霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四三章 言霊解(げんれいかい)五〔三九三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第6篇 黄泉比良坂 よみ:よもつひらさか
章:第43章 言霊解五 よみ:げんれいかい五 通し章番号:393
口述日:1922(大正11)年02月11日(旧01月15日) 口述場所: 筆録者:谷村真友(再録) 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
そして最後には、世界全体が一致して日の神の御国へ攻め寄せてくるのである。これが最後の世界の大峠である。
千引岩とは、君国を思う勇士の軍隊のことである。国家鎮護の神霊の御威徳、国防軍である。霊主体従国と、体主霊従国は、その国魂相応のやり方で立て分ける、という神勅が、事戸を渡す、ということである。和光同塵的なやり方ではもう行かない、ということである。
古事記に伊邪那美命が一日に千人を殺す、というのは大本の信者を一日に千人妨害して離教させようという邪神の企みを示している。それに対して、生まれ赤子の人民を千五百人養成しよう、と返しているのである。
人民を養成するチイホウブヤとは、神の血筋の因縁の御魂が寄り集まって霊主体従の本領を発揮する聖場である。綾部大本の神示の経綸がチイホウブヤ(千五百産屋)である。
黄泉大神は道敷大神とも言われる。チシキとは外に向かって乱を起こし、正道を妨害する大神、ということである。
それにたえして伊邪那岐命が道に置かれた道返大神は、邪道・邪神を防ぐ神ということである。
古事記に言うイフヤザカ(伊賦夜坂)とは、善悪正邪の分水嶺である。黄泉軍の経綸は惟神の大道に反している。ゆえに大動乱の末に破滅に至るのである。
どこまでも徳を積み重ね、よく隠忍して天下の大徳を保つ日本に対して、世界各国はほとんど争乱の極みに達して、正義人道は地を払い、⦿スに事のある暴国となっている。
ここに、仁義の神の国は、一切の善事瑞祥を発生して、仁慈大神の神世に復し治めるべきである。そうして、暗黒界に光を輝かせて、妖軍に悩まされて滅亡せんとする国土人民に対して、身命を投げ出して救助するべきである。
治国平天下の神の鍵を握るときであり、治乱・興亡の大境界線である現代も、またこれ、古事記に言う「出雲の伊賦夜坂」というべきものなのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:314頁 八幡書店版:第2輯 263頁 修補版: 校定版:317頁 普及版:141頁 初版: ページ備考:
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年12月1日号(第132号) > 皇典と現代(二)
001最後(いやはて)(その)(いも)伊弉冊命(いざなみのみこと)002()(みづか)追来(おひき)ましき』
003 (いま)までは、004千五百(ちいほ)黄泉軍(よもつぐん)(もつ)攻撃(こうげき)(むか)つて()たのが、005最後(さいご)には世界(せかい)全体(ぜんたい)一致(いつち)して()(かみ)御国(みくに)()()せて()たと()(こと)は、006伊弉冊命(いざなみのみこと)身自(みみづか)()()ましきといふ意義(いぎ)であります。007(これ)最后(さいご)世界(せかい)大峠(おほたうげ)であります。008すなはち神軍(しんぐん)魔軍(まぐん)との勝敗(しようはい)(けつ)する、009天下(てんか)興亡(こうばう)一大(いちだい)分水嶺(ぶんすゐれい)であります。
