霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

凡例(はんれい)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:前付 よみ:
章:第9巻 よみ:はんれい 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者:編者 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm090002
愛善世界社版:前付 11頁 八幡書店版:第2輯 修補版: 校定版:321頁 普及版:前付 5頁 初版: ページ備考:校定版では加除して「あとがき」になっている。
001一、002本巻(ほんくわん)南米(なんべい)高砂島(たかさごじま))より、003北米(ほくべい)常世国(とこよのくに))に(わた)三五教(あななひけう)宣伝隊(せんでんたい)宣伝(せんでん)状況(じやうきやう)口述(こうじゆつ)されましたもので、004巻中(くわんちう)テルの(くに)とは智利(チリー)005ヒルの(くに)とは秘露(ペルー)006ハルの(くに)とは伯刺西爾(ブラジル)007カルの(くに)とは哥倫比亜(コロンビヤ)008ウヅの(くに)とは亜爾然丁(アルゼンチン)009()(くに)とは北米(ほくべい)墨西哥国(メキシコこく)010(はざま)(くに)とは(おな)じく巴奈馬国(パナマこく)()したものであります。
011一、012口述者(こうじゆつしや)瑞月(ずゐげつ)大先生(だいせんせい)は、013かつて該地方(がいちはう)霊魂(れいこん)旅行(りよかう)()げられ、014数百万年前(すうひやくまんねんぜん)太古(たいこ)より数十万年後(すうじふまんねんご)尽未来(じんみらい)(わた)南北(なんぼく)亜米利加(アメリカ)地形(ちけい)地勢(ちせい)(はじ)め、015山河草木(さんかさうもく)(ことごと)熟知(じゆくち)して()られるので、016太古(たいこ)()けるアマゾン(がは)名称(めいしよう)天孫河(てんそんがは)(めい)ぜられ、017その流域(りうゐき)両岸(りやうがん)には大沙漠(だいさばく)があつたと()はれてゐます。
018一、019(じつ)本巻(ほんくわん)内容(ないよう)充実(じゆうじつ)し、020かつ(もつと)教訓(けうくん)()めるもので、021筆録中(ひつろくちう)あまりに(みみ)(いた)く、022(あたま)(ひび)き、023胸腹(きようふく)また()(かへ)(ごと)心地(ここち)がしましたので、024(おぼ)えず大苦巻(だいくくわん)()別名(べつめい)本書(ほんしよ)(たてまつ)り、025(おほ)いに(にが)くして(くる)しかつた記念(きねん)としたのであります。
026一、027(なほ)本巻(ほんくわん)より宣伝神(せんでんしん)宣伝使(せんでんし)として()せることにしました。028第八巻(だいはちくわん)までの宣伝神(せんでんしん)も(せんでんし)と()むべきものでありますが、029活字(くわつじ)(ルビ(つき))の都合上(つがふじやう)(せんでんしん)となつて()るのですから、030一応(いちおう)読者(どくしや)諸賢(しよけん)御注意(ごちうい)(うなが)して()きます。
 
031   大正十一年瑞月祥日
032編者識