霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三九章 言霊解(げんれいかい)一〔三八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第6篇 黄泉比良坂 よみ:よもつひらさか
章:第39章 第8巻 よみ:げんれいかい一 通し章番号:389
口述日:1922(大正11)年02月10日(旧01月14日) 口述場所: 筆録者:谷村真友(再録) 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
伊邪那岐命は天系・霊系に属する神であり、地球を修理固成された国常立尊の後を継いだ御子神である。
古事記にあるように、迦具土神すなわち火の神が現れた。今日の文明は、火によって支えられている火の文明が現れた、ということである。
その火力によって、地球の表現神である伊邪那美命がほとんど死んだような状態になってしまったのである。伊邪那岐神はこれを見て、何ほど文明が進んだとしても、地球には換えられぬ、と言ったのである。
今日の世の中はまったく死人同様で、日本魂が残っているところはどこにもなくなってしまっていたので、泣き悲しみたもうた。これが泣沢女神という。
伊邪那美神は神去り、世の中は乱れて怪しい雲きりが立ち込めている。古事記に比婆の山に葬られたとあるのは、霊と体の分水嶺に立って、神が時機を待たれた、という意味である。
十拳剣を以て迦具土神の頸を斬られた、というのは戦争をもって物質文明の悪潮流を一掃された、ということである。首とは、皇帝や大統領など各軍国主義国の首領を指している。
古事記に、斬られた迦具土神の血からさまざまな神々が現れたというのは、さまざまな暗い思想が勃発して、主義の戦いが始まった、ということを意味している。たとえばここに言われている建御雷之男神は、天神の御使いの神のことではなく、実力行使の暴力思想を暗示した記述なのである。
伊邪那岐神によって迦具土神が殺されたというのは、戦争をもって軍国主義を一掃された、ということなのである。今回の五年にわたる戦争の結果は、火の文明の滅亡を意味しているのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0839
愛善世界社版:279頁 八幡書店版:第2輯 250頁 修補版: 校定版:283頁 普及版:124頁 初版: ページ備考:
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年12月1日号(第132号) > 皇典と現代(二)
001(かれ)ここに伊弉諾命(いざなぎのみこと)()(たま)はく「(うつ)くしき()那邇妹命(なにものみこと)や、002()(ひと)()()へつるかも」と()(たま)ひて、003御枕(みまくら)べに匍匐(はらば)御足(みあと)べにはらばひて、004()(たま)(とき)に、005御涙(みなみだ)()りませる(かみ)は、006香山(かぐやま)畝尾(うねを)()(もと)にます、007御名(みな)泣沢女(なきさはめ)(かみ)008(かれ)()(かむ)()りましし伊弉冊神(いざなみのかみ)は、009出雲(いづも)(くに)伯伎(ははき)(くに)との(さかひ)010比婆(ひば)(やま)(かく)しまつりき』
011 伊弉諾命(いざなぎのみこと)(すなは)天系(てんけい)霊系(れいけい)(ぞく)する(かみ)でありまして、012(すべ)ての万物(ばんぶつ)安育(あんいく)するために地球(ちきう)修理固成(しうりこせい)されました、013国常立尊(くにとこたちのみこと)御後身(ごこうしん)たる御子(みこ)神様(かみさま)でありますが、014古事記(こじき)にある(ごと)く、015迦具土神(かぐつちのかみ)()れまして、016(すなは)今日(こんにち)は、017交通機関(かうつうきくわん)でも、018戦争(せんそう)でも、019生産(せいさん)機関(きくわん)でも火力(くわりよく)ばかりの()で、020()神様(かみさま)(あら)ぶる()となつたのであります。021この()(かみ)()んで地球(ちきう)表現神(へうげんしん)たる伊弉冊命(いざなみのみこと)神去(かむさ)りましたのであります。022この()(なか)(ほとん)生命(せいめい)がないのと(おな)じく、023神去(かむさ)りましたやうな状態(じやうたい)であります。
