霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 初陣(うひぢん)〔四一一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第4篇 千山万水 よみ:せんざんばんすい
章:第18章 第9巻 よみ:ういじん 通し章番号:411
口述日:1922(大正11)年02月14日(旧01月18日) 口述場所: 筆録者:東尾吉雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一方、珍山彦と三姉妹は智利の国の南方にあるハラの港に着いた。一行は船に乗り込んだ。船の名はアタル丸と言い、アタルの港に帰るところであった。
船中では、熊公と虎公が雑談話をしていた。虎公は自らの犯してきた悪を自慢していた。智利の港で、桃上彦は死んだ、と嘘の情報を話して三姉妹一行から金を詐取したのは、実はこの虎公であった。
珍山彦は虎公と熊公の会話を聞いて、松代姫に、二人の改心を促す宣伝を命じた。松代姫は船中に立って、しとやかに二人を諭す宣伝歌を歌い始めた。
松代姫はその宣伝歌に自分の身の上を読み込み、また人間は、神から身魂を与えられた神に等しき存在であり、直日に見直し聞きなおして心の玉を取り戻すように、と語りかけた。
船中の人々はこの声に耳を澄ませて静かに聞き入り、また感嘆している。虎公は以前の威勢のよさにも似ず、この歌に感じて大声をあげて泣き伏した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0918
愛善世界社版:147頁 八幡書店版:第2輯 327頁 修補版: 校定版:153頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001 珍山彦(うづやまひこ)(まつ)002(たけ)003(うめ)三人(さんにん)(とも)に、004(くさ)(しとね)石枕(いはまくら)005(かず)(かさ)ねて漸々(やうやう)智利(てる)(くに)南方(なんぱう)ハラの(みなと)()きぬ。006夜船(よぶね)(いま)出帆(しゆつぱん)せむとする間際(まぎは)なり。007十三夜(じふさんや)(つき)は、008満天(まんてん)黒雲(くろくも)(つつ)まれて(ひかり)(かく)し、009一点(いつてん)星影(ほしかげ)もなき(しん)(やみ)なり。010この(ふね)()はアタル(まる)といひ、011アタルの(みなと)より、012ハラの(みなと)数多(あまた)果物(くだもの)()み、013(ひと)()(きた)り、014(いま)(くに)(かへ)らむとする(とき)なりき。015船頭(せんどう)黒暗(くらやみ)(なか)より、
016『いま(ふね)()ます、017()(ひと)(はや)()りなさいー』
018と、019(こゑ)(かぎ)りに呶鳴(どな)()て、020竹筒(たけづつ)(くち)()てなどして、021ブーブーと()()らして()る。022(をり)からの南風(なんぷう)に、023(ふね)()(かぜ)充分(じゆうぶん)(はら)んで、024船脚(ふなあし)(はや)進行(しんかう)(はじ)めたり。
025 珍山彦(うづやまひこ)一行(いつかう)(ふね)一隅(いちぐう)()つて()た。026この(とき)船中(せんちう)誰彼(たれかれ)(かほ)さへ(ろく)()えない(ほど)(くら)さなり。027船頭(せんどう)燈台(とうだい)目標(めあて)に、
028智利(てる)御国(みくに)船出(ふなで)して
029(よる)なき秘露(ひる)(かへ)りゆく
030(かへ)るためしも(なみ)(うへ)
031(かぜ)あたる(みなと)まで』
032(ふし)流暢(なだらか)(うた)つてゐる。033船中(せんちう)には、034あちらこちらと雑談(ざつだん)(はじ)まる。
035熊公(くまこう)『オイ、036虎公(とらこう)037貴様(きさま)何時(いつ)やら筑紫(つくし)(くに)から(かへ)つて()(とき)に、038三笠丸(みかさまる)船客(せんきやく)から、039ドツサリと酒代(さかて)をボツタクツタでないか。040貴様(きさま)(わる)(こと)にかけたら抜目(ぬけめ)のない(やつ)だなア』
041虎公(とらこう)『ここは人中(ひとなか)だ、042人中(ひとなか)(はぢ)振撒(ふりま)きよるのか。043コラ熊公(くまこう)044(おれ)(なん)だと心得(こころえ)()る、045(おれ)はこの高砂島(たかさごじま)に、046(たれ)()らぬ(もの)もない(おに)(とら)さまだぞ』
047人中(ひとなか)でも船中(せんちう)でも、048()(なか)でも(はら)(なか)でも(かま)ふものか。049貴様(きさま)却々(なかなか)悪党(あくたう)だが、050しかし其処(そこ)まで悪党(あくたう)徹底(てつてい)すれば、051(かへつ)(えら)いワ』
