霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三四章 烏天狗(からすてんぐ)〔三八四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第5篇 宇都の国 よみ:うづのくに
章:第34章 第8巻 よみ:からすてんぐ 通し章番号:384
口述日:1922(大正11)年02月10日(旧01月14日) 口述場所: 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
夜更けに吹く風が松を揺らす音に五月姫は目を覚ました。そして寝ている一同の顔を批評し始めたが、みな顔になにやら落書きがしてあるのを見て、思わず笑ってしまった。
蚊ヶ虎は寝た振りをして、五月姫の声におかしさをこらえている。駒山彦は五月姫の笑い声に目を覚まして怒ってしかりつけた。蚊ヶ虎はついにこらえきれず、大笑いをしてしまう。
その声に淤藤山津見と正鹿山津見も目を覚ましてしまった。そうこうするうちに夜が明けて来たが、それで一同は、それぞれの顔に落書きがされていることに気がついた。
一同は蚊ヶ虎のいたずらだとわかって呆れている。水のあるところまで行かないと、落書きを落とせないので、仕方なくこのまま大蛇峠へと進んでいった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0834
愛善世界社版:232頁 八幡書店版:第2輯 234頁 修補版: 校定版:236頁 普及版:102頁 初版: ページ備考:
001 (つき)中空(ちうくう)(かがや)き、002(ほし)(まれ)なる大御空(おほみそら)003(くも)()らして()松風(まつかぜ)(おと)に、004五月姫(さつきひめ)()()まし淤縢山津見(おどやまづみ)(かほ)()(そそ)ぎ、
005『これはこれは淤縢山津見(おどやまづみ)さまも、006ああして(ある)いて()れば、007立派(りつぱ)(をとこ)らしい(かみ)さまのやうな御顔(おかほ)だが、008一切万事(いつさいばんじ)(わす)れ、009御寝(おやすみ)になつた(とき)御顔(おかほ)悪相(あくさう)()える。010(これ)矢張(やつぱ)(こころ)(いろ)かいなー。011正鹿山津見様(まさかやまづみさま)()御鼻(みはな)(なん)として(これ)ほど(あか)いのだらう。012鼻筋(はなすぢ)(とほ)つた、013綺麗(きれい)男前(をとこまへ)だと(おも)うたに、014()のまた(はな)何事(なにごと)ぞ、015(はなは)(みに)くい御顔立(おかほだち)016ヤアヤア蚊々虎(かがとら)さまの御顔(おかほ)にも(めう)(いろ)(あら)はれて()る、017蚊々虎(かがとら)さま、018世界第一(せかいだいいち)色男(いろをとこ)」と()いてある。019ホヽヽヽヽ、020(つみ)()ささうな御顔(おかほ)021本当(ほんたう)()御顔(おかほ)神様(かみさま)のやうだわ。022ヤー(いや)(こと)023五月姫(さつきひめ)()れて、024よう()(をとこ)」アヽ(いや)(こと)025駒山(こまやま)さまたら(なん)(めう)御顔(おかほ)()られたでせう。026ホヽヽヽヽ』
027 蚊々虎(かがとら)五月姫(さつきひめ)(こゑ)()きながら、028可笑(をか)しさを(こら)へて()喰締(くひしば)り、029クークーと(くち)(なか)(わら)うて()る。
030 駒山彦(こまやまひこ)五月姫(さつきひめ)(こゑ)にムツクと()(あが)り、031五月姫(さつきひめ)襟髪(えりがみ)をグツと(にぎ)つて、
