霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 盲目(めくら)審神(さには)〔三七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第4篇 巴留の国 よみ:はるのくに
章:第24章 第8巻 よみ:めくらさにわ 通し章番号:374
口述日:1922(大正11)年02月08日(旧01月12日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は夕食を振舞われた後、祝詞を奏上した。闇山津見は改めて宣伝使一向に向かい、黄泉国に行かれたはずの伊弉冊命が、ロッキー山に現れたということを巴留の国の棟梁・鷹取別(大自在天の部下)から聞いて、その真偽を確かめたいのだ、と切り出した。
淤藤山津見は竜宮から日の出神とともに伊弉冊命のお供をしてきた際、確かにロッキー山に行くということを聞いた、と話した。すると蚊ヶ虎の身体はにわかに振動し始め、口を切り出した。
神懸りした蚊ヶ虎は淤藤山津見の報告を否定し、ロッキー山に現れたのは大自在天・常世神王の妻、大国姫が化けたものだ、と託宣した。
淤藤山津見は審神にかかり、蚊ヶ虎に懸った神を霊縛しようとしたが、一向に効果がない。淤藤山津見はこれは邪神であるして伊弉冊命はロッキー山にいらっしゃると請合うが、蚊ヶ虎に憑いた神は言霊を使って淤藤山津見をしかりつけた。
淤藤山津見はたまらず神に許しを請うが、どうしても伊弉冊命がロッキー山にいることは確かであると主張した。蚊ヶ虎に懸った神は呆れて立ち去った。
淤藤山津見は自身が見聞きしたこととして、伊弉冊命がロッキー山に鎮まりいますことを闇山津見に請合った。その世は一同は三五教の教えの話に世を明かした。
伊弉冊命は火の神を生みました後、黄泉国にお出でになられたのは、黄泉国から荒び来る曲津神を封じるご神策であった。そのため黄泉国の曲津神たちは海底の竜宮に居所を変えて、再び葦原の瑞穂の国を狙っていた。
そこで伊弉冊命は今度は竜宮にお出でになって曲津神たちを封じていた。乙米姫を身代わりとして曲津神たちを封じた伊弉冊命は、日の出神に迎えられてロッキー山に立て籠もると言い置き、その実は天教山にお帰りになって、伊弉諾大神と合流していたのである。
この間のご経綸を知らない世の神人たちは、伊弉冊命がロッキー山に現れたと思っていたが、その実これは常世神王の妻・大国姫に悪霊が憑依して、伊弉冊命の名を騙っていたのであった。
常世神王は自ら日の出神を偽称して、種々の作戦を立てていた。これが後に、黄泉比良坂の戦いにつながるのである。
ゆえに、黄泉比良坂の故事に伊弉冊命とあるは、真の伊弉冊命ではなく、大国姫の化身なのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0824
愛善世界社版:160頁 八幡書店版:第2輯 208頁 修補版: 校定版:162頁 普及版:71頁 初版: ページ備考:
001 闇山津見(くらやまづみ)奥殿(おくでん)(ひろ)一間(ひとま)は、002夕食(ゆふしよく)用意(ようい)調(ととの)へられ、003一応(いちおう)主客(しゆきやく)慇懃(いんぎん)なる挨拶(あいさつ)(をは)りて各自(かくじ)晩餐(ばんさん)(せき)()きぬ。
004 夕食(ゆふしよく)(ここ)相済(あひす)み、005淤縢山津見(おどやまづみ)二人(ふたり)(とも)神床(かむどこ)(むか)つて天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)する。
006 闇山津見(くらやまづみ)一行(いつかう)(むか)慇懃(いんぎん)にその(らう)(しや)し、007()つ、
008()()つて宣伝使(せんでんし)にお(たづ)(まを)()(こと)があります。009何卒(どうぞ)御教示(ごけうじ)(ねが)ひます』
010()ふ。
011何事(なにごと)()りませぬが、012神様(かみさま)(うかが)つて()ませう』