052(きま)つた(こと)だい。053弁天(べんてん)さまとも、054竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまとも、055(たと)(がた)ない立派(りつぱ)美人(びじん)が、056しかも三人(さんにん)057そこに(うつく)しい(つよ)さうな家来(けらい)一人(ひとり)()いて()つた。058そこで亀公(かめこう)野郎(やらう)059業腹(ごふばら)()やし自暴自棄(やけ)になり、060(さけ)をチビチビ()()して種々(いろいろ)(はなし)(すゑ)061(うづ)(くに)桃上彦命(ももがみひこのみこと)さまが、062巴留(はる)(くに)(ころ)された(はなし)をやりよつた。063さうすると、064その家来(けらい)一寸(ちよつと)(たづ)(まを)しますとお()でたのだ。065そこでこの(はう)亀公(かめこう)(はなし)横奪(よこど)りして「ヘイ、066(なん)でございます」とやつた(ところ)が、067その(をとこ)(なん)でも桃上彦命(ももがみひこのみこと)さまの家来(けらい)(はし)くれと()えて、068(わたくし)一寸(ちよつと)仔細(しさい)があつて、069面会(めんくわい)(まゐ)(もの)()ふのだ。070サア()めた、071()でたなア、072()ぐすね()いて()つて()ると、073鰯網(いわしあみ)(くじら)がかかつたやうに、074(とら)さまの(した)(さき)()つて、075()たこともないやうな立派(りつぱ)(かね)をガチヤガチヤゾロリと()しをつた。076それで此奴(こいつ)却々(なかなか)()つて()るワイ、077一遍(いつぺん)()つて(しま)つたら(もの)()らぬ、078またお(かは)りをと()調子(てうし)で、079いい加減(かげん)()つて()ると、080(まへ)()(こと)(わか)りにくい、081もちと(しつ)かりハツキリと()つて()れと()ふのだ。082そこでこの(とら)さまは、083地獄(ぢごく)沙汰(さた)(かね)次第(しだい)だとかましたところ、084(なん)にも()らぬ都人(みやこびと)青首(あをくび)が「うん、085さうか、086酒代(さかて)()しいのか、087うるさい(やつ)だなア」と莞爾(につこ)(わら)つて、088またドスンと(おも)たい(ほど)()れよつたのだ。089あんなぼろい(こと)滅多(めつた)にありやせぬ。090(たれ)か、091またあんな(はなし)をやつて()れないかなア』
092『オイ、093虎公(とらこう)094(やなぎ)(した)何遍(なんべん)(どぜう)()らぬよ。095(まへ)のやうな、096(よく)熊鷹(くまたか)には同情(どうじやう)出来(でき)ない』
097 (まつ)098(たけ)099(うめ)三人(さんにん)(むすめ)(かたはら)にあつて、100(くま)(とら)との対話(たいわ)(みみ)(かたむ)()いてゐる。
101 珍山彦(うづやまひこ)小声(こごゑ)で、
102松代姫(まつよひめ)(さま)103(めう)(はなし)をやつてますなア。104(かへる)(くち)からとやら、105現在(げんざい)あなた(がた)()つて()らつしやるのも()らずに、106自分(じぶん)悪事(あくじ)手柄(てがら)さうに(さへづ)つて()(めう)(やつ)もあるものだ。107(ひと)つあの(をとこ)帰順(きじゆん)させたら()うでせうか。108(あく)(つよ)(やつ)は、109また(ぜん)にも(つよ)いものですよ』
110『さうでせうかなア。111あんな(ひと)でも改心(かいしん)するでせうか』
112『あなたも宣伝使(せんでんし)初陣(うひぢん)だ。113あの(をとこ)改心(かいしん)さす(こと)出来(でき)ぬやうでは、114到底(たうてい)宣伝使(せんでんし)(つと)まりませぬなア』
115『アヽ、116(ひと)つそれではやつて()ませう』
117 松代姫(まつよひめ)()つて(こゑ)しとやかに宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)むる。
118(かみ)(つく)りし(かみ)(くに)
119(かみ)御魂(みたま)()れませる
120(かみ)にひとしき(ひと)()
121いかで(こころ)(まが)るべき
122いかで(こころ)(くも)るべき
123(こころ)(そら)(つき)()
124(こころ)(うみ)天津(あまつ)()
125(かがや)(わた)(ひと)()
126()きも()しきも()しなべて
127(かみ)(めぐみ)をうくるなり
128(わざはひ)(おほ)()(なか)
129(ちち)には(はな)垂乳根(たらちね)
130(はは)にはこの()先立(さきだ)たれ
131(うれ)ひに(なや)雛鳥(ひなどり)
132(こころ)(かな)しき(なみ)(うへ)
133(めぐ)みも(たか)高砂(たかさご)
134(うづ)御国(みくに)()れませる
135(こひ)しき(ちち)()はむとて
136(こころ)(きよ)照彦(てるひこ)
137従僕(しもべ)(つかさ)ともろともに
138(はな)()(にほ)はる(そら)
139(こひ)しき(みやこ)(あと)にして
140(あゆ)みも()れぬ山坂(やまさか)
141(くさ)(しとね)石枕(いはまくら)
142(めぐ)みの(つゆ)(うるほ)ひつ
143(こころ)つくし(くに)()
144(かみ)(ちから)よる(まち)
145よる(みなと)船出(ふなで)して
146(こひ)しき(ちち)みかさ(まる)
147波風(なみかぜ)(あら)海原(うなばら)
148(わた)るも(さぴ)しき手弱女(たをやめ)
