霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三二章 (あした)紅顔(こうがん)〔三八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第5篇 宇都の国 よみ:うづのくに
章:第32章 第8巻 よみ:あしたのこうがん 通し章番号:382
口述日:1922(大正11)年02月09日(旧01月13日) 口述場所: 筆録者:東尾吉雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
珍山峠の温泉に一同は七日間休息し、またもや珍の国を指して進んで行く。蚊ヶ虎は駒山彦と軽口を叩きながら進んで行く。
正鹿山津見は、珍の国が見える峠に立って、日の出神から珍の国を守るようにと厳命を受けたにも関わらず、巴留の国へ宣伝に旅立ってしまったために、このような目に合い、命を危険にさらしたことの反省を語った。
蚊ヶ虎は五月姫の気を探るようなたとえ話を面白おかしく話して一同の旅の慰めをしている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0832
愛善世界社版:215頁 八幡書店版:第2輯 228頁 修補版: 校定版:219頁 普及版:95頁 初版: ページ備考:
001 珍山峠(うづやまたうげ)谷間(たにま)には、002(かみ)仕組(しぐみ)か、003偶然(ぐうぜん)か、004此処(ここ)不意(ゆくりな)くも温泉(いでゆ)(そば)(めぐ)()ひ、005滾々(こんこん)として()きざる(かみ)(めぐみ)(あたた)かき温泉(をんせん)に、006日七日(ひなぬか)夜七夜(よななよ)007心身(しんしん)(きよ)め、008(また)もや一行(いつかう)五人(ごにん)神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、009宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、010徐々(しづしづ)とこの(たうげ)(のぼ)()く。011(やうや)一行(いつかう)珍山(うづやま)山頂(さんちやう)到達(たうたつ)したり。
012 蚊々虎(かがとら)は、
013『アヽアヽ、014苦中(くちう)(らく)あり、015楽中(らくちう)()あり、016苦楽(くらく)不二(ふじ)017善悪一如(ぜんあくいちによ)とは()()うたものだ。018(あせ)をタラタラ(なが)して(くる)しみてをれば、019結構(けつこう)温泉(をんせん)がチヤンと吾々(われわれ)()()かして「サア(みな)さま、020永々(ながなが)御苦労(ごくらう)であつた。021嘸々(さぞさぞ)疲労(くたびれ)でせう」とも(なん)とも()はずに、022不言実行(ふげんじつかう)手本(てほん)()せて()る。023又復(またまた)この(さか)(あせ)みどろになつて(のぼ)つてくれば、024コンナ結構(けつこう)平坦(へいたん)土地(とち)があつて、025(すず)しい(かぜ)()いて()るワイ。026極楽(ごくらく)(あま)(かぜ)だ。027本当(ほんたう)(くる)しまぬと、028(らく)(あぢ)(わか)らぬワイ』
029 駒山彦(こまやまひこ)も、
030本当(ほんたう)結構(けつこう)だつた。031睾丸(きんたま)(しわ)()ばしだつたよ。032貴様(きさま)(つら)余程(よほど)(しわ)()れたよ』
033 蚊々虎(かがとら)は、
034馬鹿(ばか)()ふない、035(おれ)(もと)から(しわ)ナンテ()りやしないよ。036貴様(きさま)何時(いつ)弱虫(よわむし)だから、037一寸(ちよつと)した(こと)にでも(かほ)(しか)めよるから、038自然(しぜん)(しわ)だらけだ。039オイ勘定(かんぢやう)をして()よ、040沢山(たくさん)(しわ)だぞ。041四八三十二(しはさんじふに)()つてるわ』
042『よく饒舌(しやべ)(やつ)だなあ、043(くち)千年(せんねん)ほど(さき)(うま)れたのだらう』
044(やま)千年(せんねん)045(うみ)千年(せんねん)046(くち)千年(せんねん)といふ(ごふ)()(にい)さまだよ』
047(うはばみ)みたいな(やつ)だな。048三千年(さんぜんねん)()つて、049(はじ)めて人間(にんげん)(うま)れると()ふのだが、050貴様(きさま)何時(いつ)人間(にんげん)()るのだい』
051人間(にんげん)どころか、052(おれ)(かみ)さまだよ』
053『さうだらう。054()だとか(のみ)だとか、055(とら)だとか、056(むし)のやうな、057()(あし)のやうな()をつけよつて、058それで神様(かみさま)か。059(ひと)(あたま)()まつて、060(あたま)カミ(さま)061人間(にんげん)()()いて()神様(かみさま)だらう』
062『ヤイ、063(こま)064貴様(きさま)劫々(なかなか)(くち)達者(たつしや)()りよつたな。065何時(いつ)()にか(おれ)のお(かぶ)()りよつて』
