霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 讃嘆(ウローウロー)〔三七六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第4篇 巴留の国 よみ:はるのくに
章:第26章 第8巻 よみ:うろーうろー 通し章番号:376
口述日:1922(大正11)年02月09日(旧01月13日) 口述場所: 筆録者:東尾吉雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行はすわ敵軍かと警戒するが、これは巴留の国の人民たちが、宣伝使がやってきてから鷹取別の軍勢が退却して行ったので、感謝のために貢物を持ってやって来たのであった。
蚊ヶ虎はこの騒ぎの中でまたもや滑稽なやり取りをして一同を煙に巻いている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0826
愛善世界社版:175頁 八幡書店版:第2輯 213頁 修補版: 校定版:177頁 普及版:78頁 初版: ページ備考:
001 門内(もんない)には駱駝(らくだ)(いなな)(こゑ)002群衆(ぐんしう)(はな)(ごゑ)003刻々(こくこく)(たか)まり()たる。004蚊々虎(かがとら)はムツクと()(おこ)し、005玄関(げんくわん)()(あら)はれ、
006『ヤアヤアその物音(ものおと)(てき)味方(みかた)か、007実否(じつぴ)如何(いか)に』
008と、009呶鳴(どな)()ててゐる。
010 高彦(たかひこ)()()し、
011『オイオイ、012周章(あわ)てるな、013なぜ刹那心(せつなしん)発揮(はつき)せぬか』
014刹那心(せつなしん)ぢやと()つたつて、015()()つて()てはどうもかうも()つたものかい。016刹那心(せつなしん)(せつ)()いワイ、017この蚊々(かが)さまは』
018『アハヽヽヽ、019(よわ)(やつ)だな、020法螺(ほら)(ばか)()きよつて。021昨日(きのふ)のやうな勇気(ゆうき)はよう()さぬのか』
022()さいでか、023まあ()ておれ。024これから蚊々虎(かがとら)()()(てき)(むか)つて、025この鉄拳(てつけん)縦横無尽(じうわうむじん)()()()()り、026()つて()つて()(たふ)し、027勝鬨(かちどき)()ぐるは(またた)(うち)さ。028細工(さいく)流々(りうりう)仕上(しあ)げを()てから(なん)なと()へ』
029()ふより(はや)く、030韋駄天(ゐだてん)(ばし)りに門外(もんぐわい)()()しける。031高彦(たかひこ)(あと)見送(みおく)(なが)ら、
032『オーイ、033()()て、034アー()つて(しま)ひよつた。035周章者(あわてもの)だなあ、036()んで()()(なつ)(むし)かい、037モシモシ淤縢山津見様(おどやまづみさま)038如何(いかが)()(はか)らひませう』
039『まあ()くに(およ)ばぬ。040(ゆつ)くりお(ちや)など()んで(こころ)落着(おちつ)けたら()からう』
041(さつ)するところ、042鷹取別(たかとりわけ)配下(てした)軍勢(ぐんぜい)が、043吾々(われわれ)一同(いちどう)(ほろ)ぼすべく、044()()せたのでは()りますまいかナア淤縢山(おどやま)さま』
045『サア淤縢山津見(おどやまづみ)には(なん)とも(わか)らぬなあ』
046 この(とき)韋駄天走(ゐだてんばし)りに玄関(げんくわん)より(あが)つて()蚊々虎(かがとら)は、
047『オーイ、048淤縢山津見(おどやまづみ)049一同(いちどう)(もの)050(しつか)(いた)せ、051(てき)間近(まぢか)()()せたりだ。052駒山彦(こまやまひこ)(はじ)めとし、053(なまじ)いに()(のが)れむとして(てき)捕虜(とりこ)となり、054死恥(しにはぢ)()せむよりは、055(いさぎよ)くこの()割腹(かつぷく)々々(かつぷく)056サアサア(はら)()つたり()つたり』
