、112ソンナ()んだ()(とし)(かぞ)へるやうな、113(くだ)らぬ(こと)()したがよからうよ。114()()つたことはもう(ひと)つも()はぬがよいワ』
115『ヘーイ、116うまく仰有(おつしや)いますワイ。117竜宮(りうぐう)門番(もんばん)をして(くるし)かつたつて、118仰有(おつしや)つたじやないか、119それは()()苦労(くらう)ぢやないのですか』
120『よう理屈(りくつ)をいふ(やつ)ぢやな。121(いま)までのことはさらり(かは)(なが)すのだい。122さうして心中(しんちう)一点(いつてん)黒雲(くろくも)()く、123清明無垢(せいめいむく)精神(せいしん)になつて、124神様(かみさま)御用(ごよう)をするのだよ』
125『また地金(ぢがね)()やしませぬかな。126(なに)ほど立派(りつぱ)黄金(わうごん)(たま)でも、127竹熊(たけくま)()つて()るやうな鍍金玉(めつきだま)では(すぐ)()げると()ふことがありますよ。128地金(ぢがね)(いし)であれば(なに)ほど(きん)()つてあつても(ふた)()(こす)ると生地(きぢ)(あら)はれて()るものですからナア』
129莫迦(ばか)いへ、130(おれ)身魂(みたま)(なか)まで水晶(すゐしやう)だ。131(もと)立派(りつぱ)分霊(わけみたま)だ。132(きぢ)もなかねば()たれまいといふことがある。133もう生地(きぢ)(はな)しは()めて()れ』
134『ヘーン、135うまいこと仰有(おつしや)りますワイ。136(くち)重宝(ちようほう)なものですな』
137『オー最早(もはや)山頂(さんちやう)(たつ)した。138オイ蚊々虎(かがとら)139(はな)しをしとる()何時(いつ)()にか、140(やま)頂辺(てつぺん)()てしまつたよ。141貴様(きさま)(くるし)(くるし)い、142もう一歩(いつぽ)(ある)けぬなどと屁古垂(へこた)れよつて(をとこ)らしくもない、143副守(ふくしゆ)(なに)()らぬが、144吠面(ほえづら)かわいて()られた(ざま)ぢや()かつたぞ。145もう此処(ここ)まで()れば(すず)しい(かぜ)(あた)つて、146(いま)までの苦労(くらう)仕忘(しわす)れだ。147(まへ)(かほ)(くろ)くなつたのも、148これも苦労(くらう)仕忘(しわす)れになつて、149(しろ)(かほ)になると重宝(ちようほう)だが、150これ(だけ)矢張(やつぱ)生地(きぢ)(てつ)だから、151(きん)にはならぬよ。152まあ、153(かほ)(くろ)いたつて心配(しんぱい)するには(およ)ばない。154貴様(きさま)何時(いつ)得意(とくい)暗黒(くらがり)で、155ちよいちよい何々(なになに)するのには()つて()いだ。156(やみ)(からす)()つたやうなもので、157(たれ)見付(みつ)けるものが()いからな。158本当(ほんたう)苦労(くらう)苦労甲斐(くらうがひ)があるよ』
159暗黒(くらがり)()るのは矢張(やつぱ)()ですもの、160貴下(あなた)仰有(おつしや)ることが本当(ほんたう)かも()れませぬ。161間違(まちが)つてゐるかも()れませぬ。162しかし貴下(あなた)()はいま出世(しゆつせ)して淤縢山津見(おどやまづみ)とか仰有(おつしや)つたが(なん)(くろ)()ですな。163(こは)さうなおどおどとした(やみ)(ばん)(からす)()つたやうな(やみ)ずみナンテ、164あまり(ひと)のことは()はれますまい。165()出神(でのかみ)さまも(えら)いワイ。166それ相当(さうたう)()(くだ)さる。167(ひと)(おどか)したり、168暗雲(やみくも)になつて(わけ)(わか)らぬ明瞭(はつきり)せぬ(すみ)のやうな屁理屈(へりくつ)(なら)べる醜国別(しこくにわけ)淤縢山津見(おどやまづみ)とは、169よくも洒落(しやれ)たものだワイ、170アハヽヽヽ』
171『オイ蚊々虎(かがとら)172主人(しゆじん)(むか)つて(なに)()ふ。173無礼(ぶれい)であらうぞよ』
174『ヘン、175(むかし)(むかし)176(いま)(いま)と、177()出神(でのかみ)(うた)はれたことを貴下(あなた)(おぼ)えてゐますか。178(むかし)(むかし)179(いま)(いま)(あと)(なん)だつたか(わす)れました。180エヘン』
181大正一一・二・八 旧一・一二 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)