066(きま)つた(こと)だ、067()からして(こま)さまだ。068(こま)(ごと)くに言霊(ことたま)がよく(ころ)ぶのだよ』
069 正鹿山津見(まさかやまづみ)は、070()つて東南方(とうなんぱう)(ゆび)さし、
071淤縢山津見様(おどやまづみさま)072ズツと(むか)ふに青々(あをあを)とした高山(かうざん)()えませう、073()(くに)(うづ)(くに)ですよ。074(わたくし)()出神(でのかみ)(さま)に、075(うづ)(くに)(まも)れよ」との厳命(げんめい)()けました。076(しか)しながら、077まだ(ほか)(たふと)(くに)がある(やう)(おも)へて、078()うしても()()ちつかず、079この(たうげ)をドンドンと(のぼ)つて、080()()()いで巴留(はる)(みやこ)宣伝(せんでん)()つたのです。081さうした(ところ)が、082今度(こんど)神様(かみさま)(いまし)めだと()えて、083散々(さんざん)()()ひ、084(かげ)生命(いのち)だけは(たす)かりました。085これを(おも)へば、086吾々(われわれ)()()すことは出来(でき)ませぬ。087ただ長上(ちやうじやう)命令(めいれい)(したが)つて、088神妙(しんめう)にお(つと)めするに(かぎ)ると、089ほとほと改心(かいしん)いたしました』
090蚊々虎(かがとら)『アンナ細長(ほそなが)(うづ)(くに)に、091ウヅウヅして()るのも()()かないと(おも)つたのでせう。092まだ(ほか)結構(けつこう)(くに)亜拉然丁(あるぜんちん)(おも)つて、093(よく)熊鷹(くまたか)094(また)()けたと()(やう)なものですな、095正鹿山津見(まさかやまづみ)さま』
096 淤縢山津見(おどやまづみ)は、
097『コラコラ蚊々虎(かがとら)098貴様(きさま)(ぢき)にそれだから(こま)る。099何故(なぜ)それほど言霊(ことたま)(きたな)いのか』
100『これは()しからぬ。101貴方(あなた)(わたくし)発言権(はつげんけん)妨害(ばうがい)するのですか』
102『いや、103さうではない。104あまりお(しやべ)りが()ぎると(こゑ)草臥(くたび)れて、105まさか(とき)言霊(ことたま)(ちから)(よわ)ると(こま)るから()をつけたのだよ。106それよりも(たうげ)(あが)つた(いはひ)に、107気楽(きらく)世間話(せけんばなし)でもして、108(ゆつ)くりと(やす)まうかい』
109『ドンナ(はなし)でも(よろ)しいか、110貴方(あなた)発言権(はつげんけん)(けつ)して()めませぬな』
111(よろ)しい(よろ)しい、112(なん)なと仰有(おつしや)れ。113貴方(あなた)()きな(はなし)を、114(しづか)面白(おもしろ)(ねが)ひます』
115(しづか)面白(おもしろ)(はなし)出来(でき)ますか。116貴方(あなた)無理(むり)()ひますね。117丁度(ちやうど)118(だま)つてもの()へ、119()(はし)れ、120睾玉(きんたま)()はへて背伸(せの)びせよ、121()ふやうな御註文(ごちうもん)ですな。122如何(いか)雄弁家(ゆうべんか)蚊々虎(かがとら)でも、123それ(ばか)りは御免(ごめん)だ』
124 淤縢山津見(おどやまづみ)は、
125『さう()(まは)して(おこ)つては(こま)る。126(なん)でもいい、127一寸(ちよつと)(くらゐ)(おほ)きな(こゑ)でも(かま)はぬ』
128 蚊々虎(かがとら)は、129芝生(しばふ)(うへ)大胡座(おほあぐら)をかき、
130『エヽ、131人間(にんげん)もいい加減(かげん)片付(かたづ)(とき)には片付(かたづ)くものだ。132ある(ところ)祝姫(はふりひめ)()古今独歩(ここんどくぽ)133珍無類(ちんむるゐ)134奇妙(きめう)奇天烈(きてれつ)135(なん)とも(かん)とも()うに()はれぬ、136素適滅法界(すてきめつぽうかい)美人(びじん)があつた。137そのお(ひめ)さまを、138彼方(あちら)からも此方(こちら)からも、139女房(にようばう)にくれ、140(をつと)にならうと()催促(さいそく)であつたが、141祝姫(はふりひめ)は、142自分(じぶん)容色(きりよう)自惚(うぬぼ)れて、143(わたくし)天下(てんか)絶世(ぜつせい)美人(びじん)だ、144アンナ(ひと)(よめ)になるのは(いや)だ、145アンナ(をとこ)婿(むこ)()るのは、146提燈(ちやうちん)釣鐘(つりがね)だ、147孔雀(くじやく)(よめ)(からす)婿(むこ)だ、148あまりこの美人(びじん)見損(みそこな)ひするな。149(わたくし)もこれから、150天下(てんか)宣伝使(せんでんし)になつて(ひと)(こう)(たて)て、151(えら)(もの)になつた(あかつき)は、152世界中(せかいぢう)立派(りつぱ)(をとこ)の、153権威(けんゐ)のある婿(むこ)()()りすると()つて、154どれもこれも、155こぐちから肱鉄砲(ひぢてつぱう)乱射(らんしや)して()た。156さうする(あひだ)に、157(さくら)(はな)何時(いつ)までも(こずゑ)(とど)まらず、