032『コラ素平太(すべた)033(なに)()かしよるのだい。034淤縢山津見(おどやまづみ)(かほ)悪相(あくさう)だの、035正鹿山津見(まさかやまづみ)(かほ)(あか)いの、036()きだの(きら)ひのと()ざきよつて、037(おま)けに「世界一(せかいいち)色男(いろをとこ)だ」なんて、038(おれ)()らずと()()るに(あんま)りだ。039駒山彦(こまやまひこ)は「五月姫(さつきひめ)()れて、040よう()(をとこ)」なんて馬鹿(ばか)にするな、041女旱(をんなひでり)のない()(なか)だ。042世界(せかい)(をとこ)(かず)四分(しぶ)043(をんな)(かず)六分(ろくぶ)044(なん)(その)シヤツ(つら)は。045貴様(きさま)のやうな(をんな)は、046()高砂島(たかさごじま)には、047(ざる)(はか)(ほど)ごろついて()るのだ。048ヘン天上眉毛(てんじようまゆげ)()けよつて、049馬鹿(ばか)にするない。050(ひと)()らぬと()()るかと(おも)うて、051蚊々虎(かがとら)(かほ)(あな)()くほど(のぞ)きよつて、052世界一(せかいいち)色男(いろをとこ)だと、053(なに)()ざきよるのだ。054()れた貴様(きさま)()からは菊石(あばた)(ゑくぼ)055(はな)()れたのも、056(こし)(まが)つたのも、057(しほ)らしう()えるだらう。058(つき)皎々(かうかう)として天空(てんくう)(たか)(かがや)(わた)れども、059(まへ)(むね)(こひ)(やみ)だ。060味噌(みそ)(くそ)一所雑多(いつしよくた)にしよつて、061(たれ)がお(まへ)のやうな端女(はしため)()れるの()くのと(あんま)馬鹿(ばか)にするない』
062蚊々虎(かがとら)『クヽヽヽヽヽ、063ウハヽヽヽヽ、064面白(おもしろ)面白(おもしろ)い。065おつとどつこい、066クヽヽ(くは)()(かほ)(ゑど)られ、067面赤(おもあか)いワイ。068ウハヽヽヽ』
069 (この)(わら)(ごゑ)に、070淤縢山津見(おどやまづみ)071正鹿山津見(まさかやまづみ)二人(ふたり)は、072ムツクと()(あが)り、
073『あゝよく寝入(ねい)つて()たのにあた(やかま)しい、074折角(せつかく)面白(おもしろ)(ゆめ)(やぶ)られて(しま)うた。075貴様(きさま)らは(こま)つた(やつ)ぢやなー。076夜明(よあ)けに()もあるまい。077モー()寝入(ねい)りせなくちやならないから、078前達(まへたち)(だま)つて()たら()からう』
079駒山彦(こまやまひこ)『ヤー淤縢山津見(おどやまづみ)さま、080貴方(あなた)(かほ)はソラ()んだ。081正鹿山津見(まさかやまづみ)さま、082(その)(はな)()うした。083チト(へん)だぜ』
084淤縢山津見(おどやまづみ)(へん)でも(なん)でも()い。085やつぱり(かほ)(かほ)ぢや』
086正鹿山津見(まさかやまづみ)(はな)(はな)だよ。087アヽ(やかま)しい(やつ)だ』
088蚊々虎(かがとら)『ウハヽヽヽ』
089五月姫(さつきひめ)『ホヽヽヽヽ』
090駒山彦(こまやまひこ)馬鹿々々(ばかばか)しい、091(わら)(どころ)か、092(ひと)(かほ)棚下(たなおろ)しをしよつて、093素平太(すべた)(くせ)になア』
094淤縢山津見(おどやまづみ)『コレコレ駒山彦(こまやまひこ)095三五教(あななひけう)だ。096()(なほ)さぬかい』
097駒山彦(こまやまひこ)『ハイハイ』
098 さう()うする()(つき)(いろ)(やうや)()せて、099其処(そこ)一面(いちめん)ホンノリと(あか)くなり()たりぬ。100諸鳥(ももとり)()(あは)したるやうに、101木々(きぎ)(こずゑ)(さへづ)(はじ)めた。102数十羽(すうじつぱ)(からす)は、103五人(ごにん)安臥(あんぐわ)せる上空(じやうくう)をアホウアホウと()きわたる。
