霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 刹那心(せつなしん)〔三六九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第4篇 巴留の国 よみ:はるのくに
章:第19章 第8巻 よみ:せつなしん 通し章番号:369
口述日:1922(大正11)年02月08日(旧01月12日) 口述場所: 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
淤縢山津見は荒熊(高彦)が恐れおののいているのを見て、邪神に取り付かれたために、臆病者になってしまったに違いない、と診断した。そして天の数歌の神嘉言を奏上して人差し指から霊光を放射し、荒熊(高彦)を照らし出した。
荒熊はたちまち身体動揺をはじめ、荒れ狂って大地に倒れふした。その刹那、今まで憑依していた悪霊は荒熊の身体から脱出してしまった。
荒熊(高彦)は立ち上がると、大地を踏みとどろかして雄たけびした。淤縢山津見は元の勇ましさを取り戻した高彦の様子に喜び、巴留の国の都へ案内するように、と促した。
高彦は、鷹取別が日の出神を巴留の国に入れまいと、軍勢を動員していることを伝え、自分は鷹取別軍の動静を探るために、駆け出して行ってしまった。後に蚊ヶ虎は、幾百万の軍勢も自分が吹き飛ばす、と大見得を切っている。
淤縢山津見がたしなめても、蚊ヶ虎は一向に聞く気配はなく、ますます法螺を大きく吹いている。逆に蚊ヶ虎は怖気を見せた淤縢山津見に、宣伝使の覚悟はいかに、と問い詰めた。
淤縢山津見も蚊ヶ虎の的を射た指摘に、やや反省の色を見せた。そこへ高彦が戻ってきた。高彦の報告によると、鷹取別が動員した軍勢は、不思議にも人影もなくなっていた。
これは計略に違いない、と怪しむ高彦らに対して、蚊ヶ虎は意に介さず、刹那心だ、と嘯いて一人、どんどんと坂道を下って行ってしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0819
愛善世界社版:127頁 八幡書店版:第2輯 196頁 修補版: 校定版:129頁 普及版:56頁 初版: ページ備考:
001 淤縢山津見(おどやまづみ)宣伝使(せんでんし)大地(だいち)()したる荒熊(あらくま)(むか)ひ、
002高彦(たかひこ)殿(どの)003貴下(あなた)(いま)まで大胆不敵(だいたんふてき)強者(つはもの)なりしに(いま)()卑怯(ひけふ)未練(みれん)精神(せいしん)になられたのは、004(さつ)するに貴下(あなた)身体(しんたい)には、005邪神(じやしん)悪鬼(あくき)憑依(ひようい)して、006天授(てんじゆ)身魂(みたま)(よわ)らせ臆病者(おくびやうもの)堕落(だらく)せしめたるならむ。007(すべ)(ひと)(こころ)(あく)ある(とき)(もの)(おそ)れ、008(こころ)(まこと)ある(とき)(もの)(おそ)れず009(われ)(これ)より貴下(あなた)(みたま)()()へせむ。010(しばら)くここに瞑目(めいもく)静坐(せいざ)されよ』
011厳命(げんめい)したるに、012荒熊(あらくま)唯々諾々(ゐゐだくだく)として、013(めい)のまにまに両手(りやうて)()み、014路上(ろじやう)瞑目(めいもく)静坐(せいざ)したり。