149(こころ)(なか)にたつ(くも)
150黒白(あやめ)()かぬ(しん)(やみ)
151(やみ)より()でて(やみ)()
152日数(ひかず)(かさ)ねてやうやうに
153月日(つきひ)てる(みなと)まで
154()たる(をり)しも何人(なんびと)
155(こひ)しき(ちち)物語(ものがたり)
156桃上彦(ももがみひこ)垂乳根(たらちね)
157(とほ)御国(みくに)()でますと
158()きたる(とき)(わが)(むね)
159(かな)しさ(つら)如何(いか)ばかり
160(はか)()られぬ滝津瀬(たきつせ)
161(なみだ)(むせ)(をり)からに
162この()(おに)はなきものか
163()花姫(はなひめ)みかへる
164(かみ)()れます大蛇彦(をろちひこ)
165その(あたた)かき(こと)()
166(うれ)ひの(くも)()(わた)
167(なみ)押分(おしわ)(のぼ)()
168(ひか)(こころ)(うれ)しさよ
169(かみ)(おもて)(あら)はれて
170(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)
171この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
172(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
173ただ何事(なにごと)(ひと)()
174直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
175()(あやま)ちは()(なほ)
176(わが)()(あだ)(ゆる)せかし
177(ひと)(ゆる)すは烏羽玉(うばたま)
178(やみ)彷徨(さまよ)()(つみ)
179(はら)(きよ)むるものぞかしと
180(をし)(みちび)(かみ)(みち)
181(かみ)(きみ)とにあななひ
182(みち)(をし)ふる麻柱教(あななひけう)
183(をしへ)(ふね)()せられて
184(くら)闇世(やみよ)てる(くに)
185(ひか)(かがや)ひる(くに)
186朝日(あさひ)あたる(みなと)まで
187(すす)()くこそ(たの)しけれ
188あゝ虎公(とらこう)虎公(とらこう)
189われは御教(みのり)宣伝使(せんでんし)
190()られた(かね)()しくない
191ただ()しむべきものがある
192(かみ)(もら)うた虎公(とらこう)
193(きよ)身魂(みたま)枉津見(まがつみ)
194(かみ)(こころ)(くも)らされ
195(わが)()(まも)(たましひ)
196()られ(たま)ひし(こと)ぞかし
197()られた(たま)是非(ぜひ)なしと
198(おも)ふことなく(いま)よりは
199(たま)真柱(みはしら)()(なほ)
200下津磐根(したついはね)千木(ちぎ)(たか)
201言霊柱(ことたまばしら)()てかけて
202天津御神(あまつみかみ)(たま)ひてし
203(こころ)(たま)をとり(かへ)
204(こころ)(たま)をとり(かへ)
205(かへ)(がへ)すも(かな)しきは
206(たま)()かれし虎公(とらこう)
207おん()(うへ)()(すゑ)
208あゝ虎公(とらこう)よ、とら(こう)
209一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
210(まこと)(みち)にのりなほせ
211(かみ)()みてし(ひと)()
212(かみ)にひとしき(もの)ぞかし
213(かみ)にひとしき(もの)ぞかし
214(かみ)身魂(みたま)(あら)はれて
215()しと()しとを(かへり)みよ
216ただ(いま)までの曲業(まがわざ)
217直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
218直日(なほひ)(かみ)分霊(わけみたま)
219わけて(たふと)(かみ)()
220()めよ(たた)へよ(かみ)(おん)
221(たま)(あら)へよ(かみ)(まへ)
222(やみ)()()くこの(ふね)
223(かみ)身魂(みたま)()(わた)
224てる(みなと)(あと)にして
225大御恵(おほみめぐ)みも(いや)(ふか)
226青海原(あをうなばら)(わた)りつつ
227よるなきひる(かみ)(くに)
228あたる(みなと)(すす)むごと
229いと(すみや)かに(すみや)かに
230(こころ)(ちり)(はら)ふべし
231(こころ)(たま)(あら)ふべし』
232 船中(せんちう)人々(ひとびと)は、233この(こゑ)(みみ)()ませ、234(くび)(かたむ)けて(しづ)かに()()る。235(くら)(ふね)(なか)にはこの(うた)()いて、236(いづ)れも感歎(かんたん)する(こゑ)(しき)りに(おこ)れり。237虎公(とらこう)以前(いぜん)元気(げんき)にも()ず、238大声(おほごゑ)をあげて()(さけ)()しぬ。239アタル(まる)燈台(とうだい)目標(めあて)に、240(やみ)(やぶ)りて荒浪(あらなみ)()りながら、241チヨクチヨクと(すす)()く。
242大正一一・二・一四 旧一・一八 東尾吉雄録)