霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 再生(さいせい)(おもひ)〔四〇一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第2篇 一陽来復 よみ:いちようらいふく
章:第8章 第9巻 よみ:さいせいのおもい 通し章番号:401
口述日:1922(大正11)年02月12日(旧01月16日) 口述場所: 筆録者:河津雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
松代姫、竹野姫、梅ヶ香姫は、智利の港で男に、父・桃上彦が巴留の国で命を落としたと聞かされて、泣いていた。
従者の照彦は、三人の姫たちを励ましていた。そこへ船中から大蛇彦と名乗る色の黒い男が現れて、桃上彦は珍の国で正鹿山津見という立派な神となって無事であることを告げた。一同は大蛇彦の話に勇気付けられた。
大蛇彦は珍の国まで道案内をしようと申し出た。大蛇彦は、高砂洲での桃上彦の遍歴を歌に歌いこみながら一行を案内した。
大蛇彦が歌を歌い終わると、不思議にも大蛇彦の姿は煙のように消えうせていた。そして一行はいつの間にか珍の国の正鹿山津見(桃上彦)の館の門前にたどり着いていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0908
愛善世界社版:61頁 八幡書店版:第2輯 297頁 修補版: 校定版:65頁 普及版:26頁 初版: ページ備考:
001 (うづ)(みやこ)桃上彦命(ももがみひこみこと)は、002巴留(はる)(みやこ)()でまして、003(てき)(するど)(やり)()()され、004沙漠(さばく)(つゆ)()(たま)ひしと、005()くに(おどろ)三柱(みはしら)(ひめ)はワツと()()るばかり、006船底(ふなぞこ)()ひついて、007(こゑ)(しの)びに()()るにぞ、008照彦(てるひこ)当惑(たうわく)(いき)()らしながら、
009『これはしたりお三方様(さんかたさま)010御父上(おちちうへ)()くなられたといふことは、011(けつ)して(たしか)なものではありませぬ。012(さつ)する(ところ)013吾々(われわれ)酒代(さかて)()しさに、014斯様(かやう)なことを(まを)して(われ)らの(こころ)(うご)かせ、015目的(もくてき)(たつ)せむとした悪者(わるもの)悪企(わるだく)みにかかつたのでせう。016(かなら)(かなら)御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな。017()(ところ)()つて()なくては実否(じつぴ)(わか)るものではありませぬ。018道聴途説(だうちやうとせつ)(あやま)られて、019肝腎(かんじん)(とき)になり、020(ちひ)さき(をんな)(むね)(いた)め、021()しも御身(おんみ)ささはりでも出来(でき)たならば、022この家来(けらい)照彦(てるひこ)は、023どうして御父上様(おんちちうへさま)申訳(まをしわけ)()ちませうか。024冥途(めいど)にござる(はは)(きみ)へも()みませぬ。025どうかお三人様(さんにんさん)026()(たしか)()つて(くだ)さい、027屹度(きつと)この照彦(てるひこ)御主人様(ごしゆじんさま)にお()はせ(まを)しませう』
028 松代姫(まつよひめ)(なみだ)(ぬぐ)ひながら、
029『あゝ照彦(てるひこ)030よく()うて()れました。031(まへ)親切(しんせつ)()()(わた)つて(うれ)しいが、032(うそ)とは(おも)へぬ客人(きやくじん)(はなし)033まさかの(とき)には(わらは)()うしようぞ。034折角(せつかく)(なが)海山(うみやま)()え、035孱弱(かよわ)(いもうと)()れて、036やうやうここに()きは()いたものの、037父上(ちちうへ)訃音(ふいん)()いて、038(てん)にも()にもない一人(ひとり)(おや)039(わらは)はどうして(しの)ばれませうぞ』
040竹野姫(たけのひめ)姉様(ねえさま)041どうなり()くも因縁(いんねん)づく、042万々一(まんまんいち)(とう)さまがお(かく)れになつたとすれば、043(ちから)(たの)むは(ねえ)さまばかり、044何卒(どうぞ)しつかりして(くだ)されませ。045梅ケ香姫(うめがかひめ)はやうやう十六歳(じふろくさい)046(はな)(つぼみ)(ひら)かぬうちから、047こんな()()出会(であ)ふとは、048(なん)たる因果(いんぐわ)のことでありませう』
049『モシモシお三人様(さんにんさま)050(けつ)して(けつ)して御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな、051ここは()()智利(てる)(くに)052あれ御覧(ごらん)なさいませ、053今日(けふ)日輪様(にちりんさま)殊更(ことさら)(うるは)しい、054御機嫌(ごきげん)のよい(かほ)をしてにこにこと(わら)つてゐられます。055()しもお(とう)さまが(この)()御座(ござ)らぬやうな(こと)なれば、056どうして日天様(につてんさま)があのやうな(うるは)しいお(かほ)吾々(われわれ)(てら)して(くだ)されませうぞ。057()らざる取越苦労(とりこしくらう)()めて、058(さき)(たの)しんで(まゐ)りませう。059一歩(いつぽ)々々(いつぽ)(うづ)(みやこ)近寄(ちかよ)るのですから、060サアサア上陸(じやうりく)(いた)しませう』
