霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章 天上(てんじやう)眉毛(まゆげ)〔三八三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第5篇 宇都の国 よみ:うづのくに
章:第33章 第8巻 よみ:てんじょうまゆげ 通し章番号:383
口述日:1922(大正11)年02月10日(旧01月14日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日が暮れてきたところで、一同は夜を明かすことになった。正鹿山津見によると、この先は大蛇峠と言って大蛇がたくさん出るところで、夜に越えるのは危ないという。
一行は宣伝歌を歌い、野宿することになった。
蚊ヶ虎は目を覚まして、寝ている一同の顔を評論しながら、草の汁で落書きを始めた。そして自分には「世界一の色男」と書いて面白がっている。駒山彦が蚊ヶ虎の笑い声に目を覚まして蚊ヶ虎をたしなめるた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0833
愛善世界社版:223頁 八幡書店版:第2輯 230頁 修補版: 校定版:227頁 普及版:99頁 初版: ページ備考:
001炎熱(えんねつ)()くが(ごと)(なつ)(そら)
002(はな)(みやこ)(うた)はれし
003巴留(はる)(みやこ)(あと)にして
004淤縢山津見(おどやまづみ)一行(いつかう)
005(やうや)うここに辿(たど)()
006桃上彦(ももがみひこ)相添(あひそ)へて
007天津御神(あまつみかみ)(うづ)御子(みこ)
008()民草(たみぐさ)(すく)はむと
009(こゑ)(すず)しき宣伝歌(せんでんか)
010(あし)(そろ)へて珍山(うづやま)
011(たうげ)(くだ)雄々(をを)しさよ。
012 ()(やうや)西(にし)(かたむ)き、013(やま)(やま)との谷道(たにみち)には(だい)なる(かげ)()()たる。
014 駒山彦(こまやまひこ)は、
015『ヤア、016大分(だいぶ)(すず)しくなつて()たねー。017()ければならず、018()つては(こま)るものは太陽(たいやう)光熱(くわうねつ)だ。019()うして山蔭(やまかげ)()(かく)れると、020(よる)のやうに(すず)しくなつて()た。021()()涼味(すずしさ)旅行(たび)をして()ねば(あぢ)はふことは出来(でき)ぬものだナア』
022 蚊々虎(かがとら)(くち)(とが)らせ、
023貴様(きさま)(なに)()ふか、024罰当(ばちあた)()が。025()ければならぬものの、026()つては(こま)るとは、027そら(なん)だ、028()(なほ)()(なほ)せ。029()ければならぬもので、030()くては(こま)日天様(につてんさま)031(あつ)光熱(くわうねつ)(あたま)(うへ)から(てら)して(くだ)さつたのは、032神様(かみさま)(あつ)御恵(みめぐみ)だ。033さうして(すず)しき(かげ)(われ)らに()(あた)へ、034()()つた(かぜ)()かして(くだ)さるのは、035神様(かみさま)吾々(われわれ)保護(ほご)したまふ(きよ)(すず)しき御恵(みめぐみ)()かげだと()(なほ)さぬか』
036『やあ、037此奴(こいつ)(ひと)失策(しくじ)つた。038御天道様(おてんだうさま)039いま蚊々虎(かがとら)()つた(とほ)りに駒山彦(こまやまひこ)()(なほ)します』
040『ソラ()たか』
041(そら)()たつて日天様(につてんさま)は、042(やま)御隠(おかく)れになつてゐるじやないか』
043空呆(そらとぼ)けるない』
044 淤縢山津見(おどやまづみ)は、
045『ヤアヤア、046また(はじ)まつたか。047面白(おもしろ)いねー』
048 五月姫(さつきひめ)(うつ)むいて、
049『ホヽヽヽヽ』
050(かす)かに(わら)ふ。
