霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二八章 玉詩異(たましい)〔三七八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第4篇 巴留の国 よみ:はるのくに
章:第28章 第8巻 よみ:たましい 通し章番号:378
口述日:1922(大正11)年02月09日(旧01月13日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は巴留の都の入口の森林に駱駝をつないて休息し、作戦を立てていた。淤藤山津見は大軍を持つ敵を言向け和す宣伝使の氏名について語り始めるが、蚊ヶ虎が茶々を入れておかしな問答にしてしまう。
そこへ長剣を提げ甲冑に身を固めた荒武者数十名の駱駝体が現れて、三五教の宣伝使を槍で突こうとする。
蚊ヶ虎は自分は盤古神王の忘れ形見・常照彦であると名乗り、武者たちに向かって大音声で怒鳴り名乗りを上げた。
その権幕に恐れてか、一目散に逃げ帰ってしまった。一同はその場で神言を奏上し、宣伝歌を歌いながら城下に向かって進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-10 07:28:46 OBC :rm0828
愛善世界社版:190頁 八幡書店版:第2輯 218頁 修補版: 校定版:192頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001 一行(いつかう)巴留(はる)(みやこ)入口(いりぐち)の、002老木(らうぼく)(しげ)れる森林(しんりん)駱駝(らくだ)(つな)休息(きうそく)したりぬ。003淤縢山津見(おどやまづみ)一同(いちどう)車座(くるまざ)になり、004作戦(さくせん)計画(けいくわく)相談(さうだん)しゐたり。
005此処(ここ)大自在天(だいじざいてん)006(いま)常世神王(とこよしんわう)領分(りやうぶん)007鷹取別(たかとりわけ)管掌(くわんしやう)するところだから、008よほど注意(ちうい)をせなくてはならぬ。009大自在天(だいじざいてん)一派(いつぱ)は、010精鋭(せいえい)なる武器(ぶき)もあれば、011権力(けんりよく)()つて()知識(ちしき)もある。012(くは)ふるに(あま)磐船(いはふね)013鳥船(とりふね)など無数(むすう)準備(じゆんび)して、014併呑(へいどん)のみを唯一(ゆゐいつ)主義(しゆぎ)として()体主霊従(たいしゆれいじゆう)015弱肉強食(じやくにくきやうしよく)政治(せいぢ)だ。016吾々(われわれ)はこの悪逆(あくぎやく)無道(むだう)(こら)さねばならぬのだ。017さうして吾々(われわれ)武器(ぶき)といつたら、018(ただ)(ひと)つの(たま)()つて()るのみだ。019その(たま)をもつて、020言向和(ことむけやは)すのだから、021大変(たいへん)(ほね)()れる。022()づこの(たたかひ)(かつ)のは忍耐(にんたい)(ほか)には()い。023御一同(ごいちどう)宣伝使(せんでんし)024この重大(ぢうだい)なる使命(しめい)(つと)まりますか』
025 蚊々虎(かがとら)は、
026勿論(もちろん)(こと)027武器(ぶき)もなければ爆弾(ばくだん)もない、028(ただ)(てん)から(もら)つたこの(たま)(ひと)つだ』
029握拳(にぎりこぶし)(かた)一同(いちどう)(まへ)突出(つきだ)し、030(かた)(いか)らしながら、
031(われ)天下(てんか)宣伝使(せんでんし)032(こし)三尺(さんじやく)秋水(しうすゐ)()けれども、033(てつ)より(かた)いこの拳骨(げんこつ)034()()(てき)片端(かたつぱし)から、035()つて()つて()ちのめし、036一泡(ひとあわ)()かして()れむ』
037『コラコラ、038ソンナ乱暴(らんばう)(こと)をやつてよいものか。039ミロクの(をしへ)(いた)吾々(われわれ)は、040一切(いつさい)武器(ぶき)()(こと)出来(でき)ない。041(ただ)(たま)のみだ』
042『その(たま)はこれだ』
043握拳(にぎりこぶし)(まる)くして、044ニユツ突出(つきだ)して()せる。
045高彦(たかひこ)馬鹿(ばか)だなあ、046そりや(にぎ)(たま)だ。047(たま)(ちが)ふよ』
048蚊々虎(かがとら)『ソンナラ(おれ)(たま)(ふた)()つてゐる蚊々虎(かがとら)だ。049何方(どちら)使(つか)はうかな。050貴様(きさま)らの()つて()るのとは余程(よほど)(おほ)きい立派(りつぱ)なものだよ。051駱駝(らくだ)()つて(はし)(とき)には邪魔(じやま)になる。052(ある)(とき)にも大変(たいへん)邪魔物(じやまもの)だ、053(ひと)貴様(きさま)()してやらうか。054それはそれは立派(りつぱ)(きん)(たま)だぞ』
