霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第8巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm088801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
谷底(たにぞこ)(そだ)ちし木々(きぎ)(すぐ)なれば
(くに)(はしら)()るに(ふさ)はし〈第2章〉
高山(たかやま)()ひたる木々(きぎ)(まが)りゐて
(はしら)()らぬものばかりなり〈第2章〉
いと(たか)大内山(おほうちやま)(ひと)(まつ)
(つる)巣籠(すごも)りて()()(うた)へり〈第3章〉
道程(みちのり)余程(よほど)(とほ)きに()たれども
(かみ)から()れば(から)一所(ひととこ)〈第7章〉
()(みづ)(ふた)つの(はしら)()()でぬ
これが(まこと)火水世(かみよ)(いしずゑ)〈第7章〉
()(ひと)(わた)(あやふ)丸木橋(まるきばし)
今取(いまと)()へし(かみ)掛橋(かけはし)〈第9章〉
(まつ)()()たさむために永久(とこしへ)
神力(ちから)(かく)して経綸(しぐみ)せし(かみ)〈第9章〉
天地(あめつち)(かみ)(いか)りも()(ふか)
(こら)(しの)びの袋破(ふくろやぶ)れて〈第9章〉
大本(おほもと)(かみ)(おもて)(あら)はれて
(もも)国々(くにぐに)神代(かみよ)(ひら)かす〈第10章〉
六十路(むそぢ)をば()えたる男子(をのこ)(あら)はれて
この()のかぎり(ひか)()らさむ〈第10章〉
三千年(みちとせ)()立替(たてかへ)(せま)りけり
この()(さき)(こころ)ゆるすな〈第10章〉
空蝉(うつせみ)(さだ)()()(われ)なれば
こころも()をも(かみ)(まか)せむ〈第13章〉
いまだ()になかりし(だい)なる災厄(さいやく)
(きた)(おも)へば(こひ)しき(かみ)なり〈第13章(校)〉
()(ひと)()らぬ(たの)しき(かみ)(みち)
(さか)えの(はな)常永(とは)()きぬる〈第13章〉
千早振(ちはやぶる)(かみ)()まれし正道(まさみち)
つぶさに(をし)(さと)すこのふみ〈第14章〉
(むかし)より(はなし)にさえも()かざりし
()変遷(へんせん)(おも)(はる)なり〈第14章(校)〉
()(つき)につもりし(つみ)(けがれ)をば
(みづ)(みたま)によりて(きよ)めむ〈第14章〉
如何(いか)にせば(かみ)御言葉(みことば)(さと)()
知慧(ちゑ)(ちから)もなき(ひと)()〈第15章〉
万国(くにぐに)(おだ)やかを(いの)(みち)(ひと)
(うま)れし(くに)(さち)はなほさら〈第18章〉
()(わざ)にさかしき(ひと)皇神(すめかみ)
(まこと)(みち)(おろか)なりけり〈第18章〉
皇神(すめかみ)のみのりを(うつ)()神書(ふみ)
とこよのやみを(てら)すともし()〈第19章〉
大神(おほかみ)(みち)ふみ(まよ)(おのづ)から
皆狼(みなおほかみ)となり()てにけり〈第22章〉
山川(やまかは)一度(いちど)にどよむ()となりて
百神(ももがみ)たちは()(くる)ふなり〈第23章(校)〉
高山(たかやま)(いただ)きを()れば()のあたり
八重村雲(やへむらくも)のかかる忌々(ゆゆ)しさ〈第24章〉
八雲立(やくもたつ)出雲(いづも)八重垣(やへがき)九重(ここのへ)
十重(とへ)二十重(はたへ)(つつ)村雲(むらくも)〈第25章〉
村肝(むらきも)(こころ)(おく)白真弓(しらまゆみ)
()きて(かへ)らぬ横矢(よこや)こそ()〈第26章〉
天災地変(わざはひ)指折(ゆびを)(かぞ)松虫(まつむし)
(ふゆ)(しも)さき(あは)れなりけり〈第29章〉
大神(おほかみ)(こころ)(おく)(さと)りなば
ただ一口(ひとくち)(こと)()()〈第29章〉
神業(かむわざ)をなすのが(はら)玉草(たまくさ)
()まれ(にじ)られ花咲(はなさ)きて()〈第32章〉
立直(たてなほ)しそりや立替(たてかへ)とかしましく
さへずる百舌(もづ)(こゑ)忌々(ゆゆ)しき〈第33章〉
(あたら)しき御代(みよ)(うま)れむと折々(をりをり)
(ひと)(おどろ)(こと)のみ()()〈第35章(校)〉
村肝(むらきも)(こころ)(そこ)()ゆる(かな)
言葉(ことば)(たま)(ころ)ぶまにまに〈第38章〉
()(さが)(よこ)なり(みづ)(さが)(たて)
なれども(みづ)(よこ)(なが)れつ〈第38章〉
(はた)緯織(よこお)身魂(みたま)こそ(くる)しけれ
(ひと)(とほ)せば()つも()たれつ〈第38章〉
()たれても()れずもつれず綾錦(あやにしき)
()()(みづ)御魂大神(みたまおほかみ)〈第38章〉
言霊(ことたま)(さちは)(たす)くる神国(かみくに)
(うま)れて如何(いか)()をば(なげ)かむ〈第39章(校)〉
(つき)()西(にし)へかくるる如見(ごとみ)ゆれ
(つき)(ふね)こそ(ひがし)(すす)める〈第39章(校)〉
(おと)もなく(しづか)(つも)白雪(しらゆき)
(きよ)きは(かみ)(こころ)なりけり〈第41章〉
(校は昭和十年三月、王仁校正時に挿入したもの)

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。