051 蚊々虎(かがとら)は、
052五月(さつき)(そら)五月姫(さつきひめ)053(ゆか)しい(こゑ)(はな)(くちびる)(ひら)いて、054ホヽヽヽヽ杜鵑(ほととぎす)055(こゑ)(きこ)えりや姿(すがた)()える。056()れば()るほど気高(けだか)姿(すがた)花菖蒲(はなあやめ)057黒白(あやめ)()かぬ(やみ)()に、058(あや)(たふと)五月姫(さつきひめ)御道伴(おんみちづ)れ。059()(なか)()うしても(をんな)(かぎ)るねー。060(をとこ)ばつかり(ある)いて()ると、061何時(いつ)となしにゴツゴツとして角張(かくば)つて、062どうもうまく(くるま)運転(うんてん)がつかぬやうだ』
063駒山彦(こまやまひこ)蚊々虎(かがとら)064貴様(きさま)字形(じなり)腰付(こしつ)きで、065(をんな)()ければ(かど)()つの、066ゴツゴツするのとようも()へたものぢや。067貴様(きさま)らに、068(なん)五月姫(さつきひめ)だつて暑苦(あつくる)しい、069(たれ)秋波(しうは)(おく)るものかい。070()()になりよつて、071(おだ)()げられて、072天下(てんか)色男(いろをとこ)(おれ)だいと()ふやうな、073その鼻息(はないき)(なん)だい』
074大分(だいぶ)(こま)(いき)(あら)くなつたが、075(よわ)(やつ)だな。076(くる)しいのか、077()(ほど)(くる)しければ恰度(ちやうど)其処(そこ)都合(つがふ)()(いは)がある。078其処(そこ)一服(いつぷく)やつたら()うだ。079(あし)(よわ)い、080(こし)(よわ)宣伝使(せんでんし)()れて(ある)くと、081足手(あして)(まと)ひになつて(こま)る。082まあ貴様(きさま)一服(いつぷく)でもするが()いわ。083モシモシ淤縢山(おどやま)さま、084正鹿山(まさかやま)さま貴方達(あなたたち)(なん)なら一服(いつぷく)なさつたら如何(どう)ですか。085五月姫(さつきひめ)さま貴方(あなた)(をんな)にも似合(にあ)はぬ御脚(おあし)達者(たつしや)だ。086(あし)達者(たつしや)なもの同士(どうし)一足(ひとあし)御先(おさき)失敬(しつけい)しませうか』
087『ヤア、088うまい(こと)()ひよる。089貴様(きさま)(はら)()めたぞ。090五月(さつき)さま、091貴方(あなた)(やす)みなさい。092蚊々虎(かがとら)一人(ひとり)(さき)()つて、093(みち)()(まよ)つて谷底(たにそこ)()ちて寂滅為楽(じやくめつゐらく)だ。094(さき)()け、095(ほね)くらゐは駒山彦(こまやまひこ)道伴(みちづ)れの好意(よしみ)(ひろ)つてやるワイ』
096『ヤア、097邪魔(じやま)(くさ)縁起(えんぎ)でも()いこと()ひよるから、098(おれ)(ひと)達者(たつしや)(あし)辛抱(しんばう)して(やす)ましてやろかい』
099倒頭(たうとう)本音(ほんね)()きよつた。100アハヽヽヽ』
101 一行(いつかう)は、102平面(へいめん)(いは)(うへ)(あし)()ばして暫時(しばらく)休息(きうそく)する。103太陽(たいやう)(まつた)地平線下(ちへいせんか)(ぼつ)せしと()えて、104四辺(あたり)追々(おひおひ)(くら)くなり()たる。
105 正鹿山津見(まさかやまづみ)不安(ふあん)(かほ)で、
106『まだ(これ)から(うづ)(みやこ)へは余程(よほど)道程(みちのり)があります。107この(さき)にモー(ひと)(おほ)きな(やま)()さねばなりませぬが、108何分(なにぶん)荊棘(けいきよく)(しげ)つた(しし)より(かよ)つたことの()い、109()して(けは)しい山道(やまみち)ですから、110(ゆつ)くりと此処(ここ)()()かしませうか。111この(さき)(やま)天雲山(てんうんざん)()つて(この)珍山峠(うづやまたうげ)よりも余程(よほど)(たか)いですよ。112()して(この)(ごろ)大変(たいへん)大蛇(をろち)毒蛇(どくじや)(みち)(よこ)たはつて()ますから、113(よる)(たび)危険(きけん)ですからな。114()(たうげ)大蛇峠(をろちたうげ)()(くらゐ)ですから』