055洒落(しやれ)どころかい、056千騎一騎(せんきいつき)正念場(しやうねんば)だ。057貴様(きさま)(たましひ)(もつ)(てき)(あた)れと()(こと)だよ』
058宣伝使(せんでんし)がそれ(くらゐ)(こと)()らぬで(つと)まるかい、059一寸(ちよつと)(なぶ)つてやつたのだよ。060敵地(てきち)(のぞ)んでも、061綽々(しやくしやく)として余裕(よゆう)のある、062蚊々虎(かがとら)さまの度胸(どきよう)()せてやつたのだよ。063高彦(たかひこ)064これ()よ、065だらり垂下(さが)つて()る。066度胸(どきよう)()(やつ)強敵(きやうてき)(まへ)()ると(ちぢ)(あが)ると()ふことだが、067貴様(きさま)(たま)(ふた)つとも臍下丹田(さいかたんでん)(あま)岩戸(いはと)(あたり)(しづ)まつて()るのだらう。068(いな)()(あが)つて()るのだらう』
069 五月姫(さつきひめ)は、
070『ホヽヽ蚊々虎(かがとら)さまのお元気(げんき)(こと)071(わらは)(はらわた)()れます』
072(はら)(かか)へて(しの)(わら)ひに(わら)ふ。
073『コレコレ、074姫御前(ひめごぜん)のあられもない(こと)075宣伝使(せんでんし)仰有(おつしや)(こと)を、076(わか)(をんな)分際(ぶんざい)として(わら)ふと()(こと)があつたものか。077(をんな)らしうもない、078ちとらしうしなさい』
079淤縢山津見様(おどやまづみさま)080蚊々(かが)さまや、081(たか)さまのお(はなし)では一向(いつかう)要領(えうりやう)()ませぬ。082(ひと)大方針(だいはうしん)駒山彦(こまやまひこ)(しめ)して(くだ)さいな』
083 淤縢山津見(おどやまづみ)()つて(うた)(うた)ふ。
084宣伝(せんでん)将軍(しやうぐん)雷声有(らいせいあり)
085進神兵(しんぺいをすすむ)万里沙程(ばんりのさてい)
086争知(いづくんぞしらん)臨敵城下地(てきじやうかちにのぞむ)
087大道勝驕(たいだうすぐれておごれば)却虚名(かへつてなをむなしうせん)
088(なん)六ケ敷(むつかし)(うた)だのう。089宣伝使(せんでんし)(さま)090一遍(いつぺん)審神(さには)をして()げませうか、091蚊々虎(かがとら)が。092(めう)(こと)()ひますなあ、093(さる)寝言(ねごと)のやうにさつぱり(わけ)(わか)らぬじやないか』
094『イヤ、095駒山彦(こまやまひこ)(わか)つてゐますよ』
096(わか)つてゐるなら()うて()れ、097ヘボ審神者(さには)誤託宣(ごたくせん)だ。098どうで(ろく)(こと)はあるまい。099蚊々虎(かがとら)さまを大将(たいしやう)とすれば、100(すべ)ての計画(けいくわく)キタリキタリ箱指(はこさし)たやうに()くのだが、101淤縢山津見(おどやまづみ)()があるから、102サツパリ()かぬのだ。103駒山彦(こまやまひこ)よ、104貴様(きさま)(いぬ)(さる)寝言(ねごと)みたやうな(こと)を、105()つとるの、106()らぬのと()うて、107貴様(きさま)(たち)()つて(たま)るか。108もう(をし)へて(もら)はぬわ。109脱線(だつせん)だらけの(こと)()いたつて仕方(しかた)がないからなあ』
110 ()談合(はなしあ)(ところ)へ、111長剣(ちやうけん)()甲冑(かつちう)()(まと)うた荒武者(あらむしや)数十名(すうじふめい)駱駝隊(らくだたい)(あら)はれ(きた)り、
112『ヤア、113その森林(しんりん)駱駝(らくだ)(つな)ぎ、114休息(きうそく)せる一行(いつかう)のものは、115三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)には(あら)ざるか、116(いさぎよ)名乗(なのり)()げて(われ)らが(やり)(さび)となれよ』
117()ばはりたり。
118『ヤアお(いで)たなあ、119日頃(ひごろ)力自慢(ちからじまん)(うで)(ため)すは(いま)この(とき)だ。120ヤア五月姫(さつきひめ)殿(どの)121この蚊々虎(かがとら)武勇(ぶゆう)御覧(ごらん)あれ。122オイオイ三人(さんにん)弱虫(よわむし)(ども)123この(はう)武者振(むしやぶり)()(きも)(つぶ)すな』
124 高彦(たかひこ)蚊々虎(かがとら)(むか)ひ、
125貴様(きさま)三五教(あななひけう)教理(けうり)(わす)れたか』
