霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 敵味方(てきみかた)〔三六七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第3篇 秘露より巴留へ よみ:ひるよりはるへ
章:第17章 第8巻 よみ:てきみかた 通し章番号:367
口述日:1922(大正11)年02月08日(旧01月12日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
淤縢山津見は峠を下りながら、蚊ヶ虎が不平ばかりを言って心身がしっかりせぬから、邪霊に取り付かれるのだ、と説教している。二人はまた頓珍漢な問答をしながら下っていく。
すると、傍らに大きな滝があるところへ、四五人の荒くれ男が腰掛けて、なにやらささやきあっている。淤縢山津見と蚊ヶ虎が男たちの前を横切ろうとしたとき、一人が大手を広げて谷道をさえぎった。
曰く、鷹取別のしろしめす巴留の国へは、他国の者は入れない決まりだという。蚊ヶ虎は腕をまくり、ねじ鉢巻で荒男に食ってかかった。荒男は荒熊と名乗り、蚊ヶ虎に喧嘩を吹っかけた。
以外にしぶとい蚊ヶ虎の抵抗に、荒熊は仲間を呼んで、のしてしまおうとする。蚊ヶ虎は得意になって啖呵を切っている。
威勢よく啖呵を切っていた蚊ヶ虎だが、いざ五人の荒男にいっせいに打ってかかられると、たちまち弱音をはいて、淤縢山津見に助けを求めた。淤縢山津見は自業自得、と傍観している。
蚊ヶ虎は荒熊たちに、柔らかく喧嘩しろ、と口の減らない負け惜しみを言っている。荒熊が得意になって蚊ヶ虎をなぶっていると、途端に崖から落ちて谷底に落ち込んでしまった。仲間の四人は驚いて蚊ヶ虎の手足を放した。
蚊ヶ虎は、自分の霊光に打たれて谷底に落ち込みよった、と一人悦に入っている。その間に淤縢山津見は谷底へ降りて、荒熊を助けて引き上げてきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0817
愛善世界社版:109頁 八幡書店版:第2輯 190頁 修補版: 校定版:111頁 普及版:48頁 初版: ページ備考:
001 山頂(さんちやう)()捻倒(ねぢたふ)(ごと)暴風(ばうふう)もピタリと()みて、002頭上(づじやう)酷熱(こくねつ)太陽(たいやう)(かがや)(はじ)めたり。003淤縢山津見(おどやまづみ)は、004蚊々虎(かがとら)(とも)にこの(やま)西(にし)西(にし)へと(くだ)りつつ、
005『オイ蚊々虎(かがとら)006(あし)はどうだイ。007ちつと(かる)くなつたか』
008『ハイもう大丈夫(だいぢやうぶ)です、009この調子(てうし)なれば如何(どん)(けは)しき(やま)でも岩壁(がんぺき)でも、010たとへ千万里(せんまんり)道程(みちのり)でも()ける(やう)心持(こころもち)になつて()ましたワ』
011『お(まへ)はしつかりせぬと曲津(まがつ)()()かれる(おそ)れがある。012(なん)()つてもまだ改心(かいしん)()らぬから、013ちつとも臍下丹田(あまのいはと)(たましひ)()わつて()ないので、014種々(いろいろ)曲津(まがつ)()かれるのだよ。015それで(あし)(おも)くなつたり、016(くるし)みたり弱音(よわね)()いたりするのだ。017曲津(まがつ)我々(われわれ)のこの(やま)()えて巴留(はる)(くに)()くのを大変(たいへん)(おそ)れて()るのだよ。018それで(はら)()わらぬお(まへ)(かか)つて弱音(よわね)()かすのだ。019(たましひ)さへしつかりすれば、020たとへ億兆(おくてう)邪神(じやしん)()たとて指一本(ゆびいつぽん)さへられるものではないよ』
021『ほんたうにさうですな、022イヤこれからしつかり(いた)しませう。023随分(ずゐぶん)(わたくし)貴下(あなた)悪口(わるくち)()ひましたが、024(ゆる)して(くだ)さいますか』
025(ゆる)すも(ゆる)さぬもあつたものか、026(みんな)(まへ)憑依(ひようい)した副守(ふくしゆ)()つたのだ。027(まへ)()つたのぢやないワ』
028三五教(あななひけう)(うま)抜道(ぬけみち)がありますな。029あれ(だけ)(わたし)貴下(あなた)のことをぼろ(くそ)()つたつもりだのに、030それでもやつぱり副守(ふくしゆ)()つたのですか』
031『さうだ。032邪神(じやしん)四足(よつあし)言葉(ことば)だよ』