057『アハヽヽヽ、058オイ、059狂言(きやうげん)をするない。060あの(こゑ)()いたか。061ウローウローと()つてるではないか。062吾々(われわれ)一行(いつかう)を、063この(へん)人民(じんみん)神様(かみさま)のやうに(おも)つて、064(いはひ)()てるのだぞ。065駱駝(らくだ)(こゑ)()ひ、066(よろこ)びの(こゑ)()ひ、067あの言霊(ことたま)にどうして敵意(てきい)(ふく)んで()るか。068貴様(きさま)もいい周章者(あわてもの)だ。069それだから臍下丹田(さいかたんでん)070(あま)岩戸(いはと)(たましひ)()ゑて()らぬと、071まさか(とき)には狼狽(うろた)へて、072キリキリ()ひを(いた)さな()らぬと仰有(おつしや)るのだよ。073(なん)だ、074この(ざま)は、075キリキリ(まひ)()よつて、076(はぢ)でも()れ。077五月姫(さつきひめ)さまが、078(ふすま)細目(ほそめ)()けて、079(わら)つて()らつしやるぞ』
080『ソンナことは(とほ)(むかし)(ひやく)承知(しようち)(せん)合点(がつてん)だ。081駒山彦(こまやまひこ)(やつ)082(おれ)地獄(ぢごく)から(むか)ひに()たなんて(おど)かしよつたから、083(おれ)(ひと)返報(へんぱう)がへしをして()たのだ。084貴様(きさま)()らぬ(こと)()ひよつて、085(おれ)妙計(めうけい)(うら)()くと()(こと)があるかい。086(じつ)(こと)()へば、087五月姫(さつきひめ)(さま)でさへも、088その(とう)さまの闇山津見(くらやまづみ)さまでさへも、089丁重(ていちよう)待遇(もてな)して、090(をしへ)()けられるやうな立派(りつぱ)蚊々虎(かがとら)宣伝使(せんでんし)を、091(いは)(まを)せ、092(れい)()かねば()らぬと、093(みな)(もの)言合(いひあは)して、094色々(いろいろ)(めづら)しい(もの)沢山(どつさり)()つて、095駱駝(らくだ)()んでな、096蚊々虎(かがとら)進上(しんじやう)したいと()つていよるのだよ。097ヘン、098豪勢(がうせい)なものだらう』
099『アハヽヽヽ、100(わら)はせやがらあ。101ヘー貴様(きさま)(やう)宣伝使(せんでんし)に、102(たれ)()()一枚(いちまい)()れる(もの)があつて(たま)るか。103みな淤縢山津見(おどやまづみ)宣伝使(せんでんし)と、104高彦(たかひこ)さまの改心(かいしん)演説(えんぜつ)感心(かんしん)してお(いはひ)()たのだよ。105(あんま)自惚(うぬぼ)れて(もら)ふまいかい。106貴様(きさま)自惚(うぬぼ)れるのも一番(いちばん)だが、107(こは)がるのも、108威張(ゐば)るのも一番(いちばん)だ。109それだから馬鹿(ばか)一番(いちばん)()ふのだよ、110ウフヽヽヽ』
111(なん)なと勝手(かつて)(ほざ)けい。112百千万(ひやくせんまん)(てき)にも、113ビクとも(いた)さぬ(こと)()いことは()蚊々虎(かがとら)だ。114木端武者(こつぱむしや)(ひか)へて()らう』
115『オイ、116また狂言(きやうげん)するのか。117五月姫(さつきひめ)(のぞ)いてるよ』
118 玄関(げんくわん)二三人(にさんにん)(こゑ)として、
119(たの)みます、120(たの)みます。121闇山津見(くらやまづみ)さまに()はして(くだ)さい』
122 玄関番(げんくわんばん)は、
123『ハイ』