015 宣伝使(せんでんし)双手(もろて)()み、016(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)神嘉言(かむよごと)奏上(そうじやう)(をは)つて、017左右(さいう)()()みたるまま食指(ひとさしゆび)指頭(しとう)より霊光(れいくわう)(はつ)しつつ、018荒熊(あらくま)全身(ぜんしん)(てら)したり。019荒熊(あらくま)(たちま)身体(しんたい)動揺(どうえう)(はじ)前後左右(ぜんごさいう)()(くる)ひ、020キヤツ一声(いつせい)大地(だいち)(たふ)れたるその刹那(せつな)021(いま)まで憑依(ひようい)せる悪霊(あくれい)は、022(ぬぐ)ふが(ごと)(かれ)身体(しんたい)より脱出(だつしゆつ)したり。023宣伝使(せんでんし)は『(ゆる)す』と一声(いつせい)()ばはると(とも)荒熊(あらくま)(もと)身体(からだ)(ふく)し、024心中(しんちう)英気(えいき)()(かほ)(いろ)さへ(にはか)(はな)やかに()()たりぬ。
025 荒熊(あらくま)突立(つつたち)(あが)大地(だいち)()(とどろ)かし、
026(われ)こそは(もと)(ただ)せば、027大自在天(だいじざいてん)宰相(さいしやう)醜国別(しこくにわけ)御片腕(おんかたうで)028一時(いちじ)失敗(しつぱい)より心魂阻喪(しんこんそさう)し、029千思(せんし)万慮(ばんりよ)結果(けつくわ)()(うしな)ひて、030八岐大蛇(やまたのをろち)憑依(ひようい)され、031(かぜ)(おと)032(あめ)(ひび)きにも(こころ)(いた)(かや)()にも(をのの)(おそ)れ、033折角(せつかく)(かみ)より()けたる()御魂(みたま)も、034(ほとん)(つい)()て、035(よわ)()りたるその(ところ)へ、036如何(いか)なる(かみ)()(あは)せか、037(むかし)(つか)へし醜国別(しこくにわけ)宣伝使(せんでんし)に、038人跡(じんせき)(まれ)なるこの山奥(やまおく)(めぐ)()ひ、039危難(きなん)(すく)はれ、040日頃(ひごろ)吾身(わがみ)(をか)しゐたる悪鬼(あくき)邪神(じやしん)取払(とりはら)はれ、041(こころ)()れて大空(おほぞら)(つき)(ごと)(かがや)(わた)り、042()みきりたり。043最早(もはや)かくなる(うへ)幾百万(いくひやくまん)敵軍(てきぐん)も、044億兆(おくてう)無数(むすう)曲神(まがかみ)も、045真澄(ますみ)(かがみ)()りはへて、046(まこと)(つるぎ)()()たし、047縦横無尽(じうわうむじん)()りまくり天地(てんち)(とどろ)言霊(ことたま)(ちから)に、048巴留(はる)(みやこ)(わだか)まる、049鷹取別(たかとりわけ)言向(ことむ)けて功績(いさを)()てむ。050嗚呼(ああ)(うれ)しし(うれ)しし(よろこ)ばし』
051(うで)(たた)いて雄叫(をたけ)びしたり。
052 宣伝使(せんでんし)満面(まんめん)(ゑみ)(たた)へ、
053『あゝ(いさ)ましし(いさ)ましし。054高彦(たかひこ)殿(どの)これより巴留(はる)(みやこ)(むか)はむ、055案内(あんない)されよ』
056と、057(さき)()ちて()かむとするを、058高彦(たかひこ)(そで)(ひか)へて、
059(しばら)くお()(くだ)さいませ。060この(さき)には数万(すうまん)群衆(ぐんしう)061()出神(でのかみ)当国(たうごく)()()(きた)ると()軍勢(ぐんぜい)(ととの)へ、062伏兵(ふくへい)(まう)けて()()れば、063如何(いか)神徳(しんとく)(たか)くとも軽々(かるがる)しく(すす)むべからず、064()()(われ)様子(やうす)(うかが)報告(はうこく)(つかまつ)らむ。065(しばら)此所(ここ)()たせ(たま)へ』
066と、067(くも)(かすみ)()()したり。
068 蚊々虎(かがとら)(ひぢ)()り、069(みぎ)()(こぶし)(かた)めて(ひだり)()(うで)()(たた)きながら、
