霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 刹那(せつな)信心(しんじん)〔三九九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第1篇 長途の旅 よみ:じょうとのたび
章:第6章 第9巻 よみ:せつなしんじん 通し章番号:399
口述日:1922(大正11)年02月12日(旧01月16日) 口述場所: 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
三笠丸は怪しき物音ともに、いまや海底に沈もうとしていた。松・竹・梅の三姉妹と照彦は少しも騒がず、天に向かって合掌し、何事かを奏上した。そして竹野姫はすっくとたって吹き来る風に向かい、しとやかに歌い始めた。
神々の助けを請い、自分たちの父を訪ねる心情を吐露し、風をおさめて船を救うように祈願の歌を歌った。
この言霊に、雨も風も波もぴたりと止んだ。そして不思議にも暗礁に乗り上げて沈没しようとしていた三笠丸は、何の故障もなく静かに海面を進行し始めた。
船客たちは三五教の神徳にしきりに感心している。その日の黄昏時、船は智利の港に到着した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0906
愛善世界社版:43頁 八幡書店版:第2輯 290頁 修補版: 校定版:46頁 普及版:18頁 初版: ページ備考:
001 暴風(ばうふう)百千(ひやくせん)(とら)(おほかみ)一度(いちど)(うそぶ)(うな)るが(ごと)く、002(たけ)(こゑ)(ひび)かせ、003遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)もなく()(まく)る。004(なん)容赦(ようしや)もあら(なみ)の、005()()(さま)006()(すさま)じき光景(くわうけい)なりけり。
007 三笠丸(みかさまる)(あや)しき物音(ものおと)008ガラガラバチバチ、009(いま)海底(かいてい)(しづ)まむとす。
010 数多(あまた)船客(せんきやく)は、011(いろ)(うしな)ひ、012()ちつ(すわ)りつ、013(かぎ)りある船中(せんちう)(くる)(まは)る。
014 (まつ)015(たけ)016(うめ)あだ(むすめ)017照彦(てるひこ)四人(よにん)は、018磐石(ばんじやく)(ごと)(すこ)しも(さわ)がず、019(てん)(むか)つて合掌(がつしやう)し、020何事(なにごと)(しき)りに奏上(そうじやう)せり。
021 窈窕(えうてう)(はな)(ごと)く、022新月(しんげつ)(まゆ)(こま)やかに(ゑが)かれ、023容姿(ようし)端麗(たんれい)なる自然(しぜん)天色(てんしよく)024(もも)(はな)(ごと)竹野姫(たけのひめ)はスツクと()つて()()(かぜ)()(むか)ひ、025(こゑ)(しと)やかに(うた)(はじ)むる。
026黒白(あやめ)もわかぬ(やみ)()
027(けが)れを(はら)天津風(あまつかぜ)
028(いま)()()時津風(ときつかぜ)
029()けよ()けふけ科戸(しなど)(かぜ)
030常世(とこよ)(やみ)()(はら)
031()()(ちり)(きよ)めかし
032(なみ)()()高砂(たかさご)
033()()(まつ)かくるまで
034(かく)れてまします高砂(たかさご)
035(ちち)御側(みそば)()れて()
036常世(とこよ)(なみ)しき(なみ)
037()()(おと)松風(まつかぜ)
038(やま)(あらし)かわが()ふる
039(こひ)しき(ちち)御声(おんこゑ)
040(こころ)たけのありたけを
041一度(いちど)(ひら)白梅(しらうめ)
042(はな)(かんばせ)(つき)(まゆ)
043(たつ)(みやこ)(しづ)まりし
044乙米姫(おとよねひめ)御姿(おんすがた)
045()花姫(はなひめ)(かんばせ)
046天津御空(あまつみそら)(のぼ)ります
047()出神(でのかみ)(ごと)くなり
048大空(おほぞら)(つた)(つき)(かげ)
049はやく()らして月照彦(つきてるひこ)
050(かみ)(まも)りを(あた)へかし
051(にはか)暴風(しけ)大足彦(おほだるひこ)
052(かみ)(みこと)足真彦(だるまひこ)
053()けても()きよ(しづ)みても
054直様(すぐさま)()けよ惟神(かむながら)
055(かみ)(すく)ひの(この)(ふね)
056(ふか)(めぐ)みを三笠丸(みかさまる)
057(そら)()(あふ)(なが)むれば
058春日(かすが)(やま)三笠山(みかさやま)
059(みね)より(のぼ)月影(つきかげ)
060はるる(おも)ひも(いま)しばし
061(しば)(とど)めよ時津風(ときつかぜ)
062(かぜ)便(たよ)りにわが(ちち)
063ウヅの(みやこ)(まし)ますと
