霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 (こころ)(かがみ)〔四一三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 篇:第4篇 千山万水 よみ:せんざんばんすい
章:第20章 第9巻 よみ:こころのかがみ 通し章番号:413
口述日:1922(大正11)年02月15日(旧01月19日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年7月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
三姉妹は月に照らされて崇高な面持ちで船のへさきに立ち、海面に向かって拍手し、虎公と熊公の身の安全を琴平別大神に祈願する歌を歌い、また元の座に復した。
船客たちは、松代姫の宣伝歌や熊公の神懸りの宣示について、雑談にふけっている。自らの身の上を見直したり、虎公は神の教示に感じて海に飛び込んだところから、意外にも根は善人であった、などと話あっている。
また、智利のアリナの滝に現れた宣伝使・狭依彦の噂をなし、鏡の池の洗礼を受けに行こう、と神徳話にふけっている。
船客たちは海に飛び込んだ虎公・熊公の身の上についても心配をしているが、珍山彦はにこにこしながらその話を聞いているのみであった。
アタル丸がようやく港に安着すると、波止場には虎公・熊公が無事に立ってこの船を待ち迎えていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0920
愛善世界社版:160頁 八幡書店版:第2輯 332頁 修補版: 校定版:166頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001 六月(ろくぐわつ)十三夜(じふさんや)皎々(かうかう)たる月光(げつくわう)(てら)されて、002三人(さんにん)(まつ)003(たけ)004(うめ)(むすめ)005(かほ)皮膚(ひふ)(なめ)らかに(うるほ)ひのある(まなじり)006(やなぎ)(まゆ)007(くれなゐ)(ほほ)008(ゆき)(はだ)009殊更(ことさら)目立(めだ)ちて(うるは)しく、010三五(さんご)明月(めいげつ)か、011(ふゆ)()(つき)宿(やど)した積雪(せきせつ)か、012(もも)(さくら)白梅(しらうめ)か、013丹頂(たんちやう)(つる)掃溜(はきだめ)()りて(あそ)ぶが(ごと)き、014()()はれぬ崇高(すうかう)面容(おももち)である。015三柱(みはしら)女神(めがみ)舷頭(げんとう)()ち、016海面(かいめん)(むか)つて拍手(はくしゆ)しながら(こゑ)しとやかに(うた)ふ。
017(かみ)(おもて)(あら)はれて
018(ぜん)(あく)とを()()ける
019この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
020(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
021ただ何事(なにごと)(ひと)()
022直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
023()(あやま)ちは()(なほ)
024この()(つく)りし皇神(すめかみ)
025(いづ)御息(みいき)(うま)れたる
026青人草(あをひとぐさ)神々(かみがみ)
027(しづ)まりいます生宮(いきみや)
028(ひと)霊魂(みたま)(はじ)めより
029(くも)(けが)れしものならず
030(きよ)(たふと)天地(あめつち)
031御息(みいき)()けて(かみ)()
032(うま)()でにしものなれば
033いとも(ひろ)けき御心(みこころ)
034(よろづ)(つみ)()(なほ)
035(たす)(たま)へや天津神(あまつかみ)
036国津御神(くにつみかみ)(もも)(かみ)
037琴平別(ことひらわけ)大神(おほかみ)
038(うみ)より(ふか)罪咎(つみとが)
039(ゆる)して(かみ)(ふね)()
040(はな)()(にほ)高砂(たかさご)
041島根(しまね)(すく)(たま)へかし
042(こころ)(なみ)(をさ)まりて