124(こた)へて、125(ただ)ちに(おく)()(はし)()り、126この(むね)(つた)へたるに、127闇山津見(くらやまづみ)は、128五月姫(さつきひめ)(とも)宣伝使(せんでんし)一同(いちどう)(まへ)(あら)はれて、
129昨夜(さくや)失礼(しつれい)(いた)しました。130今日(こんにち)はどうか御悠(ごゆる)りと御休息(ごきうそく)(ねが)ひます。131(つき)ましては巴留(はる)(くに)人民(じんみん)(ども)が、132宣伝使(せんでんし)(らう)(ねぎら)ひたいと(まを)して種々(いろいろ)御土産物(おみやげもの)持参(ぢさん)(いた)しました。133(いま)三人(さんにん)代表者(だいへうしや)がこれへ(まゐ)りますから、134()うか(はなし)をしてやつて(くだ)さいませ』
135(かさ)(がさ)ねの御親切(ごしんせつ)136有難(ありがた)(ぞん)じます。137何時(いつ)でもお()(かか)りませう』
138 ()挨拶(あいさつ)(かは)(をり)しも、139三人(さんにん)(をとこ)140代表者(だいへうしや)としてこの()(あら)はれ、141一同(いちどう)(むか)叮嚀(ていねい)辞儀(じぎ)をしながら、
142宣伝使(せんでんし)御一同様(ごいちどうさま)申上(まをしあ)げます。143この地方(ちはう)は、144鷹取別(たかとりわけ)軍勢(ぐんぜい)沢山(たくさん)()()み、145強盗(がうたう)をする、146婦女子(ふぢよし)(なぶ)(もの)にする、147乱暴狼藉(らんばうろうぜき)(いた)らざる()く、148昨日(きのふ)(まで)何事(なにごと)勃発(ぼつぱつ)するかも()れないと()つて、149この国人(くにびと)戦々兢々(せんせんきようきよう)として仕事(しごと)()につかず、150心配(しんぱい)(いた)しまして、151国魂(くにたま)(かみ)のお(まつり)(はじ)めて()ました(ところ)が、152(おも)はずも宣伝使(せんでんし)(さま)宣伝歌(せんでんか)(きこ)えると(とも)に、153鷹取別(たかとりわけ)軍勢(ぐんぜい)も、154悪神(あくがみ)私語(ささやき)も、155ピタリと(かげ)(かく)し、156(こゑ)(ひそ)めて(しま)ひました。157大方(おほかた)この大沙漠(だいさばく)横断(わうだん)して、158西(にし)(くに)()(かへ)つたのでせう。159吾々(われわれ)人民(じんみん)塗炭(とたん)(くるし)みをお(すく)(くだ)さいました()御高恩(ごかうおん)万分(まんぶん)(いち)(むく)ゆる()めに、160吾々(われわれ)人民(じんみん)代表(だいへう)して、161(ここ)数十頭(すうじつとう)駱駝(らくだ)献上(けんじやう)(いた)したいと(おも)うて(まゐ)りました。162御受納(ごじゆなふ)(くだ)さらば有難(ありがた)仕合(しあはせ)(ぞん)じます』
163と、164()ふを()きて、
165『ああさうか、166それは()改心(かいしん)出来(でき)た。167結構(けつこう)だ。168神様(かみさま)(なに)よりも改心(かいしん)一等(いつとう)だと、169(のたま)はせられる。170高砂島(たかさごじま)国魂(くにたま)171竜世姫神(たつよひめのかみ)(じつ)(えら)(かみ)さまだ。172さうしてそれよりま(ひと)(えら)いのは、173この蚊々虎(かがとら)宣伝使(せんでんし)だ』
174『はい、175左様(さやう)御座(ござ)いますか。176その(えら)いお(かた)何処(どこ)()られますか。177一度(いちど)拝顔(はいがん)(ねが)ひたいものです』
178()られますとも、179(たしか)にこの()鎮座(ちんざ)まします。180(とつくり)(をが)んで(かへ)るがよからう』
181 高彦(たかひこ)クスクスと(わら)()す。
182不謹慎(ふきんしん)(やつ)だ。183(なに)可笑(をか)しいか。184(だま)(だま)れ』
185 蚊々虎(かがとら)代表(だいへう)(むか)ひ、