013宇宙(うちう)万有(ばんいう)一切(いつさい)(こと)()(あか)宣伝使(せんでんし)014(だい)宇宙(うちう)より(せう)(しらみ)(はら)(なか)まで』
015『コラコラ蚊々虎(かがとら)016(だま)りなさい』
017(わたくし)高天原(たかあまはら)(まし)ましたる伊弉冊命(いざなみのみこと)が、018黄泉(よもつ)(くに)へお(いで)ましになつたと()(こと)(うけたま)はつて()ました。019(しか)るに(この)ごろ常世(とこよ)のロッキー(ざん)伊弉冊命(いざなみのみこと)(あら)はれ(たま)うたと()(こと)巴留国(はるのくに)棟梁(とうりやう)鷹取別(たかとりわけ)より(うけたま)はりました。020二人(ふたり)伊弉冊命(いざなみのみこと)がおありなさるとすれば、021どちら真実(ほんたう)御座(ござ)いませうか。022吾々(われわれ)はその去就(きよしう)(まよ)ひ、023どうとかしてその真偽(しんぎ)(きは)()きたものと、024日夜(にちや)祈願(きぐわん)をして()りました。025(しか)るに昨夜(さくや)(ゆめ)に「明日(みやうにち)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)がこの(くに)()るから、026五月姫(さつきひめ)(むか)ひに(つか)はせ」とのお()げでありました。027それ(ゆゑ)今日(こんにち)(わが)(むすめ)町端(まちはづ)れの国魂(くにたま)(もり)群衆(ぐんしう)(まぎ)れて()()ませ、028宣伝使(せんでんし)のお(いで)()たせて()りましたところ、029(ゆめ)のお()げの(とほ)り、030三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)に、031()(かか)つたのも、032(まつた)御神示(ごしんじ)(うご)かぬところと(ふか)(しん)じます。033この(こと)について何卒(どうか)御教示(ごけうじ)(ねが)ひます』
034『サア(たし)かに吾々(われわれ)竜宮城(りうぐうじやう)より伊弉冊命(いざなみのみこと)(さま)のお(とも)(いた)して(まゐ)りましたが、035途中(とちう)(わか)れました。036伊弉冊命(いざなみのみこと)(さま)には()出神(でのかみ)()立派(りつぱ)生神(いきがみ)と、037面那芸司(つらなぎのかみ)がお(とも)(いた)して()(はず)であります。038ロッキー(ざん)に、039これから()くと(あふ)せになりましたから、040それが真実(まこと)伊弉冊命(いざなみのみこと)(さま)でありませう』
041 蚊々虎(かがとら)身体(しんたい)(にはか)振動(しんどう)(はじ)め、042(つひ)には(くち)()り、
043『オヽヽ淤縢山津見(おどやまづみ)044(なんぢ)(まを)(こと)(ちが)ふぞ(ちが)ふぞ。045伊弉冊命(いざなみのみこと)(さま)は、046テヽヽ矢張(やつぱ)()はれぬ、047()はれぬ。048ロッキー(ざん)(あら)はれたのは、049常世神王(とこよしんわう)(つま)大国姫(おほくにひめ)()(がみ)だぞよ』
050(なんぢ)(いづ)れの曲津神(まがつかみ)ぞ、051(げん)吾々(われわれ)伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)のお(とも)をして海上(かいじやう)(わか)れたのだ。052その(とき)のお言葉(ことば)に、053これよりロッキー(ざん)立籠(たてこも)ると(あふ)せになつた。054(その)(はう)(われ)(いつは)邪神(じやしん)であらう』
055 蚊々虎(かがとら)()()()げながら(くび)左右(さいう)()り、
056(ちが)(ちが)ふ、057サツパリ(ちが)ふ。058ロッキー(ざん)伊弉冊命(いざなみのみこと)は、059大国姫(おほくにひめ)だ。060もつと(しつ)かり審神(さには)(いた)せ。061(この)(はう)(いづ)れの(かみ)(おも)うて()るか。062盲人(めくら)審神者(さには)063モーちつと霊眼(れいがん)(ひら)いて、064()正体(しやうたい)見届(みとど)けよ』