033『それでも(げん)(わたし)(たしか)()つた(こと)を、034記憶(きおく)して()ますがなあ』
035『サア記憶(きおく)して()(やつ)四足(よつあし)だもの、036(とら)本守護神(ほんしゆごじん)(おく)(はう)にすつこみて、037副守(ふくしゆ)がアンナ(くだ)らぬ(こと)()ふのだ。038蚊々虎(かがとら)副守(ふくしゆ)も、039まあ()(やう)なものだねー』
040蚊々虎(かがとら)『さうすると(わたし)副守(ふくしゆ)四足(よつあし)ですか、041そりやあまり非道(ひど)いぢやありませぬか。042一体(いつたい)貴下(あなた)のおつしやる(こと)(なに)(なん)だか(わか)らなくなりましたよ』
043人間(にんげん)()ふことならちつとは、044こつちも(おこ)つても()たり、045理屈(りくつ)()うて()るのだけれども、046何分(なにぶん)理屈(りくつ)()うだけの価値(ねうち)がないからなー』
047『へー(めう)ですなー。048テンで合点(がつてん)(むし)承知(しようち)しませぬわい』
049『まあ()い。050(おれ)()(とほ)りにさへすればよいのだ。051その(うち)身魂(みたま)(みが)けて本守護神(ほんしゆごじん)発動(はつどう)するよ』
052 二人(ふたり)はコンナ(はな)しに(たび)疲労(つかれ)(わす)れて、053ドンドンと雑木(ざふき)(しげ)る、054山道(やまみち)(くだ)()く。055(かたはら)()なり(おほ)きな瀑布(たき)が、056飛沫(ひまつ)()ばして(かか)つてゐる。057()れば四五人(しごにん)(あら)くれ(をとこ)瀑布(たき)(まへ)腰打(こしうち)()けて、058(なに)面白(おもしろ)さうに(ささや)いてゐた。059二人(ふたり)はその(まへ)(よぎ)らむとする(とき)060その(なか)一人(ひとり)(をとこ)大手(おほて)(ひろ)げて谷道(たにみち)立塞(たちふさ)がり、
061『オイ(しばら)()つた。062(まへ)何処(どこ)のものだ。063ここは巴留(はる)(くに)だぞ。064鷹取別(たかとりわけ)(かみ)御守護(ごしゆご)(あそ)ばす御領地(ごりやうち)だ。065他国(たこく)(もの)はこの(たき)より一人(ひとり)(まへ)(すす)(こと)(ゆる)さぬのだ。066(すみや)かに(あと)引帰(ひきかへ)せ』
067(にら)()ける。068蚊々虎(かがとら)(うで)(まく)捻鉢巻(ねぢはちまき)をしながら、
069巴留(はる)(くに)(なん)だ。070鷹取別(たかとりわけ)がどうしたと()ふのだ。071勿体(もつたい)なくも三五教(あななひけう)大宣伝使(だいせんでんし)淤縢山津見(おどやまづみ)のお(とほ)りだ。072邪魔(じやま)(いた)すと利益(ため)にならぬぞ』
073 (みち)立塞(たちふさ)がつた(をとこ)
074(おれ)巴留(はる)(くに)関所(せきしよ)(まも)荒熊(あらくま)といふ(もの)だ。075(この)(はう)(まを)(こと)()かずに(とほ)るなら(とほ)つて()よ。076利益(ため)にならぬぞ』
077『よう()かしよつたな。078(おれ)(ため)にならぬと()へば、079(さる)人真似(ひとまね)をしよつて(ため)にならぬと(ほざ)きよる。080ウンそれも(わか)つて()る。081(ひと)(もの)(もら)つて(かへ)しにお返礼(ため)()(こと)がある。082オツトドツコイ(もら)言葉(ことば)(かへ)言葉(ことば)083しやれるない。084(おれ)一体(いつたい)(なん)心得(こころえ)てをる。085(おれ)貴様(きさま)のやうな副守(ふくしゆ)容器(いれもの)になつた四足魂(よつあしみたま)とは(わけ)(ちが)ふのだ。086本守護神様(ほんしゆごじんさま)御発動(ごはつどう)なされる正味(しやうみ)生粋(きつすゐ)蚊々虎(かがとら)(おほかみ)だぞ。087(した)におれ(した)におれ。088神様(かみさま)のお(とほ)りに邪魔(じやま)ひろぐと貴様(きさま)(ため)にならぬぞ。089コラ荒熊(あらくま)もうお返礼(ため)()らぬぞよ』
090此奴(こいつ)執拗(しぶと)(やつ)ぢや。091オイ(みな)(もの)()ぬか()ぬか。092五人(ごにん)()つてこの(くろ)(ばう)()ばしてしまへ』
093『アハヽヽヽ、094蚊々虎(かがとら)流石(さすが)(とら)さまだ。095(おれ)一人(ひとり)五人(ごにん)(かか)らねば、096どうする(こと)出来(でき)ぬとは、097貴様(きさま)らが(よわ)いのか、098(おれ)(つよ)いのか、099()つから()つから(わか)らぬ。100ヤイ荒熊(あらくま)(いつ)(いち)美事(みごと)(かか)るなら(かか)つて()よ』