115(なに)ツ!、116大蛇峠(をろちたうげ)ですか、117大蛇(をろち)()ると、118其奴(そいつ)面白(おもしろ)い。119日頃(ひごろ)腕試(うでだめ)度胸(どきよう)(だめ)しだ。120()れを()けば蚊々虎(かがとら)(うで)りゆうりゆうと()つて()る。121ヤア、122面白(おもしろ)い、123()(たて)(たま)らぬやうになつて()たワ。124オイ、125一同(いちどう)宣伝使(せんでんし)126(ひと)大蛇(だいじや)(むか)つて宣伝歌(せんでんか)でも()かしてやらうじやないか。127宣伝歌(せんでんか)(とく)()つて大蛇(だいじや)神格化(しんかくくわ)して大変(たいへん)美人(びじん)になるよ』
128 駒山彦(こまやまひこ)(あき)れて、
129『また美人(びじん)のことを()ひよる。130貴様(きさま)一人(ひとり)()くが()いワ』
131(おどろ)いたか、132(きも)(つぶ)したか、133おつ魂消(たまげ)たか、134(なん)だい()顔色(かほいろ)は。135青大将(あをだいしやう)のやうに真蒼(まつさを)になりよつて、136阿呆大将(あはうだいしやう)()が』
137『コラコラ、138蚊々虎(かがとら)139阿呆大将(あはうだいしやう)()ふことがあるか、140駒山(こまやま)(まへ)()(なほ)せ』
141()(なほ)すとも、142(いま)まで駱駝(らくだ)()つてゐたが、143今度(こんど)大蛇(だいじや)(せなか)()(なほ)しだ』
144(えら)法螺(ほら)()くね。145実物(じつぶつ)拝見(はいけん)したら反対(あべこべ)蚊々虎(かがとら)(はう)から、146()()いて()げるだらう』
147 正鹿山津見(まさかやまづみ)(しづ)かに、
148闇夜(やみよ)(こと)()ひ、149峻山(しゆんざん)絶壁(ぜつぺき)といひ、150夜道(よみち)()(くれ)ませぬ。151まあ、152(ゆつ)くりと(いた)しませう』
153 淤縢山津見(おどやまづみ)は、154その()について、
155『また(あたら)しい日輪様(にちりんさま)(をが)むまで、156此処(ここ)祝詞(のりと)奏上(あげ)御日待(おひま)ちを(いた)しませうか』
157一同(いちどう)『よろしからう』
158巌上(がんじやう)端坐(たんざ)し、159天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、160宣伝歌(せんでんか)一通(ひととほ)(うた)つて、161(いは)(しとね)腕枕(うでまくら)162(ほし)(もん)のついた(あを)蒲団(ふとん)(かぶ)つて、163華胥(くわしよ)(くに)遊楽(いうらく)()となりぬ。164半円(はんゑん)(つき)東天(とうてん)をかすめて(のぼ)()たる。165五人(ごにん)姿(すがた)()()(ごと)(あきら)かに()()()たりぬ。
166 蚊々虎(かがとら)()(さま)し、
167『ヤア、168()れも()れも、169よく()せり()つたものだナア。170人間(にんげん)(つみ)()いものだワイ。171何奴(どいつ)(かほ)一番(いちばん)(つみ)のない(かほ)をしてゐるか、172一々(いちいち)点検(てんけん)をしてやらうかい。173まづ第一(だいいち)淤縢山津見(おどやまづみ)首実検(くびじつけん)(およ)ぶとしようか。174ヤア、175此奴(こいつ)(むかし)から(わる)(やつ)だと(おも)つたが、176ホンニ一寸(ちよつと)(わる)さうな(かほ)をしてをるワイ。177この口許(くちもと)一寸(ちよつと)(にく)らしい。178(おほ)きな(くち)()けよつて、179(よだれ)()して()(ところ)(ざま)()つたら、180()られたものぢや()いワイ。181(さいは)(たうげ)(くだ)(とき)むしつてきた(くは)()がある。182此奴(こいつ)(ひと)(かほ)(ゑど)つてやらうかナア』