061 (この)(とき)(ふね)一隅(いちぐう)より、062中肉中背(ちうにくちうぜい)(いろ)浅黒(あさぐろ)(をとこ)063四人(よにん)(まへ)(あら)はれ(きた)り、
064(わたくし)(おそ)ろしい()のついた、065大蛇彦(をろちひこ)といふ(をとこ)でございます。066これから(うづ)(くに)(かへ)りますから丁度(ちやうど)よい道伴(みちづれ)067(みやこ)(ちか)くまで御供(おとも)いたしませう、068御安心(ごあんしん)なされませ。069(いま)(うけたま)はれば、070貴女様(あなたさま)(うづ)(みやこ)(その)御名(おんな)(たか)桃上彦命(ももがみひこのみこと)(さま)御娘子(おむすめご)とやら、071(いま)正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)といふ立派(りつぱ)神様(かみさま)になつて、072御無事(ごぶじ)でゐらつしやいます。073(けつ)して(けつ)して御心配(ごしんぱい)なく、074(わたくし)(とも)にまゐりませう』
075 松代姫(まつよひめ)()()つばかり(うれ)しげに、
076『それはそれはよい(こと)()かして(もら)ひました。077有難(ありがた)うございます』
078 竹野姫(たけのひめ)079梅ケ香姫(うめがかひめ)(にはか)顔色(がんしよく)(うるは)しく、080()(わた)りし(こゑ)にて、
081『お(あね)さま、082(うれ)しいワ』
083『アヽ(うれ)しかろ(うれ)しかろ、084(ねえ)さまも(うれ)しい、085(こころ)()()えして()ました』
086照彦(てるひこ)『ヤア、087大蛇彦(をろちひこ)さま、088あなたは(うづ)(くに)御方(おかた)089イヤモウ、090よいことを()かして(くだ)さりました。091吾々(われわれ)もこれで安心(あんしん)いたします。092(あし)(なん)となく(かる)いやうな気分(きぶん)になつて()ました。093どうかお(たの)みですから、094ひとつ道伴(みちづ)れになつて(くだ)さいませ』
095『ハイ、096(よろ)しう御座(ござ)います。097(わたくし)道案内(みちあんない)(いた)しませう』
098 三笠丸(みかさまる)()()て、099ここに一同(いちどう)智利(てる)(みなと)(まち)をあとに、100(みなみ)()して(こころ)もいそいそと(すす)()く。
101 大蛇彦(をろちひこ)(さき)()ち、
102『ここは高砂(たかさご)智利(てる)(くに)
103竜世(たつよ)(ひめ)(しづ)まりて
104(まも)(たま)へる(かみ)(しま)
105御空(みそら)(たか)月照彦(つきてるひこ)
106(うづ)(みこと)神魂(かむみたま)
107(かがみ)(いけ)()れまして
108()()()らす言霊(ことたま)
109(めぐみ)(ふか)智利(てる)(くに)
110(うづ)(みやこ)()れませる
111桃上彦(ももがみひこ)神司(みつかさ)
112()さへ目出度(めでた)宣伝使(せんでんし)
113正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)となり
114珍山峠(うづやまたうげ)()()えて
115巴留(はる)(みやこ)(すく)はむと
116()でます(をり)しも曲神(まがかみ)
117鷹取別(たかとりわけ)僕人(しもびと)
118とり(かこ)まれて(たま)()
119一度(いちど)(いき)()れたれど
120()花姫(はなひめ)(すく)はれて
121(ふたた)びここに(よみがへ)
122(うづ)(みやこ)(かへ)りまし
123(はな)(あざむ)手弱女(たをやめ)
124(こころ)(きよ)宣伝使(せんでんし)
125五月(さつき)(ひめ)(つま)となし
126淤縢山津見(おどやまづみ)駒山彦(こまやまひこ)
127(かみ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
128珍山彦(うづやまひこ)諸共(もろとも)
129千歳(ちとせ)(ちぎ)(いも)()
130今日(けふ)(いは)ひの(うたげ)(には)
131(よろこ)びたまへ三柱(みはしら)
132(ひめ)(みこと)千代(ちよ)八千代(やちよ)
133(かは)らぬ(まつ)(いろ)(ふか)
134(こころ)たけのすくすくと
135(ひら)梅ケ香(うめがか)(かん)ばしも
136月日(つきひ)(そら)照彦(てるひこ)
137御供(おとも)(かみ)諸共(もろとも)
138大蛇(をろち)(ふね)()せられて
139はやくもここに()きにけり
140はやくもここに()きにけり』
141(うた)(をは)るよと()れば、142大蛇彦(をろちひこ)姿(すがた)(けむり)()えて、143()べど(さけ)べど(なん)(いら)へもなく、144樹々(きぎ)(こづゑ)(わた)松風(まつかぜ)(おと)145颯々(さつさつ)(みみ)(ひび)くばかりなり。
146 さしもに(けは)しき(とほ)山路(やまみち)瞬間(またたくひま)(おく)られて、147ここに主従(しうじう)四人(よにん)正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)門前(もんぜん)(ちか)くに(あら)はれける。
148大正一一・二・一二 旧一・一六 河津雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)