101(こぶし)(にぎ)り、102(うで)をニユツと(まへ)()()し、103(くろ)()をグルグルと()いて()せる。
104『ヤイ貴様(きさま)あ、105何処(どこ)(うま)(ほね)か、106(うし)(ほね)()らぬが、107(えら)威張(ゐば)(やつ)だナ。108もうそれ(だけ)か、109もつと()()け、110(はな)()け、111(くち)(ひら)け、112(ばけ)()が』
113()はして()けば(なに)()かすか(わか)りやしない。114愚図々々(ぐづぐづ)()かすとこの鉄拳(てつけん)貴様(きさま)横面(よこつら)を、115カンカンと蚊々虎(かがとら)さまが巴留(はる)(くに)だぞ』
116『オイオイ(かか)(かか)れ。117()ばせ()ばせ』
118荒熊(あらくま)下知(げち)するを、119蚊々虎(かがとら)両方(りやうはう)()(つばき)しながら、
120『サア()い、121(いつ)(いち)122一匹(いつぴき)二匹(にひき)面倒(めんだう)だ。123一同(いちどう)五人(ごにん)(やつ)124(たば)になつて(たばね)一度(いちど)にかかれ』
125(なん)だ、126割木(わりき)か、127(しば)のやうに(たば)になつてかかれと、128その広言(くわうげん)(あと)にせえ。129吠面(ほえづら)かわくな、130(あと)後悔(こうくわい)()()はぬぞ』
131前後左右(ぜんごさいう)より蚊々虎(かがとら)武者振(むしやぶ)りつく。
132『ヤー、133わりとは手対(てごた)へのある(やつ)だ。134もしもし、135センセン宣伝使(せんでんし)(さま)136鎮魂(ちんこん)だ、137鎮魂(ちんこん)だ、138ウンと(ひと)つやつて(くだ)さいな』
139『マー充分(じゆうぶん)(もま)れたがよからうよ。140あまり貴様(きさま)(あご)達者(たつしや)だから、141(はな)(ひと)つも()()つて(もら)へ。142アハヽヽヽ』
143『そりやあまり胴欲(どうよく)ぢや、144(きこ)えませぬ。145コンナ(とき)(たす)けて(くだ)さるのが宣伝使(せんでんし)ぢやないか、146(ひと)見殺(みごろ)しになさるのか。147もしもし、148もうそれそれ(いま)(うで)()かれる。149イヽヽヽイツターイ(うで)()ける。150コラ荒熊(あらくま)151(あら)(こと)するな。152(やはら)かに喧嘩(けんくわ)せぬかい』
153喧嘩(けんくわ)するに(かた)いも(やはら)かいもあるか。154この鉄拳(てつけん)(くら)へ』
155()ふより(はや)くポカリと()つ。156四人(よにん)蚊々虎(かがとら)左右(さいう)手足(てあし)(しつか)りと、157獅噛(しがみ)()きゐる。
158『オイ四人(よにん)者共(ものども)それを(はな)すな。159これからこの蚊々虎(かがとら)身体(からだ)()かうと(なぐ)らうと(おれ)勝手(かつて)だ』
160『オイ()くのも()ぐるのもよいが、161あまり(ひど)いことをするなよ。162ちつと()けとけ、163割引(わりびき)せい』
164(おれ)()けと()つたつて、165喧嘩(けんくわ)()けるのは(きら)ひだ。166木挽(こびき)なら()(やう)にも割挽(わりび)くが(おれ)()めた、167(いや)だ。168貴様(きさま)生首(なまくび)をこれから()()つてやるのだ。169アー面白(おもしろ)いドツコイ、170貴様(きさま)(つら)ぢや面黒(おもくろ)いワイ。171ワハヽヽヽ』
172(わら)途端(とたん)(がけ)から谷底(たにそこ)()がけてヅデンドウと落込(おちこ)みける。173四人(よにん)(おどろ)いて(つか)まへた手足(てあし)(はな)したれば、174蚊々虎(かがとら)元気(げんき)づき、
175『さあ大丈夫(だいぢやうぶ)だ。176貴様(きさま)らもこの谷底(たにそこ)へみんな(はうむ)つてやらう』
177 四人(よにん)(ふる)(をのの)き、178(いは)獅噛(しがみ)()いて()る。
