霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 黒頭巾(くろづきん)〔三七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第4篇 巴留の国 よみ:はるのくに
章:第23章 第8巻 よみ:くろずきん 通し章番号:373
口述日:1922(大正11)年02月08日(旧01月12日) 口述場所: 筆録者:東尾吉雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
蚊ヶ虎と高彦は、五月姫の心中を忖度しながら滑稽な問答を交わしている。淤藤山津見と五月姫が門内に入った後、蚊ヶ虎と高彦は締め出されてしまうが、再び招き入れられて館に入った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0823
愛善世界社版:154頁 八幡書店版:第2輯 206頁 修補版: 校定版:156頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:
001 五月姫(さつきひめ)従者(じゆうしや)松明(たいまつ)(とも)(なが)ら、002(さき)()つて道案内(みちあんない)をなす、003三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)(あと)()いて()く。004蚊々虎(かがとら)005高彦(たかひこ)二人(ふたり)途々(みちみち)(はな)しを(はじ)める。
006(小さい声で)『おい、007(えん)()なもの(おつ)なものじやないか。008吾輩(わがはい)のやうな目許(めもと)(すず)しい鼻筋(はなすぢ)(とほ)つた、009口許(くちもと)(しま)つた(をとこ)らしい、010そしてお(まけ)立派(りつぱ)()()えた(をとこ)(きら)つて、011あの禿茶瓶(はげちやびん)醜国別(しこくにわけ)()きだとは、012何処(どこ)勘定(かんぢやう)()ふのだらう。013彼奴(あいつ)頭巾(づきん)()てよるから、014(よる)(こと)なり間違(まちが)へよつたのだぜ。015頭巾(づきん)()いだら五月姫(さつきひめ)吃驚(びつくり)しよつて「矢張(やつぱ)人違(ひとちが)ひで御座(ござ)りました。016こちらのお(かた)」ナンテ()ひよつて、017(おれ)(はう)秋波(しうは)(おく)るに(きま)つてるわ。018アンナ(をとこ)可愛(かあい)がつたところで、019何処(どこ)(けつ)やら(どたま)やら(わか)つたものぢやない。020物好(ものずき)もあればあるものだね』
021高彦(たかひこ)(わし)(をんな)だつたら……』
022『さうだつたら、023(おれ)()れるだらう』
024自惚(うぬぼ)れない。025貴様(きさま)(こし)()(まが)つて()るなり、026皺嗄声(しはがれごゑ)疳声(かんごゑ)()して、027石原(いしはら)薬罐(やくわん)でも引摺(ひきず)(やう)宣伝歌(せんでんか)(うた)はれたら、028愛想(あいさう)()きて(しま)ふわ。029マア(なに)かい、030宣伝使(せんでんし)禿頭(はげあたま)(ばけ)(あら)はれて、031五月姫(さつきひめ)(しり)()つたら、032第二(だいに)候補者(こうほしや)はマア(たか)さまかい』
033(たか)()れたる高彦(たかひこ)が、034(なん)だい。035山道(やまみち)関守(せきもり)()が、036(あんま)自惚(うぬぼ)れな』
037へつぴり(ごし)薬罐声(やくわんごゑ)貴様(きさま)に、038五月姫(さつきひめ)()つたものかい』
039(なん)040馬鹿(ばか)にしよるない』
041蚊々虎(かがとら)は、042高彦(たかひこ)横面(よこづら)拳骨(げんこつ)(かた)めてポカンとやらうとするを、043高彦(たかひこ)は、
044『おい、045三五教(あななひけう)だよ、046(こら)(しの)びだ』
047『ヤアー、048宣伝使(せんでんし)(つら)いものだナ。049(おれ)今迄(いままで)蚊々虎(かがとら)だつたら、050貴様(きさま)(あたま)(おも)存分(ぞんぶん)やつてやるのだけれど、051あゝ神様(かみさま)胴欲(どうよく)だワイ』
052 五月姫(さつきひめ)二人(ふたり)(あらそ)ひを()いて、053(おも)はず()らず、
054『ホヽヽヽ』
055(わら)()したり。
056『おい高公(たかこう)057ホヽヽホケキヨーぢやと。058まるで(うぐひす)(やう)(こゑ)だね』
059『そらア貴様(きさま)薬罐声(やくわんごゑ)とは、060テンデ(もの)(ちが)ふよ。061(きん)(なまり)か、062(つき)さまと(すつぽん)か、063(くも)(どろ)か、064まあソンナものだなあ』
065(なに)つ! キリキリキリキリ』
066『こら、067歯軋(はぎし)りを()んで(にぎ)(こぶし)(かた)めよつて、068そら三五教(あななひけう)だよ。069見直(みなほ)し、070聞直(ききなほ)しだ』
071(ぢき)(ひと)(くつわ)()めよつて、072コンナ(やつ)生半熟(なまはんじゆく)教理(けうり)(をし)へると都合(つがふ)(わる)いわ』
