霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 (たこ)()られ〔四〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第3篇 天涯万里 よみ:てんがいばんり
章:第16章 第9巻 よみ:たこつられ 通し章番号:409
口述日:1922(大正11)年02月14日(旧01月18日) 口述場所: 筆録者:河津雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
駒山彦は淤藤山津見をしきりに呼び止めていたが、体が動かない。ふと見ると、月光に照らされた照彦は、珍山彦の姿に変わっていた。照彦の神は引き続き、駒山彦への説教を続ける。
そして最後に、ここで駒山彦に修行するように、と言い渡すと、照彦は宣伝歌を歌いながら去ってしまった。
駒山彦はこの谷間に百日百夜座らされて断食の行を積んだ。日夜神の教訓を受けて、立派な宣伝使となった。そして名を羽山津見司を改めて、黄泉比良坂の神業に参加することになる。
実は照彦は、ある尊い神の分霊であった。後に戸山津見司となる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0916
愛善世界社版:133頁 八幡書店版:第2輯 322頁 修補版: 校定版:139頁 普及版:55頁 初版: ページ備考:
001 (かみ)(めぐみ)(いや)(ふか)き、002この谷底(たにぞこ)(のこ)されし、003駒山彦(こまやまひこ)淤縢山津見(おどやまづみ)(かへ)りゆく姿(すがた)(なが)めて、
004『オーイ、005オーイ』
006()()めるを、007淤縢山津見(おどやまづみ)はこの(こゑ)木耳(きくらげ)の、008(みみ)(ふさ)いて悠々(いういう)と、009宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら(くだ)()く。010(つき)漸々(やうやう)にして、011(やま)()()で、012皎々(かうかう)(かがや)(わた)り、013二人(ふたり)(かほ)はここに判然(はんぜん)せり。014()れば、015照彦(てるひこ)は、016(にはか)容貌(ようばう)(かは)り、017珍山彦(うづやまひこ)姿(すがた)変化(へんげ)()たるなり。
018駒山彦(こまやまひこ)『ヤア、019貴様(きさま)照彦(てるひこ)(おも)つてゐたら、020(なん)だ、021蚊々虎(かがとら)珍山彦(うづやまひこ)か、022あまり馬鹿(ばか)にするな、023洒落(しやれ)るにも(ほど)があるぞ』
024照彦(てるひこ)ヽヽツカリ(こし)()かした駒山彦(こまやまひこ)宣伝使(せんでんし)025そんな腰抜(こしぬけ)分際(ぶんざい)で、026どうして(みち)(ひろ)まるか。027どうして大道(だいだう)(すす)めるか。028(ずめ)(つばめ)親方(おやかた)のやうに(くち)ばかり達者(たつしや)でも……』
029駒山彦(こまやまひこ)『スヽヽスリヤ(なに)()ふのだ。030貴様(きさま)何時(いつ)までも、031そんな(わる)悪戯(いたづら)をせずに、032(おれ)鎮魂(ちんこん)をして、033(あし)()たしてくれたら如何(どう)だ』
034ヽヽ一大事(いちだいじ)()ふやうにならねば、035貴様(きさま)(こし)()たぬ。036()いも(あま)いも(みな)()りぬいた蚊々虎(かがとら)を、037その(はう)(いま)まで(なん)心得(こころえ)()たか。038(いね)(つく)つて、039(こめ)()いて、040(めし)()いて、041サアお(あが)りといふ(やう)に、042()(ぜん)()つた苦労(くらう)()らぬ宣伝使(せんでんし)043ツカリ曲津(まがつ)(だま)されて、044()だらけの(なんぢ)身魂(みたま)045(なんぢ)のやうな、046馬鹿(ばか)身魂(みたま)(くな)からう。047少彦名神(くなひこなのかみ)(おは)します常世(とこよ)(くに)へ、048()()かうとはチト慢心(まんしん)()ぎる。049この細谷川(ほそたにがは)山奥(やまおく)難行(なんぎやう)苦行(くぎやう)(こう)()み、050(かみ)(たす)けを(かうむ)つて身魂(みたま)(あら)(きよ)め、051()しも(きず)のない、052日月(じつげつ)のやうな(こころ)(みが)()げ、053素盞嗚尊(さのをのみこと)雄々(をを)しき(うま)(かは)り、054(あたま)(うへ)から身体(からだ)()まで、055()をつけて、056タと山路(やまみち)()んで()くのが(なんぢ)天職(てんしよく)057素直(なほ)(こころ)(もつ)て、058()(なが)(かみ)(つか)へよ。059マから()まで、060()みきる今宵(こよひ)(つき)(かほ)061これを(こころ)(かがみ)とし、062皇大神(めおほかみ)(つか)(たてまつ)れ。063(まこと)(みち)ラスラと(あし)達者(たつしや)()(あが)れ』
