霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 訣別(けつべつ)(うた)〔四〇六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第3篇 天涯万里 よみ:てんがいばんり
章:第13章 第9巻 よみ:けつべつのうた 通し章番号:406
口述日:1922(大正11)年02月13日(旧01月17日) 口述場所: 筆録者:土井靖都 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
照山峠に上った一行は休息を取った。淤藤山津見は智利には狭依彦が宣伝し、秘露には紅葉彦が宣伝をしているので、自分たちはハラの港から直接カルの国へ渡ろう、と提案した。
三姉妹は峠の上から、父親のいる珍の都へ別れを告げる歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0913
愛善世界社版:104頁 八幡書店版:第2輯 312頁 修補版: 校定版:110頁 普及版:41頁 初版: ページ備考:
001淤縢山津見(おどやまづみ)宣伝使(せんでんし)
002(こころ)駒山(こまやま)(むち)()ちて
003(すす)珍山彦(うづやまひこ)(かみ)
004朝日(あさひ)てる神国(かみくに)
005(つき)(ゆき)(はな)三柱(みはしら)
006(ひめ)(みこと)諸共(もろとも)
007(こころ)(いろ)照彦(てるひこ)
008従属(みとも)(つかさ)(したが)へつ
009たださへ(あつ)(なつ)()
010(みの)(かさ)とに(しの)ぎつつ
011草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)扮装(いでたち)
012甲斐々々(かひがひ)しくぞ()えにける
013平群(へぐり)(やま)()()えて
014照山峠(てるやまたうげ)頂上(ちやうじやう)
015一行(いつかう)(やうや)()きにけり。
016淤縢山津見(おどやまづみ)大変(たいへん)(あせ)をかきました。017()山頂(さんちやう)木蔭(こかげ)(しばら)(いき)(やす)めませうかな』
018珍山彦(うづやまひこ)(もち)ですよ、019(やま)頂上(ちやうじやう)(のぼ)れば、020吾々(われわれ)休息(きうそく)するに()めてゐる。021これは吾々(われわれ)宣伝使(せんでんし)(まも)るべき一個(いつこ)不文律(ふぶんりつ)だ。022松代姫(まつよひめ)(さま)その(ほか)御二方様(おふたかたさま)も、023もう()(たうげ)(くだ)ると、024御父(おとう)さまの()られる(うづ)(くに)()えませぬよ。025十分(じふぶん)よく()()かれるがよろしからう。
026(ひとみ)(はな)てば連巒畳峰(れんらんでふほう)
027(とほ)きは緑黛(りよくたい)(かた)るが(ごと)
028(ちか)きは淡冶(たんや)(わら)ふが(ごと)
029烟霞杳靄(えんかようあい)(うち)
030()して山河(さんか)眺望(てうぼう)すれば
031滔々(たうたう)渓流(けいりう)(きよ)白帯(はくたい)(さら)すが(ごと)
032洋々茫々(やうやうばうばう)(うみ)(そそ)ぐ』
033駒山彦(こまやまひこ)『ヤア、034珍山彦(うづやまひこ)035そりや(なん)だ。036(めう)詩歌(しいか)だな』
037(おれ)()あや()038可笑詩(をかし)039面白詩(おもしろし)040さうして苦詩(くるしい)041暑苦詩(あつくるしい)(なか)涼詩(すずしい)()珍詩奇詩(めづらしきし)だ、042詩歌(しいか)(あぢ)はつて()(もら)はぬと(こま)るよ。043かう()えても大詩人(だいしじん)だからね。044南無(なむ)大慈(だいじ)大悲(だいひ)観世音菩薩(くわんぜおんぼさつ)だ。045アハヽヽヽ』
046淤縢山津見(おどやまづみ)(むか)ふに()ゆるはハラの(みなと)047智利(てる)(くに)には狭依彦(さよりひこ)048秘露(ひる)(くに)には紅葉彦(もみぢひこ)宣伝使(せんでんし)(ひか)へて()るから、049直様(すぐさま)ハラの(みなと)から、050アタルの(みやこ)()いて、051カルの(くに)へツーと()つたら如何(どう)だらうな』
052珍山彦(うづやまひこ)左様(さう)ですな、053吾々(われわれ)()(ところ)(おほ)いのに、054智利(てる)秘露(ひる)(くに)()つて宣伝(せんでん)するのは、055(かさ)(うへ)(かさ)(かぶ)つたやうなものだ。056(いづ)脱線(だつせん)だらけの宣伝(せんでん)をやつて()るだらうが、057それでも新水(あらみず)(とほ)つたところは、058マー()いとして、059(あたら)しいカルの(くに)海上(かいじやう)(ふね)でツーとこさ(まゐ)りませうよ』
060駒山彦(こまやまひこ)『ヤア、061三人(さんにん)女神様(めがみさま)062(あし)()うでしたな。063よくマー、064手弱女(たをやめ)()吾々(われわれ)一緒(いつしよ)()られましたな。065ヤア、066感心々々(かんしんかんしん)