064(たづ)ねて(きた)姫神(ひめがみ)
065(こころ)(つゆ)()()れよ
066仮令(たとへ)御船(みふね)はくつがへり
067(うみ)藻屑(もくず)となるとても
068(かみ)より()けし(この)身体(からだ)
069如何(いか)でか()なむや科戸彦(しなどひこ)
070科戸(しなど)(ひめ)よおだやかに
071(しづ)まり(たま)逸早(いちはや)
072この()(わた)のり(ふね)
073三五教(あななひけう)(まも)()
074わが()(ふね)(あな)はない
075あな有難(ありがた)三笠丸(みかさまる)
076あな(たふと)しの三笠丸(みかさまる)
077(かみ)(めぐみ)(かさ)()
078(きよ)(をしへ)(つゑ)となし
079みろくの(ふね)()せられて
080高砂島(たかさごじま)(すす)()
081(われ)らを(まも)大足彦(おほだるひこ)
082(かみ)(みこと)御恵(おんめぐ)
083()花姫(はなひめ)乙米姫(おとよねひめ)
084(かみ)(みこと)琴平別(ことひらわけ)
085(うづ)(みこと)朝日子(あさひこ)
086()出神(でのかみ)村肝(むらきも)
087(われ)らが(こころ)()らせよや
088(こころ)(そら)てる(くに)
089秘露(ひる)(みやこ)(ちか)づきて
090(はる)()ぐれど巴留(はる)(くに)
091(すす)(わらは)(すく)ひませ
092(すす)(わらは)(すく)ひませ
093(また)(この)(ふね)諸人(もろびと)
094千尋(ちひろ)(うみ)のいや(ふか)
095(そこ)ひも()れぬ御恵(みめぐ)みに
096(すく)(たす)けよ天津神(あまつかみ)
097国津御神(くにつみかみ)綿津神(わだつかみ)
098(いま)()(かぜ)()(ひと)
099(こころ)(ちり)(はら)(かぜ)
100()()(あめ)()(ひと)
101(けが)れを(あら)(きよ)(あめ)
102(いま)()(なみ)()(ひと)
103(あや)しき(おこな)()つの(なみ)
104(かぜ)()けふけ(あめ)()
105(なみ)()()(いさ)()
106(こころ)たけの(ひめ)(むね)
107一度(いちど)(ひら)梅ケ香姫(うめがかひめ)
108(いも)(みこと)(かみ)()
109()るをまつよ(つる)(くび)
110(かめ)(よはひ)永遠(とこしへ)
111(なみ)をさまれよ()つの(うみ)
112天津御空(あまつみそら)()(かみ)
113()出神(でのかみ)照彦(てるひこ)
114(きよ)(こころ)(あは)れみて
115(ふね)諸共(もろとも)(すく)ひませ
116(ふね)諸共(もろとも)(すく)ひませ』
117(はな)(くちびる)(ひら)いて(うた)ふ。
118 この言霊(ことたま)に、119(あめ)(かぜ)(なみ)もピタリと()んで、120(ふたた)太平(たいへい)大海原(おほうなばら)となり、121煌々(くわうくわう)たる(なつ)太陽(たいやう)は、122海面(かいめん)()らして(かがや)(わた)りぬ。
123 暗礁(あんせう)()()げ、124(ほとん)海中(かいちう)(ぼつ)せむとせし三笠丸(みかさまる)は、125不思議(ふしぎ)なるかな、126(なん)故障(こしやう)もなく、127()(わた)海面(かいめん)を、128(しづ)かに()めて西(にし)西(にし)へと進行(しんかう)してゐる。
129 船中(せんちう)には(また)四五人(しごにん)(ささや)(ごゑ)一隅(いちぐう)(きこ)ゆ。
130(かふ)『エライ(こと)だつたなア。131この(ふね)には三人(さんにん)弁財天(べんざいてん)()つて御座(ござ)つたお(かげ)生命(いのち)(たす)かつたのだよ。132マアマア吾々(われわれ)もお(かげ)地獄(ぢごく)()きを(たす)かつた。133一寸(いつすん)(した)水地獄(みづぢごく)だ、134カウして一枚(いちまい)(いた)(うへ)安楽(あんらく)極楽(ごくらく)だが、135一寸(いつすん)(ちが)へば地獄(ぢごく)でないか、136これを(おも)へば吾々(われわれ)はよく(かんが)へねばなるまい。137日々(にちにち)()つて()(こと)恰度(ちやうど)(この)(ふね)のやうなものだ。138一寸(ちよつと)間違(まちが)うたら地獄(ぢごく)だから、139うかうかしては(この)()(わた)れない、140なんぼ(あげ)ぢやと()つて、141(しづ)まぬとも()へぬ。142(あげ)()ても(わる)(こと)をすれば、143(こころ)(しづ)()(しづ)み、144一家(いつか)親類中(しんるゐぢう)(みな)(しづ)んで、145()かぶ()がなくなつて(しま)ふのだ。146うかうかしては(くら)されぬわい』