186蚊々虎(かがとら)といふ生神(いきがみ)の、187立派(りつぱ)(ひろ)世界(せかい)(ただ)一人(ひとり)より()宣伝使(せんでんし)は、188この御方(おんかた)だ』
189(みぎ)()左手(ゆんで)にて(にぎ)り、190食指(ひとさしゆび)()()(なが)ら、191空中(くうちう)(ひがし)から西(にし)へと(ゆび)ざし、192その(ゆび)(さき)自分(じぶん)(はな)(うへ)に、193テンと()せて()せる。194高彦(たかひこ)は、
195『オイ、196三五教(あななひけう)(こら)(しの)びだ』
197()ひつつ、198横面(よこづら)をピシヤリとやる。
199蚊々虎(かがとら)(なに)をツ、200チヨ、201チヨコザイナ。202蚊々虎(かがとら)()らぬか』
203『オイ、204見直(みなほ)()(なほ)し、205(こら)(しの)びだよ。206それが生神(いきがみ)宣伝使(せんでんし)だよ』
207 五月姫(さつきひめ)(おも)はず、
208『オホヽヽヽ』
209(こけ)(わら)ふ。
210貴方(あなた)がその結構(けつこう)宣伝使(せんでんし)御座(ござ)いましたか。211それにしても(あま)りお(かる)御座(ござ)いますな』
212(かる)いぞ(かる)いぞ、213前達(まへたち)(やう)(つみ)(おも)(もの)では宣伝使(せんでんし)出来(でき)ぬからのう』
214蚊々虎(かがとら)さま、215(えら)(いきほひ)ですな、216駒山彦(こまやまひこ)感心(かんしん)(いた)しました』
217『ウン、218それでよい。219(なが)饒舌(しやべ)ると(くづ)()る。220()はぬは()ふに弥勝(いやまさ)るだ。221オイ、222代表者(だいへうしや)(ども)223生神(いきがみ)宣伝使(せんでんし)は、224人民(じんみん)(あつ)(こころざし)225(たし)かに受納(じゆなふ)(いた)したと(まを)(つた)へよ』
226『ハイ、227(かしこ)まりました』
228代表(だいへう)(かふ)『オイ、229一寸(ちよつと)此奴(こいつ)可笑(をか)しいぜ』
230代表(だいへう)(おつ)(かみ)さまなんて、231アンナものだよ』
232代表(だいへう)(へい)(めう)(かみ)さまも()つたものだな』
233 蚊々虎(かがとら)ニヤリニヤリ、
234(その)(はう)(ども)(なに)私語(ささや)くか。235生神(いきがみ)(まへ)だぞ』
236『イヤ、237三人(さんにん)御方(おかた)238(わたくし)淤縢山津見(おどやまづみ)御座(ござ)ります。239()うか(みな)さまに(よろ)しう御礼(おれい)仰有(おつしや)つて(くだ)さい。240(いま)(えら)さうに申上(まをしあ)げました(かれ)は、241蚊々虎(かがとら)()(わたくし)(ども)荷物(にもつ)()従僕(しもべ)御座(ござ)いますから、242()うかお(こころ)()へられぬやうに。243宣伝使(せんでんし)はアンナ(もの)かと(おも)はれちや、244(をしへ)(きず)になりますから、245(わたくし)(あらた)めて()(なほ)します』
246 蚊々虎(かがとら)(つら)(ふく)らし、247淤縢山津見(おどやまづみ)宣伝使(せんでんし)(にら)()めて()たりける。
248 高彦(たかひこ)()へかねて
249『ウワハヽヽヽヽ』
250 闇山津見(くらやまづみ)(おな)じく
251『フツフツヽヽヽヽヽ』
252 駒山彦(こまやまひこ)もまた
253『クワツ クワツ クワツ クワツ』
254 五月姫(さつきひめ)
255『オホヽヽヽヽ』
256 代表者(だいへうしや)(めう)(かほ)して
257『エヘヽヽヽヽ』。
258大正一一・二・九 旧一・一三 東尾吉雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。