010(すなは)千引岩(ちびきいは)を、011()黄泉比良坂(よもつひらさか)引塞(ひきさ)へて、012一日(ひとひ)千頭(ちがしら)(くび)(ころ)さむと(まを)したまひき』
013 千引岩(ちびきいは)とは、014非常(ひじやう)重量(ぢうりやう)()千万人(せんまんにん)(ちから)(もつ)てせざれば、015微躯(びく)とも(うご)かぬ(いは)といふ意義(いぎ)であります。016千引岩(ちびきいは)血日国金剛数多(ちびきいは)といふ意義(いぎ)で、017君国(くんこく)(おも)赤誠(せきせい)()(なが)れたる大金剛力(だいこんがうりき)勇士(ゆうし)群隊(ぐんたい)()ふことであつて、018国家(こくか)干城(かんじやう)たる忠勇無比(ちうゆうむひ)軍人(ぐんじん)のことであります。019また国家(こくか)鎮護(ちんご)神霊(しんれい)御威徳(ごゐとく)も、020国防軍(こくばうぐん)(みな)千引岩(ちびきいは)であつて、021侵入(しんにふ)(きた)魔軍(まぐん)撃退(げきたい)(また)防止(ばうし)する兵力(へいりよく)意義(いぎ)であります。
022(なか)()事戸(ことど)(わた)す』と()(こと)は、023霊主体従(れいしゆたいじゆう)国家(こくか)国民(こくみん)と、024体主霊従(たいしゆれいじゆう)国家(こくか)国民(こくみん)とは、025到底(たうてい)融合(ゆうがふ)親睦(しんぼく)(のぞ)みは()たぬ。026(だう)しても天賦的(てんぷてき)に、027国魂(くにたま)(ことな)つて()るから、028神国(しんこく)()(かた)029異国(いこく)黄泉国(よもつのくに))はその国魂(くにたま)相応(さうおう)()(かた)で、030霊主体従国(れいしゆたいじゆうこく)体主霊従国(たいしゆれいじゆうこく)とを立別(たてわけ)ると()神勅(しんちよく)事戸(ことど)(わた)すと()(こと)であります。
031 善一筋(ぜんひとすぢ)政治(せいぢ)神軍(しんぐん)兵法(へいはふ)は、032体主霊従国(たいしゆれいじゆうこく)軍法(ぐんぱふ)とは根本的(こんぽんてき)相違(さうゐ)して()るから、033一切(いつさい)(ここ)立別(たてわけ)て、034霊主体従国(れいしゆたいじゆうこく)霊主体従国(れいしゆたいじゆうこく)()持方(もちかた)035体主霊従(たいしゆれいじゆう)体主霊従(たいしゆれいじゆう)()(をさ)(かた)と、036区別(くべつ)()けられた(こと)であります。037(えう)するに神国(しんこく)土地(とち)へは、038黄泉軍(よもつぐん)不良(ふりやう)分子(ぶんし)立入(たちい)るべからずとの御神勅(ごしんちよく)であります。039人皇(じんくわう)第十代(だいじふだい)崇神天皇(すじんてんわう)(さま)が、040皇運(くわううん)発展(はつてん)時機(じき)()たせ(たま)御神慮(ごしんりよ)より、041(ひかり)(やはら)(ちり)(まじ)はりて、042海外(かいぐわい)文物(ぶんぶつ)我国(わがくに)輸入(ゆにふ)せしめ(たま)ひし(ごと)く、043何時(いつ)までも和光同塵(わくわうどうぢん)制度(せいど)を、044墨守(ぼくしゆ)する(こと)出来(でき)ないので、045断然(だんぜん)として、046事戸(ことど)(わた)さねば()らぬ現代(げんだい)立到(たちいた)つた(ごと)有様(ありさま)であります。047(こと)言辞(げんじ)論説(ろんせつ)意味(いみ)で、048()閉塞(へいそく)するの(よう)であります。