179『アハヽヽ、180(おれ)真正面(ましやうめん)()よつて、181この(はう)霊光(れいくわう)()たれたと()えて、182荒熊(あらくま)()仰向(あふむ)けに谷底(たにぞこ)ひつくり(かへ)つた。183オイ荒熊(あらくま)乾児(こぶん)(ども)184(つら)(あげ)ぬかい。185(おれ)霊光(れいくわう)ひつくり(かへ)してやらうかい。186もう大丈夫(だいぢやうぶ)だ。187もしもし宣伝使(せんでんし)(さま)188貴方(あなた)はあまり卑怯(ひけふ)ぢやないですか。189味方(みかた)味方(みかた)をせずに(てき)味方(みかた)をするとはよつぽど()唐変木(たうへんぼく)ですよ。190それだから貴方(あなた)はおーどーやーまーづーみーと()ふのだ。191この蚊々虎(かがとら)御神力(ごしんりき)(おそ)()つたらう。192これからは荷物(にもつ)()ちになれ』
193()つて大法螺(おほぼら)()きながら四辺(あたり)()れば、194宣伝使(せんでんし)(かげ)(けぶり)()えて()えざりけり。
195『あゝ(よわ)宣伝使(せんでんし)だな。196此奴(こやつ)もまた谷底(たにそこ)()られたのか()らぬ、197あゝ()(どく)なことだ。198袖振(そでふ)()ふも多生(たしやう)(えん)199(つまづ)(いし)(えん)(はし)200折角(せつかく)ここまでやつて()たものの、201荒熊(あらくま)一緒(いつしよ)谷底(たにそこ)(はう)られてしまうたか、202エー()(どく)ぢや、203アー人間(にんげん)()ふものは(わか)らぬものだナア。204(いま)まで(えら)さうに蚊々虎(かがとら)々々々(かがとら)だのと(むかし)かばち()しよつて、205(えら)さうに()つて()たのが、206この悲惨(みじめ)(ざま)(なん)(こと)かい。207(むかし)(むかし)208(いま)(いま)ぢや』
209調子(てうし)()つて四人(よにん)(をとこ)(まへ)()ゑ、210一人(ひとり)御託(ごうたく)(なら)べて()る。211そこへ流暢(りうちやう)(こゑ)で、
212(かみ)(おもて)(あら)はれて
213(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)
214この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
215()宣伝歌(せんでんか)(きこ)()たりぬ。
216『ヨウまた宣伝使(せんでんし)か、217(たれ)だらう。218谷底(たにそこ)(はま)つた幽霊(いうれい)(こゑ)にしては、219()んとなしに(ちから)がある。220ハテナ、221怪体(けつたい)(こと)があれば()るものぢや』
222独語(ひとりごと)()つてゐると、223そこへ淤縢山津見(おどやまづみ)谷底(たにそこ)()ちたる荒熊(あらくま)を、224()()(いたは)(なが)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひつつ(のぼ)()たり。
225『ヤヤ バヽ()(もの)が、226よう()けよつたナア』
227『オイオイ蚊々虎(かがとら)228(おれ)だよ。229化物(ばけもの)でも(なん)でもない真実者(ほんまもの)だ。230宣伝使(せんでんし)(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)(やく)だ。231貴様(きさま)があまり御託(ごうたく)(なら)べるから同情(どうじやう)出来(でき)ない。232(かへ)つて(おれ)荒熊(あらくま)同情(どうじやう)してこの危難(きなん)(たす)けたのだ。233(かみ)(みち)には(てき)味方(みかた)もあるものか。234三五教(あななひけう)御主旨(ごしゆし)味方(みかた)(なか)(てき)()235(てき)(なか)にも味方(みかた)()(をし)へられてある。236貴様(きさま)(おれ)味方(みかた)でありながら神様(かみさま)御心(みこころ)取違(とりちが)(いた)して、237(かへつ)(てき)になるのだ。238この荒熊(あらくま)さまは吾々(われわれ)(たい)して無茶(むちや)なことを()ひ、239吾々(われわれ)通路(つうろ)(さまた)げる(てき)(やう)だが、240(てき)(てき)とせず、241(てき)(かへつ)味方(みかた)となる(をしへ)だ。242どうだ合点(がつてん)()つたか』
243 蚊々虎(かがとら)怪訝(けげん)(かほ)して、
244『へー』
245(あぢ)のない味噌(みそ)(くら)つた(やう)(かほ)をして、246(くび)(かたむ)(ゆび)をくはへ、247アフンとして山道(やまみち)佇立(ちよりつ)しゐたり。
248大正一一・二・八 旧一・一二 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。