183独語(ひとりごと)()ひながら、184(くち)(あた)()周囲(まはり)(むらさき)(しる)(ぬり)つけた。185月影(つきかげ)すかし()て、
186『ヤア、187面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、188明日(あす)(あさ)になつたら随分(ずゐぶん)吃驚(びつくり)することだらう。189此奴(こいつ)は「地獄(ぢごく)()き」と()いて()いてやれ』
190頬辺(ほほべた)(しるし)()れる。
191『ヤア、192正鹿山津見(まさかやまづみ)(かほ)か。193此奴(こいつ)(わり)とは悪人(あくにん)似合(にあ)はぬ()(かほ)だな。194(ゑど)ると(かへ)つて似合(にあ)はぬかも()れないが、195片怨(かたうら)みがあるといかぬから、196(なん)なと()いてやらうか』
197(はな)(むらさき)()つて(しま)つた。
198『サア、199これから矢釜敷家(やかましや)駒公(こまこう)だ。200此奴(こいつ)(ひたい)(なん)()いてやらうかナ。201(わか)つた「五月姫(さつきひめ)()しさに、202よう()(をとこ)」と、203ハヽヽヽヽ(これ)()い。204サアこれから五月姫(さつきひめ)(ばん)だ、205(はな)(かんばせ)(つき)(まゆ)206何処(どこ)にも欠点(けつてん)がないワイ。207それでも御附合(おつきあひ)(なん)とかせなくてはなるまい。208オーさうだ、209角隠(つのかく)しの天上眉毛(てんじやうまゆげ)だ』
210と、211チヨボチヨボと(ひたい)(まる)(ゑが)いた。
212『やあ、213此奴(こいつ)素的(すてき)だ。214ますます別嬪(べつぴん)になつた。215何処(どこ)とも()しに愛嬌(あいけう)弥増(いやまし)威厳(ゐげん)(くは)はつた。216ヤア、217これで()みか。218(おれ)だけ無疵(むきず)()つては面白(おもしろ)くないから、219(おれ)(ひと)つやつてやらうかな、220ウンさうだ。221世界一(せかいいち)色男(いろをとこ)」と()いて()いてやろかい。222ハヽヽヽヽ面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、223ドツコイ面黒(おもくろ)面黒(おもくろ)い、224五百羅漢(ごひやくらかん)陳列場(ちんれつぢやう)()たやうになつて(しま)つた。225ワハヽヽヽ』
226 駒山彦(こまやまひこ)()()まして、
227(たれ)だ、228安眠(あんみん)妨害(ばうがい)する(やつ)は。229人間(にんげん)はな、230刹那心(せつなしん)だよ。231()(とき)にはグツと()て、232(はたら)(とき)には(はたら)くのだぞ。233気違(きちが)ひの(やう)五月姫(さつきひめ)婚礼(こんれい)でもしてゐるやうな(ゆめ)でも()()つたのか。234(なん)だい、235夜中(よなか)(わら)ひよつて(はや)()ぬか』
236『ハイハイ、237()ます()ます、238前等(まへたち)(あたま)()げぬと()るがよいワイ。239ヤア、240(はや)()(しま)つたな。241(まる)(ふか)化物(ばけもの)()たやうな(やつ)だ。242ワハヽヽヽ、243(たれ)(かれ)(つみ)()いやうな()るやうな(かほ)してよく()てるワイ。244この蚊々虎(かがとら)()()ひだ。245(たぬき)空寝入(そらねい)りでもやらかさうかナア』
246とゴロツと(ひぢ)(まくら)(よこ)たわりける。
247  真心(まごころ)巌面(いはおも)寝暖(ゐぬく)(くは)(ゆめ)(弓)
248大正一一・二・一〇 旧一・一四 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)