049(えう)するに日本(につぽん)皇祖(くわうそ)大神(おほかみ)御聖訓(ごせいくん)(もつ)て、050治国安民(ちこくあんみん)要道(えうだう)決定(けつてい)され、051一切(いつさい)体主霊従国(たいしゆれいじゆうこく)不相応(ふさうおう)なる言論(げんろん)輸入(ゆにふ)されないと()意義(いぎ)が、052(すなは)事戸(ことど)(わた)(たま)うと()(こと)であり、053(これ)夫婦(ふうふ)(あひだ)(たと)へますと離縁状(りえんじやう)(わた)して、054一切(いつさい)関係(くわんけい)()つと()(こと)であります。055何時(いつ)までも和光同塵的(わくわうどうじんてき)方針(はうしん)()るのは我々(われわれ)今日(こんにち)処世上(しよせいじやう)(おい)ても一考(いつかう)せなくては()らぬ。056悪思想(あくしさう)貧乏神(びんばふがみ)には、057一日(いちにち)(はや)絶縁(ぜつえん)するが、058(いへ)()めにも一身上(いつしんじやう)(ため)にも得策(とくさく)であります。059今日(こんにち)(わが)国家(こくか)も、060一日(いちにち)(はや)目覚(めざ)めて(わが)国土(こくど)不相応(ふさうおう)なる思想(しさう)や、061論説(ろんせつ)哲学(てつがく)宗教(しうけう)なぞと絶縁(ぜつえん)して、062所謂(いはゆる)事戸(ことど)()(わた)()いもので()ります。
063伊弉冊命(いざなみのみこと)()りたまはく(うつ)くしき我那勢命(あがなせのみこと)如此為(かくなし)たまはば(いまし)(くに)人草(ひとくさ)064一日(ひとひ)千頭(ちかしら)(くび)(ころ)さむとまをしたまひき』
065 黄泉大神(よもつおほかみ)宣言(せんげん)には、066我々(われわれ)愛慕(あいぼ)して()まない、067神国兄(なせ)(くに)神宣示(みこと)(もつ)て、068(かく)(ごと)黄泉国(よもつのくに)宗教(しうけう)学説(がくせつ)排斥(はいせき)さるるならば、069此方(こちら)にも(ひと)(かんが)へがある。070(なんぢ)(くに)人民(じんみん)の、071(うへ)()つて()(ところ)(かしら)役人(やくにん)どもを黄泉軍(よもついくさ)術策(じゆつさく)(もつ)て、072一日(いちにち)千人(せんにん)(すなは)(ただ)一挙(いつきよ)にして、073(かみ)(はう)役人(やくにん)どもを(くびき)つて(しま)つてやる、074(すなは)免職(めんしよく)をさせて()せようと()(こと)である。
075 惟神(かむながら)大道(だいだう)(すなは)皇祖(くわうそ)御遺訓(ごゐくん)()つて思想界(しさうかい)統一(とういつ)せむとする守護神(しゆごじん)があれば、076(ただち)時代(じだい)(おく)れた骨董品格(こつとうひんかく)にして、077役人(やくにん)(かしら)採用(さいよう)せないのみならず、078(ただち)(くび)()られて(しま)ふから、079伊弉諾命(いざなぎのみこと)(すなは)日本(につぽん)固有(こいう)大道(だいだう)を、080宣伝(せんでん)実行(じつかう)する(こと)を、081()けむとする利己主義(りこしゆぎ)のみが発達(はつたつ)するのであります。
082 (これ)(みな)黄泉軍(よもつぐん)083体主霊従魂(たいしゆれいじゆうだま)頤使(いし)(あま)んずる腐腸漢(ふちやうかん)(ばか)りに()つて()現代(げんだい)であります。084我々(われわれ)伊弉諾命(いざなぎのみこと)神教(しんけう)085(すなは)天神(てんしん)天祖(てんそ)聖訓(せいくん)天下(てんか)宣伝(せんでん)実行(じつかう)せむとするに(あた)つて、086黄泉(よもつ)(いくさ)体主霊従国魂(とつくにだま)守護神(しゆごじん)から圧迫(あつぱく)され、087日々(にちにち)千人(せんにん)(すなは)赤誠(せきせい)信者(しんじや)を、088大本(おほもと)より(はな)れさせむとして、089黄泉神(よもつがみ)手先(てさき)が、090百方(ひやつぱう)邪魔(じやま)をひろぐのも(おな)意味(いみ)であります。
091 たとへ日本(にほん)(かみ)(をしへ)結構(けつこう)()り、092(また)大本(おほもと)出現(しゆつげん)が、093現代(げんだい)(すく)ふには大必要(だいひつえう)である(こと)を、094充分(じゆうぶん)了解(れうかい)(なが)世間(せけん)(はばか)()(また)095旧思想家(きうしさうか)()はれ、096(つひ)には現今(げんこん)位置(ゐち)より(くびき)られ、097社会的(しやくわいてき)(ころ)され(はうむ)られて(しま)(こと)(おそ)れて世間並(せけんなみ)至誠(しせい)貫天(くわんてん)(てき)の、098社会(しやくわい)奉仕(ほうし)大本(おほもと)悪評(あくへう)し、099かつ圧迫(あつぱく)するを(もつ)て、100安全(あんぜん)(さく)心得(こころえ)()守護神(しゆごじん)(ばか)りで表面上(へうめんじやう)大本(おほもと)信者(しんじや)たる(こと)標榜(へうぼう)するが最後(さいご)101(ただち)()赤誠人(せきせいじん)軍人(ぐんじん)()はず、102教育家(けういくか)()はず会社員(くわいしやゐん)()はず、103(くびき)られ(しよく)(めん)ぜられると()(こと)が『一日(いちにち)千人(せんにん)(くびき)(ころ)さむとまをしたまひき』と()(こと)になるので()ります。
104(ここ)伊弉諾命(いざなぎのみこと)()(たま)はく、105(うつ)くしき我那邇妹命(あがなにものみこと)106(いまし)然為(しかし)たまはば(あれ)はや、107一日(いちにち)千五百(ちいほ)産屋(うぶや)()ててむと()りたまひき。108(これ)(もつ)一日(いちにち)(かなら)千人(せんにん)()一日(いちにち)(かなら)千五百人(ちいほにん)なも(うま)るる』
109 (ここ)伊弉諾命(いざなぎのみこと)は、110(あが)(あい)する那邇妹命(なにものみこと)よ、111思想(しさう)問題(もんだい)(もつ)()御国(みくに)混乱(こんらん)せしめ()(また)112(いま)一致(いつち)して武力(ぶりよく)(もつ)て、113我国(わがくに)()(たま)ふならば、114(われ)にも(また)大決心(だいけつしん)がある。115()惟神(かむながら)大道(だいだう)発揮(はつき)して、116(もつ)一日(いちにち)千五百(ちいほ)産屋(うぶや)()てて()ませうと(あふ)せられた。117御神諭(ごしんゆ)にある(うぶ)精神(せいしん)人民(じんみん)118(うま)赤子(あかご)(こころ)人民(じんみん)養成(やうせい)する霊地(れいち)を、119産屋(うぶや)()ふのであります。
120 ()なり赤誠(せきせい)(なり)121霊主体従(れいしゆたいじゆう)()(なり)122(ちち)(とく)(なり)123(ちち)(なり)124(しほ)(なり)
125 (むす)(たま)(なり)126()(さだ)めて不動(ふどう)(なり)
127 は、128(うへ)(あら)はる(なり)129太陽(たいやう)明分(めいぶん)(なり)130照込(てりこみ)(なり)131(てん)(こころ)(なり)
132 (むす)()(なり)133真実金剛力(しんじつこんがうりき)(なり)134(おや)(はたら)(なり)
135 (しげ)(さか)(なり)136()(むす)(どころ)(なり)137父母(ふぼ)(おも)()(なり)
138 固有(こいう)大父(たいふ)(なり)139(てん)(かへ)(なり)140経綸(けいりん)(かた)(なり)
