霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三一章 谷間(たにま)温泉(をんせん)〔三八一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第5篇 宇都の国 よみ:うづのくに
章:第31章 第8巻 よみ:たにまのおんせん 通し章番号:381
口述日:1922(大正11)年02月09日(旧01月13日) 口述場所: 筆録者:土井靖都 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
蚊ヶ虎の後を追ってやって来た宣伝使たちは、温泉が煙を上げてもうもうと湧き出ているところにやってきた。見れば、蚊ヶ虎は倒れている男の前で神言を奏上し、鎮魂を施している。
蚊ヶ虎は自分の鎮魂が効を奏さないので、淤藤山津見に鎮魂を頼もうと呼んでいたのであった。淤藤山津見は天の数歌を歌い、もろ手を組んでウンと一声息をかけると、倒れていた男は起き上がり、宣伝使たちに礼を述べた。
倒れていたのは、正鹿山津見(桃上彦)であった。正鹿山津見はこれまでの経緯を一行に語った。
正鹿山津見は、秘露の都を宣伝した後、巴留の国へ宣伝に向かったところが、鷹取別の手下によって重傷を負い、沙漠に葬られた。そこから夜陰にまぎれて逃げ出し、峠を越えようとして温泉があることを知り、傷を癒していたが、湯にあたって倒れてしまったところに、一行が来て助けてくれたのだ、と語り、改めて感謝の意を表した。
淤藤山津見は何事も神様のお引き合わせであると語り、一同は温泉の周囲に端座して神言を奏上した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0831
愛善世界社版:211頁 八幡書店版:第2輯 226頁 修補版: 校定版:215頁 普及版:93頁 初版: ページ備考:
001 三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)は、002(こゑ)知辺(しるべ)崎嶇(きく)たる谷道(たにみち)を、003(なが)れに沿()うて(のぼ)()たり、004()れば湯煙(ゆけぶり)濛々(もうもう)()(のぼ)り、005天然(てんねん)温泉(をんせん)()()る。006蚊々虎(かがとら)一人(ひとり)真裸(まつぱだか)になつて、007(たふ)れてゐる(をとこ)(まへ)双手(もろて)()み、008神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、009鎮魂(ちんこん)(ほどこ)しゐたり。
010 駒山彦(こまやまひこ)(これ)()て、
011『ヤア、012蚊々虎(かがとら)さま、013そら(なん)だ』
014 蚊々虎(かがとら)鎮魂(ちんこん)(をは)り、
015『ヤア、016(なん)でもない。017此処(ここ)一人(ひとり)人間(にんげん)(たふ)れて()るのだ。018身体(からだ)(さぐ)つて()れば、019まだ()(めぐ)つて()せいか、020この()せい()らぬがそこら(ぢう)(ぬく)い。021どうぞして(たす)けたいものだと、022一生懸命(いつしやうけんめい)鎮魂(ちんこん)してるのだが、023(おい)らの(ちから)では此奴(こいつ)ばかりはいかぬ。024淤縢山津見(おどやまづみ)宣伝使(せんでんし)に、025(ひと)鎮魂(ちんこん)をやつて(もら)ひたいと(おも)つて()んだのだよ。026モシモシ先生(せんせい)027(ひと)つこの(をとこ)鎮魂(ちんこん)(ほどこ)してくださいな』
028 淤縢山津見(おどやまづみ)は、
029『やつて()ませうかな』
030()ひながら、031(あま)数歌(かずうた)(うた)(をは)つて双手(もろて)()み、032ウンと一声(いつせい)033鎮魂(ちんこん)(いき)(かけ)た。034裸体(はだか)になつて(たふ)れて()(をとこ)は、035ムクムクと起上(おきあが)り、036()(こす)りながら、037四人(よにん)宣伝使(せんでんし)(まへ)()るに()がつき、
038『ヤア、039(いづ)れの(かた)(ぞん)じませぬが、040一命(いちめい)をお(すく)(くだ)さいまして有難(ありがた)(ぞん)じます』
041(かほ)()ぐる途端(とたん)に、042蚊々虎(かがとら)は、