070『たとへ悪魔(あくま)軍勢(ぐんぜい)幾百万(いくひやくまん)()()(きた)(とも)071この蚊々虎(かがとら)(うで)(まか)せ、072()()(てき)縦横無尽(じうわうむじん)()()()(たふ)し、073一泡(ひとあわ)()かせて()れむ。074ヤー面白(おもしろ)面白(おもしろ)し、075(わが)一生(いつしやう)腕試(うでだめ)し、076(うで)()れるか千切(ちぎ)れるか、077蚊々虎(かがとら)(かく)(ちから)(あらは)(どき)078サアサア()()い、079やつて()い。080(やく)にも()たぬ蠅虫(はへむし)()ら、081この蚊々虎(かがとら)鼻息(はないき)(ひやく)二百(にひやく)木端武者(こつぱむしや)082()いて()いて吹捲(ふきまく)り……』
083『その広言(くわうげん)(あと)(こと)だ、084さう(いま)から(りき)むとまさかの(とき)(ちから)()けて(しま)ふぞ、085蚊々虎(かがとら)
086宣伝使(せんでんし)(さま)087オー此処(ここ)四人(よにん)守護神(しゆごじん)088人間様(にんげんさま)089心配(しんぱい)するなよ。090(おれ)(ちから)をお前達(まへたち)()らぬから取越苦労(とりこしくらう)をするが、091(かみ)(みち)取越苦労(とりこしくらう)大禁物(だいきんもつ)ぢや。092(いま)()ふこの刹那(せつな)勝敗(しようはい)(わか)るる(ところ)093最初(さいしよ)から(てき)(おそ)れてどうならうか、094(たたか)はぬ(うち)から蚊々虎(かがとら)(てき)()んで()るのだ。095臆病風(おくびやうかぜ)(さそ)はれては()らないぞ。096この蚊々虎(かがとら)さまがブラジル(たうげ)(のぼ)つて()(とき)に、097(みち)両方(りやうはう)雲霞(うんか)(ごと)き、098数限(かずかぎ)りも()れぬ沢山(たくさん)(てき)が、099俺等(おれたち)()()せて()た。100その(とき)この宣伝使(せんでんし)(かたはら)()(かげ)(しの)ばせ()き、101数万(すうまん)(てき)(むか)つて大音声(だいおんじやう)102ヤーイ(みな)(やつ)木端武者(こつぱむしや)(ども)103(おれ)(なん)心得(こころえ)てゐる。104この(はう)(ひろ)世界(せかい)二人(ふたり)とない智勇(ちゆう)兼備(けんび)天下(てんか)豪傑(がうけつ)蚊々虎(かがとら)さまとは吾事(わがこと)なるぞ。105相手(あひて)になつて後悔(こうくわい)するな。106サー()勝負(しようぶ)大手(おほて)(ひろ)げた。107数多(あまた)(てき)()はして()けば()らざる広言(くわうげん)108()(もの)()せてくれむと、109四方(しはう)八方(はつぱう)より、110タツタ一人(ひとり)蚊々虎(かがとら)さまを目蒐(めが)けて()()せたり。111強力無双(がうりきむさう)蚊々虎(かがとら)さまは、112()()(てき)(はし)(かひこ)(つま)()うに、113(みぎ)から()(やつ)(ひだり)へポイトコセ、114(ひだり)から()(やつ)(みぎ)へポイトコセ、115(しまひ)にはエヽ面倒(めんだう)と、116首筋(くびすぢ)一寸(ちよつと)(つま)んで(そら)()がけてプリンプリンプリン、117また()(やつ)一寸(ちよつと)(つま)んでプリンプリンプリン、118(うへ)から()りて()(やつ)119(した)から(うへ)()られる(やつ)120空中(くうちう)(あたま)鉢合(はちあは)せをして、121アイタヽヽヽピカピカと()から()()し、122()()げられた(やつ)と、123(ちう)から()ちて()(やつ)と、124途中(とちう)貴方(あなた)(のぼ)りですか、125(わたくし)(くだ)りです、126(した)()りなしたら蚊々虎(かがとら)さまに宜敷(よろしく)……』