147(おつ)『さうだネ、148(なん)()もあれ有難(ありがた)(こと)だつたネ。149あの三人(さんにん)女神(めがみ)さまは、150アリヤ屹度(きつと)吾々(われわれ)のやうな人間(にんげん)ぢやないぜ。151あまり吾々(われわれ)慢心(まんしん)(つよ)いからナ、152(この)()人間(にんげん)(ちから)(わた)れるものなら(わた)つて()よ。153(ちから)のない智慧(ちゑ)(くら)い、154一寸(いつすん)(さき)(わか)らぬ(おろか)人間(にんげん)が、155(えら)さうに自然(しぜん)征服(せいふく)するとか、156神秘(しんぴ)(とびら)(ひら)いたとか、157造化(ざうくわ)妙用(めうよう)(うば)ふとか、158くだらぬ屁理屈(へりくつ)()つて威張(いば)つて()つた(ところ)で、159今日(けふ)のやうな(なみ)()うたら、160毎日(まいにち)日日(ひにち)(ふね)操縦(あやつ)ることを商売(しやうばい)にして()船頭(せんどう)さまだつて、161どうする(こと)出来(でき)やしない。162人間(にんげん)神様(かみさま)(はな)れて、163(なに)(ひと)(この)()出来(でき)るものはないのだ。164かう()つて吾々(われわれ)(もの)()つてるのも、165(みな)神様(かみさま)(たふと)水火(いき)がこもつて()るからだ。166ウラル(けう)宣伝使(せんでんし)のやうに、167()めよ(さわ)げよ一寸(いつすん)(さき)(やみ)よ、168(やみ)のあとには(つき)()るなぞと、169勝手(かつて)(ねつ)()いて、170ドレだけ威張(ゐば)つて()(ところ)で、171人間(にんげん)たる以上(いじやう)はダメだ、172ドウしても、173神様(かみさま)(ひろ)(あつ)御恵(みめぐ)みに(たよ)らねばならないのだ。174アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
175(へい)『オイお(まへ)中々(なかなか)よい心得(こころえ)だ。176ソンナ結構(けつこう)(こと)177何処(どこ)(たれ)()いたのだい』
178(われ)黄金山(わうごんざん)(あら)はれ(たま)ひし埴安彦命(はにやすひこのみこと)さまのお(はじ)めになつた、179三五教(あななひけう)(をしへ)()いて、180それからと()ふものは、181あれ(ほど)()きな(さけ)自然(しぜん)()めなくなつて、182(この)(ごろ)(すこ)しの御神酒(おみき)(いただ)いても、183(じき)()うて心持(こころも)ちがよくなつたよ。184(いま)までは(さけ)()めば()むほど、185梯子酒(はしござけ)()みたくなり、186(はら)()つて()る。187一寸(ちよつと)したことにもムカついて、188女房(にようばう)(なぐ)る、189徳利(とくり)()げる、190(さかづき)()れる、191丼鉢(どんぶりばち)(をど)る、192近所(きんじよ)人達(ひとたち)悪酒(わるざけ)ぢや、193酒狂(しゆきやう)ぢやと()はれて()(あま)された(もの)だが、194どうしたものか、195三五教(あななひけう)飯依彦(いひよりひこ)()竜宮島(りうぐうじま)宣伝使(せんでんし)熊襲(くまそ)(くに)()()て、196(みな)のものを(あつ)めて、197鎮魂(ちんこん)洗礼(せんれい)(ほどこ)してくれたが最後(さいご)198気分(きぶん)はスツカリして(さけ)(きら)ひになり、199(なん)とはなしに()(なか)面白(おもしろ)くなつて()たのだ。200ホントによい(をしへ)だよ。201(まへ)(ひと)三五教(あななひけう)入信(にふしん)したらどうだい。202(だい)にしては治国平天下(ちこくへいてんか)(をしへ)203(せう)にしては修身斉家(しうしんせいか)基本(きほん)たるべき結構(けつこう)(をしへ)(みち)だよ』
204(へい)(てい)(ぼう)成程(なるほど)結構(けつこう)だなア。205吾々(われわれ)無事(ぶじ)安全(あんぜん)(とき)には、206ナーニ(かみ)(この)()()るものか、207人間(にんげん)(かみ)だ、208(ひと)万物(ばんぶつ)(ちやう)だ、209天地経綸(てんちけいりん)司宰者(しさいしや)だと威張(ゐば)つて()たが、210今日(こんにち)のやうな()()うては、211吾輩(わがはい)のやうな無神論者(むしんろんしや)でも、212(なん)だか(はら)(なか)(わる)いコロコロが、213(のど)から()()しよつて、214本当(ほんたう)(かな)はぬ(とき)神頼(かみだの)み、215()(あは)して(すが)()になつて()るワ。216アヽ人間(にんげん)()ふものは(よわ)いものだなア』
217 諸人(もろびと)(ささや)(ごゑ)満載(まんさい)した(かみ)守護(まもり)三笠丸(みかさまる)は、218万里(ばんり)(なみ)(わた)つて、219(その)()黄昏時(たそがれどき)220智利(てる)(みなと)(ちか)づきたり。
221大正一一・二・一二 旧一・一六 森良仁録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)