073(みな)さま暗夜(やみよ)御苦労(ごくらう)(あづか)りました。074これが(わらは)両親(りやうしん)()まつて()ります破屋(あばらや)でござります。075さあさあお(あが)(くだ)さいませ』
076 淤縢山津見(おどやまづみ)は、
077(しか)らば御免(ごめん)
078と、079五月姫(さつきひめ)(みちび)かれ、080(さき)()つて(すす)んで()く。081蚊々虎(かがとら)はその口真似(くちまね)をして、
082暗夜(あんや)(ところ)083苦労(くらう)御座(ござ)いました。084これが(わらは)両親(りやうしん)()まつて()ります荒屋(あばらや)でござります。085さあさあお(あが)(くだ)さいませ。086……(しか)らば御免(ごめん)
087貴様(きさま)独言(ひとりごと)いうて、088一人(ひとり)返事(へんじ)をしてるのか。089馬鹿(ばか)だなあ』
090『おい高彦(たかひこ)091馬鹿(ばか)()(こと)があるか、092()(なほ)せ』
093馬鹿々々(ばかばか)しい()()つたワイ。094おい蚊々虎(かがとら)095愚図々々(ぐづぐづ)しとると(もん)から突出(つきだ)されやしまひかな』
096(なに)097()()しよつたら()()たら()いのだ。098つき(いで)て、099月出(つきで)(ひこ)(かみ)さまに()るのだ。100あゝ、101(つき)(あが)つた、102あれ()い、103三五(さんご)明月(めいげつ)だ』
104 四辺(しへん)月光(げつくわう)(てら)されて、105(ひる)(ごと)くに(あか)るくなりぬ。
106 二人(ふたり)(いま)東天(とうてん)かすめて差昇(さしのぼ)満月(まんげつ)(ひかり)(なが)めて、107色々(いろいろ)無駄話(むだばなし)(ふけ)(うち)108中門(なかもん)はガラガラ ピシヤツと()められ、109五月姫(さつきひめ)110淤縢山津見(おどやまづみ)は、111(ふか)門内(もんない)姿(すがた)(かく)したりける。
112『おい高公(たかこう)113ガラガラ ピシヤンぢや』
114『オイ蚊々虎(かがとら)115ガラガラ ピシヤンて(なん)だい』
116(なん)だつてガラガラ ピシヤンぢや()いか』
117『ガラガラ ピシヤンが(なん)だい。118(しめ)(とき)はピシヤンと()ふし()ける(とき)はガラガラと()ふのだ。119何処(どこ)門口(もんぐち)だつて、120ガラガラ ピシヤンはするよ。121(なに)(めづら)しいのだ』
122貴様(きさま)()(めぐ)りの(わる)(やつ)だな。123それでは宣伝使(せんでんし)落第(らくだい)だよ。124(あま)岩戸(いはと)はピツシヤリと(しま)つて、125(おい)二人(ふたり)()つとけぼりだ。126(ひと)雲天井(くもてんじやう)()さしよつて、127自分(じぶん)らは綾錦(あやにしき)(つつ)まれて淤縢山津見(おどやまづみ)(やつ)128今晩(こんばん)神楽(かぐら)をあげて面白(おもしろ)さうに岩戸(いはと)(びら)きをやりよるのだよ。129馬鹿々々(ばかばか)しいぢやないか。130(ひと)今晩(こんばん)(もん)()でも(たた)いて(はや)してやらうかい、131むかつくからなあ』
132三五教(あななひけう)だ。133(こら)(しの)びだ。134(おこ)つちやいかぬよ』
135馬鹿(ばか)にしやがるなアー、136辛抱(しんばう)せうかい』
137 この(とき)(また)もやガラガラと(おと)がして、138三人(さんにん)(わか)(をんな)139徐々(しづしづ)二人(ふたり)(まへ)(あら)はれ、
140『これはこれはお二方様(ふたかたさま)141(よる)(こと)()ひ、142()()んで()りますで、143つい(わす)れました。144(ひめ)(さま)がお二人(ふたり)(かた)何処(どこ)へゐらつしやつたと、145大変(たいへん)にお(たづ)ねで御座(ござ)います。146どうぞ(はや)此方(こちら)へお這入(はい)(くだ)さいませ』
147『おい、148これだから(こら)(しの)びが第一(だいいち)だと()ふのだナ。149俯伏(うつぶ)いた拍子(へうし)頭巾(づきん)(すべ)(おと)して(ひか)つた(あたま)五月姫(さつきひめ)()られて、150落第(らくだい)しよつたのだぜ。151()()ると矢張(やつぱ)蚊々虎(かがとら)さまだよ』
152糠喜(ぬかよろこ)びをするない、153(まへ)のやうな腰付(こしつ)きでは(たれ)だつて(ほれ)やしないよ。154それは()まん(まる)(はな)(おほ)きい(くち)(おほ)きい(しま)りのある、155一寸(ちよつと)()ても(つよ)さうな高彦(たかひこ)さまに、156白羽(しらは)()()つのだよ。157まあまあ明日(あす)(あさ)勝敗(しようはい)(わか)るわ』
158『もしもしお客様(きやくさま)(はなし)(あと)でゆつくりして(くだ)さいませ。159(ひめ)(さま)大変(たいへん)()ちで御座(ござ)います』
160蚊々虎(かがとら)(ぬか)したりな(はか)したりな、161(ひめ)(さま)がお待遠(まちどほ)だとい。162エヘン』
163蚊々虎(かがとら)(かた)(いか)らして(さき)()門内(もんない)姿(すがた)(かく)したりけり。
164大正一一・二・八 旧一・一二 東尾吉雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。