126危急(ききふ)存亡(そんばう)のこの()(あた)つて、127三五教(あななひけう)もあつたものか。128()(のぞ)み、129(へん)(おう)ずるはこれ(すなは)神謀鬼策(しんぼうきさく)130(なんぢ)らの(ごと)愚者(ぐしや)小人(せうにん)()るところで()い。131邪魔(じやま)ひろぐな』
132赭黒(あかぐろ)(うで)(まく)つて数十人(すうじふにん)(むれ)()()仁王立(にわうだち)となつて大音声(だいおんじやう)
133(われ)こそは、134(もと)(ただ)せば盤古神王(ばんこしんわう)遺児(わすれがたみ)135常照彦(とこてるひこ)なり。136(いま)蚊々虎(かがとら)()(いつは)つて、137巴留(はる)(みやこ)天降(あまくだ)(きた)りし、138古今無双(ここんむさう)英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)だぞ。139この鉄拳(てつけん)(ひと)(ふる)へば百千万(ひやくせんまん)(てき)一度(いちど)雪崩(なだれ)()つて、140ガラガラガラ。141(あし)(ひと)()(とどろ)かせば、142巴留(はる)(みやこ)一度(いちど)にガラガラガラ滅茶(めちや)々々(めちや)々々(めちや)143鬼門(きもん)金神(こんじん)国治立尊(くにはるたちのみこと)再来(さいらい)144蓮華台上(れんげだいじやう)四股踏(しこふみ)()らせば、145巴留(はる)(くに)()つや()つ、146(ひやく)二百(にひやく)(たちま)海中(かいちう)にぶるぶるぶる、147見事(みごと)対手(あひて)になるなら、148なつて()よー』
149()()いて呶鳴(どな)りつけたり。
150 この権幕(けんまく)(おそ)れてか、151数十騎(すうじつき)駱駝隊(らくだたい)は、152駱駝(らくだ)(かしら)()(なほ)すや(いな)や、153一目散(いちもくさん)もと()(みち)(はし)()りぬ。154蚊々虎(かがとら)大手(おほて)()一同(いちどう)(まへ)(はな)ぴこつかせながら(かへ)(きた)り、
155『オイ、156どうだい、157(おれ)言霊(ことたま)(えら)いものだらう。158言霊(ことたま)伊吹(いぶき)によつて雲霞(うんか)(ごと)大軍(たいぐん)(またた)(うち)(くも)(かすみ)逃散(にげち)つたり』
159一同(いちどう)『ハヽヽヽヽ』
160『イヤもうどうも駒山彦(こまやまひこ)(おそ)()つた。161随分(ずゐぶん)()いたものだね』
162()かいでか、163二百十日(にひやくとをか)だ。164()いて()いて()(まく)つて巴留(はる)(みやこ)を、165(ふゆ)(みやこ)にして仕舞(しま)ふのだ』
166高彦(たかひこ)油断(ゆだん)大敵(たいてき)だぜ、167(にげ)たのは(ふか)計略(けいりやく)があるのだよ。168蚊々虎(かがとら)(かち)(じやう)じて()ひかけて()くと、169それこそどえらい陥穽(おとしあな)でもあつて(えら)()()はす(つも)りだよ。170それに(ちが)ひない、171さすがは淤縢山津見様(おどやまづみさま)だ。172最前(さいぜん)(うた)はつしやつたらう、
173争知(いづくんぞしらん)臨敵城下地(てきじやうかちにのぞむ)
174大道勝驕(たいだうすぐれておごれば)却虚名(かへつてなをむなしうせん)
175だ。176オイ(てき)散乱(さんらん)した(うち)(なん)とか工夫(くふう)をしようではないか』
177(をんな)俄宣伝使(にはかせんでんし)差出口(さしでぐち)178(まこと)(おそ)(おほ)(こと)では御座(ござ)いますが、179此処(ここ)()(がた)神言(かみごと)奏上(そうじやう)して宣伝歌(せんでんか)(うた)つたらどうでせう。180蚊々虎(かがとら)さまの言霊(ことたま)よりも御神徳(ごしんとく)(あら)はれませう』
181 淤縢山津見(おどやまづみ)はやや感心(かんしん)(てい)にて、
182『ヤア、183これは()いところへ()がついた。184ヤア一同(いちどう)方々(かたがた)185神言(かみごと)(ちから)(いつ)ぱい奏上(そうじやう)いたしませう』
186一同(いちどう)御尤(ごもつと)御尤(ごもつと)も』
187異口同音(いくどうおん)(こた)へながら、188芝生(しばふ)(うへ)端坐(たんざ)して神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、189(をは)つて五人(ごにん)宣伝使(せんでんし)蚊々虎(かがとら)真先(まつさき)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、190城下(じやうか)(むか)つて(すす)()く。
191大正一一・二・九校正本では「一・九」になっているが「二・九」が正しい 旧一・一三 加藤明子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら