霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 言葉(ことば)(くるま)〔四〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第2篇 一陽来復 よみ:いちようらいふく
章:第10章 第9巻 よみ:ことばのくるま 通し章番号:403
口述日:1922(大正11)年02月13日(旧01月17日) 口述場所: 筆録者:河津雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
五月姫は四十五清音を読み込んだ契りの歌を歌った。珍山彦は駒山彦に祝歌を促す。駒山彦が祝歌を披露した後は、正鹿山津見が珍山彦に促されて歌を歌った。
その歌には、かつて聖地エルサレムでの自らの悪政の失敗と、日の出神の救い、海底竜宮での苦労、高砂洲での宣伝から今に至るまでの経歴と、改心の誓いと喜びが読み込まれていた。
珍山彦は松代姫に親子対面の祝いの歌を促す。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0910
愛善世界社版:75頁 八幡書店版:第2輯 302頁 修補版: 校定版:79頁 普及版:31頁 初版: ページ備考:
001 五月姫(さつきひめ)()つて(うた)ふ。
002ふげば(たか)(あま)(はら)
003()(わた)らふ()(かみ)
004づの(みやこ)守護神(まもりがみ)
005にしの(いと)(つな)がれて
006しの(ふすま)永久(とこしへ)
007はらざらまし何時(いつ)までも
008よく(ただ)しき相生(あひおひ)
009にの(まも)りと(あら)はれて
010しき(いや)しき曲津見(まがつみ)
011らしてここに(かみ)(くに)
012かゆる(まつ)高砂(たかさご)
013()(きよ)(うるは)しく
014みきる(おい)(じやう)(うば)
015ぜの(なが)れは(かは)るとも
016ろふて二人(ふたり)(まつ)()
017がひに(こころ)()はせつつ
018()八千代(やちよ)永久(とこしへ)
019ると(かめ)との(よはひ)もて
020らす高砂島(たかさごじま)(もり)
021きは堅磐(かきは)(をさ)めませ
022(かぜ)(あら)海原(うなばら)
023しや(ひがし)(きた)(みなみ)
024()(ふね)徐々(しづしづ)
025(そこ)(くに)()てまでも
026どかにしらす天津神(あまつかみ)
027()(くに)をば()()でて
028()りきびしき砂原(すなはら)
029みわけ(すす)四人連(よにんづ)
030(くだ)れとの御教(みをしへ)
031まれは四方(よも)(ひび)くなり
032鹿山津見神(かやまづみのかみ)(さま)
033のいたづきを(すく)ひつつ
034すぶ(えにし)温泉場(をんせんば)
035ぐり()うたる(いも)()
036()(ちぎり)百歳(ももとせ)
037千代(ちよ)(かた)(むつ)まじく
038永久(とこしへ)永久(とこしへ)
039みづ()()珍山(うづやま)
040にしも(ふか)(たび)(そら)
041紫陽花(あぢさゐ)(かは)るとも
042()()てる真心(まごころ)
043千代(ちよ)までも(かは)らまじ
044山彦(やまひこ)御神(おんかみ)
045にしの(いと)(むす)ばれて
046さまる今日(けふ)(ゆふべ)かな』
047と、048四十五清音(しじふごせいおん)言霊歌(ことたまうた)(うた)ふ。
049駒山彦(こまやまひこ)『ヤア、050(おそ)()りました。051四十五清音(しじふごせいおん)(いは)ひの御歌(おんうた)052どうか始終御静穏(しじゆうごせいをん)でゐらつしやいますやうに』
053珍山彦(うづやまひこ)『オイ、054駒山(こまやま)さま、055大分(だいぶん)によう(ころ)ぶな』
056『きまつた(こと)だ。057(やま)頂辺(てつぺん)から、058(こま)(ころ)がしたやうなものだよ。059アハヽヽヽ』
060『サア駒山(こまやま)さま、061(やま)頂辺(てつぺん)から(こま)(ころ)がすのだよ。062(ひと)言霊歌(ことたまうた)()かして(もら)ひませうかな』
063(うた)御免(ごめん)だ、064不調法(ぶてうはふ)だからな』
065『この目出度(めでた)場所(ばしよ)で、066御免(ごめん)だの、067不調法(ぶてうはふ)だのと、068是非(ぜひ)言霊(ことたま)()(なほ)しをやつて(もら)ひたいものだ。069主人側(しゆじんがは)五月姫(さつきひめ)さまが言霊(ことたま)でお(うた)ひになつたのだもの、070客側(きやくがは)貴公(きこう)がまた言霊(ことたま)返歌(へんか)をするのは当然(たうぜん)だ。071吾々(われわれ)一度(いちど)(うた)つたから最早(もはや)満期(まんき)免除(めんぢよ)だ。072サアサア(はや)(はや)く、073言霊(ことたま)(こま)(やま)(うへ)から(ころ)がしたり(ころ)がしたり、074珍山彦(うづやまひこ)所望(しよもう)だ』
075 駒山彦(こまやまひこ)も、
076こまつたな、077()むに()まれぬこの()仕儀(しぎ)078オツトドツコイ祝儀(しうぎ)だ。
079ふげば(たか)(やま)()
080づる月日(つきひ)のきらきらと
081づの(みやこ)(てら)すなり
082にしは()きぬ五月姫(さつきひめ)
083しの(ふすま)(あたた)かに
084たみに()()をとり(かは)
085のふも今日(けふ)(むつ)まじく
086らせよ(くら)二人(ふたり)()
087はしき(やま)()()えて
088こに(やうや)(つき)(よひ)
089かづき(かは)目出度(めでた)さよ
090()()ふる松ケ枝(まつがえ)
091ずしく()める月影(つきかげ)
092秋万歳(しうばんざい)(じやう)(うば)
093ろふ夫婦(ふうふ)友白髪(ともしらが)
094かさご(じま)守護神(まもりがみ)
095よに八千代(やちよ)(いろ)(ふか)
096るの()(ごも)(かみ)(しま)
097らす朝日(あさひ)(きよ)くして
098こよの(やみ)()らすなり
099つの(なかば)五月空(さつきぞら)
100しに()()月照彦(つきてるひこ)
101(たま)()()らしつつ
102(そこ)(くに)まで(すく)ひゆく
103(やま)もかすみ(わら)ふなる
104る(巴留(はる))の(さか)えは(もも)(はな)
105らく常磐(ときは)松代姫(まつよひめ)
106たりの娘御(むすめご)諸共(もろとも)
107ぐりの(やま)をあとにして
108のかに(ゆめ)(あと)(たづ)
109ぎて(きた)りし(ちち)(くに)
110たり()うたり今日(けふ)(よひ)
111すぶ夫婦(ふうふ)新枕(にひまくら)
112でたかりける次第(しだい)なり
113上彦(がみひこ)(とし)(なが)
114ちよの(はる)玉椿(たまつばき)
115づみのみたまの御教(みをしへ)
116はより(かた)(まも)りませ
117にしは()きじ月照(つきてる)
118紫陽花(あぢさゐ)(かは)るとも
119かやぐ(むね)素手(すだ)()きて
120きと水火(いき)とを(あは)せつつ
121つし()幽世(かくりよ)(へだ)てなく
122らぎ(たの)しめ(かみ)()
123さまる五月(さつき)今日(けふ)五日(いつか)
124(うた)(をは)れば、125珍山彦(うづやまひこ)(ひざ)()つて、
126『ヤア、127(ころ)んだ(ころ)んだ、128駒公(こまこう)がころんだ』
129駒山彦(こまやまひこ)『これで駒山(こまやま)除隊(ぢよたい)ですかな』
130 珍山彦(うづやまひこ)は、
131『ヤア、132じよたいのない(をとこ)だな。133それよりも五月姫(さつきひめ)さま、134アヽこの(やかた)(おく)さまとならば、135じよたいのうしよたい()つのだよ。136(こころ)(そこ)から水晶(すゐしやう)(みが)いて(みが)()げて、137(くわ)()(じつ)()き、138曲津(まがつ)正体(しやうたい)()してしまふのだ』
139 五月姫(さつきひめ)(ちひ)さき(こゑ)にて、
140『ハイハイ』
141とばかりうなづく。
142珍山彦(うづやまひこ)『サア、143これから御主人公(ごしゆじんこう)(ばん)だ。144まさか(いや)とは()はれますまい。145サアサア(いは)(うた)(うた)つて(くだ)さい。146珍山彦(うづやまひこ)註文(ちうもん)だ』
147正鹿山津見(まさかやまづみ)(みな)さまの立派(りつぱ)御歌(おうた)()いて、148(おそ)()りました。149(わたし)言霊(ことたま)は、150充分(じゆうぶん)(みが)けて()りませぬから、151(みみ)ざはりになりませうが、152今日(けふ)(おも)()つて、153神様(かみさま)御力(おちから)()りて(うた)はして(いただ)きませう。
154あゝ(おも)へば(むかし)()(むかし)
155高天原(たかあまはら)()れませる
156(こころ)もひろき広宗彦(ひろむねひこ)
157(あに)(みこと)(たす)けられ
158(かみ)真釣(まつり)(おぎな)ひの
159かみと(かは)りし桃上彦(ももがみひこ)
160(かみ)(みこと)のなれの(はて)
161(こころ)(こま)(すす)()
162八十(やそ)曲津(まがつ)使(つか)はれて
163(めぐみ)(ふか)広宗彦(ひろむねひこ)
164(あに)(みこと)(あひ)(そむ)
165二人(ふたり)(あに)退(しりぞ)けて
166かみまつり(にぎ)りたる
167高天原(たかあまはら)主宰神(つかさがみ)
168常世(とこよ)(やみ)(ふか)くして
169(こころ)(くも)常世彦(とこよひこ)
170常世(とこよ)(ひめ)(はか)られて
171(こひ)しき(みやこ)三柱(みはしら)
172(うつ)しき御子(みこ)()()てて
173行方(ゆくへ)()らぬ流浪(さすらひ)
174()のなり()ては和田(わだ)(はら)
175(なみ)(うか)べる(ひと)(じま)
176竜宮(りうぐう)(しま)(わた)らむと
177高砂丸(たかさごまる)()をまかせ
178常世(とこよ)(なみ)重浪(しきなみ)
179(わた)(をり)しも()(きた)
180颶風(はやて)(ふね)()()られ
181(われ)(はか)なき(つゆ)()
182朝日(あさひ)()ゆる(かな)しさを
183(やみ)()らして(のぼ)()
184()出神(でのかみ)御光(みひかり)
185琴平別(ことひらわけ)(すく)(ぶね)
186(せな)(またが)遥々(はるばる)
187千尋(ちひろ)(うみ)(そこ)(みや)
188乙米姫(おとよねひめ)知食(しろしめ)
189(たつ)宮居(みやゐ)金門(かなど)()
190(いや)しき(つかさ)(つか)へつつ
191(なみだ)(しづ)(をり)からに
192(なみ)(てら)して()(きた)
193()出神(でのかみ)(すく)はれて
194神伊邪那美(かむいざなみ)大神(おほかみ)
195従属(みとも)(かみ)諸共(もろとも)
196(おと)名高(なだか)竜宮(りうぐう)
197(かめ)背中(せなか)()せられて
198(をど)(うか)びし淤縢山祇(おどやまずみ)
199(かみ)(みこと)和田(わだ)(はら)
200つらなぎ(わた)(なみ)(うへ)
201大海原(おほうなばら)真中(まんなか)
202皇大神(すめおほかみ)(みぎ)(ひだり)
203(たもと)(わか)高砂(たかさご)
204朝日(あさひ)智利(てる)(くに)()
205(うづ)(みやこ)辿(たど)()
206()出神(でのかみ)()けのまに
207()さへ目出度(めでた)宣伝使(せんでんし)
208巴留(はる)御国(みくに)(すく)はむと
209山野(やまの)(わた)はるばると
210(われ)(みやこ)竜世姫(たつよひめ)
211三五(さんご)(つき)()真夜中(まよなか)
212威勢(ゐせい)(たか)鷹取別(たかとりわけ)
213(しこ)(いくさ)戦士(いくさびと)
214(するど)(やり)(さび)となり