064ヽヽングリングリ、065イヤモウ、066おむつかしい御意見(ごいけん)(うけたま)はつて、067ウンザリした。068世界(かい)(ひろ)しと(いへど)も、069(こころ)()()てども、070()けば()くほど足腰(あしこし)()たず、071世間(けん)(やつ)にこんな(ところ)()られたら、072愛想(あいさう)をつかされ、073()てられて、074宣伝使(んでんし)面目玉(めんぼくだま)丸潰(まるつぶ)れだ』
075ヽヽうだらうさうだらう、076ワしい(ざま)(なん)だ。077こらに(ひと)はないと(まを)すが、078これだけ沢山(たくさん)神々(かみがみ)()につかぬか。079れほど()(きこ)えが()にかかるなら、080なたの(こころ)()(なほ)し、081(こころ)()から慢心(まんしん)(はら)()せ。082()()(くも)自由自在(じいうじざい)(はし)るでないか。083其方(なた)(あし)りや(なん)醜態(ざま)084れでもまだ()()かぬか。085もうろと()()つたらどうだ』
086『モウ、087ロと(あし)()たして()れてもよかりうなものだな』
088ヽヽヽヽさぬ()たさぬ。089他愛(あい)もないこと、090大変(いへん)饒舌(しやべく)宣伝使(せんでんし)091(いき)()()えになるとこまで、092イヤサ、093この()()れるとこまで(いまし)めて、094()(はな)()()つて、095()いて()てやらうか。096野山(のやま)()(けだもの)餌食(ゑじき)になるか、097()のやうな(ほね)(なん)にもないたわけ(もの)098たたきにしようか、099それが(いや)なら(ただち)改心(かいしん)するか。100改心(かいしん)出来(でき)たら(あし)()つぞよ。101(はら)てな、102(はら)()てると(あし)()つまいぞよ。103()へて()へば高峰(かね)(はな)104大空(おほぞら)(つき)105(かみ)(まこと)(おく)は、106よほど改心(かいしん)(いた)さねば、107(つか)むことは出来(でき)ぬぞよ。108()ほど()うても、109(わけ)(わか)らぬ(さけ)ない、110まくら身魂(みたま)(まり)のやうな両刃(もろは)(つるぎ)()出来(でき)るか。111()いて(くら)すも一生(いつしやう)なら、112(わら)つて(くら)すも一生(いつしやう)だ。113(そで)()れぬ、114智慧(ちゑ)はしぼれまい。115ホロが()えたか、116直霊(なほひ)みたま()()せ。117中々(かなか)(むつ)かしい(かみ)(みち)118気楽(きらく)(おも)うて()ると、119()(づら)かわくやうなことが度々(たびたび)あるぞよ。120(つみ)もなく121(けがれ)もなく122(こころ)(たま)(くも)りなければ123どんな(こと)でも()()げらる124(まこと)(かた)まつたのは()(さか)えるぞよ。125()さへ目出度(めでた)高砂(たかさご)の、126この神島(かみじま)(わた)りながら、127(んぢ)したる修業(しうげふ)蚊々虎(かがとら)()(みだ)にも(およ)ばぬ、128()(いた)すも(こら)(しの)びが肝腎(かんじん)だ。129鈍刀(なまくらがたな)悪魔(あくま)()れぬぞ。130(こころ)()(しづ)かにをさめ、131艱難(かんなん)辛苦(しんく)()め、132奈落(らく)(そこ)(おそ)れぬ(たましひ)にならねば、133何事(にごと)()()げぬぞよ。134ものの()るは、135()るの()()るにあらずして、136()らぬ()()るのである。137(はや)神心(かみごころ)()()駒山彦(こまやまひこ)138惟神(かむながら)(みち)()うて(この)()(わた)れ。139ヽヽ知慧()(がく)(たよ)りに(いた)すな。140近欲(かよく)(まよ)ふな。141直取(きとり)をすな。142グと(かんが)へて(すす)め。143(みち)()うた(こと)()(なほ)せ。144(ちひ)さい(こころ)知識(ちしき)(はな)にかけ145天狗面(てんぐづら)して(わら)はれな146ツトは物事(ものごと)(かんが)へて()()ちた人間(にんげん)(たす)け、147千早振(はやふ)(かみ)(をしへ)()にかがやかせ。148(すべ)ての(こと)(こころ)()らさず、149(こころ)()()(はら)ひ、150(まこと)知慧()(はたら)かせ。151ヽヽ()(やま)()(かく)れむとしてゐる。152ヤア、153照彦(てるひこ)(やつこ)さまも(この)()()らねばなるまい。154駒山彦(こまやまひこ)ツ、155これからトツクリと御修業(ごしうげふ)なさるがよからう。156左様(さやう)なら』