024 そこで伊弉諾命(いざなぎのみこと)()(あい)する地球(ちきう)滅亡(めつぼう)せむとして()るのは、025迦具土神(かぐつちのかみ)(うま)れたからであるが、026火力(くわりよく)(もつ)てする文明(ぶんめい)何程(なにほど)文明(ぶんめい)(すす)んでも、027()(なか)がこれでは(なん)にもならぬ。028地球(ちきう)には(かへ)られぬと()らせ(たま)はつたのであります。029これが『()(ひと)()()へつるかも』といふ(こと)であります。
030 (つぎ)に『御枕(みまくら)べに匍匐(はらば)御足(みあと)べにはらばひて』といふことは、031病人(びやうにん)にたとへると病人(びやうにん)腹這(はらば)ひになつて()んだのを(くや)(ごと)く、032病人(びやうにん)(おな)じく(よこ)になつて寝息(ねいき)(かんが)へたり、033()()でて()たり、034(また)()(みやく)をとつて()たり、035(あし)(みやく)をとつて()たり、036何処(どこ)(うへ)(はう)(いき)分子(ぶんし)がないか、037(あたま)(あた)(ところ)生気(せいき)はないか、038日本魂(やまとだましひ)()(のこ)つては()ないかと調(しら)見給(みたま)ひし(ところ)(ほとん)死人(しにん)同様(どうやう)上流(じやうりう)社会(しやくわい)にも、039下等(かとう)社会(しやくわい)にも(みやく)はなくて、040何処(どこ)にも生命(せいめい)はなくなつて()る。041(まつた)今日(こんにち)()(なか)はそれの(ごと)くに(あたた)かみはなく冷酷(れいこく)なもので、042(しか)道義心(だうぎしん)公徳心(こうとくしん)滅亡(めつぼう)して(しま)つて()るのであります。043それで()(かな)しみ(たま)(とき)に、044その(なみだ)(なか)()りませる(かみ)()泣沢女神(なきさはめのかみ)というて、045これは大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神様(おほかみさま)が、046地上(ちじやう)一切(いつさい)生物(せいぶつ)(あはれ)(たま)(ところ)同情(どうじやう)(なみだ)()ふことであります。047今日(こんにち)でも支那(しな)(ある)地方(ちはう)には泣女(なきをんな)といふのがあつて、048(ひと)()んだ(とき)(やと)はれて()きに()儀式(ぎしき)習慣(しふくわん)(のこ)つて()るのも、049これに起源(きげん)して()るのであります。
050 神去(かむさ)りました伊弉冊命(いざなみのみこと)は、051(これ)死人(しにん)にたとへて出雲(いづも)(くに)伯耆(はうき)(くに)(さかひ)(はう)むられたと()いてありますが、052出雲(いづも)といふのは何処(いづく)もといふことで(また)雲出(くもいづ)(くに)といふことである。
053 今日(こんにち)(ごと)(みだ)()つて、054(うへ)(した)四方(しはう)八方(はつぱう)055(あや)しい(くも)(つつ)んで()るといふ(こと)であります。056伯耆(はうき)(くに)といふのは、057(はは)きといふことで雲霧(うんむ)()(はら)うと()ふことである。058科戸(しなど)(かぜ)吹払(ふきはら)うと()ふのもさうであります。059(すなは)(くに)(きよ)める精神(せいしん)と、060(くも)らす精神(せいしん)との(さかひ)()たれたのであります。061所謂(いはゆる)善悪正邪(ぜんあくせいじや)分水嶺(ぶんすゐれい)()つたものであります。062(じつ)(いま)世界(せかい)光輝(くわうき)ある神世(かみよ)(うる)はしき、063(たの)しき黄金世界(わうごんせかい)になるか、064絶滅(ぜつめつ)するか、065()(くに)(そこ)(くに)066地獄(ぢごく)()現出(げんしゆつ)するかの(さかひ)()つて()るのであります。
067比婆(ひば)(やま)(かく)し』といふ(こと)霊系(れいけい)(ぞく)し、068(あか)(はう)で、069太陽(たいやう)光線(くわうせん)といふ意義(いぎ)()ふのは、070(かさ)ねたもので、071これは(わる)いことを()したものであります。072(すなわ)霊主体従(れいしゆたいじゆう)体主霊従(たいしゆれいじゆう)との中間(ちうかん)(たち)て、073(かみ)時機(じき)()たせられたと()ふことであります。074()くして伊弉冊命(いざなみのみこと)(すなは)地球(ちきう)国魂(くにたま)は、075半死半生(はんしはんしやう)状態(じやうたい)であるが、076(しか)天系(てんけい)(ぞく)する伊弉諾命(いざなぎのみこと)純愛(じゆんあい)御精神(ごせいしん)から、077(この)地球(ちきう)惨状(さんじやう)()るに(しの)びずして、078迦具土神(かぐつちのかみ)(すなわ)()文明(ぶんめい)(すす)んだため、079()うなつたといふので、080十拳剣(とつかのつるぎ)(もつ)迦具土神(かぐつちのかみ)(くび)()(たま)うたのであります。081十拳(とつか)(つるぎ)()くと()(こと)は、082戦争(せんそう)(もつ)物質文明(ぶつしつぶんめい)悪潮流(あくてうりう)一掃(いつさう)さるる(こと)で、083所謂(いはゆる)(くび)()(たま)うたのであります。