065如何(いか)(たくみ)()()つるとも、066この審神者(さには)()(くら)ます(こと)出来(でき)まい。067(ほか)(こと)ならいざ()らず、068伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)御事(おんこと)()いては(この)(はう)(たしか)見届(みとど)けてある。069(いつは)りを()ふな、070退(さが)退(さが)れ』
071(だん)じて退(さが)らぬ。072(なんぢ)霊眼(れいがん)(ひら)くるまで』
073 淤縢山津見(おどやまづみ)一生懸命(いつしやうけんめい)両手(りやうて)()み、074霊縛(れいばく)(くは)へむとす。075蚊々虎(かがとら)大口(おほぐち)()けて、
076『ウワハヽヽー小癪(こしやく)な、077やり()るワイ。078ウワハヽヽー(あま)可笑(をかし)うて(はら)(かは)()れるワイ。079ウワハヽヽー』
080闇山津見(くらやまづみ)(さま)081この神懸(かむがか)りは(あて)にはなりませぬ。082大変(たいへん)大曲津(おほまがつ)(くつ)ついて()ます。083あの(とほ)(わら)()けて、084吾々(われわれ)嘲弄(てうろう)いたす強太(しぶと)悪神(あくがみ)085コンナ(やつ)()(こと)(しん)じなくても(よろ)しい。086吾々(われわれ)(いき)証拠人(しようこにん)087伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)は、088この常世(とこよ)(くに)のロッキー(ざん)(たしか)()られます』
089 蚊々虎(かがとら)(また)もや大口(おほぐち)()けて、
090『アハヽヽ、091あかぬ、092あかぬ、093淤縢山津見(おどやまづみ)(めくら)審神者(さには)イヽヽ如何(いか)霊縛(れいばく)(くは)へても、094ウヽヽ(うご)かぬ(うご)かぬ。095(うるさ)いか倦厭(うんざり)したか。096エエヽ(えら)さうに審神者面(さにはづら)()げて(なん)(ざま)097(おれ)正体(しやうたい)(わか)らぬか。098可笑(をか)しいぞ可笑(をか)しいぞ、099ウワハヽヽ。100カヽヽ可哀(かはい)さうなものだ。101キヽヽ気張(きば)つて気張(きば)つて汗泥(あせみどろ)になつて、102両手(もろて)()んで、103ウンウンと霊縛(れいばく)(なん)(ざま)だ。104クヽヽ苦労(くらう)()らぬぞ。105コンナ審神者(さには)(くる)しいやうな(こと)で、106どうして宣伝使(せんでんし)がつとまるか。107ケヽヽ()しからぬ(やつ)だ、108見当(けんたう)()れまい、109権幕(けんまく)ばかりが(つよ)うても(かみ)には(かな)ふまいがな。110コヽヽこれでもまだ()()るか、111(こま)りはせぬか。112サヽヽ審神者(さには)のなんのと、113()くもほざいたものだ、114サツパリ霊眼(れいがん)()かぬ(さぐ)審神者(さには)115シヽヽ()らぬ(こと)()らぬと()へ、116強太(しぶと)(やつ)だ。117(かみ)(まを)(こと)敵対(てきた)うて、118この(かみ)邪神(じやしん)だの、119(あて)にならぬのとは、120それや(なに)囈言(たはごと)だ。121スヽヽ(すみ)から(すみ)まで()のつく審神者(さには)でないと、122霊界(れいかい)(こと)()()るやうには(わか)らぬぞ。123セヽヽ宣伝使面(せんでんしづら)()げて、124盲審神者(めくらさには)(おれ)審神(さには)するなぞとは片腹痛(かたはらいた)い。125ソヽヽそんな(こと)世界(せかい)人間(にんげん)(みちび)かれるか』