141以上(いじやう)チイホウブヤ六言霊(ろくげんれい)(をさ)むる(とき)は、142(かみ)血筋(ちすぢ)因縁(いんねん)身魂(みたま)()()ひて、143赤誠(せきせい)実行(じつかう)(おさ)め、144霊主体従(れいしゆたいじゆう)本領(ほんりやう)発揮(はつき)し、145(てん)(ちち)たり、146()(はは)たるの(くらゐ)(たも)ちて、147仁恵(めぐみ)(ちち)万民(ばんみん)(ふく)ませ、148大海(たいかい)(しほ)(ごと)く、149(すべ)ての(けが)れを(きよ)め、150(すべ)ての(もの)(うる)はしき(あぢ)(あた)腐敗(ふはい)(ふせ)ぎ、151有為(いうゐ)人材(じんざい)一団(いちだん)()りて、152我身(わがみ)方向(はうかう)進路(しんろ)安定(あんてい)し、153(もつ)邪説(じやせつ)貪欲(どんよく)(こころ)(うご)かさず、154俗界(そくかい)(うへ)超然(てうぜん)として(あら)はれ、155大神(おほかみ)大御心(おほみこころ)宇内(うだい)()()ませ、156太陽(たいやう)明分(めいぶん)(すなは)()神国(しんこく)天職(てんしよく)(あきら)かに(をし)(さと)し、157至真(ししん)至実(しじつ)大金剛力(だいこんがうりき)(たくは)へ、158世界(せかい)(おや)たるの活動(くわつどう)()し、159上下(しやうか)階級(かいきふ)(ひと)つの真道(まみち)()りて結合(けつがふ)し、160日々(にちにち)(むす)びの(ちから)(くは)へ、161(つひ)には世界(せかい)統一(とういつ)結合(けつがふ)し、162父母(ふぼ)として万民(ばんみん)(した)(あつ)まり固有(こいう)大父(たいふ)なる国祖(こくそ)大国常立神(おほくにとこたちのかみ)御稜威(みいづ)(あふ)ぎ、163天賦(てんぷ)霊性(れいせい)(かへ)りて世界(せかい)経綸(けいりん)(もつ)て、164三千世界(さんぜんせかい)開発(かいはつ)し、165救済(きうさい)する聖場(せいぢやう)意義(いぎ)であります。166(えう)するに、167()高天原(たかあまはら)なる綾部(あやべ)大本(おほもと)の、168神示(しんじ)経綸(けいりん)は、169(すなは)千五百(ちいほ)産屋(うぶや)相当(さうたう)するのであります。170大本(おほもと)御神諭(ごしんゆ)には『綾部(あやべ)三千世界(さんぜんせかい)()立替(たてかへ)立直(たてなほ)しの地場(ぢば)であるから、171()大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)によりて、172世界(せかい)人民(じんみん)(てん)大神(おほかみ)(まこと)()とつで()()(をさ)める結構(けつこう)()高天原(たかあまはら)であるぞよ』と(しめ)されてあるも、173所謂(いはゆる)千五百(ちいほ)産屋(うぶや)意義(いぎ)にして、174(うま)赤子(あかご)純良(じゆんりやう)なる身魂(みたま)()(そだ)(たま)神界(しんかい)大経綸(だいけいりん)中府(ちうふ)であります。175(ゆゑ)何程(なにほど)黄泉大神(よもつおほかみ)精神(せいしん)より()でたる、176過激的(くわげきてき)思想(しさう)侵略的(しんりやくてき)体主霊従国(たいしゆれいじゆうこく)(ぐん)も、177綾部(あやべ)千五百(ちいほ)産屋(うぶや)儼存(げんぞん)する(かぎ)りは、178如何(いかん)ともする(こと)出来(でき)ないのであります。179(また)(これ)文章(ぶんしやう)(まま)(かい)する(とき)は、180一日(いちにち)千人(せんにん)()して千五百人(せんごひやくにん)(うま)()づる(とき)は、181結局(けつきよく)人口(じんこう)(とし)()うて増進(ぞうしん)する(ゆゑ)に、182(これ)(あめ)益人(ますひと)()ふのであります。