084 この(くび)といふことは、085近代(きんだい)でいへば独逸(どいつ)のカイゼルとか、086某国(ぼうこく)大統領(だいとうりやう)とか()(すべ)ての首領(しゆりやう)()したのである。087(すなは)軍国(ぐんこく)主義(しゆぎ)親玉(おやだま)異図(いと)破滅(はめつ)せしむる(ため)に、088大戦争(だいせんそう)(もつ)戦争(せんそう)惨害(さんがい)(さと)らしむる神策(しんさく)であります。
089(ここ)伊邪那岐命(いざなぎのみこと)090御佩(みはか)せる十拳剣(とつかのつるぎ)()きて、091(その)御子(みこ)迦具土神(かぐつちのかみ)御頸(みくび)()(たま)ふ。092(ここ)(その)御刀(みはかし)のさきにつける()093湯津石村(ゆついはむら)にたばしりつきて、094()りませる(かみ)御名(みな)は、095石拆神(いはさくのかみ)096(つぎ)根拆神(ねさくのかみ)097(つぎ)石筒之男神(いはつつのをのかみ)098(つぎ)御刀(みはかし)(もと)につける()も、099湯津石村(ゆついはむら)にたばしりつきて()りませる(かみ)御名(みな)は、100甕速日神(みかはやびのかみ)101(つぎ)樋速日神(ひはやびのかみ)102(つぎ)建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)103(また)御名(みな)建布都神(たけふつのかみ)(また)御名(みな)豊布都神(とよふつのかみ)104(つぎ)御刀(みはかし)手上(たがみ)にあつまる()105手俣(たまた)より()()()りませる(かみ)御名(みな)闇於加美神(くらおかみのかみ)106(つぎ)闇御津羽神(くらみつはのかみ)
107 十拳剣(とつかのつるぎ)(すなわ)神界(しんかい)よりの懲戒的(ちようかいてき)戦争(せんそう)なる神剣(しんけん)発動(はつどう)(もつ)て、108自然(しぜん)軍国(ぐんこく)主義(しゆぎ)露国(ろこく)独乙(どいつ)(たふ)し、109カイゼルを失脚(しつきやく)させ、110そのとばしりが湯津石村(ゆついはむら)にたばしりついたのであります。111この湯津石村(ゆついはむら)につくといふことは、112とは(よる)がつづまつたもので、113(つづ)くのつづまつたもので、114(えう)するに()(つづ)くといふことになります。115彼方(あちら)からも此方(こちら)からも、116(くさ)片葉(かきは)言問(ことと)ひを(いた)しまして、117彼方(あちら)にも此方(こちら)にも、118種々(しゆじゆ)(くら)思想(しさう)勃発(ぼつぱつ)して、119各自(かくじ)勝手(かつて)主義(しゆぎ)なり意見(いけん)なりを()()らしまして過激(くわげき)主義(しゆぎ)だとか、120共産(きやうさん)主義(しゆぎ)だとか、121自然(しぜん)主義(しゆぎ)122社会(しやくわい)主義(しゆぎ)がよいとか、123専制(せんせい)主義(しゆぎ)がよいとか、124いろいろなことを()意味(いみ)になります。125(また)イハといふことは、126(かた)(うご)かぬ(くらゐ)といふことで、127ムラ(むら)がるといふ意義(いぎ)で、128(いは)とは尊貴(そんき)()129(むら)とは(すなは)(した)(はう)人間(にんげん)(むれ)といふことであります。130所謂(いはゆる)タバシリツクといふのは、131()(つづ)いて(うへ)にも(した)にも種々雑多(しゆじゆざつた)思想(しさう)主義(しゆぎ)喧伝(けんでん)されて()ることであります。132(すなは)ちたばしりついて()りませる(かみ)といふのは、133(うま)(いづ)ることではなくして、134()()りて(やか)ましいといふ(こと)であります。135その(かみ)御名(みな)甕速日神(みかはやひのかみ)といふ。
