霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三〇章 珍山峠(うづやまたうげ)〔三八〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第5篇 宇都の国 よみ:うづのくに
章:第30章 第8巻 よみ:うづやまとうげ 通し章番号:380
口述日:1922(大正11)年02月09日(旧01月13日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高彦は、巴留の国の西部の守護職となって、国魂・竜世姫神の神霊を奉斎し、鷹取別の後を継ぐことになった。
一行は数日間滞在して国人たちに宣伝歌を教えた後、珍の国へさして進んでいった。蚊ヶ虎が珍山峠で川の水を飲んだ際、熱くて妙な味がすることから、上流に温泉が湧いていることを知った。
一行は旅の疲れを癒すために、温泉を訪ねることにした。するとはるか向こうに宣伝歌を歌う声が聞こえてくる。蚊ヶ虎は先に立って声のする方に行ってしまった。そして、後から来る宣伝使たち一行をしきりに呼びたてている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0830
愛善世界社版:205頁 八幡書店版:第2輯 224頁 修補版: 校定版:209頁 普及版:91頁 初版: ページ備考:
001 高彦(たかひこ)巴留(はる)(くに)西部(せいぶ)守護職(しゆごしよく)となり、002国魂(くにたま)竜世姫神(たつよひめのかみ)神霊(しんれい)奉斎(ほうさい)し、003鷹取別(たかとりわけ)(あと)(おそ)ふことになりぬ。004一行(いつかう)数日間(すうじつかん)ここに滞在(たいざい)国人(くにびと)宣伝歌(せんでんか)(をし)へ、005名残(なごり)()しみつつ(また)もや宣伝歌(せんでんか)(うた)つて、006(うづ)(くに)()して(すす)()く。007()()()いで四人(よにん)宣伝使(せんでんし)は、008(やうや)くにして巴留(はる)(うづ)との国境(くにざかひ)009(うづ)(たうげ)山麓(さんろく)()いた。010四人(よにん)芝生(しばふ)(うへ)腰打(こしうち)()折柄(をりから)()きくる涼風(りやうふう)(あせ)(はら)ひつつ、011四方山(よもやま)(はなし)(ふけ)りぬ。
012 四辺(あたり)木々(きぎ)(こずゑ)には油蝉(あぶらぜみ)が、013ミーンミーンと(ねむ)たさうな(こゑ)(さへづ)つて()る。014駒山彦(こまやまひこ)細谷川(ほそたにがは)(きよ)(みづ)()(すく)つて()みながら、
015『アヽ(みづ)ほど(うま)いものは()い。016酔醒(よひざめ)(みづ)(うま)さは下戸(げこ)()らずだワイ』
017蚊々虎(かがとら)『オイ(こま)018(さけ)()まずに酔醒(よひざめ)もあつたものかい。019(あんま)()(なが)いので草臥(くたび)れて(ゆめ)でも()()つたな。020(ゆめ)浮世(うきよ)()ひながら、021さてもさても(こま)つた駒山彦(こまやまひこ)だ。022アハヽヽヽ』
023『オイ(せみ)親方(おやかた)024乾児(こぶん)沢山(たくさん)ゐると(おも)つて威張(ゐば)つてるな』
025(せみ)親方(おやかた)つて(たれ)のことだい。026よもや(おれ)のことぢやあるまいな』
027(たれ)のことだか()らぬが、028(せみ)といふ(やつ)(ひと)()ると()()んで、029パーイと(となり)()(にげ)()(やつ)ぢや、030その(はづみ)屹度(きつと)小便(せうべん)をかけて()くよ。031貴様(きさま)はこれまで(なん)でも(もの)()ひよつて、032()(ほど)使(つか)ひよつてモー(いや)になつたと()ひよつて、033(あたひ)(はら)はずに小便(せうべん)をかける(やつ)ぢやらう。034矢釜敷(やかましく)(ほざ)(やつ)(せみ)だよ。035しかしモーコンナことは免除(めんぢよ)して()かうかい、036この山坂(やまさか)になつてまた悄気(しよげ)平太(へた)りよると一行(いつかう)迷惑(めいわく)だからな』
037殊更(ことさら)(あつ)(なつ)()に、038巴留(はる)(みやこ)立出(たちい)でて、039(いは)()()()(ふみ)さくみ、040(こころ)(こま)鞭打(むちう)ちてここまで()るは()たものの、041こないな(やつ)道伴(みちづ)れに、042なるのは(おれ)(あき)がきた。043大神(おほかみ)さまも胴欲(どうよく)だ。044(こま)つた駒山彦(こまやまひこ)(やつ)045珍山峠(うづやまたうげ)頂辺(てつぺん)から、046(こま)(ごと)くに(ころ)()ちて……』
047『コラコラ蚊々虎(かがとら)048縁起(えんぎ)(わる)いことを()ふな。049淤縢山津見(おどやまづみ)さまが()らつしやるのを()らぬか』
050おど(やま)(なに)もあつたものかい。051(おれ)(こま)るのは珍山峠(うづやまたうげ)だ。052(ひと)(みづ)でも()んで元気(げんき)()して()えてやらう』
053()ひながら、054谷水(たにみづ)(すく)うて一口(ひとくち)()み、