183(あめ)益人(ますひと)天下(てんか)国家(こくか)(ため)利益(りえき)(はか)る、184至誠(しせい)(ひと)意味(いみ)にも()るのであります。185(わが)大本(おほもと)(まこと)信徒(しんと)は、186(みな)一同(いちどう)(あめ)益人(ますひと)とならねば()らぬ。187(また)日本(にほん)全体(ぜんたい)(つう)じて(あめ)益人(ますひと)たるの行動(かうどう)をとつて、188国家(こくか)開発(かいはつ)進展(しんてん)せしめ、189黄泉国(よもつのくに)なる国々(くにぐに)()(はん)()(しめ)さねば、190神国(しんこく)神民(しんみん)たる天職(てんしよく)(つく)(こと)出来(でき)ぬのであります。191今日(こんにち)社会(しやくわい)主義(しゆぎ)過激派(くわげきは)にかぶれた、192不良(ふりやう)国民(こくみん)黄泉軍(よもついくさ)眷属(けんぞく)となり、193大官(だいくわん)連中(れんちう)不穏(ふおん)なる脅迫状(けうはくじやう)(おく)つたり、194大本(おほもと)幹部(かんぶ)連中(れんちう)(むか)つて、195同様(どうやう)脅迫状(けうはくじやう)()()んで()るのも、196千人(せんにん)(ころ)さむと(まを)したまひきの意味(いみ)であります。197米国(べいこく)加州(かしう)排日案(はいにちあん)通過(つうくわ)したのも、198西伯利亜(しべりや)満洲(まんしう)支那(しな)朝鮮(てうせん)排日(はいにち)行動(かうどう)も、199排貨(はいくわ)運動(うんどう)実現(じつげん)も、200各地(かくち)小吏(せうり)大本(おほもと)極力(きよくりよく)反対(はんたい)し、201()(わが)行動(かうどう)妨害(ばうがい)しつつあるのも、202(みな)黄泉軍(よもつぐん)一日(いちにち)千人(せんにん)くびらむ、203(まを)(たま)ひきの実現(じつげん)であります。
204 太陽面(たいやうめん)に、205地球(ちきう)七八倍(しちはちばい)もある円形(ゑんけい)にして巨大(きよだい)なる黒点(こくてん)出現(しゆつげん)し、206(やく)七万(しちまん)(マイル)直径(ちよくけい)(いう)し、207吾人(ごじん)肉眼(にくがん)(もつ)明視(めいし)()(ごと)くに()つて()るのも、208()若宮(わかみや)()伊弉諾命(いざなぎのみこと)を、209黄泉軍(よもつぐん)(をか)しつつある表徴(へうちよう)であります。210(また)この黒点(こくてん)(あら)はれると、211()(とし)(およ)前後(ぜんご)数年間(すうねんかん)は、212従来(じうらい)記録(きろく)()つて調(しら)べて()ると、213第一(だいいち)気候(きこう)不順(ふじゆん)で、214悪病(あくびやう)天下(てんか)蔓延(まんえん)し、215饑饉(ききん)旱魃(かんばつ)(とう)大抵(たいてい)その(とき)(あら)はれ、216人心(じんしん)騒擾(さうぜう)極点(きよくてん)(たつ)する(とき)であります。217天明(てんめい)大饑饉(だいききん)も、218太陽(たいやう)黒点(こくてん)(とき)(おな)じうして(あら)はれて()る。219今日(けふ)(この)(ごろ)天候(てんこう)不順(ふじゆん)(また)この黒点(こくてん)影響(えいきやう)である。220(いは)んや今度(こんど)(ごと)き、221開闢(かいびやく)以来(いらい)未曾有(みぞう)大黒点(だいこくてん)(おい)ておやであります。222アヽ一天一日(いつてんいちじつ)太陽(たいやう)黒点(こくてん)223(はた)して(なに)意味(いみ)するものぞ。224伊弉諾命(いざなぎのみこと)()たせ(たま)へる(ひと)()(ひかり)も、225(なか)消滅(せうめつ)せむとするには(あら)ざるか、226我等(われら)一日(いちにち)(はや)千五百(ちいほ)産屋(うぶや)(おろか)227八千五百産屋(やちいほうぶや)万産屋(よろづうぶや)()て、228(もつ)君国(くんこく)()めに大活動(だいくわつどう)開始(かいし)せざるべからざるを(せつ)(かん)ぜざるを()ないのであります。
