霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 鹿島立(かしまだち)〔四〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第3篇 天涯万里 よみ:てんがいばんり
章:第12章 第9巻 よみ:かしまだち 通し章番号:405
口述日:1922(大正11)年02月13日(旧01月17日) 口述場所: 筆録者:有田九皐 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
数日滞在の後、淤藤山津見は、正鹿山津見に珍の国の後事を託して、珍山彦・駒山彦を従えて再び宣伝の旅に出ようとしていた。
松代姫は淤藤山津見に、自分たち三姉妹も宣伝使としてお供に連れて行ってもらえるように頼み込んだ。父・正鹿山津見も娘たちの決心に感じ、珍山彦に娘を託した。
珍山彦は、照山峠を越えてハラの港、智利、秘露、カル、目の国を越えて、遠く常世の国へと進んで行くのだ、と宣伝の道筋を一同に示した。また正鹿山津見は照彦を宣伝使一行の供として行くことを許した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0912
愛善世界社版:99頁 八幡書店版:第2輯 310頁 修補版: 校定版:105頁 普及版:39頁 初版: ページ備考:
001 (ここ)淤縢山津見神(おどやまづみのかみ)は、002正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)細々(こまごま)後事(こうじ)(たく)し、
003黄泉比良坂(よもつひらさか)(たたか)ひまで、004(うづ)(くに)五月姫(さつきひめ)(とも)(まも)らせ(たま)へ』
005()(のこ)し、006珍山彦(うづやまひこ)007駒山彦(こまやまひこ)(ともな)ひ、008数日(すうじつ)滞在(たいざい)(のち)(わか)れを()げて()でむとする(とき)009松代姫(まつよひめ)淤縢山津見神(おどやまづみのかみ)(そで)(ひか)へて、
010()(しばら)御待(おま)(くだ)されませ。011(わらは)三人(さんにん)姉妹(きやうだい)は、012神様(かみさま)(ひろ)(あつ)御恵(おんめぐ)みに(よく)し、013(こひ)しき(ちち)にも出会(であ)ひ、014(いま)また慈愛(じあい)(ふか)(はは)(さづ)かり、015最早(もはや)心残(こころのこ)りも御座(ござ)いませねば、016(なに)とぞ(わらは)御供(おとも)御使(おつか)(くだ)さいますまいか。017(をんな)ながらも黄泉比良坂(よもつひらさか)(たたか)ひに(はたら)かして(いただ)きたう(ぞん)じます。018どうぞ(ひろ)大御心(おほみこころ)見直(みなほ)()(なほ)して是非(ぜひ)御供(おとも)に……』
019真心(まごころ)(おもて)(あら)はして(たの)()るにぞ、020淤縢山津見(おどやまづみ)は、
021『それは感心(かんしん)なことです。022(しか)しながら吾々(われわれ)自由(じいう)にならぬ。023正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)(さま)御許(おゆる)しを()られた(うへ)024御同道(ごどうだう)(いた)しませう』
025 竹野姫(たけのひめ)026梅ケ香姫(うめがかひめ)二人(ふたり)は、027(こゑ)(そろ)へて両手(りやうて)をつきながら、
028()うぞ(わらは)御供(おとも)(いた)したう御座(ござ)いますワ』
029珍山彦(うづやまひこ)『ヤア、030(いま)までは(をとこ)四人(よにん)(をんな)一人(ひとり)031それでさへも随分(ずゐぶん)道中(だうちう)(にぎ)はうたものだ。032(なん)()つても駒山(こまやま)さまのやうなデレのスーが(まじ)つて()るのだからなア。033(しか)るに今度(こんど)御三人(おさんにん)御姫(おひめ)さまがお()(あそ)ばすとなれば、034道中(だうちう)随分(ずゐぶん)(にぎ)はふ(こと)であらう。035(をんな)三人(さんにん)()れば(かしま)しいと()ふことがある。036イヤもう、037さうなれば鹿島立(かしまだち)でなくて、038かしましい()ちだ。039(しか)しながら()(こころざし)感心々々(かんしんかんしん)040どれどれこれから()珍山彦(うづやまひこ)御父上(おんちちうへ)(うかが)うて()()げませう』
041正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)居間(ゐま)引返(ひきかへ)し、042三人(さんにん)(むすめ)(ねが)ひを打破(うちわ)つて細々(こまごま)()()つるにぞ、043正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)(むすめ)勇気(ゆうき)(かん)じ、