055『ヨー、056此奴(こいつ)(めう)(あぢ)がするぞ。057さうして()のやうに(あつ)いじやないか。058ナンデも()水上(みなかみ)温泉(をんせん)()いて()るに(ちが)()いわ。059(あんま)()(たび)でも()し、060(ひと)()谷川(たにがは)(つた)うて()()いて()(ところ)まで探検(たんけん)しようぢやないか』
061 淤縢山津見(おどやまづみ)不思議(ふしぎ)さうに、
062『さうか、063(ぬく)いか、064(めう)だナア』
065大変(たいへん)(あたた)かくつて()(あぢ)のする(みづ)ですよ。066(たび)(つか)れを(いや)すには()つて()いだ。067(ひと)()つて()ませうか』
068『よからう』
069一同(いちどう)は、070谷川(たにがは)(みぎ)()()え、071(ひだり)(わた)(のぼ)ること数十町(すうじつちやう)072(やうや)くにして谷幅(たにはば)(ひろ)(ところ)()()た。073はるか(むか)ふに谷間(たにま)(ひび)かす宣伝歌(せんでんか)(きこ)()たる。
074蚊々虎(かがとら)『やあ宣伝歌(せんでんか)だ。075コンナ(ところ)(たれ)()()るのだらう』
076駒山彦(こまやまひこ)莫迦(ばか)()へ、077(たれ)がコンナ(ところ)()気楽(きらく)さうに(ひと)もをらぬのに宣伝歌(せんでんか)(うた)(やつ)があるものか。078きつと天狗(てんぐ)だよ』
079(なに)ツ! 天狗(てんぐ)だ。080そいつは面白(おもしろ)い。081(ひと)蚊々虎(かがとら)天狗(てんぐ)力競(ちからくら)べでもしてやらうか』
082『オイオイ、083貴様(きさま)(なん)でも()でも(むか)いき(つよ)(やつ)だナ。084ドンナ(あぶ)ない(ところ)でも一番(いちばん)()()しよつて、085しまひには失策(しくじ)るぞ』
086(おれ)失策(しくじ)つたことが一度(いちど)だつてあるかい。087強敵(きやうてき)(まへ)(ひか)へて(ほこ)(をさ)め、088(はた)(まい)予定(よてい)退却(たいきやく)をするのは大丈夫(ますらを)本懐(ほんくわい)では()いぞ』
089『また法螺(ほら)()きよる。090まあまあ油断大敵(ゆだんたいてき)だ。091そーつと様子(やうす)(かんが)へて()つて、092()(うへ)のことにせい』
093貴様(きさま)何時(いつ)もそれだから(こま)る。094畏縮退嬰(ゐしゆくたいえい)主義(しゆぎ)だ。095()(くひ)()たれる。096(さは)らぬ(はち)()さぬ、097事勿(ことなか)主義(しゆぎ)腰弱(こしよわ)宣伝使(せんでんし)098(おれ)偵察(ていさつ)ナンテ、099ソンナ()(なが)(こと)はして()れない。100これから一歩先(ひとあしさき)()つて偵察(ていさつ)(けん)格闘(かくとう)だ。101(おれ)(かつ)たら()ぶから()()い。102(おれ)()けたら(だま)つて()るわ。103(まへ)(やう)弱虫(よわむし)()いて()ると足手(あして)(まと)ひになつて、104(ろく)喧嘩(けんくわ)出来(でき)はしない』
105()ひながら一目散(いちもくさん)歩足(あし)(はや)めて、106(ましら)(ごと)谷川(たにがは)(いは)をポンポンと()()えて、107姿(すがた)(かく)したり。
108 三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)は、109その(あと)()うて悠々(いういう)(のぼ)()く。110(たちま)前方(ぜんぱう)(あた)つて、
111『オーイ、112オーイ』
113()蚊々虎(かがとら)疳高(かんだか)(こゑ)が、114木霊(こだま)(ひび)()たる。
115駒山彦(こまやまひこ)『ヤア、116あれは蚊々虎(かがとら)(こゑ)ですな。117また(なに)一人(ひとり)威張(ゐば)つてるのでせう。118面白(おもしろ)(やつ)もあればあるものですな』
119淤縢山津見(おどやまづみ)彼奴(あいつ)剽軽(へうきん)(やつ)で、120比較的(ひかくてき)豪胆者(がうたんもの)だから()れて(ある)いて()るのだが、121(たび)()()らしには()つてすげたやうな(をとこ)だ。122アハヽヽヽヽ』
123五月姫(さつきひめ)本当(ほんたう)面白(おもしろ)(かた)ですね。124()(かた)一緒(いつしよ)宣伝(せんでん)(まは)つてをれば、125何時(いつ)(わら)(どほ)しで(はる)のやうな心持(こころもち)がしますわ。126ホヽヽヽヽ』
127駒山彦(こまやまひこ)大変(たいへん)御執心(ごしふしん)ですな。128浦山吹(うらやまぶき)さま、129(こま)(たま)りませぬワ』
130 五月姫(さつきひめ)は、
131『ホヽヽヽ』
132(わら)ひながら袖口(そでぐち)(かほ)(かく)す。133(また)もや、
134『オーイ、135オーイ』
136()(こゑ)(ひび)()たりぬ。137一行(いつかう)(おも)はず(あし)(はや)めて(こゑ)する(はう)(いそ)ぎける。
138大正一一・二・九 旧一・一三 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。