229(かれ)(その)伊弉冊命(いざなみのみこと)を、230黄泉津大神(よもつおほかみ)(まを)す。231(また)()追及(おひき)しに()りて、232道敷大神(ちしきのおほかみ)(まを)すとも()へり』
233 チシキ大神(おほかみ)言霊(ことたま)(かい)すれば、
234 ()(なり)235(かず)()(たも)(なり)236(ほか)(みだ)()(なり)
237 (かへつ)(ゆる)(さばえ)(なり)238()現在(げんざい)(なり)
239 打返(うちかへ)(なり)240()(くだ)(なり)
241 (これ)一言(いちげん)(やく)する(とき)は、242数多(あまた)()(すなは)千五百軍(ちいほいくさ)部下(ぶか)(いう)し、243血脈(けつみやく)(たも)(そと)(むか)つて(らん)(おこ)(つひ)(みづか)散乱(さんらん)現在(げんざい)()一切(いつさい)弛廃(しはい)せしめ、244(もつ)正道(せいだう)打返(うちかへ)して、245邪道(じやだう)(くわ)し、246至仁(しじん)至愛(しあい)惟神(かむながら)の、247生成化育(せいせいくわいく)(みち)打砕(うちくだ)く、248大神(おほかみ)()(こと)であります。249現代(げんだい)(くに)内外(ないぐわい)()はず、250(やう)東西(とうざい)(ろん)ぜず道敷(ちしき)大神(おほかみ)(もつと)活動(くわつどう)続行(ぞくかう)(たま)(とき)であります。
251(また)()黄泉(よもつ)(さか)(さや)れりし(いし)道反大神(ちがへしのおほかみ)とも(まを)塞坐黄泉戸大神(さやりますよみどのおほかみ)とも(まを)す』
252 チカヘシ大神(おほかみ)ウチカヘシ大神(おほかみ)()(こと)()り、253(また)邪道(じやだう)(ふさ)ぎて邪道(じやだう)通過(つうくわ)せしめずと()意義(いぎ)であります。254古来(こらい)(まち)入口(いりぐち)出口(でぐち)には、255(さえ)(かみ)()うて巨大(きよだい)なる(いし)(まつ)つて()つたもので()ります。256(これ)邪悪(じやあく)町村内(ちやうそんない)侵入(しんにふ)させぬ(ため)目的(もくてき)であります。257吾人(ごじん)家屋(かをく)()つるにしても、258礎石(そせき)(もち)ゐ、259(また)その周囲(しうゐ)(いし)()み、260(また)()(いし)(めぐ)らすも、261(みな)悪鬼(あくき)邪神(じやしん)侵入(しんにふ)防止(ばうし)するの意義(いぎ)より、262起元(きげん)したもので()ります。263今日(こんにち)思想界(しさうかい)にも()大石(おほいし)沢山(たくさん)()しいものであります。
264(かれ)()所謂(いはゆる)黄泉津比良坂(よもつひらさか)は、265(いま)出雲国(いづものくに)伊賦夜坂(いふやざか)とも()ふ』
266 伊賦夜坂(いふやざか)言霊(ことたま)(かい)すれば、
267 (つよ)(おも)()(なり)268(おな)じく平等(べうどう)(なり)269(みだ)(うご)(なり)270(やぶ)(うご)(なり)
271 (すす)()(なり)272至極(しごく)鋭敏(えいびん)(なり)273(たちま)(のぼ)(たちま)(くだ)(なり)274()()(なり)
275 (そと)(おほ)(なり)276固有(こいう)大父(たいふ)(なり)277()(なり)278(しつ)(なり)279裏面(りめん)天地(てんち)(なり)