044『アヽ折角(せつかく)可愛(かあい)(むすめ)()うたと(おも)へば、045もう(わか)れねばならぬか。046イヤこれも神国(しんこく)のため、047御道(おみち)のためだ。048会者定離(ゑしやぢやうり)浮世(うきよ)(つね)049どうぞ珍山彦(うづやまひこ)さま、050(むすめ)たちを(よろ)しく御願(おねが)(いた)します』
051(こゑ)(くも)らせながら(こた)ふるを、052珍山彦(うづやまひこ)は、
053結構(けつこう)だ。054その覚悟(かくご)がなくては神様(かみさま)宮仕(みやづか)へは到底(たうてい)(つと)まらない』
055三人(さんにん)(むすめ)(まへ)(あら)はれて、
056三人(さんにん)御姉妹(ごきやうだい)057(よろこ)びなさいませ。058(じつ)御父(おとう)さまの(こころ)立派(りつぱ)なものだ。059()(おや)にして()()あり、060()()にして()(おや)あり、061()(をつと)にして()(つま)あり、062()(つま)にして()(をつと)あり、063()(きみ)にして()(しん)あり、064()(しん)にして()(きみ)ありだ』
065 駒山彦(こまやまひこ)は、
066『オイ、067グヅ(やま)068なにをグヅグヅ()つて()るのだ。069(おな)(こと)ばかり()(かへ)して、070(また)そろそろ地金(ぢがね)()()たな』
071松代姫(まつよひめ)(しか)らば(わらは)姉妹(おとどい)三人(さんにん)072御供(おとも)(つか)へませう。073何分(なにぶん)(よろ)しく御願(おねが)(いた)します。074御一同様(ごいちどうさま)
075(かしら)()げて叮嚀(ていねい)挨拶(あいさつ)なすにぞ、076二人(ふたり)(いもうと)()をついて、
077何分(なにぶん)(よろ)しく』
078(ゑみ)(うか)べて(たの)()る。
079珍山彦(うづやまひこ)『サテ、080これからは(なが)道中(だうちう)だ。081照山峠(てるやまたうげ)()えて、082ハラの(みなと)()で、083智利(てる)084秘露(ひる)長途(ちやうと)をとぼとぼ(あゆ)んでカルの(くに)(わた)り、085()(くに)086常世(とこよ)(くに)(すす)んで()くのだから、087七六ケ(しちむつか)しい挨拶(あいさつ)(かた)()つて(こま)る。088これからの道中(だうちう)は、089師弟(してい)だとか、090老幼(らうえう)男女(だんぢよ)障壁(しやうへき)をすつかり()つて、091(たがひ)()ひたいことも()()つて()くのだから、092(その)心算(つもり)心安(こころやす)くして(くだ)さい』
093『ハイハイ、094有難(ありがた)御座(ござ)います』
095三人(さんにん)(うれ)(なみだ)にくれてゐる。
096 正鹿山津見(まさかやまづみ)097五月姫(さつきひめ)門口(かどぐち)(おく)(きた)り、098一行(いつかう)安全(あんぜん)(しゆく)し、099()(わか)れむとするところへ照彦(てるひこ)()(きた)り、
100『モシモシ、101(わたくし)はヱルサレムから三人様(さんにんさま)御後(おあと)(した)つて(まゐ)つたもので御座(ござ)います。102(いま)此処(ここ)御別(おわか)(まを)しては、103(なん)となく心許(こころもと)ない(かん)じが(いた)します。104どうぞ特別(とくべつ)御詮議(ごせんぎ)(もつ)て、105宣伝使(せんでんし)御供(おとも)(かな)はずとも、106御姫様(おひめさま)御供(おとも)をさして(いただ)きたう御座(ござ)います』
107(うら)めしさうに涙含(なみだぐ)むにぞ、108正鹿山津見(まさかやまづみ)は、
109『ヤア、110照彦(てるひこ)か。111(わし)三人(さんにん)(むすめ)宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)御預(おあづ)けしたものの、112孱弱(かよわ)(むすめ)のしかも三人(さんにん)113嘸々(さぞさぞ)御迷惑(ごめいわく)なさることであらう。114照彦(てるひこ)115其方(そなた)(むすめ)たちの(あと)()いて、116いろいろと世話(せわ)をしてやつて(くだ)さい』
117『ヤア御許(おゆる)(くだ)さいますか、118有難(ありがた)御座(ござ)います』
119照彦(てるひこ)()えの面色(おももち)(いさ)ましく、120一行(いつかう)(あと)()いて、121(うづ)(みやこ)一同(いちどう)宣伝使(せんでんし)(とも)()()りにけり。
122大正一一・二・一三 旧一・一七 有田九皐録)