104蚊々虎(かがとら)『オイ、105阿呆(あはう)(ども)106()きぬかい。107(からす)までアホウアホウと()うてるよ。108天道(てんと)さまに、109いい面曝(つらさら)しだ。110(まへ)たちの(かほ)()んだい』
111 一同(いちどう)はムツクと起上(おきあが)(たが)ひに(かほ)見合(みあは)せ、
112一同(いちどう)『ヤーヤー、113ヨーヨー、114(たれ)だい、115コンナ悪戯(いたづら)をしよつたのは』
116駒山彦(こまやまひこ)蚊々虎(かがとら)だ、117()まつてるわ』
118『お(まへ)たちの(つら)熟々(つらつら)(かんが)ふるに、119(これ)矢張(やつぱ)(からす)仕業(しわざ)だなア。120(からす)最前(さいぜん)(おほ)きな(こゑ)でカアカアカアカア蚊々虎(かがとら)かも()れぬと()いて()たよ。121(さつ)する(ところ)122(えう)するに(すなは)ち、123天狗(てんぐ)悪戯(てんご)だよ。124天狗(てんぐ)といふ(やつ)はなア、125(くろ)(かほ)しよつて(こし)(まが)つてる(くせ)に、126悪戯(いたづら)をする(やつ)だ』
127 駒山彦(こまやまひこ)()()し、
128『たうとう白状(はくじやう)しやがつたなア。129ヤー貴様(きさま)(かほ)には「世界第一(せかいだいいち)色男(いろをとこ)」だて、130馬鹿(ばか)にしよるわ。131(おれ)(なん)だか(かほ)鬱陶敷(うつたうしい)132(かほ)(かは)が、133()()るやうだ。134正鹿山津見(まさかやまづみ)さま、135一寸(ちよつと)(わたし)(かほ)()(くだ)さいナ』
136ニウ()()す。
137『ヨー()いたりな()いたりな、138しかも赤字(あかじ)で、139五月姫(さつきひめ)()れて()()(をとこ)ハヽヽヽヽ』
140『ヤー()れで()めた。141五月姫(さつきひめ)さま、142()まなかつた、143()(なほ)しますよ。144貴方(あなた)(わたし)(かほ)()()たのだなア。145(わたし)はまたお(まへ)さまが(わたし)悪口(あくこう)()うたのだと(おも)うて一寸(ちよつと)愛想(あいさう)(おこ)つてみた。146(こころ)(そこ)から(けつ)して(けつ)して(おこ)つては()ないよ。147量見(りやうけん)して(くだ)さい』
148蚊々虎(かがとら)(なみだ)(よわ)(やつ)ぢやなア、149(ぢき)(をんな)とみたら()(ほそ)くしよつて、150結構(けつこう)(をとこ)(あたま)をピヨコピヨコ(さげ)腰抜男(こしぬけをとこ)()151ハヽヽヽヽ』
152五月姫(さつきひめ)(みな)さまのお(かほ)(なん)だか(あか)いものが()いて()ますよ。153(わたくし)(かほ)にも(なに)()いて()やしませぬか』
154 一同(いちどう)()()ちて、
155『ヨー秀逸(しういつ)だ、156天上眉毛(てんじやうまゆげ)だ。157それで幾層倍(いくそうばい)神格(しんかく)(あが)つたかも()れやしないワ』
158 五月姫(さつきひめ)は、
159『ホヽヽヽヽ』
160(わら)ひながら(そで)にて(かほ)(かく)す。161淤縢山津見(おどやまづみ)(えり)(ただ)し、162(かたち)(あらた)儼然(げんぜん)として、
163『コラコラ蚊々虎(かがとら)164悪戯(いたづら)をするにも(ほど)があるぞよ。165(なん)だ、166吾々(われわれ)一同(いちどう)(かほ)()らぬ()(ゑど)りよつて、167吾々(われわれ)(かほ)草紙(さうし)でないぞ、168ノートブツクとは(ちが)ふぞ』
169蚊々虎(かがとら)(わたし)もチヨボチヨボだ。170(たれ)(こし)(まが)つた烏天狗(からすてんぐ)でもやつて()て、171悪戯(いたづら)をしたのでせう。
172(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