043(つみ)()いたる虎公(とらこう)
044(こころ)(そら)真寸鏡(ますかがみ)
045(ひか)りも(きよ)月照彦(つきてるひこ)
046(かみ)(こころ)見直(みなほ)して
047身魂(みたま)(すく)照彦(てるひこ)
048(きよ)身魂(みたま)()(なほ)
049(うみ)()ちたる(くま)(とら)
050二人(ふたり)御子(みこ)(すく)ひませ
051二人(ふたり)御子(みこ)(すく)ひませ
052三五教(あななひけう)現世(うつしよ)
053(けが)れを(きよ)人草(ひとぐさ)
054(なや)みを(すく)(かみ)(みち)
055(とり)(けだもの)はまだ(おろか)
056虫族(むしけら)までも御恵(みめぐ)みの
057(をしへ)(つゆ)(うるほ)ひて
058天地(あめつち)四方(よも)海原(うなばら)
059(きよ)めて()ます神心(かみごころ)
060大御心(おほみこころ)(さち)はひに
061(たす)(たま)はれ(うづ)御子(みこ)
062憂瀬(うきせ)(しづ)人々(ひとびと)
063身体(からだ)(けが)れと村肝(むらきも)
064(こころ)(ちり)()(はら)
065朝日(あさひ)(きよ)くテルの(くに)
066(よる)なきヒルの国原(くにはら)
067月日(つきひ)(ひかり)(くま)もなく
068アタルの(みなと)(すく)ひませ
069アタルの(みなと)(すく)ひませ』
070(うた)神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、071(ふたた)びもとの()(かへ)りぬ。072船中(せんちう)にはヒソビソと雑談(ざつだん)がまた(はじ)まる。
073(かふ)(いま)神懸(かむがか)りや(うた)(こころ)(なん)(おも)ふか。074(じつ)(おそ)ろしいやうな、075有難(ありがた)いやうな、076結構(けつこう)なことだのう。077(おれ)はモウあの神懸(かむがか)りの言葉(ことば)()いて、078(ひと)(ひと)()にこたへて、079自分(じぶん)(しか)られた(やう)()がしたよ』
080(おつ)『さうだな、081(おい)らも(おな)(こと)だ。082虎公(とらこう)とか()悪人(あくにん)ばかりぢやない。083(むね)()()いて(かんが)へて()ると、084吾々(われわれ)(はら)(なか)にも(わる)(やつ)()つて、085暗々裡(あんあんり)(つみ)(はう)(つみ)(はう)へと引張(ひつぱ)つて()かるる(やう)()がしてならぬワ』
086(へい)『ヤ、087(たれ)しも(ふた)をあけたらチヨボチヨボだよ。088虎公(とらこう)のやうに露骨(ろこつ)(あく)をやるか、089やらぬかだけのものだ。090善人(ぜんにん)らしい(のみ)(ひと)(ころ)さぬやうな(やさ)しい(かほ)した(やつ)(なか)(かへつ)(わる)(やつ)があるものだ。091人間(にんげん)から悪人(あくにん)ぢや悪人(あくにん)ぢやと(きら)はれる(もの)(かへつ)善人(ぜんにん)があつたり、092聖人君子(せいじんくんし)気取(きど)つて、093()(なか)(ひと)賢人(けんじん)ぢや、094善人(ぜんにん)ぢやと()(はや)される人間(にんげん)(なか)(かへつ)悪人(あくにん)があるものだ。095悪魔(あくま)()ふものは善人(ぜんにん)身体(からだ)容器(いれもの)にして()けて(わる)(こと)をやるものだよ。096(これ)だけ(あく)九分九厘(くぶくりん)まで(さか)えた()(なか)人間(にんげん)()めらるる(もの)はきつと悪人(あくにん)だ。097彼奴(あいつ)(わる)(やつ)だと()(なか)から攻撃(こうげき)される人間(にんげん)真実(ほんたう)善人(ぜんにん)があるものだ。098あの虎公(とらこう)()(やつ)随分(ずゐぶん)名高(なだか)悪人(あくにん)だが、099真実(ほんたう)彼奴(あいつ)性来(しやうらい)善人(ぜんにん)だと()えて、100悔悟(くわいご)(ねん)()()ね、101大切(たいせつ)生命(いのち)()てたぢやないか。102人間(にんげん)矢張(やつぱ)(かみ)()だ、103(とり)(まさ)()なむとするやその(こゑ)(かな)し。104(ひと)(まさ)()なむとするやその(げん)()し」と()ふ。105吾々(われわれ)一時(いちじ)(はや)(こころ)(くも)()(はら)つて、106今夜(こんや)(つき)(やう)(うつく)しい(こころ)になつて()(なか)(わた)りたいものだなア』