136 (たい)137(かがや)くといふことで、138体主霊従(たいしゆれいじゆう)(かみ)であります。139樋速日神(ひはやひのかみ)霊主体従(れいしゆたいじゆう)(かみ)であつて、140両者(りやうしや)より種々(しゆじゆ)なる思想(しさう)(たたか)ひが(おこ)るといふ(こと)であります。141(すなわ)主義(しゆぎ)(たたか)ひであります。142(つぎ)建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)は、143直接(ちよくせつ)行動(かうどう)()ふことで、144霊主体従国(れいしゆたいじゆうこく)言向平和神国(ことむけやはすかみくに)であるから、145滅多(めつた)にありませぬが、146体主霊従国(たいしゆれいじゆうこく)などは皆々(みなみな)建御雷之神(たけみかづちのかみ)であります。147(すなわ)露国(ろこく)のやうに、148支那(しな)のやうに皇帝(くわうてい)退位(たいゐ)せしめたり、149すべて乱暴(らんばう)をするとか、150焼討(やきうち)をするとか、151暴動(ばうどう)(おこ)すとか、152罷業(ひげふ)153怠業(たいげふ)するとかいふ()うな(こと)であります。
154 建御雷神(たけみかづちのかみ)天神(てんしん)御使(おつかひ)でありますが、155本文(ほんぶん)言霊上(ことたまじやう)から(かんが)ふれば、156(ここ)はその意味(いみ)にはとれぬ、157争乱(そうらん)意味(いみ)になるのであります。158(また)()建布都神(たけふつのかみ)159(また)豊布都神(とよふつのかみ)といふのは(ぜん)(あく)方面(はうめん)()したもので、160(すべ)善悪美醜(ぜんあくびしう)相交(あひまじ)はるといふことになります。161(すなは)ちよき(とき)には(くる)しみが芽出(めだ)し、162(くる)しみの(とき)には(たのし)みが芽出(めで)して()るといふやうなものであります。
163 ()(なか)混乱(こんらん)すればする(ほど)164一方(いつぱう)(これ)立直(たてなほ)さむとする(ぜん)身魂(みたま)()いて()るといふ意味(いみ)であります。
165 十拳剣(とつかのつるぎ)(にぎ)つて()らるる鍔元(つばもと)(あつ)まる()といふのは、166各自(かくじ)過激(くわげき)思想(しさう)(いだ)いて()るといふ(こと)で、167()()かす(こと)であります。168(すなは)()またから()(いづ)ることになります。169この()またから()(いづ)ると()(こと)は、170厳重(げんぢう)警戒(けいかい)(やぶ)つて(あら)はるる(こと)であります。171闇於加美神(くらおかみのかみ)といふことは、172世界中(せかいぢう)(うへ)(はう)にも非常(ひじやう)過激(くわげき)思想(しさう)(あら)はれるといふことであります。
173 (つぎ)闇御津羽神(くらみつはのかみ)みつといふのは、174(みづ)でありまして、175(した)(はう)(すなわ)(たみ)のことで、176これも無茶苦茶(むちやくちや)悪思想(あくしさう)になつて、177()(なか)益々(ますます)闇雲(やみくも)になるといふことであります。
178 この(むかし)(こと)今日(こんにち)にたとへて()ますと独逸(どいつ)のカイゼルが失脚(しつきやく)したのも、179露国(ろこく)のザーが(ほろ)んだのも、180支那(しな)皇帝(くわうてい)がああなつたのも、181(みな)(てん)大神(おほかみ)十拳剣(とつかのつるぎ)(もつ)()られたのであります。182(かく)(ごと)(かみ)無形(むけい)神剣(しんけん)(もつ)()られるのであります。183それで人間(にんげん)(たたか)ふことになるのであります。184この(ころ)された迦具土神(かぐつちのかみ)のことを現代(げんだい)にたとへますれば、185爆弾(ばくだん)とか大砲(たいはう)とか、186火器(くわき)ばかりで(たたか)ふのでありまして、187(ゆみ)とか()(たたか)ふのではありませぬ。188軍艦(ぐんかん)(うご)かすのも()(ちから)であります。189それで大神(おほかみ)(より)()(かみ)(ころ)されたといふことは、190惨虐(ざんぎやく)なる戦争(せんそう)()んだといふことになるのであります。191今回(こんくわい)五年(ごねん)(わた)世界(せかい)戦争(せんそう)結果(けつくわ)は、192迦具土神(かぐつちのかみ)滅亡(めつぼう)意味(いみ)してゐるのであります。
193大正九・一一・一 於五六七殿講演 外山豊二録)
194大正一一・二・一〇 旧一・一四 谷村真友再録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。