067竹野姫(たけのひめ)(わらは)(あふ)せの(ごと)年若(としわか)手弱女(たよわめ)068貴方(あなた)がたの御供(おとも)出来(でき)るか如何(どう)か、069途中(とちう)御迷惑(ごめいわく)をかけてはならないと心配(しんぱい)して()りましたが、070神様(かみさま)()かげで、071(おも)はず(あし)(さき)(さき)へと(はこ)びまして、072ちつとも(つか)れませぬでしたワ』
073梅ケ香姫(うめがかひめ)姉様(ねえさま)たち、074これが御父(おとう)さまの御国(おくに)見離(みはな)れるところですから、075一遍(いつぺん)(なに)(わか)れに(うた)ひませうか』
076松代姫(まつよひめ)姉妹(きやうだい)三人(さんにん)(ひと)(うた)つて、077(うづ)(くに)(わか)れませう』
078と、079三人(さんにん)一度(いちど)(こゑ)(そろ)へて(うた)(はじ)めた。
080(ちち)(はは)との永久(とこしへ)
081(しづ)まりいます(うづ)(くに)
082(うづ)(みやこ)(あと)にして
083大加牟豆美(おほかむづみ)(かみ)となり
084この智利山(てるやま)(さか)()
085(のぼ)(おほ)せし三人連(みたりづれ)
086(いま)()(かぜ)東風(こちかぜ)
087(わらは)三人(みたり)父母(ちちはは)
088(した)(こころ)(おも)ひねを
089()せて()()(うづ)(くに)
090深山(みやま)(そら)(かぜ)(かを)
091(いろ)目出度(めでた)桃上彦(ももがみひこ)
092(かみ)(みこと)五月姫(さつきひめ)
093(わらは)常世(とこよ)(すす)()
094(すす)みかねたる(うづ)(そら)
095(そら)()(くも)(こころ)あらば
096(おも)ひを()せて(わが)(ちち)
097御許(みもと)(おく)青雲(あをくも)
098棚引(たなび)くかぎり白雲(しらくも)
099墜居向伏(おりゐむかふ)すその(きは)
100(かみ)(をしへ)(つた)()
101松竹梅(まつたけうめ)宣伝使(せんでんし)
102(こころ)(いろ)照彦(てるひこ)
103(きよ)従神(みとも)御護(みまも)りに
104ハラの(みなと)船出(ふなで)して
105波風(なみかぜ)(あら)海原(うなばら)
106アタルの(みなと)()して()
107身装(みなり)もカルの国境(くにざかひ)
108(こころ)(はな)()(くに)
109(そら)(あふ)ぎつ常世国(とこよくに)
110ロッキー(ざん)踏越(ふみこ)えて
111(また)海原(うなばら)()(わた)
112曲津(まがつ)(たけ)黄泉島(よもつじま)
113黄泉軍(よもついくさ)言向(ことむ)けて
114淤縢山津見(おどやまづみ)神様(かみさま)
115(いさ)(こころ)駒山彦(こまやまひこ)
116珍山彦(うづやまひこ)諸共(もろとも)
117(ふと)しき(いさを)(のち)()
118芙蓉(はちす)(やま)より(なほ)(たか)
119(たつ)(うみ)より(いや)(ふか)
120(かみ)(ひかり)御恵(みめぐ)みを
121いや永久(とこしへ)(あらは)さむ
122嗚呼(ああ)父上(ちちうへ)母上(ははうへ)
123名残(なごり)()きじ(やま)(うへ)
124(やま)より(たか)御恵(みめぐ)みの
125その(ひと)つだも(むく)()
126()()(わらは)(ゆる)しませ
127(すす)(われ)らを(ゆる)せかし
128(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
129直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
130()(あやま)ちは()(なほ)
131三五教(あななひけう)(かみ)(のり)
132いと(たひ)らけく(やす)らけく
133(わらは)(つみ)()(なほ)
134朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
135(つき)()つとも()くるとも
136仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
137わが垂乳根(たらちね)慈愛(いつくしみ)
138何時(いつ)()にかは(わす)るべき
139いつの()にかは(わす)るべき
140(まつ)(たけ)(うめ)三人連(みたりづれ)
141(こころ)智利(てる)(やま)(うへ)
142(はるか)(をが)(たてまつ)
143(はるか)(をが)(たてまつ)る』
144(うた)(をは)りて芝生(しばふ)(うへ)(しと)やかに(こし)(おろ)して(やす)らふ。
145珍山彦(うづやまひこ)『ヤア、146流石(さすが)(をんな)だ。147(をんな)らしい(やさ)しい(うた)だ。148それで結構々々(けつこうけつこう)149サアサア、150一同(いちどう)(まゐ)りませう』
151(さき)()ちて照山峠(てるやまたうげ)(くだ)()く。
152大正一一・二・一三 旧一・一七 土井靖都録)