157()ひつつ照彦(てるひこ)はツと()(あが)り、158悠々(いういう)としてこの()()らむとする。
159駒山彦(こまやまひこ)ヽヽ()つて(くだ)さい。160折角(せつかく)(つき)()たと(おも)へばこの(ほそ)谷間(たにま)161(つき)(かく)れて真闇(つくら)がりになつてしまふ。162こんな(ところ)一人(ひとり)放置(ほつと)かれては(たま)つたものではない。163ヤア照彦(てるひこ)164(まへ)神懸(かむがかり)も、165どうやら(をさ)まつたと()える。166(わし)()れて(かへ)つてくれないか』
167照彦(てるひこ)(かみ)言葉(ことば)二言(にごん)はない。168左様(さやう)なら』
169と、170またもや宣伝歌(せんでんか)(うた)ひ、171(やみ)にまぎれて何処(どこ)ともなく立去(たちさ)りにける。
172駒山彦(こまやまひこ)『アヽ、173まらぬ()()はしよつた。174まるで(きつね)()まれたやうな()()はしよつて、175二人(ふたり)(やつ)176(ひと)置去(おきざ)りにして()くとは、177アヽ人間(にんげん)(あて)にならぬものだ。178まさかの(とき)自分(じぶん)()となり(ちから)となり、179何処(どこ)までも()いて()るものは自分(じぶん)影法師(かげぼうし)ばつかりだ。180その影法師(かげぼうし)さへも、181(やみ)()には()いて()てくれぬ。182()うなつて()ると人間(にんげん)()まらぬものだ。183(かみ)(をしへ)(かさ)()ひながら、184こんな()ない、185()(こと)()にあらうか。186(たの)みの()()()てて、187()()うた(こと)もない、188()さへ()えぬ谷底(たにぞこ)()(おと)され、189()(うへ)(すわ)らされて、190罪滅(みほろぼ)しか(なに)()らぬが、191(たこ)()られて()(くる)しさ。192(おも)(めぐ)らせば、193()()()んだ()(むく)いか。194()(いのち)(なが)らへて、195()も、196(ちから)も、197伝手()も、198()()(くる)しみ(もだ)える浅間(あさま)しさ。199信心(しんじん)()にせよと、200毎日(まいにち)日日(ひにち)201()めかけるやうに(をし)へられて、202(やうや)宣伝使(せんでんし)になるは()つたものの、203(じつ)れない浮世(うきよ)だナア。204()いことを()つて()つても、205()()うては到底(たうてい)忍耐(こば)れたものぢやない。206アヽ、207()きつきばつたりに宣伝使(せんでんし)になつたのが、208(わが)()()()(うん)()かい。209思案(しあん)をして()れば、210()村雲(むらくも)(はな)(かぜ)211()きぬ(おも)ひの(この)谷底(たにぞこ)で、212(とら)(おほかみ)餌食(ゑじき)になるのであらうか、213アーアー』
214独言(ひとりごと)()つてほざいてゐる。
215 この(とき)闇中(あんちう)よりまたもや大声(おほごゑ)何処(どこ)ともなく(ひび)(きた)る。
216 駒山彦(こまやまひこ)は、217この谷間(たにま)百日(ひやくにち)百夜(ひやくや)218跪坐(すわ)らされ、219断食(だんじき)(ぎやう)()み、220日夜(にちや)(かみ)教訓(けうくん)()け、221いよいよ立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)となつて、222()羽山津見神(はやまづみのかみ)(あらた)め、223黄泉比良坂(よもつひらさか)神業(しんげふ)参加(さんか)したり。224(しか)して(かれ)照彦(てるひこ)は、225()(たふと)(かみ)分霊(ぶんれい)にして、226(のち)には戸山津見神(とやまづみのかみ)となりたり。
227大正一一・二・一四 旧一・一八 河津雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)