107(てい)(しか)し、108この(ごろ)(めう)(こと)があるぢやないか、109アリナの(たき)水上(みなかみ)(おほ)きな巌窟(いはや)があつて、110そこには(かがみ)(いけ)とやら()不思議(ふしぎ)(いけ)出来(でき)たと()(こと)だ。111其処(そこ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)狭依彦(さよりひこ)とか()(めう)(つら)した(をとこ)がやつて()て、112数多(あまた)人間(にんげん)洗礼(せんれい)(ほどこ)してゐるさうなが、113そこで洗礼(せんれい)()けた(もの)は、114みな立派(りつぱ)人間(にんげん)になつて(わる)(こと)もせず、115喧嘩(けんくわ)もなし、116盗人(ぬすびと)這入(はい)らず、117戸締(とじま)りもせずとも(よる)安楽(あんらく)(ねむ)れるやうになつたと()(こと)だよ。118吾々(われわれ)一度(いちど)洗礼(せんれい)()けたいと(おも)つて()るのだ。119さうした(ところ)今度(こんど)120またヒルの(くに)玉川(たまがは)(たき)(えら)宣伝使(せんでんし)(あら)はれたと()(こと)だよ。121その(たき)にも(たき)(かたはら)(めう)洞穴(ほらあな)があつて、122神様(かみさま)もの()つて(なに)かの(こと)()かして(くだ)さるさうだ。123(わし)はそこへ一遍(いつぺん)(まゐ)らうと(おも)つて()たのだが、124(まへ)らも(なん)なら一緒(いつしよ)()かうではないか』
125(かふ)『さうか、126そんな(こと)があるのか。127(じつ)吾々(われわれ)は、128その狭依彦(さよりひこ)()宣伝使(せんでんし)洗礼(せんれい)()けたのだ。129(いま)までは随分(ずゐぶん)大酒(おほざけ)()喧嘩(けんくわ)もし、130(ひと)()かした(こと)沢山(たくさん)あつたが、131あの(かがみ)(いけ)(なか)から(めう)(かみ)さまの(こゑ)(きこ)えて、132吾々(われわれ)(いま)までやつて()(こと)素破(すつぱ)()かれた(とき)(おそ)ろしさと()つたら、133(おも)()しても()()がよだつやうだ。134それから宣伝使(せんでんし)洗礼(せんれい)()けて家内中(かないぢう)(むつま)じう(くら)し、135(むら)(ひと)からも(いま)重宝(ちようほう)がられる(やう)になつたのも、136(まつた)神様(かみさま)御蔭(おかげ)だよ』
137(おつ)『それは結構(けつこう)だが、138あの虎公(とらこう)如何(どう)なつたであらうか。139(いま)三人(さんにん)綺麗(きれい)宣伝使(せんでんし)がお(いの)りになつたから、140神様(かみさま)至仁(しじん)至愛(しあい)だから(たす)けて(くだ)さるではあらうが、141真実(ほんたう)可哀(かあい)さうだなア』
142(てい)『それは心配(しんぱい)するには(およ)ばぬよ、143改心(かいしん)した(もの)はきつと神様(かみさま)(たす)けて(くだ)さる。144まあアタルの(みなと)へこの(ふね)()時分(じぶん)には、145チヤン竜神(りうじん)さまに(たす)けられて波止場(はとば)に「(みな)さま、146(さき)失礼(しつれい)しました」と()(やう)調子(てうし)()つてゐるだらう』
147(へい)『そんなうまい(こと)があらうかなア。148()しも二人(ふたり)(たす)かつて()(やう)(こと)だつたら、149吾々(われわれ)村中(むらぢう)あの宣伝使(せんでんし)(をしへ)(したが)つて仕舞(しま)はう』
150 (かふ)(おつ)(へい)(てい)はヒソビソと、151神徳(しんとく)(はなし)(かた)つてゐる。152珍山彦(うづやまひこ)無言(むごん)のまま、153四人(よにん)(はなし)をニコニコとして()いて()た。
154 アタル(まる)(やうや)うにして、155翌日(よくじつ)(いつ)(どき)にアタルの(みなと)安着(あんちやく)した。156波止場(はとば)には虎公(とらこう)157熊公(くまこう)()つてこの(ふね)()(むか)へて()る。
158大正一一・二・一五 旧一・一九 北村隆光録)