215沙漠(さばく)(なか)()められて
216やうやう(いき)()(かへ)
217(やみ)(まぎ)れて(かへ)()
218負傷(てきず)(いた)(あし)()へて
219一足(ひとあし)さへもままならぬ
220破目(はめ)(おちい)(たに)(そこ)
221(なが)るる(みづ)(むす)(とき)
222(かを)(ゆか)しく(あぢ)もよき
223(みづ)御魂(みたま)(さち)はひを
224(よろこ)谷間(たにま)()(のぼ)
225温泉(いでゆ)いさ(ゆあみ)して
226(もも)負傷(てきず)()えたれど
227如何(いかが)はしけむ(たま)()
228(いのち)()ゆる折柄(をりから)
229淤縢山津見(おどやまづみ)五月姫(さつきひめ)
230珍山(うづやま)駒山(こまやま)(あら)はれて
231(かみ)(すく)ひの御手(みて)をのべ
232(たす)(たま)ひし(うれ)しさよ
233(ここ)五人(ごにん)(かみ)()
234さしも(けは)しき珍山(うづやま)
235(たうげ)()えて千引岩(ちびきいは)
236(うへ)一夜(いちや)(あか)しつつ
237天雲山(あまくもやま)をも打越(うちこ)えて
238()花姫(はなひめ)分霊(わけみたま)
239大蛇(をろち)(ふね)(たす)けられ
240もとの住家(すみか)立帰(たちかへ)
241(いこ)()もなく淤縢山祇(おどやまずみ)
242(かみ)(みこと)御執(おとり)()
243珍山彦(うづやまひこ)真心(まごころ)
244今日(けふ)妹背(いもせ)新枕(にひまくら)
245天津御神(あまつみかみ)国津神(くにつかみ)
246百神等(ももがみたち)永久(とこしへ)
247誓約(うけひ)をたてし今日(けふ)(よひ)
248(きよ)(こころ)玉椿(たまつばき)
249八千代(やちよ)(はる)(うめ)(はな)
250(ひら)いて()りて()(むす)
251みろく()までも(かは)らまじ
252朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
253(つき)()つとも()くるとも
254高砂島(たかさごじま)永久(とこしへ)
255妹背(いもせ)(なか)(むつ)まじく
256親子(おやこ)夫婦(ふうふ)(むつ)()
257(はな)()御代(みよ)(たの)しまむ
258(はな)()御代(みよ)(たの)しまむ
259(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
260(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
261ただ何事(なにごと)(ひと)()
262直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
263()(あやまち)()(なほ)
264(ひかり)(まば)ゆき伊都能売(いづのめ)
265(かみ)御魂(みたま)(あら)はれて
266天地(あめつち)四方(よも)国々(くにぐに)
267(まも)諸神(もろがみ)諸人(もろびと)
268(とも)生代(いくよ)(たの)しまむ
269(とも)足代(たるよ)(たの)しまむ』
270と、271(こゑ)もすずしく(うた)(をは)る。272一同(いちどう)()()つて感嘆(かんたん)(こゑ)()らすのみ。273珍山彦(うづやまひこ)は、
274『サアサア、275これで婚礼組(こんれいぐみ)(うた)一通(ひととほ)()んだ。276これから親子(おやこ)対面(たいめん)御祝(おいは)ひだ。277モシモシ松代姫(まつよひめ)(さま)278貴女(あなた)のお(ばん)です。279御遠慮(ごゑんりよ)なく(おや)(まへ)だ、280(うた)ひなさいませ』
281 松代姫(まつよひめ)は、
282『ハイ』
283(こた)へて()(あが)りぬ。
284大正一一・二・一三 旧一・一七 河津雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)