127『コラコラ法螺(ほら)()くにも(ほど)がある。128(だま)らぬかい。129()はして()けば調子(てうし)()つて……ここを(なん)心得(こころえ)をる。130数万(すうまん)強敵(きやうてき)(まへ)(ひか)へて()いて、131ソンナ気楽(きらく)なことを()うて()(ところ)()いぞ』
132『ヤー、133ヤツパリ淤縢山津見(おどやまづみ)ぢやなあ、134数万(すうまん)(てき)にオドオドして、135(むか)ふは真暗(まつくら)がり、136暗墨(やみすみ)()うに、137一寸先(いつすんさき)真黒黒助(まつくろくろすけ)だ。138エヘン(えら)さうに(くち)ばつかり、139取越苦労(とりこしくらう)はするな過越苦労(すぎこしくらう)禁物(きんもつ)ぢやのと、140口先(くちさき)立派(りつぱ)なことを仰有(おつしや)るが、141この蚊々虎(かがとら)さまはかう()えても刹那心(せつなしん)142たとへ半時先(はんときさき)嬲殺(なぶりごろ)しに()はされやうが、143ソンナ(こと)神様(かみさま)御心(みこころ)(まか)して()るのだ。144モシ宣伝使(せんでんし)さま、145さうぢや()りますまいかな。146釈迦(しやか)説法(せつぱふ)か、147()うた()(をし)へられて浅瀬(あさせ)(わた)ると()ふのか、148いやもうトンとこの(へん)合点(がつてん)(むし)が、149承知(しようち)しませぬワイ。150まさかの(とき)になつて()ると、151宣伝使(せんでんし)さまの覚悟(かくご)(まこと)(あや)しい(たよ)()いものだワイ』
152と、153()()(した)(すこ)()して、154宣伝使(せんでんし)(かほ)をチヨツと見上(みあ)げる。
155 宣伝使(せんでんし)(かほ)(すこ)しくそむけながら、
156『さうだなア。157さう()へば、158マアソンナものかい』
159『ソンナものかいも()つたものかい。160甲斐性(かひしやう)()()が、161ちと改心(かいしん)したか、162エーン』
163蚊々虎(かがとら)164無礼(ぶれい)()らうぞよ』
165 ()かる(ところ)以前(いぜん)荒熊(あらくま)は、166呼吸(いき)(はづ)ませながら、167坂道(さかみち)(のぼ)()たりぬ。
168 蚊々虎(かがとら)頓狂(とんきやう)(こゑ)で、
169『ヤー(かへ)つたか様子(やうす)()んと、170仔細(しさい)如何(いか)に、171(つぶさ)に、172言上(ごんじやう)(つかまつ)れ』
173『また貴様(きさま)()しやばるな』
174()しや()るツて、175刹那心(せつなしん)ですよ。176()(なん)だか()くから(いそ)いで()うたのですよ。177(けつ)して取越苦労(とりこしくらう)ではありませぬよ』
178 荒熊(あらくま)が、
179(まを)()げます、180不思議(ふしぎ)なことには何時(いつ)()にか人影(ひとかげ)()くなつて()ります。181(これ)には(なに)(ふか)計略(けいりやく)()(こと)(おも)ひますが、182軽々(かるがる)しく(すす)(わけ)には()きますまい。183(ひと)つこれは(かんが)へものですな』
184『ナーニ刹那心(せつなしん)だ。185()(ところ)まで()かな(わか)るものかい。186(すす)(すす)め』
187蚊々虎(かがとら)は、188(さき)()つて(すす)()く。
189 (あと)六人(ろくにん)路傍(みちばた)(いは)(こし)()()け、190(なん)かヒソヒソと(あたま)(あつ)めて(ささや)きゐたり。
191 蚊々虎(かがとら)(ただ)一人(ひとり)192ドンドン(うで)()りながら一目散(いちもくさん)坂道(さかみち)(くだ)()く。
193大正一一・二・八 旧一・一二 森良仁録)