173(こころ)(ひろ)大直日(おおなほひ)
174(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
175直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
176()(あやま)ちは()(なほ)せ』
177駒山彦(こまやまひこ)勝手(かつて)(やつ)ぢやなア、178都合(つがふ)(わる)いと(ぢき)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひよる。179ホントに(こま)つた(をとこ)だ』
180実際(じつさい)悪戯者(いたづらもの)はよう判明(わか)つて()る。181いま此方(こな)さまが(ゆび)(さき)(この)(ひと)だとハツキリ(ゆびさ)してやるから、182此方(こな)さまの(ゆび)(さき)()ちて()(さき)()()るがよいワイ。183(いま)(いま)悪戯小僧(いたづらこぞう)何処(どこ)から()たか、184(ひがし)から()たか、185西(にし)から()たか、186(みなみ)から()たか、187きたかきたか矢張(やつぱ)(きた)ぢや、188(いぬゐ)(すみ)(こし)(かが)んだ烏天狗(からすてんぐ)のやうな、189世界(せかい)(いち)色男(いろをとこ)190蚊々虎(かがとら)さまが(みな)()いた、191この(はな)さまぢや』
192と、193自分(じぶん)(はな)(おさ)へて()せる。194駒山彦(こまやまひこ)も、
195(おれ)(ひと)()いてやろ、196蚊々虎(かがとら)そこに()ぬか』
197(あと)明晩(みやうばん)悠然(ゆつくり)(うかが)ひませう』
198何故(なぜ)そんな悪戯(いたづら)をするのか』
199 蚊々虎(かがとら)(うで)(まく)(かた)(いか)らしながら、
200(これ)には(ふか)仔細(しさい)がある。201(これ)から(さき)大蛇峠(をろちたうげ)()える(とき)に、202(どう)周囲(まはり)(うそ)八百八十八(はつぴやくはちじふはち)(ぢやう)203身体(からだ)(たけ)八百八十八(はつぴやくはちじふはち)万里(まんり)204尨大(でか)大蛇(をろち)出会(でつくわ)すのだ。205(それ)淤縢山津見(おどやまづみ)(こは)(かほ)して()せる、206正鹿山津見(まさかやまづみ)(あか)(はな)をニユーと()()して大蛇(をろち)(わら)はせ(ころ)ばすためだ。207蚊々虎(かがとら)天下一(てんかいち)色男(いろをとこ)コンナものぢやと大蛇(をろち)(やつ)見惚(みと)れさすのぢや。208駒山彦(こまやまひこ)デレ(すけ)()ふものはアンナシヤ(つら)かと、209大蛇(をろち)(あな)()くほど見詰(みつ)めさすのだ。210さうして天女(てんによ)のやうな五月姫(さつきひめ)を、211(なん)とまあ別嬪(べつぴん)()るものぢやと見詰(みつ)めさすのぢや。212つまり()()れさすのぢや。213大蛇(をろち)()()れられたら五月姫(さつきひめ)さまは(たす)かりつこは()いワ』
214駒山彦(こまやまひこ)『アヽ(かほ)(あら)うと()うたつて、215(みづ)(なに)()りやしない。216御一同(ごいちどう)このまま(みづ)のある(ところ)まで()きませうか』
217一同(いちどう)仕方(しかた)()いなア、218サア(まゐ)りませう』
219草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)()(かた)め、220さしもに(けは)しき大蛇峠(をろちたうげ)(むか)つて(あし)(はこ)びける。
221大正一一・二・一〇 旧一・一四 森良仁録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)