043『ヨー、044貴方(あなた)秘露(ひる)(みやこ)御目(おめ)(かか)つた、045正鹿山津見(まさかやまづみ)宣伝使(せんでんし)では御座(ござ)らぬか』
046『アア貴方(あなた)蚊々虎(かがとら)殿(どの)か。047ヨーヨー、048淤縢山津見(おどやまづみ)殿(どの)049(おも)はぬ(ところ)御目(おめ)(かか)りました。050(これ)(まつた)三五教(あななひけう)神様(かみさま)御引合(おんひきあは)せ、051有難(ありがた)(ぞん)じます』
052淤縢山津見(おどやまづみ)貴方(あなた)はどうして、053(かか)山奥(やまおく)御越(おこ)しになつたのですか、054(これ)には(なに)(ふか)仔細(しさい)がありませう』
055『ハイ、056(わたくし)秘露(ひる)(みやこ)で、057()出神(でのかみ)(さま)貴方(あなた)らと(たもと)(わか)ち、058それより巴留(はる)(くに)宣伝(せんでん)せむと、059この珍山峠(うづやまたうげ)()え、060鷹取別(たかとりわけ)城下(じやうか)宣伝歌(せんでんか)(うた)つて(まゐ)りました。061(ところ)(にはか)数百(すうひやく)駱駝隊(らくだたい)(あら)はれて、062前後左右(ぜんごさいう)より取囲(とりかこ)み、063(やり)切尖(きつさき)にて(ところ)(かま)はず突刺(つきさ)され、064失神(しつしん)したと(おも)へば、065沙漠(さばく)(なか)(はうむ)られて()た。066(わたくし)(すな)()()けて()(あが)り、067夜陰(やいん)(まぎ)れて巴留(はる)(みやこ)()()し、068この(たうげ)()しかかる()りしも、069傷所(きずしよ)はますます(いた)み、070最早(もはや)一歩(いつぽ)(すす)むことが出来(でき)なくなり、071(のど)(かは)きを谷水(たにみづ)(いや)さむと、072細谷川(ほそたにがは)清水(しみづ)()んで()れば、073(なん)とも()れぬ(かんばし)(にほひ)(あぢ)がある。074さうして(この)(みづ)谷水(たにみづ)()(じつ)(あたた)かい。075(これ)(くすり)(みづ)ではあるまいかと、076()(すく)つて傷所(きずしよ)()つて()(ところ)が、077(たちま)(その)(きず)()えました。078されど身体(からだ)疲労(つかれ)はどことなく(くる)しく、079それに()へかね、080この谷川(たにがは)(さかのぼ)れば屹度(きつと)()温泉(いでゆ)があらう、081其処(そこ)()つて()養生(やうじやう)(いた)さむと、082(やうや)(この)温泉(をんせん)(たづ)(あて)ました。083それより日夜(にちや)この温泉(をんせん)()(ひた)し、084数多(あまた)槍傷(やりきず)はすつかり()えましたが、085あまり浴湯(よくゆ)()ぎたと()えて逆上(ぎやくじやう)し、086知覚(ちかく)精神(せいしん)喪失(さうしつ)してこの()(たふ)れて()(ところ)087(たふと)(かみ)御引(おひき)(あは)せ、088貴方方(あなたがた)(めぐ)()ひ、089(いのち)(たす)けて(もら)ひました。090コンナ有難(ありがた)(こと)はありませぬ』
091両眼(りやうがん)(なみだ)(たた)へながら、092両手(りやうて)(あは)せて感謝(かんしや)()(へう)したり。
093 淤縢山津見(おどやまづみ)は、
094何事(なにごと)神様(かみさま)御引(おひ)(あは)せ、095吾々(われわれ)神様(かみさま)(つな)(あやつ)られて、096貴方(あなた)(すく)ふべく(つか)はされたものでありませう。097吾々(われわれ)感謝(かんしや)言葉(ことば)()けては、098(じつ)勿体(もつたい)ない()がする。099天地(てんち)大神(おほかみ)(はや)感謝(かんしや)をして(くだ)さい。100吾々(われわれ)(とも)神言(かみごと)奏上(そうじやう)いたしませう』
101淤縢山津見(おどやまづみ)言葉(ことば)(したが)ひ、102一同(いちどう)はこの温泉(をんせん)周囲(しうゐ)端坐(たんざ)して神言(かみごと)奏上(そうじやう)したりける。
103大正一一・二・九 旧一・一三 土井靖都録)
104(第二六章~第三一章 昭和一〇・三・三 於天恩郷透明殿 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。