280 (さわ)(みだ)(なり)281⦿()(こと)()(なり)282(くだ)(きま)(なり)283破壊(はくわい)(なり)
284 一切(いつさい)発生(はつせい)(なり)285(ひかり)(かがや)(なり)286()()(たす)くる(なり)287(けん)(なり)
288 イフヤザカ()言霊(ことたま)約言(やくげん)する(とき)善悪正邪(ぜんあくせいじや)分水嶺(ぶんすゐれい)であります。289男神(をがみ)伊弉諾命(いざなぎのみこと)女神(めがみ)伊弉冊命(いざなみのみこと)と、290(たが)ひに自分(じぶん)(ぢう)し、291かつ占有(せんいう)する国土(こくど)発展(はつてん)せしめむと、292(つよ)(おも)()ひて(あらそ)(たま)(ところ)(おな)じく平等(べうどう)にして(なん)差別(さべつ)もなく、293只々(ただただ)施政(しせい)方針(はうしん)(だい)なる正反対(せいはんたい)意見(いけん)あるのみ。294()れど女神(めがみ)黄泉神(よもついくさ)御経綸(ごけいりん)惟神(かむながら)大道(だいだう)背反(はいはん)せるが(ゆゑ)に、295(つひ)海外(かいぐわい)某々(ぼうぼう)(ごと)(ことごと)大動乱(だいどうらん)大破裂(だいはれつ)惨状(さんじやう)露出(ろしゆつ)したのは、296近来(きんらい)事実(じじつ)確証(かくしよう)する(ところ)であります。
297 男神(をがみ)神国(しんこく)は、298日進月歩(につしんげつぽ)至極(しごく)鋭敏(えいびん)にして、299(つひ)世界(せかい)大強国(だいきやうこく)仲間入(なかまい)りを()したり。300されど(たちま)(のぼ)(たちま)(くだ)るの(おそ)れあり。301黄泉国(よもつくに)()(まひ)(えん)ぜざる(やう)302注意(ちうい)(えう)する次第(しだい)であります。303日本(にほん)にして、304何処(どこ)までも(とく)()(かがや)きを(かさ)ねつつ、305外面(ぐわいめん)(おほ)ひ、306(もつ)()隠忍(いんにん)し、307天下(てんか)大徳(だいとく)(たも)ちて天下(てんか)(のぞ)むと(いへど)黄泉国(よもつくに)八雷神(やくさのいかづちがみ)や、308千五百(ちいほ)妖軍(ようぐん)(なん)容赦(ようしや)荒々(あらあら)しく、309(せう)(なり)310(てん)(なり)311活動(くわつどう)()し、312裏面(りめん)天地(てんち)()()しつつあり。313(ゆゑ)世界(せかい)各国(かくこく)(ほとん)騒乱(さうらん)(きは)みに(たつ)正義(せいぎ)仁道(じんだう)()(はら)ひ、314⦿()(こと)()りし暴国(ぼうこく)なり。315(ここ)仁義(じんぎ)(かみ)(くに)一切(いつさい)善事(ぜんじ)瑞祥(ずいしやう)発生(はつせい)して、316仁慈大神(みろくおほかみ)神世(しんせい)(ふく)(をさ)め、317暗黒界(あんこくかい)(ひか)(かがや)かせ、318妖軍(ようぐん)(なや)まされ滅亡(めつぼう)せむとする、319国土(こくど)人民(じんみん)(たい)しては身命(しんめい)()げだして救助(きうじよ)治国平天下(ちこくへいてんか)神鍵(しんけん)(にぎ)()き、320治乱興亡(ちらんこうばう)大境界線(だいきやうかいせん)(くわく)せる、321現代(げんだい)(また)これ出雲(いづも)(くに)伊賦夜坂(いふやざか)()ふべきものであります。322(完)
323大正九・一一・一 午前 五六七殿講演 外山豊二録)
324大正一一・二・一一 旧一・一五 谷村真友再録)
325(第三七章~第四三章 昭和一〇・三・四 於綾部穹天閣 王仁校正)