126『タヽヽ(たの)みます、127もう(わか)りました。128(こら)へて(くだ)さい、129(しか)貴神(あなた)はお(かんが)(ちが)ひではありませぬか。130(げん)(わたくし)伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)(さま)のお(とも)して御口(おんくち)づからロッキー(ざん)()くと()(こと)(うけたま)はつたものですから、131この(こと)(ばか)りはどうしても真実(ほんたう)出来(でき)ませぬ』
132(なに)ほど()うても(わけ)(わか)らぬ宣伝使(せんでんし)133(かみ)はこれからタヽヽ()()るぞよ』
134 言葉(ことば)(をは)ると(とも)蚊々虎(かがとら)肉体(にくたい)は、135座敷(ざしき)仰向様(あふむけざま)打倒(うちたふ)れたり。136淤縢山津見(おどやまづみ)(ふたた)鎮魂(ちんこん)(ほどこ)し、137神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、138(そう)して淤縢山津見(おどやまづみ)は、139ロッキー(ざん)伊弉冊神(いざなみのかみ)(かく)()ます(こと)(たしか)(しん)闇山津見(くらやまづみ)(かた)く、140相違(さうゐ)ない(こと)()げけり。141闇山津見(くらやまづみ)(あつ)感謝(かんしや)してその()三五教(あななひけう)(はなし)()(あか)したり。
142   附言(ふげん)
143伊弉冊命(いざなみのみこと)()(かみ)()みまして、144黄泉国(よもつのくに)(いた)りましたるその御神慮(ごしんりよ)は、145黄泉国(よもつのくに)より葦原(あしはら)瑞穂(みづほ)(くに)(むか)つて、146(すさ)(うと)()曲津神達(まがつかみたち)黄泉国(よもつのくに)(ふう)じて、147地上(ちじやう)(あら)はれ(きた)らざるやう牽制的(けんせいてき)御神策(ごしんさく)()でさせられたるなり。148それより黄泉神(よもつのかみ)(うみ)竜宮(りうぐう)居所(きよしよ)(へん)じ、149(ふたた)葦原(あしはら)瑞穂(みづほ)(くに)攪乱(かくらん)せむとする形勢(けいせい)()えしより、150(また)もや(うみ)竜宮(りうぐう)伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)(いた)らせたまひ、151(ここ)牽制的(けんせいてき)経綸(けいりん)(おこな)はせ(たま)ひつつありける。152乙米姫命(おとよねひめのみこと)身代(みがは)りとなして黄泉神(よもつのかみ)竜宮(りうぐう)(ふう)()き、153(みづか)らは()出神(でのかみ)(むか)へられて、154ロッキー(ざん)立籠(たてこも)るべく言挙(ことあ)げしたまひ、155(ひそか)()出神(でのかみ)156面那芸司(つらなぎのかみ)とともに伊弉諾(いざなぎ)大神(おほかみ)(まし)ます天教山(てんけうざん)(かへ)りたまひぬ。157されど()神々(かみがみ)人々(ひとびと)も、158この(みづ)()らさぬ御経綸(ごけいりん)(ゆめ)にも()るものは()かりける。159ロッキー(ざん)(あら)はれたる伊弉冊命(いざなみのみこと)はその(じつ)常世神王(とこよしんわう)(つま)大国姫(おほくにひめ)金狐(きんこ)悪霊(あくれい)憑依(ひようい)して、160神名(しんめい)(かた)り、161常世神王(とこよしんのう)大国彦(おほくにひこ)には八岐(やまた)大蛇(をろち)悪霊(あくれい)憑依(ひようい)し、162表面(へうめん)は、163()出神(でのかみ)偽称(ぎしよう)しつつ、164種々(しゆじゆ)作戦(さくせん)計画(けいくわく)(すす)め、165(つひ)黄泉比良坂(よもつひらさか)(たたか)ひを(おこ)したるなり。166(ゆゑ)黄泉比良坂(よもつひらさか)(おい)伊弉冊命(いざなみのみこと)(むか)()たして事戸(ことど)(わた)したまうたる故事(こじ)は、167(しん)月界(げつかい)(まも)(がみ)なる伊弉冊大神(いざなみのおほかみ)にあらず大国姫(おほくにひめ)化身(けしん)なりしなり。
168大正一一・二・八 旧一・一二 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。