158  (はな)(いろ)はうつりにけりな(いたづ)らにわがみ()にふるながめせしまに
159何処(どこ)やらの三五教(あななひけう)とか、160(あな)ない(ひめ)とかが()つた(やう)に、161段々(だんだん)(かほ)小皺(こじわ)()つて(むかし)色香(いろか)は、162()(つき)()せて(しま)つた。163それでも、164何処(どこ)やらに(のこ)姥桜(うばざくら)(その)(いろ)は、165(じつ)素適滅法界(すてきめつぽふかい)のものだつた。166祝姫(はふりひめ)は、167(なに)これでも偉者(えらもの)となりさへすれば、168()(なか)(いち)ホド、169()キリヨウ、170(さん)カネだと()つて、171(たか)()まつて()つたが、172たうとう天罰(てんばつ)(あた)つて、173(わたくし)によう()()()いた、174蚊取別(かとりわけ)といふ天下(てんか)一品(いつぴん)禿(はげ)ちやまの瓢箪面(へうたんづら)のヘツピリ(ごし)禿(はげ)だらけの(をとこ)夫婦(めをと)になつて、175宣伝使(せんでんし)になつた実際(じつさい)(はなし)があるよ。176五月姫(さつきひめ)さまも、177いい加減(かげん)覚悟(かくご)をせぬと、178(あした)紅顔(こうがん)179(ゆふ)べの白骨(はくこつ)で、180見返(みかへ)(もの)()いやうに()つて、181清少納言(せいせうなごん)(やう)(かど)()つて、182(わらは)老骨(らうこつ)()はぬかと()つたつて、183買手(かひて)()くなつて(しま)ひますよ』
184 駒山彦(こまやまひこ)()()し、
185『アハヽヽヽ、186うまいのう、187イヤ感心(かんしん)だ。188(しか)蚊々虎(かがとら)189心配(しんぱい)するな。190(この)(あひだ)貴様(きさま)天狗(てんぐ)喧嘩(けんくわ)すると()つて駆出(かけだ)した(あと)で、191五月姫(さつきひめ)さまが、192蚊々虎(かがとら)さまは本当(ほんたう)(いろ)こそ(くろ)いが、193快活(くわいくわつ)(ひと)ですね。194(わたし)あの(ひと)一緒(いつしよ)宣伝(せんでん)()くのなら、195一寸(ちよつと)(くるし)(こと)はありませぬわ。196面白(おもしろ)くて(たび)疲労(つかれ)(わす)れて(しま)ふ」と()つていらつしやつたよ、197ねえ五月姫(さつきひめ)さま、198さうでしたね』
199(かほ)(のぞ)()む。
200 五月姫(さつきひめ)は、201(かほ)(そで)をあてて(はづ)かしげに伏向(うつむ)く。
202蚊々虎(かがとら)『ヘン、203天下(てんか)色男(いろをとこ)204(おれ)吸引力(きふいんりよく)(えら)いものだらう』
205正鹿山津見(まさかやまづみ)『あゝ蚊々虎(かがとら)さまの弁舌(べんぜつ)といひ、206勇気(ゆうき)()ひ、207さう()くては天下(てんか)宣伝使(せんでんし)には()れませぬ。208吾々(われわれ)のやうに、209巴留(はる)(みやこ)()つて、210宣伝歌(せんでんか)(うた)つて()ると、211(うしろ)()()いから、212駱駝隊(らくだたい)にグサリと()かれて、213芋刺(いもざし)()り、214沙漠(さばく)(なか)()()まれる(やう)なことでは、215宣伝使(せんでんし)(なに)もあつたものではない。216これから(ひと)つ、217蚊々虎(かがとら)さまに(なら)つて、218胆玉(きもだま)でも()りませうかい』
219 駒山彦(こまやまひこ)は、
220『おい蚊々公(かがこう)221目出度(めでた)う』
222蚊々虎(かがとら)『エー()くない』
223()くないと()つたつて、224天道様(てんだうさま)(こげ)つくほど(おい)らの(あたま)()くではないか。225()くのは(この)(ごろ)陽気(やうき)だよ。226あまり(あつ)いので、227貴様(きさま)一寸(ちよつと)逆上(のぼ)(あが)つたな。228(みづ)でもあれば(あたま)からブツかけてやるのだが、229生憎(あいにく)(やま)頂辺(てつぺん)(みづ)()し、230幸福(しあはせ)(やつ)だワイ』
231『サアサア(みな)さま(あせ)大分(だいぶん)(かわ)きました。232これからぼつぼつ(たうげ)(くだ)りませう』
233()ひつつ(さき)()つて、234淤縢山津見(おどやまづみ)(ある)()した。
235『あゝあゝ、236肝腎(かんじん)正念場(しやうねんば)()()かぬことだワイ』
237蚊々虎(かがとら)小声(こごゑ)(つぶや)き、238振返(ふりかへ)振返(ふりかへ)り、239五月姫(さつきひめ)(かほ)(ぬす)()(なが)めつつ(さか)(くだ)る。
240大正一一・二・九 旧一・一三 東尾吉雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)